2022年04月20日

iOS版GarageBand の謎

私はよくMacのGarageBand を使って、サウンド編集を行なっています。オーディオデバイスのアナログ出力からサウンドを取り込んで編集作業をし、最後は「ミュージック」に書き出し。ワークフロー的にもシンプルで、iPhoneに同期して外に持ち出すことも簡単で、大変重宝しています。

その便利さを見た方から、「私にも作って」というお願いをいただくことが増えてきました。お世話になった方には対応してきましたが、それも結構大変。その方もそれは承知して、自分でやりたいと。Macは持っていないとのことなので、必要な機材をアドバイスして
「Windowsの適当なサウンド編集ソフトを使ってください。」
 と回答。しかし
「具体的に何を使って、その使い方も教えてくれないとわからない。」 
となってしまいます。私もWindows系には疎いので、 具体的なアドバイスはできません。その方は、iPhone, iPadは使っているので、それならGarageBand が使えるから良いだろうと思いました。私は、Mac版は使ってきましたが、iOS版は使ったことがありません。そこで試しに使ってみました。

オーディオデバイスのアナログ出力からサウンドを取り込んで編集までは、ほぼMacと同様で問題なし。そして最後は「ミュージック」に書き出し、と思ったところで躓きました。書き出し先に「ミュージック」が出てきません。私がアホなのかと思いましたが、ググってもそれが仕様のようです。

結局、ファイルに書き出して、それをメールに添付、そして「ミュージック」に入れるという複雑というか面倒な手順しかなさそう。その方、納得してくれるだろうか。不安しかない。
 

vintagecomp at 09:02│Comments(0)一般 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Harry

Archives