2020年03月20日

Apple Special Event なぜ中止?

昨日New iPad Pro, MacBook Airが発表されました。おそらくは、昨日Apple Special Eventが開催される予定だったのでしょうが、新型コロナウイルスの影響で中止となったと思われます。

iPadのLiDARスキャナにより、ARアプリでよりリアルに正確に表示できたりするそうですが、イベントで実際の動作状況を見てみたかったですね。また、トラックパッド付きの「Magic Keyboard」がどんな感じか、動作している状態を見てみたかったものです。
MacBook Airは、性能向上やMagic Keyboardの感触が主な注目点ですので、イベントでわかる部分は限られているかもしれないですね。とは言え、いつものSpecial Eventで一つ一つスペックが明かされるのを見てみたかった。
実際、Apple Store実店舗も再開時期未定ですから、3月25日発売と言っても、WEB情報のみでは決めきれない人が多いのではないでしょうか。せめてApple Special Eventで解説してくれていたら。

新型コロナウイルスの影響なので、イベント中止もやむなしと思われましたが、無観客オンラインのみでやれなかったものですかね。すでにWWDCはオンラインのみの開催が決まっていますので、その前哨戦としてやれなかったものでしょうか。

(3/21追記:考えてみると、Apple本社のあるサンタ・クララ郡には自宅待機命令が出ていました。生活必需品に関わる仕事以外は、リモートワークしか認められていません。従って、オンラインのみの発表会もできなかったんでしょうね。) 

vintagecomp at 10:02│Comments(2)Apple Topics 

この記事へのコメント

1. Posted by Hey   2020年03月21日 04:00
5 //MacBook Airが発表されました

明るい話題があってホッとします。
キーボードも16インチProと同じタイプ
のようで、待ってて良かったです。
2. Posted by Muto@VC   2020年03月21日 09:51
New MacBook Airは、性能が大幅に向上して、キーボードも改善されて、価格も安くなったので、お買い得官衙が高いですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives