2020年06月24日

macOS 11 Big Sur

WWDCの新OSの発表で、やはり際立っていたのがmacOS Big Surですね。Apple Siliconに対応する初めてのOSになります。もちろん、Mid 2013以降のIntel Macにも対応します。従って、インストーラーはIntel用とApple Silicon用のハイブリッドになるはずです。当然ながら開発用のマシンでは既に動作しています。

BigSur











A12Z Bionic ですね。発表会で披露された開発用のMac miniですね。ちなみに、この開発用のMac mini、$500で購入できるそうです。欲しい!ただし、審査に通ったディベロッパーのみに販売とのことです。
注目すべきなのが、OSのバージョン。Version 11.0になっています。OS Xから始まったVersion 10がついに終焉を迎えるわけです。OS Xのパブリックベーターがリリースされたのが2000年9月。ちょうど20年の歴史になります。
OS 9からOS Xでインターフェースはかなり変わりましたが、macOS Version 10から11では、インターフェースの違いはあまりありません。Apple Silicon対応が大きな節目ということですね。

vintagecomp at 09:31│Comments(2)Mac 

この記事へのコメント

1. Posted by 楽しみですね!   2020年06月24日 16:22
DTKのmacminiは購入ではなく貸与で、返却が必要と買いてあった気がしますが。どうなんでしょうか。
2. Posted by Muto@VC   2020年06月25日 01:15
“the limited use of a DTK.”となっており、返却の必要があるかもしれません。
ただし、PPCからIntelへの移行の際は結局返却不要だったので、返却不要の可能性が高いのではないかと思います。転売されたりしても困るので、永久貸与でしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives