Apple Topics

2017年02月17日

今年のWWDCは6月5日からサンノゼで開催

今年のWWDCが、6/5〜6/9にSan Joseのマッケナリーコンベンションセンターで開催されることが発表されました

会場は、Appleのニュー本社キャンパスから数分の場所とのこと。新しい本社キャンパスは今年早々に稼働開始の予定でしたが、大幅に遅れています。アップルのこだわりにより遅れているということでしたが、さすがにこの頃にはオープンしているでしょうか。

newcampus











いやいや、私はまだ先と予想しています。外側はかなり出来上がっていますが、内装は外側以上に時間がかかります。アップルのこだわりが原因で遅れていると報じられていますが、それは最初からわかっていたこと。そもそもの計画に無理があったと思います。というか、アメリカでは各工程の検査が厳しく、建築期間はかなりかかるのが通常です。

サンノゼでは、2002年以来の開催となります。私はWWDCには参加したことはありませんが、この頃はライターとしてアップルスペシャルイベントの取材にはよく行っていました。その関係で、当時は私にもアップルから、WWDCのチケットセールスの電話があったりしたものです。チケット発売から瞬殺で売り切れ抽選となった昨今では考えられませんが、当時はチケットが売れ残っていたのです。
参加予定の方、幸運をお祈りします。

今年のお題ですが、iPhone 8とiOS 11はお約束ですね。期待したいのが、Macのデスクトップのフルチェンジ。Mac Pro, iMac, Mac mini 全て新型を発表となると、理想的な展開ですね。



vintagecomp at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月02日

Apple 第一四半期、過去最高売り上げ、iPhone販売台数も過去最高

Apple の第一四半期(10月〜12月)決算が発表されています。iPhone 7は期待されたフルチェンジではなく、売り上げは低迷という噂も出ていました。しかし、Vintage Computerでは特にiPhone 7 Plusが品薄で、なかなか入手できなかったり、予約していても店内に行列といった経験をしており、iPhone 7の販売不調というのには疑問を持っていました。

蓋を開けてみれば、過去最高売り上げで、iPhone、サービス、Mac、Apple Watchの売り上げが過去最高とのことです。噂は大外れ!

iPhone 7については、期待通りまたはそれ以上の人気製品だったのかというと、ちょっと疑問もあります。
もちろん、日本ではFelica対応もあり、人気製品となった面はあるでしょう。日本以外では、6sからあまり代わり映えがしなかったことも確か。それで、iPhone 7 販売不調の噂が出ていただのだと思います。私の体感としては、iPhone 6の人気がすごかった。それから2年が経過し、買い替え需要が高かったことが要因ではなかったかと思います。次の8が更に人気を獲得できるかですね。

Macについては、長らくお待たせしたMacBook Proのモデルチェンジだったので、過去最高は当然でしょうね。私の周りのApple ファンも、大半の方が購入しています。今年は、デスクトップの刷新を期待したいところです。

Apple Watchは、初代については人気は微妙だったと思います。ストアで購入している人もあまり多くないように思いました。ところが、Apple Watch Series 2が出てからというもの、本当に購入している人を多数見かけます。

Vintage Computerでは、時期によってはアップルストアに毎日のように通っていますので、人気の度合いも肌で感じることができます。噂よりも、体感の方が正確でしたね。



vintagecomp at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

AUGM Los Angeles 2016 いよいよ明日開催!

日本国外で唯一開催されるAUGM Los Angeles、いよいよ明日12/3開催です。

AUGM2016







AUGM Losa Angeles 2016 イベントページ

入場無料で、スポンサーからもたくさんの景品を用意していただきました。また、参加者全員へのお土産もあります。
また、内容も充実しています。
「差のつくiPhoneカメラの使い方」に参加すると、ちょっと気を使うだけで差のつく写真が撮れるように。
「伝説のマシン Apple Lisaが今日蘇る!」では、
他ではまず見られないLisaの動作状態のデモが。
「勢ぞろい!最新 Mac ニューモデル」では最新Macがずらりと並びます。
真打の「最新 iPhone 7/7 Plus 徹底解説」は、ただの解説ではありません。驚きの実験を行います。これは本当に見もの。
他にも、面白い内容が盛りだくさん。

そして最後は、AUGM恒例のジャンケン大会。豪華景品をかけて、壮絶なバトルが繰り広げられます。

まだ、席にいくらか空きがありますので、ぜひイベントページから登録して参加ください。登録なしでも、席に空きがあれば当日参加可能です。

ロサンゼルスのApple ファン、全員集合!


vintagecomp at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月19日

AUGM Los Angeles 2016 12/3(土)開催です!

日本各地で開催されている大人気のAUGM(Apple User Group Meeting)。昨年よりロサンゼルスでも開催しています。日本国外では、ロサンゼルスのみの開催です。ロサンゼルスエリア在住のアップルファンの方、これは行かなきゃ!

banner







Facebook イベントページ
日時:2016年12月3日(土)1:00 PM〜5:00 PM
会場: New Gardena Hotel セミナールーム
1641 W Redondo Beach Blvd, Gardena, CA 90247
入場無料

入場無料ですので、ぜひ参加ください。AUGM名物の豪華景品が当たるじゃんけん大会ももちろんあります。

参加は、事前登録が必要です。Facebook イベントページから登録いただくか、 mushikuiringonokai@gmail.com まで、メールをお送りください。

去年は、iPhoneユーザーでMacユーザーではないんですが、との問い合わせもありましたが、もちろんOKです。iPhone, iPad, Mac いずれか一つでも大丈夫。
今年、私は伝説のマシン Lisa のデモを担当します。ちゃんと動作するLisaをご紹介します。

入場無料で、面白いプレゼン、お土産ももらえて、景品も当たって、と大変お得なイベントです。ぜひ、参加ください。


vintagecomp at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月16日

「Designed by Apple in California」と「Apple Design」

このタイミングでAppleの新製品が出てくるとは思いませんでした。「Designed by Apple in California」です。この20年間のAppleの製品デザインを収めたハードカバーの写真集です。どこかの出版社が作った本ではなく、Appleの製品です。初代iMacからの20年間の製品の写真が掲載されています。

45












価格は、10.20” x 12.75” の小さい方が$199、13” x 16.25”の大きい方が$299です。11/16、間もなく発売です。

この種の写真集で思い出されるのが、1997年に発売された写真集「Apple Design」です。これはApple 1からTwenties Aniverssary Macまでの約20年間の製品の写真が掲載されています。これはAppleが出した写真集ではありませんが、「Designed by Apple in California」はまるでその続編のような感じですね。

AppleDesign1













AppleDesign2














ただし、その雰囲気は大きく異なりますね。「Apple Design」がマシンが美しく見える演出が施してありますし、プロトタイプの画像も多数収められています。
それに対し、「Designed by Apple in California」は製品を客観的に写した画像のようで、また最終製品のみです。
「Apple Design」の大きさは約9.5” x 12" と「Designed by Apple in California」の小よりも若干小さいので、二冊が統一感を持てるように小を買おうと思っています。

ともに20年間の製品の写真集ですが、「Apple Design」はApple創業からジョブズの復帰前まで、「Designed by Apple in California」はジョブズ復帰から今日までとなっています。ちょうど製品デザインの潮目が変わったところで、比較してみるのも楽しそうです。


vintagecomp at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月01日

アップルロゴがない!

本日も、iPhone 7 Plus ゲットのため、アップルストア詣です。7 Plusはまだまだ入手困難で、狙った仕様が近くのストアにあるとは限りません。そこで、本日はやや遠いアップルストアに行ってきました。ここは過去何度も言っていますが、久しぶりです。モール内のいつもの場所に行くと・・・

AppleStore1














クローズしています。移転したに違いありません。アップルロゴを探して彷徨いますが、なかなか見つかりません。人に聞いて、やっと発見。

AppleStore2













なんと、アップルロゴがないじゃないですか!見つからないわけだ。店員さんに、
「アップルロゴはどうしたの?」と聞いたら、
「あそこにあるよ」と指差した先は。

AppleStore3













薄くて全然目立たないし! これは店の構造上、目立つアップルロゴを付けられなかったのか、それとも今後のストアは、目立たないようにさりげなくアップルロゴを表示するのか。要注目です。
しかし、目立つアップルロゴにしてほしい、見つからないし。

さて、そんなこんなで苦労して確保したiPhone 7 Plusです。

iPhone7PlusSV


















iPhone 7 Plus A1661 256GB シルバー SIMフリー即納
 144,900円税込(本体価格 138,000円)在庫復活!

在庫で残っているiPhone 7は超特価です。

iPhone7RG
















iPhone 7 A1660 128GB ローズゴールド SIMフリー即納
 113,400円 99,750円税込(本体価格 95,000円)


こちらは、限界の最終価格です。これで売れなければ返品します。早い者勝ち!

特設ストアで、ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。来週月曜日には復旧の見込みです。


vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年06月10日

最近のアップルストア事情

私は、実店舗のアップルストアに訪れる機会が非常に多いです。

AS














昨年くらいまで、あまり丁寧でない接客を受けることが多いように思いました。ほっといても、iPhoneは品薄で困るくらい売れていくので、そんな風になってしまうんでしょうね。
ところが最近、接客が全体的に丁寧になっている印象を受けます。こちらが尋ねていないのに親切な追加情報を教えてくれたり、ちょっと面倒な質問をしてもきちんと調べてくれたりと、なかなか好感度が高いです。去年あたりは、こういうケースではスルーされるケースが多かったように思います。

昨今、iPhone 6sの失速や、業績もやや低迷していることが伝えられるため、ストア側でも丁寧な対応を心がけるよう号令がかかっているのかなと思います。

去年も今年も、ストアのディスプレイは完璧です。店内は塵一つ落ちていないし、客が展示品の並びを乱したり、ケーブルを乱したりしても、すぐに店員が修正しています。

しかし、私は見てしまいました。アップルストアでトイレについて尋ねると、店舗外のトイレを案内されることも多いですが、店内のトイレに通してくれることもあります。最近、2店舗の店内トイレを利用したのですが、いずれもひどいものでした。公衆トイレではないので、トイレは基本的に店員用、たまに客が利用することになります。ところが、このトイレの状態がひどい。ゴミ箱は満杯で、溢れた紙くずが床に散乱しています。また、廊下には返品商品が乱雑に積み上げてあったりと、ディスプレイスペースからは想像もできない散らかりぶりでした。

見えない部分にも手を抜かないのが、ジョブズの哲学だったはず。たまたま2店舗だけがそうだったのかもしれませんが、こういうところから凋落が始まっている気がして、心配になりました。


vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月13日

アップルストア、エコな再生紙バッグへ

従来プラスチックバッグでしたが、先月の中旬くらいから、再生紙バッグが登場しています。

bag1










右は、MacやiPad Pro用ですかね。左はiPhone用かな。先月の段階では、まだプラスチックバッグをメインで使っており、ほとんどもらえませんでした。たまにもらうと、得した気も。

今になって、いよいよプラスチックバッグの在庫が切れてきたようで、もらえる機会が増えています。今月末くらいには完全切り替えでしょうか。
右は従来のプラスチックバッグ、左は新型のエコな再生紙バッグ

bag2












底面にはこんな表示が。

bag3





80%の使用済み材料から製造されています。100%リサイクル、再利用可能です。
再生紙ながら、アップルが作るとちょっと高級感がありますね。


vintagecomp at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月30日

Apple 13年ぶりの減収減益

4/26にAppleの第2四半期決算が発表されました。売り上げが前年同期比13%減、純利益が22%減です。2003年以来、13年ぶりの減収減益となりました。しかし、リーマンショックの前後も減収減益はなかったというのはすごいですね。

今回の減収減益、iPhoneの不調が響いたと言われています。iPhoneの売り上げが突出しているのでそうなるわけですが、iPadやMacも減少しています。前年同期比でiPhoneの売り上げが18%減、iPadの売り上げが19%減、Macの売り上げが9%減、、iTunes Storeなどサービスの売り上げが20%増、その他のハードウェア製品が30%増となっています。

l_yu_apple2






発表後は、アメリカの一般のニュースでも、「13年ぶりの減収減益」と大きく報じられています。久々の減収減益で悲観的な報じられ方ですが、500億ドル以上の売り上げ、100億ドル以上の純利益、アイルランドのGDPにも匹敵するキャッシュと有価証券の蓄えと、何も心配いらないとのコメントも目立ちます。

しかし、ここ数年大きなイノベーションがないのがやはり根本的な原因だと思います。iPhone 6sの3D Touchも技術的には面白いのですが、それが実際の使いやすさにつながっているかかといえば微妙。ここ数年の変化で、最も使い勝手に貢献したのはiPhone 6s plusの追加だと思います。これを超える変化がないのが寂しい。
また、Macもここ数年ほとんどマイナーチェンジばかり。全く新しい製品であるApple Watchも成功しているとは言い難いです。

というわけで、数年単位での足踏み感がここにきて響いたのかと思います。そんな声を吹き飛ばすような発表を、WWDCでしてもらいたいですね。

暗い内容となったQ2決算発表ですが、明るい話題としてiPhone SEの新興国での好調ぶりがわざわざ挙げられました。3/31発売ですから1月〜3月のQ2にはほとんど含まれていないのですが、よほど好調なのでしょう。実際に、発売前に予約したのにまだ手に入らないといった声も聞かれます。
Vintage Computerでも1か月経った今も入手に大変苦労しております。お待ちいただいているお客様、いま少しお待ちください。


vintagecomp at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月04日

映画「Steve Jobs」を観た(ネタバレ注意)

しばらく前になりますが、マイケル・ファスベンダー主演の映画「Steve Jobs」を観てきました。

ジョブズの映画といえば、記憶に新しいのが2013年に公開されたアシュトン・カッチャー主演の「Jobs」。その時の感想がこちら

今回も感想ですが、日本では来年の2月公開だそうですので、ネタバレ注意をご承知の上でお進みください。

画像は映画館に貼ってあったポスター。多分、本物が届いていなくて、パソコンでプリントアウトした感じ。

Jobs続きを読む

vintagecomp at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月21日

Genius Barの予約手順が変更

アップルユーザーにとって心強いのが、Genius Bar。修理や交換が必要な場合、従来だと「では本体をお預かりして」となっていたわけですが、ここでは対面で修理、交換をしてくれます。ほとんどの場合、30分程度で、対応してもらえます。特にiPhoneなんかは1日でもないと困りますから、助かりますね。

iPhone等の購入代行をしている関係で、Genius Barを訪れる機会も多いのですが、最近Genius Barの予約手順が変更となっています。確か、夏頃まではそのまま予約すればよかったのですが、iOSデバイスの場合オンライン上のメニューに沿って、iOS Diagnostics を走らせることを要求されます。
診断結果がアップルに転送されたところで、初めてGenius Barの予約が可能になります。

いくつかの症状がメニューに表れますが、例えばディスプレイの問題を選ぶと、必ずiOS Diagnostics を走らせないと予約できないようです。ディスプレイが正常に表示できなかったりして、iOS Diagnostics を実行不可能な場合はどうしようもなくなってしまいます。

そんな時は、例えば「電源が入らない」を選ぶと良いようです。これなら当然OS Diagnosticsを実行することは不可能ですから、そのまま予約可能になります。

このようになったのは、おそらくGenius Barでの対応時間を短縮するためだろうと思います。こちらでは、いつ行ってもGenius Barは大混雑です。今回も、直近の予約可能日は5日後でした。また、予約時間通りに行っても、30分くらい待たされるのはザラ。そういうこともあって、効率化を図っているのでしょうね。

とは言え、正直にメニューに従っていると、全く出口がなくなってしまうこともあるUIはいただけません。ここは改善して欲しいですね。


vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月24日

海外初のAUGM LA、いよいよ明日開催

海外初開催のAUGM LA 2015、いよいよ明日10/24(土)となりました。

1時〜5時
New Gardena Hotel
1641 W Redondo Beach Blvd, Gardena, CA 90247

アップル関連の情報の他、ベンダーによる展示や、豪華景品、参加者にもれなくお土産を用意しております。盛りだくさんの内容で、入場無料です。
アップルファン、必見のイベントです。

日本からのゲストも到着して、今夜は前夜祭です。

AUGMzenya











まだ、席には余裕がります。ロサンゼルス近郊のアップルファンの皆様、ぜひ参加ください。
参加希望の方は、イベントページから登録するか、メールをお願いします。

最後まで予定のわからない方、遅れて参加の方、
当日のアポなし参加も大丈夫です。LAのアップルファン、大集合!

vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月09日

いよいよ、明日Apple スペシャルイベント、10年前は?

現在、西海岸時間の9/8 夜8時頃。いよいよ、Apple スペシャルイベントは、明日10時(現地時間)からです。一体何が出てくるか? Vintage Computer チャンネルでも、大予想を行いましたので、改めて予想はいたしません。

ふと、10年前ってどうだったかなと思い、本ブログの10年前の記事を読んでみました。

01fc8dc2











2005年の9月7日には、Apple スペシャルイベントでiPod nanoが発表されていました。この時は、早朝からサンフランシスコに飛び、ジョブズのキーノートを生で聴いておりました。当時は、Mac Fanのライターをしていたこともあり、ほとんどのApple スペシャルイベントに参加しておりました。

iPod nanoは、発表当日に発売ということで、キーノートが終わると私は会場を後に駆け出しました。向かう先は、Apple Store サンフランシスコ店。モスコーンセンターから近いとはいえ、走るとかなりしんどかったです。もちろん、iPod nanoを発売直後に手に入れるため。しかし、店員さんは
「え?何か新製品出たの?」
と、期待はずれの答え。

当時はもちろんiPhoneもなく、持っていたモバイルマシンといえば、PowerBook。確か、サンフランシスコ空港のWi-Fi経由で、iPod nanoをオーダーした記憶があります。そして、さっそくバラシを行ってみたり。
当時のiPod nanoと今のiPhoneを比べると、あらゆる面でiPhoneの圧勝なわけですが、当時はなんだか不思議な高揚感と興奮があったな〜、と遠い目になるのでした。


vintagecomp at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月28日

Apple Special Event 9/9開催!

噂情報通り、9月9日10時(日本時間 9/10 2時)の開催が発表されました。

58 PM










アップルのサイトでも告知されています。
iPhone 6s, 6s plusが発表されるのは、確定的ですね。Apple TVも新サービスとともに発表されるとの噂も上っています。iPadも同時発表なのか?

さて、このサイトの文句がちょっと気になります。

"Hey Siri, give us a hint." (ヘイ Siri、ヒントをくれない?)

Siriに聞いてみろってことですね。早速やってみました。ところが・・・

"Hey Siri, give us a can't."
"Hey Siri, give us a shit."  (糞食らえと言ってくれ!)
"Hey Siri, give assistant."
"Hey Siri, give efficient"
"Hey Siri, give a fishing."

と散々な結果に。20回以上言い続けて、やっと認識してくれました。答えはこちら。

siri





9月9日まで、待つしかありません。あなたは、両親の寝室でこっそりプレゼントを開けて覗いてしまう子供のようですね。

答えは、いくつかパターンがあるようで、その度に違う回答になります。

皆様も、Siriがちゃんと認識してくれるか、英語の発音チェックをしてみてはいかがでしょうか?
"Hey Siri, give us a hint."


vintagecomp at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月15日

OS X Yosemite 10.10.5, iTunes 12.2.2, iOS 8.4.1 が一気にリリース

9月のOS X El Capitan, iOS 9のリリース前に、一気に三連ちゃんのアップデートです。09 PM





IMG_7712





いつものように、バグフィックス、セキュリティ関連の修正なわけですが、今回はApple Music 関連の修正がメインのようです。色々問題が指摘されていましたからね。Apple Music で困っている方は、速攻アップデートが良いかもしれません。

私は、OS Xは仕事のメイン環境なので、しばらく様子見です。


vintagecomp at 06:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月09日

WWDCは、3 OSとApple Music

WWDC 2015の基調講演は、OS X El Capitan, iOS 9, watchOS 2 の3つのOSと、音楽ストリーミングサービスのApple Music でした。

歴代の発表会で最長ではないかと思える2時間半近い基調講演でした。OS X El Capitanは、新機能満載と言うよりはパフォーマンス改善がメインのようで、どちらかというと地味な内容。
iOS 9は、ユーザーの次操作をiOSが推測するProactive Assistant搭載、これはナレッジナビゲーターに通じる物があると思いました。
watchOS 2 のTime Travelは、便利そうですね。

などなど、内容は盛りだくさんなのですが、個人的には今一つ萌えませんでした。興味深い内容はある物の、やっぱりこういう方向だよなと納得してしまって、サプライズが感じられませんでした。
やはり新しいハードが発表されなかったのは寂しい。3月の発表会の時には、Apple Watchはやはり注目してしまうし、MacBookは買いではないなと思いつつもかなり興奮してみていました。

過去の発表会でも、めぼしい内容はOSのアップデートだけということもありましたが、その時の方が興奮したと思います。当時は、OS XもiOSもまだまだ未完成の部分が多く、こんなにすごいことができるようになるの?という驚きがあったと思います。OS XもiOSも既に完成度が高くなってきていますので、なかなかそんな興奮は味わえないですね。
そういう意味では、watchOS はこれからなので、未来が見えるワクワク感があっても良いのですが、本当に素晴らしい未来があるのか、まだ見通せない感じです。

自分的には、やっぱりハード好きなんだなと改めて感じた基調講演でした。


vintagecomp at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月14日

Apple Watch 見てきました!

既にApple Watch Sportをオーダーしましたが、やはり実機を見てみたいもの。4/10より展示と試着が始まっていますので、早速Apple Storeに行ってきました。

入り口から、Apple Watch仕様になっています。お客さんもさすがに多かった。

AW01











ズラリと一斉に展示してあります。ガラスに蛍光灯が映っちゃっています。

AW02























Editionも展示してあった!Editionは展示のみで、試着はありません。

AW06













せっかくなので、買っていない方のステンレスのApple Watchを試着してみました。意外に待たずにすぐに試着できました。

AW03













いや〜、スポーツに比べてやはり高級感が違いますね。メッシュのベルトの感触も最高です。

AW04













ベルトのロック部分の機構も秀逸。マグネットで任意の位置でロックできます。ただ、脱着の際に、ベルトのあちこちにマグネットでくっついてしまって扱いにくさもありました。

裏面の充電とセンサ部。

AW07






















ここには、サファイアガラスが使用されています。スポーツの方は、Ion-Xガラス。ぱっと見は同じに見えますが、よく見るとここも高級感が違います。

アルミのスポーツとステンの無印を比較。

AW05











ステンのApple Watchはやはりずっしり重い。ここまで、ステンの高級感に圧倒されてきましたが、ここでやっぱりスポーツにして正解だったと思いました。

試着用テーブルの引き出しに、Apple Watch 15台が収められています。テーブルには、この引き出しが4つ。つまり、60台のApple Watch。欲しい!
出し入れの度に、鍵をかけていました。

AppleWatchcase




















というわけで、実際に付けてみるとやはり萌えますね。実機を見て、やっぱりこっちの方が良かったと注文しなおしたら、入手は6月になってしまうのが悩みどころです。


vintagecomp at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月11日

Apple Watch 予約販売開始、あっという間に6月お届けに

4月10日、こちら西海岸の午前0時から、日本では午後4時からApple Watch の予約販売が始まりました。私も、午前0時前にスタンバイ。発売直後に予約完了しました。私が選んだのはこちら。

e38yg-mbrd-sel-v1




















ではもちろんなくて、こちらです。

s42si-sbbl-sel_GEO_US



















ステンレスの無印にも心が動きましたが、軽さでスポーツを選びました。画面は大きいことはいいことだ、で42mm。ベルトは、せっかくなら目立つ色が良いと思いブルーに。実はピンクも考えたのですが、妻の大反対で断念。
当然発売日の4月24日にお届けかと思ったら、4/24~5/8のお届けとなっています。しかもほんの10分後には多くのモデルが、4-6週間後。一夜明けたら、大半のモデルが6月のお届けになっていました(日本では7月も)。

Apple Watch そんなに人気なのか!?


毎回、iPhoneの予約開始日は、同じように予約開始を待って争奪戦に備えますが、今回とは大分状況が異なりました。iPhoneの時はとにかくサイトが重くなって、最後まで行き着けるかヒヤヒヤ。ところが、今回は全く重くなる様子が無く、スイスイと手続きができました。
おそらくですが爆発的な人気のせいと言うよりは、発売当初はタマを十分用意できていないためではないかと思います。

今回はストアでの試着もできるようになっているわけですが、試着してじっくり検討して、予約期間中に予約して、発売直後に入手と考えた方は当てが外れましたね。


vintagecomp at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月10日

Apple Watch Edition は史上最高額のアップル製品?

と言う内容が、ワンボタンの声で放送されたことを、iPhone + iPad Fan さん経由で知りました。
「Apple Watch Edition(218万円)は、史上最高額のアップル製品ではないか?」というわけで、おそらくそうでしょうという結論となっています。

日本円ではそういうことになりそうですが、本家のドルベースだと更に上があります。

Apple Watch Edition 最高額モデルのドル価格は、17,000ドル。Apple Network Server 700/200 最上位モデルの価格は、19,000ドルです。上には上があった!
日本では発売されなかったので、本家ドルベースでの史上最高額です。

iPhone + iPad Fan さんにコメントを入れようかと思いましたが、海外からのためか跳ねられたためブログ記事にしました。

こんなマシンです。

apple_networkserver










Xserveの前身の様なサーバーマシンです。実はVintage Computerでも、Network Server 700/150 を2台保有していました。こちらの販売価格も、$15,000。もちろん、中古で安く入手しました。
2013年の引っ越しで、倉庫スペースが小さくなったため、泣く泣く廃却しました。Apple Watch Edition と違ってでかくて重い! 1台は、取っておけばよかったかな〜。


vintagecomp at 06:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月18日

Apple Storeが模様替え

昨日Apple Storeに行ったところ、こんな風に模様替えされておりました。

AW1













ドドーンとApple Watch。

AW2













反対側は、ドドーンとNew Mac Book。

正面のもう一枚のパネルは、iPhone 6でした。これまでは、中国の春節にちなんだパネルだったので、正直Apple Storeには似合わないと思っていましたが、これでApple Storeらしくなりました。後は発売を待つばかりですね。

あとは、Apple Watch のディスプレイがどうなるか楽しみです。


vintagecomp at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月13日

ポール・アレンのニュース

ポール・アレンが戦艦武蔵を発見したのは、大ニュースですね。ポール・アレンと言えば、ビル・ゲイツと共にマイクロソフトを創業した人物です。

こちらロサンゼルスでは、ウィークデーの朝フジテレビのニュースを見ることができます。武蔵発見のニュースで、ポール・アレンの紹介として一瞬流れたのがこの画像。(クリックで拡大)

GatesAllen














テレビでこの画像を見た瞬間、大きく反応してしまいました。Apple IIの上に2台置かれたDisk IIのアップルロゴが一際目立っていますね。前列には、Commodore PET 2001も!
アップルとマイクロソフトと言えば、宿敵とみられていた時代もありますが、Apple IIにはマイクロソフトのApplesoft BASICが搭載されていましたし、マイクロソフトのキラーソフトExcelもMac版が最初でした。そんな経緯があったので、ジョブズがアップルに復帰した際に、マイクロソフトに支援を求めることができたんでしょう。

ああしかし、武蔵のライブ放送見逃した!


vintagecomp at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月10日

Apple Special Event 〜Apple Watch編〜

本日は、Apple Special Event が開催されました。盛りだくさんの発表でしたが、メインはApple Watch。そして、MacBook Air 12インチと噂されていたマシンが、MacBookとして登場しました。こちらも、ビッグニュースです。

まずは、Apple Watchから。機能については、既に発表済みの内容も多いので、それほど驚きはなかったと思います。注目されたのは発売日と日本が最初の発売に含まれるのか。

予約受付は、4月10日から。発売日は、4月24日。アメリカ、日本を含む9つの地域で発売されます。アメリカ先行発売という噂も流れていたので、日本の皆様には嬉しい限りだと思います。Vintage Computerでは代行販売を期待していたのでは? と思われるかもしれませんが、正直なくてホッとしました。バリエーションが多いので、やるとしたらかなり大変なことになったと思います。

もうひとつ、注目されていたのは価格。$349〜というのは発表済みでしたので、アルミボディのSportの価格は予想通り。ステンレスの「Apple Watch」は549ドル(66,800円)からと結構高いですね。そして、2万ドルとも噂されていた、「Apple Watch Edition」は、1万ドル(128万円)から1万7千ドル(218万円)まで。

Apple-Watch-Edition-Red-250x250












先日の、Youtube Channel でも話しましたが、高すぎですね。いくら素材が良くても、毎年ニューモデルが出てどんどん良くなっていくわけですから、2年もしたらニューモデルのSportの方が魅力的だと思います。この価格を正当化するには、ニューモデルが出る度に、千ドルでアップグレードできるといった仕組みが必要だと思います。

まあ、いくらお金持ちでも、「Apple Watch Edition」は普通買わないと思います。それで、付けている人は、アップルからファッションリーダーと認定されて無償提供されたセレブ達。そんなセレブ達を見た、ファッションリーダーになりたい人達が買うという仕掛けかもしれません。

正直、私はあまりApple Watchには萌えていません。Apple WatchはiPhoneも同時に持ち歩かないと使えません。結局両手で使う必要があるし、それならiPhoneを取りだした方が便利なような。バッグの中がiPhoneの定位置の人には便利だと思いますが、私はベルトクリップで、すぐに取れる位置にありますから。
と言いつつ、買いますけどね。42mmのSportかな。初代iPodのように、どうかな〜と半信半疑で使ったら意外にも素晴らしかったという展開になると良いですね。

明日は、Mac編です。こっちの方が萌えた!


vintagecomp at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月26日

2月24日は完全に空振り

今年の2月24日は、以前から注目されておりました。
まずは、Apple Watchの発表会が開催されるという噂がしばらく前にありました。しかし、Apple Watchの発売が4月とアナウンスされて、この時期の発表会の線はなくなりました。
変わって噂に上ったのが、新型の12インチMacBook Airの発表会。こちらは、ポートがUSB Type-Cのみという斬新な画像も出回って、かなり期待されました。しかし、これも2月にフルチェンジは無し、変わって2月24日は従来ボディでマイナーチェンジのMacBook Airが発売されるという噂が最近上っておりました。

しかし、蓋を開けてみると、新製品の発表、発売は一切無し。ティム・クックがジョブズを偲ぶツイートをしたのみとなりました。
アップルとしては何も予告したわけでもないので、何も言うことはないわけですが、果たして色々計画はあったものの間に合わなかったのか、はたまた噂が先行しただけなのか、気になりますね。

Apple Watchの4月の発売は正式に予告されているので、3月の発表会はおそらく間違いないでしょう。他にも、何か出てくるか注目ですね。

Vintage Computerでは、最近色々と新製品の開発を行っております。その成果が

Mac Pro 2009-2012用11ac Bluetooth 4.0 カード ¥16,500

だったり、

Mac Pro 2008用11ac Bluetooth 4.0 カード ¥9,800

だったりするわけですが、更なる新製品も待ち受けています。今月中に発表できると思っていたのですが、予想外のことが起きたりで、来月となってしまいそうです。何だか、アップルの気持ちがわかる気がします。
とは言え、着々と進行中ですので、3月はアップルだけでなくVintage Computerも注目ください。


vintagecomp at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月25日

本日2/24はスティーブ・ジョブズ60回目の誕生日

ティム・クックCEOがツイートしていました。

51 PM












ティム・クックが、ジョブズの命日に故人を偲んで見解を表明することはありましたが、私が覚えている限り誕生日では初めてではないかと思います。もちろん、60歳という節目の年というのは、一つの理由でしょう。しかし、それだけではないと思います。

ティム・クックがCEOになってからというもの、本人が好むと好まざるに関わらず、常にジョブズと比較されてきました。
ジョブズのようなカリスマはない。
ジョブズのような革新性は示せていない。
ジョブズ亡き後、アップルは沈んでいくのではないか。

こんな見方が常について回りました。ティム・クックとしても、これらの声を意識しないわけにはいかなかったと思います。こういった声を払拭するには、アップルを躍進に導くしかないわけで、遂にその時が来たのではないかと思います。

今月10日、アップルの時価総額は7000億ドルを記録。アップルの時価総額が世界一になったのは、2011年8月。ジョブズが亡くなる直前です。その後、アップルの株価はしばらく低迷することになりました。
しかし、iPhone 6の大ヒットで、株価は躍進。2位のエクソンモービルに倍近い差を付けることになりました。もはや、ジョブズの影に怯える必要もなくなったのでしょう。
これから、
ティム・クックはどんなアップルを我々に見せてくれるのでしょうか。

vintagecomp at 11:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年02月20日

MacBook Pro ビデオ問題のリペアエクステンションプログラム

以前から問題視されていた MacBook Pro 15/17 Early 2011, Late 2011とMacBook Pro Retina 15 Mid 2012, Early 2013のビデオ問題が遂にリペアエクステンションプログラムによる無償修理の対象となりました。
ビデオがが歪んだり、表示されなかったり、勝手に再起動してしまう問題です。

対象モデルは以下の通りです。

MacBook Pro (15-inch Early 2011)
MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
MacBook Pro (17-inch Early 2011)
MacBook Pro (17-inch Late 2011)
MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

よく聞いていたのは非Retinaモデルでしたが、Retinaモデルも対象なんですね。この現象、なぜか私の所にも問い合わせが来ておりました。私としてはアップル次第とお答えするしかありませんでしたが、多数の方が影響を受けていたようなので、いずれリペアエクステンションプログラムが実施されるのではないかと予想はしていました。

実は私もMacBook Pro (15-inch Early 2011)を使用していますが、全く問題は発生していません。購入以来毎日メインマシンとして、仕事にプライベートに長時間使用しているにもかかわらずです。
問題が発生していない場合は修理対象とならないのですが、持病を持っている以上いつ発生するかわからないという心配はあります。このプログラム、来年の2月いっぱいまでは対象となるので、それまでに症状が出た方が良いのか出ない方が良いのか、ちょっと複雑な気分ですね。


vintagecomp at 12:04|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年02月18日

アップルストアで目立つ持ち込みのiMac

私は、仕事柄?アップルストアへ行く回数がとても多いのです。特に、昨年秋からここまで、ほぼ毎日のように通っております。そこで、気がついたことがあります。
アップルストア店頭にiMacを持ち込む人が非常に多いと言うことです。毎回のように、大きなアルミボディのiMacをかついで持ち込む人が目に付きます。おそらくは、なんらかのトラブルでジーニアスに相談に来たのでしょう。

images












どうして、こんなに店頭持ち込みiMacが目立つのか、考えてみました。

1. iMacの薄いボディにモニタ含め全てを詰め込んだ構造が、故障を起こしやすい。
2. 他機種と比べて、分解が難しい構造。ちょっとしたトラブルでも店頭持ち込みとなるため。
3. 大きなボディなのでとにかく目立つ。実は他機種と比べて多くは無いのだが、目立つだけ。

あくまで推定なので真相は分かりませんが、全て正解のような気もします。それぞれの要素が重なり合っての事かもしれません。

しかし、皆さん、大きなボディのiMacを駐車場から結構離れた店頭まで持っていくのは大変そうです。改造派なら、少々のトラブルなら自分で何とかしたいもの。以下のパーツ、ツールが役立ちます。

iMac Late 2009/Mid 2010 用HDD 交換キット(ツール付き) 8,980円
iMac 21.5/27インチMid 2011用HDD 交換キット Ver. 3(ツール付き) 8,980円
iMac 27インチ Late 2012-5K 2014用HDD センサケーブル 5,980円
ディスプレイ用両面テープ 1台分, iMac 27インチ Late 2012-2014用 980円
ディスプレイ用両面テープ 1台分, iMac 21.5インチ Late 2012-Mid 2014用 980円
iMac Late 2012-2014 ディスプレイ分解ツール 2,980円
液晶ガラスカバー取り外し用吸盤、2個セット 1,800円




vintagecomp at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月31日

OS X 10.10.2 がリリース

されています。マイナーアップデートなので目立った新機能とかはありませんが、結構重要なアップデートです。
アップデート内容の一つに

「Wi-Fi が接続解除される問題の解決」

があります。私自身は、この問題の影響を受けていませんが、問題が発生していた方も多かったようです。妻のMacBook Pro Retina Late 2013にもこの現象が発生しており、いつもぼやいておりました。まだアップデートして1日しか経っていませんが、これまで現象は発生しておらず、ようやく解決のようです。時間がかかりましたね。

私のMacBook Pro Early 2011を10.10.2にアップデートすると、Continuity Activation Tool でHandoff対応にしていたのが、元に戻ってしまいました。再度実行して、再びHandoff対応になりました。メールでの連携は特に便利ですね。ぜひ、Early 2011, Late 2011ユーザーの方は対応させましょう。

661-6510kit











MacBook Pro 13/15/17 2011 Bluetooth 4.0 キット(Handoff対応)
 12,000円


vintagecomp at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月21日

新アップルキャンパス建設中!

スティーブ・ジョブズ、最後の作品とも言って良いのが、ただいま建設中の新アップルキャンパスです。2011年のWWDCでのプレゼンの直後に、クパチーノ市役所でこの新アップルキャンパスのプレゼンを行っています。このプレゼンが、公衆の前で行った最後のものです。
スペースシップとかUFOと言ったニックネームが付いている新キャンパス、まだまだ建設の初期段階ですが、既に形が見えてきました。

aspx









特徴的な外観だけに、なんだかもう出現しちゃってますね。これが最終的にはこうなる予定。

applecampus-110813-41










当初の予定では、2016年中に完成ということです。ってもう、来年じゃないですか。本当にできるんでしょうか。まだ、2年弱あるから楽勝でしょうと思った方も多いかもしれません。しかし、こちらアメリカでは建物の建造にはかなり時間がかかります。アメリカ人は仕事が遅いってわけでは無く、こちらでは役所による検査・確認が頻繁に行われます。建築の基準に沿っているか、節目ごとに役所がチェックし、その度に工事が止まるので、時間がかかってしょうがない。アップルの政治力で、そこはさっさとやれてしまうんでしょうか。

以前は、1月と言えば必ずMacworld サンフランシスコに出席していました。そのついでに、クパチーノのアップル本社に寄ることも多かった。今ではすっかりサンフランシスコから、足が遠のいてしまいました。完成したら、ぜひ見に行かないといけないですね。


vintagecomp at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月28日

アップルストア でApple Pay

昨日アップルストアで買い物した際に、Apple Payを使ってみました。Apple Pay 開始の初日に、Walgreensで既に体験済みでしたが、さすが本家、店員もノリノリでした。



Walgreensでは少額なのにサインが必要でしたが、アップルストアでは高額なのにサインは不要。本当に簡単でした。本人以外使えない仕組みですから、サインは本来不要なはずですね。しかも、セキュリティ面も安心ですから、普及すればどんどん使っちゃいそうです。

店員に尋ねたところ、なんと彼自身Apple Payで支払いを受けるのは初めてだったそう。まだ始まったばかりとは言え、普及はまだまだですね。ぜひ、普及してほしいです。



vintagecomp at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

Yosemiteにアップデート

いつもOSのアップデートの際は、メインマシンについてはしばらく様子を見てからアップデートするのですが、今回は我慢できずにアップデートしてしまいました。
なぜアップデートに慎重かというと、やはり古いソフトの互換性です。

懸案は以下の点。
・Filemaker Pro 10は動くのか。これは使用頻度が大なので、重大。
・Dreamwerer, Fireworks CS4は動くのか。これも結構重要。
・MS Office 2008は動くのか。 使用頻度は少ないので、重要度小。駄目なら、iWorksで頑張るか最新版を買っても良いかも。
・ATOK 2011は動くのか。 駄目なら、最新版を買っても良いかも。

 さて、移行後の結果としては、全て大丈夫でした。まだ使い始めて間もないので、不具合が隠されているかもしれませんが、取りあえずは大丈夫なようです。

それから、10.9でメールの文字化け問題がありました。以前から問題があったのですが、文字コードを変更すれば文字化けは解消していました。ところが、10.9から文字コード変更の機能が削除されてしまったので、対処のしようがなくなってしまいました。特に、タイトルのみ文字化けのケースが散発していました。
ところが、Yosemiteではこれが解消したようです。以前のメールの文字化けも解消しています。 文字コード変更が復活したわけではなく、最初から文字化けしません。これは嬉しいですね。

Yosemite、 まずは好印象です。

vintagecomp at 04:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Archives