2022年03月24日

Mac Studio SSDのアップグレードは可能!?

最近のMacの作りからして、Mac Studio の内部アップグレードは不可能だろうと考えていました。Mac Studioを3台購入し、うち2台をバラして様々な実験をしている猛者がいます。彼によると、内部にはSSDスロットがあるとこと。しかも2つ! これはアップグレード可能なんでしょうか。
ちなみに便宜上SSDと呼んでいますが、コントローラーはロジックボード上にあり、言ってみればフラッシュメモリカードです。

Mac Studio Upgrade?
 

Part 2


1TBモデルの場合、SSDは1枚のみ装着されておりもう一つのスロットは空きです。アップ具の画像では、2つのスロットにカードが装着されており、おそらく大容量モデルは2枚のSSDが装着されているようです。これは、アップグレード可能ではと期待が高まります。
2枚入れてみると、インジケーターが点滅して立ち上がりません。そこで、装着されている方のスロットのSSDを入れ替えてみます。それでも、同じように立ち上がらない。
ジーニアスバースタッフからもコメントがもらえたとのことで、ロジックボードとSSDはペアリングされており、そのままでは使えないそうです。ジーニアスバーでも専用のソフトウェアを使ってペアリングして修理を行うそうで、修理依頼があった場合のみしかそのソフトウェアは使えないとのこと。現実的にはアップルが行う修理以外では、SSDの交換は不可能なようです。
うーん、アップルの意地悪。でも考えてみると、指紋認証が搭載されてから、セキュリティの観点から同様な仕組みになっていますね。あと、今年から展開されるとしている「Self Service Repair」ですが、修理に必要なソフトウェアも使用できるとの情報もありました。それができるのならもしかして、、、とも思いますが、アップルのセキュリティの考え方からそれはできないように思います。
うーーーん、アップルの意地悪! 

vintagecomp at 10:03│Comments(1)テクニカル | Mac

この記事へのコメント

1. Posted by カナやん   2022年03月24日 10:37
PowerPC時代のMacはかなり自由度高かったですが、Intelを経て、Apple Silliconになるにつれて、どんどん不自由になってきてるのがツライです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives