2020年06月23日

Apple Silicon への移行は今年末から

WWDC 2020が開幕、西海岸時間の午前10時からKeynoteが開催されました。私は、もちろんライブストリーミングで視聴しました。

今回の発表は、ほぼ全てNew OS関連でした。 これは珍しいことではないのですが、事前の噂では色々とハードの発表が予想されていました。しかし、WWDCのハードの発表といえば、昨年のMac Proのような大きなモデルチェンジに限られます。事前の噂は、そのような製品はなく、やはり空振りでしたね。ただし、今後発表、発売される製品も出てくると思います。

さて、今回の目玉といえば、やはり噂通りMacのARMプロセッサへの移行でした。iPhone, iPadと同種のSoC (System on a Chip)への移行で、発表ではApple Siliconと呼んでいました。噂では来年からということでしたが、来年も年明け早々ではないとみていました。しかし、何と今年末から移行が開始されるということです。移行は2年かけて行うとのことです。今後のNew MacはApple Silicon?って思いますが、まだ新しいIntel Macの発表も予定しているとのことでした。
Apple SiliconのMacでは、iOSのAppがエミュレーションではなくネイティブにそのまま動作するとのこと。
反対にIntel Macのアプリはどうなるかというと、当然ネイティブには動作しません。そこは、PowerPCからIntelに移行した際のように、Rosetta 2で動作するとのことです。

68K、PowerPC、Intel と来て、Apple Siliconは4つ目のSoC、3回目の移行となるわけです。68K Macの登場が1984年、PPC Macの登場が1994年、Intel Macの登場が2006年ですから、考えてみるとIntelの時代は1番長かったわけですね。意外な気もします。

発表会では、ディベロッパー向けの開発マシンとして、 Apple Silicon, Big Sur搭載のMac miniが発表されていました。これが、唯一のハードウェアの発表でした。
さて、年末に発売と宣言された最初の Apple Silicon Macはなんでしょうね。開発マシンにもなったMac mini? iMac? あるいは、MacBookの復活でしょうか?
しかし、2019年末に大作のMac Proを出したわけですが、発表の通りなら2022年末までには新型に置き換わるわけですね。Mac Proとしては異例の短命マシンとなりそうです。 

vintagecomp at 12:21│Comments(15)

この記事へのコメント

1. Posted by ponkazu   2020年06月23日 12:34
すごいですねー
私も4回目のトランジットです。
生中継で興奮しました。
今は眠いです、(^_^;)

ところでSoC (System an a Chip)
SoC (System on a Chip)
でしょうか?
2. Posted by kazu   2020年06月23日 13:04
MAcPro2019の筐体は利用してARMに移行ではないでしょうか?

PowerMacG5 → MacPro のように…
3. Posted by Muto@VC   2020年06月23日 15:14
ponkazu様
ご指摘、ありがとうございます。修正しました。
4. Posted by Muto@VC   2020年06月23日 15:19
kazu様
多分そうなるとは思います。しかしPower Mac G5とMac Proは外観こそ似ていますが、アーキテクチャーが異なる全くの別モデルになっています。
同じようになるとしたら、やはり現行モデルは短命マシンと言って良いと思います。
5. Posted by たけしむ   2020年06月23日 18:18
>>3
Apple Silicone → Silicon だと思います。
日本語ではAppleシリコンと表記されてますね。

ところで、私はシリコンと聞くと、どうしても半導体より先にシャンプーに入ってるものを想像してしまって、なんとなくしっくりこないです。
ちなみに、ウエハーで真っ先に思い浮かぶのはお菓子のウエハースです。
6. Posted by Muto@VC   2020年06月24日 00:55
ご指摘ありがとうございます。修正しました。
シリコンは、半導体の材料となる珪素で、シャンプーも同じ珪素入りですね。なので、同じリリコン入りって意味で使われています。
ウエハーとウエハースは、全くの別物かと思いましたが、なんとウエハースと見た目が似ているからという由来なんですね。
7. Posted by Takuya Hirose   2020年06月26日 09:16
省電力とハイパフォーマンスの両立がうたい文句とは言え、今のところ発熱や消費電力に目をつぶればIntel製のハイエンドチップの方が上だと思います。なので、最初に搭載されるのはMacBook Air(あるいはMacBook復活?)などのモバイル機だと予想します。
それと、日本ではシャンプーなどに入っているものはシリコンではなく、シリコーンと表記されるのが一般的な気がします。
8. Posted by ノアの方舟 インテル難民   2020年06月26日 17:03
ついにARM時代の到来、インテルCPU終末。
 武藤社長のVC社からのパーツ換装にて永く延命できた我がMacPro2009でしたが、今回のWWDCの発表にて、ついに「余命宣告」。BootCampも斬り捨て御免の可能性大。
 ・・ということでMacOS11.3くらいの段階で、インテル機は完全に使用出来なくなると予想します。
 そこで、Macな世界での、皆様の今後の身の振り方(買い換え)をお教えいただきたいのです。
  1. ARM-MacBook
  2. ARM-iMac
3. ARM-MacMini
  4. ARM-MacPro
  5. Macの方舟から下船
  6.その他
 Mac Pro2009に買い換えた時くらいの出費なら、上記4.の選択で拡張性を楽しみたいのですが、100万は軽くかかりそうです。800万でフルスペック購入されたHIKAKINさんのようにはいきません。しかし1.-3.は拡張性は狭まりそうです。 そもそも、武藤社長のビジネスの方向も今後変わっていくのでしょうか?
9. Posted by Muto@VC   2020年06月27日 05:10
その可能性は高そうですね。Mac miniの可能性も捨てきれない。
10. Posted by Muto@VC   2020年06月27日 05:14
ノアの方舟 インテル難民 様
Apple Silicon Macのニューマシンとして、ミニタワーが出てくれると良いんですけどね。Mac Pro miniとか。
過去21年、ビジネスの方向性は何度も変わってきているので、時代に合わせていくしかないですね。しばらくは、Appleから切り捨てられるIntel Macのサポートがメインになるかもしれません。
11. Posted by Takuya Hirose   2020年07月01日 10:44
BootCamp、今となっては個人的には必要性がほとんど見いだせないのですが、うちの大学でもごく一部の人は未だに使っているようです。確かにAppleシリコンMacでは対応されないでしょうね。
それよりも個人的に問題となりそうだと思うのが、Parallelsなどの仮想ソフトです。単体のWindows PCも複数台使用していますが、Parallels上での利用も色々と便利なので愛用しています。Power PC Mac上でのSoftWindowsの時のようにパフォーマンス上の問題を抱えることになるのでしょうか。
12. Posted by ノアの方舟 インテル難民   2020年07月01日 14:09
先週 Parallelsは対応するとの発表でした、Hirose様の予想とおりARM on ARMエミュレート?とも書いてますね。以下文章でWEB検索ください。

Parallelsは、WWDC20のアップルの発表を受け、アップルと協力してARMアーキテクチャを採用するApple Silicon搭載Macにも仮想環境を提供する計画であることを明らかにした。
13. Posted by Muto@VC   2020年07月02日 07:46
Boot Camp非対応は、噂ではなく、クレイグ・フェデリギがインタビューで明言しているので、間違い無いですね。
Parallelsはkeynoteでも言及されていたので、パフォーマンスも期待が持てると思います。
14. Posted by kom   2020年07月02日 19:23
Rosetta 2で動作するのは当然64ビット化が完了したソフトウェアですよね?
愛用のアプリで64ビット化もまだ出来ていないものがあり、Catalinaでは使えないので仮想環境上のSnow Leopard Serverで動かしています。
果たしてARM対応してくれるのかどうか。
ちなみに私の場合はParallelsではなくVMware Fusionなのですが、こっちの対応はどうなんでしょう。
15. Posted by ノアの方舟 インテル難民   2020年07月04日 22:11
VMware FusionもParallelsも現Rosetta2では稼働しない、との記事が出ていますね。

Microsoftは「Windowsという名称のOSは10で最後」と明言している事もあり
「Wintel同盟の終焉」を迎えた今後の方向性表明(新OSの概要、どのCPUをメインとするか)が待たれますね。
ここ10年以上、IntelはCore i7で速度は頭打ちの印象です。その前の10年間と比べ体感的な速度向上は停滞感がある印象です。
今後MicrosoftのOSはApple同様、Intelと訣別し、ARM中心とするのでしょうか。
現時点Intel/AMD/ARMそれぞれ3つのCPU搭載のSurfaceを出しているようですが。
Microsoftの新OSの概要発表が近い将来と思われる現時点では、ARMのMacになったらWindowsどう動かすか、
という心配は無意味で、当面は推移を見守るしかないかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives