Apple Topics

2018年06月05日

WWDC 基調講演で macOS 10.14 Mojave 発表

毎年WWDCでは、開発者会議の名の通り新OSの発表がメインになります。とは言え、ハードウェアの発表も時々あるので、そっちの期待もしてしまうもの。iPhone SEやMacBookの新型の発表の噂もありましたが、残念ながら空振り。OS関連の発表のみとなりました。

そんな中、Vintage Compouterがもっとも注目するのはやはりmacOS 10.14 Mojave です。

Mojave











LAからラスベガスに車で移動する際は、広大なMohave 砂漠を通過するので、南カリフォルニアの住民にとってはおなじみの地名です。

暗くなるとツールバーやメニューなどが暗色系になるDark Mode、デスクトップピクチャが時間に対応して昼の画像になったり夜の画像になるDynamic Desktop、散らかったデスクトップもスッキリするStacks、ファイルの内容、詳細が一目でわかる仕組みなどが追加されています。GPUパワーを使った処理が多いようです。

便利で目を惹く機能が追加されていますが、そこで気になるのが 対応機種。macOS 10.14 Mojave のページには表示されていませんが、パブリックベータの対応機種がすでに発表されていました。

Macs introduced in mid-2012 or later, plus 2010 and 2012 Mac Pro models with recommended Metal-capable graphics cards.
Mid 2012以降に発売されたMacおよび、Metal対応の推奨グラフィックカードを搭載しているMac Pro Mid 2010とMid 2012。


具体的には、以下となります。
iMac (Late 2012)以降
Mac mini (Late 2012)以降
MacBook Air (Mid 2012)以降
MacBook Pro (Mid 2012)以降
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)以降
Mac Pro Late 2013と、Mid 2010、Mid 2012のMetal対応GPUカードを搭載したモデル

Metal対応機種というのがポイントのようです。やはりVintage Computer として気になるのは、タワー型Mac Pro。条件付きでMid 2010、Mid 2012が対応となっています。
 その条件についてですが、明日に続く!

毎年ですが、WWDCの直前はVintage Computerの売り上げが落ち込みます。 おそらく、魅力的な新製品が出れば買い替え検討となるため、アップグレードパーツも買い控えとなるのだと予想しています。残念ながら新製品の発表はなかったので、スッキリとアップグレードパーツのお買い物をしてください。

vintagecomp at 06:36|PermalinkComments(2)

2018年05月31日

HomePodがAirPlay 2、ステレオペアに対応

2月に米国等の英語圏で発売になったHomePod、残念ながら日本ではまだ発売されておりません。そんな状況ですので、米国版の購入代行のご依頼も多数いただきました。

HomePod











Apple HomePod スペースグレイ 米国版 54,800円
Apple HomePod ホワイト 米国版 54,800円

そろそろ日本でも発売されるのではと言う予想もあり、 最近はご依頼も少なくなってまいりました。
 そんな中、HomePodの発売地域の拡大が発表されました。2018年6月18日より、カナダ、ドイツ、フランスで発売されるそうです。どうやら今回は、ドイツ語、フランス語に対応と言うことでしょう。日本語対応と日本での発売は、まだしばらく先になりそうです。

昨日、iOS 11.4がリリースされましたが、HomePod関連のアップデートもありました。AirPlay 2、HomePodステレオペアに対応しています。これは、HomePod発売時から予告されていた機能で、やっと対応してくれたという感じですね。
これにより、複数の HomePodで同じ音楽を再生したり、2台のHomePodでステレオ再生することが可能になります。スマートスピーカーとしての機能面では、他製品に譲るとの評価も多いですが、音質面では他製品を圧倒すると言われています。ステレオ化で更なる迫力のサウンドが聴けそうです。
すでに1台お持ちの方も、2台目を検討されても良いかもしれません。

vintagecomp at 04:19|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

AppleCare は付けるべきか?

Apple製品を購入する際に悩むのが、AppleCare を付けるべきか、付けざるべきかということではないでしょうか。これには完全な正解はなく、お好みに応じてとなるわけですが私のポリシーをご紹介します。

私の場合は、付けないと決めており迷うことはありません。なぜなら、保険というのはそもそも長い目で見れば、必ず損をする(提供側が儲かる)ように設計されているはずだからです。折しも、4/13のエントリーで書いたように、私のMacBook Proは入院中です。4/16にジーニアスバーに持ち込んだのに、修理センター行きになり、まだ戻ってきません(涙)。購入して1年半、メーカー保証は切れてAppleCareがあれば、保証されていたはずの時期です。本機においても、ポリシー通りAppleCareは付けていないので有償修理です。その見積もりがこちら。

50



税抜き$795、税込み$861になるはずで、かなり痛い出費です。購入金額は$4,000以上でしたので、修理しないという選択は無し。

AppleCare つけとけば良かった〜!

この件だけ考えるとそうなるわけですが、これまでかなり多くのApple製品を購入しています。これまで、Appleに出した修理と言えば2回目。うち一回は、MacBook Pro Early 2011のGPU問題で、Extended Warrantyで無償修理となりました。実はもう1回、2年近く経ったiPhone 3GSで致命的な故障を経験しており、高額な見積もりが出ましたがもうすぐ新型が出るタイミングだったので、修理はしませんでした。この時は、初代iPhoneを引っ張り出して、新型が出るまで凌ぎました。

これまで購入したApple製品全てにAppleCareを付けていたら数千ドルにもなったはずで、今回の出費は痛いものの、付けなくて正解と納得しています。


vintagecomp at 07:23|PermalinkComments(4)

2018年03月28日

iPad 6th Generation を発表!

3/21のエントリーで取り上げた教育向けのApple Special Event で、iPad 6th Generation が発表されました。
一言で言うと、外観、カラー、容量は5th Gen と同じ、CPUがA10 FusionになりApple Pencilに対応しています。 それでいて米国価格は据え置きの$329よりとなっています。事前には$299よりと噂されていましたが、これは教育向けの価格となりました。

iPadは閲覧、ちょっとしたメモ、お絵かきくらいに使う方が多く、それほどヘビーな使い方はしない方が多いと思います。多くの方にとって、ちょうどいいiPadになりそうです。

Vintage Computerでは、日本仕様とは違いシャッター音が消せる米国版iPhone, iPadの購入代行を行なっております。早速iPad 6th Generation Cellurar の販売ページを設定しました。

iPad6Gen















iPad 9.7" (6th Gen) Cellular 128GB 米国版  84,800円
iPad 9.7" (6th Gen) Cellular 32GB 米国版  69,800円

米国では、4/2〜4/3お届けになっていますね。日本の方がちょっと早い!? 日本仕様との違いはシャッター音が消せるかどうかだけですので、iPad でバシバシ写真を撮る方はご検討ください。


vintagecomp at 04:56|PermalinkComments(0)

2018年03月21日

3/27 アップルスペシャルイベント「Left’s take a field trip」を開催

3月と言えば、毎年中旬頃にアップルスペシャルイベントが開催されることが多いです。主に、iPadのお披露目の場となることが多いですね。3/15を過ぎても告知がなかったので、今年はスルーかと思いましたが、発表されました。

hero_Apple_March_2018














「Left’s take a field trip」のイベント名で、シカゴのLane Tech College Prep High Schoolにて開催されます。従来のスペシャルイベントとを異なる内容のようで、教育向けとなっています。「Join us to hear creative new ideas for teachers and students.」(教師と生徒へのクリエイティブなニューアイディアを聞くために参加ください)と書かれています。

シカゴでスペシャルイベントが行われるのは初めてですね。ロサンゼルスとは2時間時差があるので、朝8時からとちょっと早め。日本では夜0時なので、いつものイベントよりは生で見やすいかと思います。

おそらくは、教育向けの新たなプログラムやソフトウェアが発表されるのでしょう。また、教育向けのハードウェアの発表も期待していいでしょう。折しも、低価格の新型iPad, MacBookや iPhone SE 2などが噂されています。教育向けは大量導入となるため、価格も重要視されるため、これらの発表の場となるかもしれません。

iPhone SEと言えば、2年前の3/31に発売されました。想像以上に多くの方が待ち望んでいたようで、米国版iPhone SEの購入代行にも大きな反響をいただきました。発売当初は入手難で、かなり苦労しました。
今月の上旬にお休みをいただきましたが、実は上旬にしたのは中旬から末にかけてiPhone SE 2の何らかの動きがあるかもしれないと考えたからです。今回発表される可能性は低いのではないかと予想していますが、どうなるでしょうか。


vintagecomp at 07:09|PermalinkComments(0)

2018年02月24日

Appleの新しいショッピングバッグ

アップルストアでは、リサイクルペーパーを利用した環境に優しいショッピングバッグを配布しています。

bag1












左が従来のショッピングバッグ、右が新型ショッピングバッグです。小さくなった?
これを入れるために新設されました。

bag3

















正面の面積はあまり変わりませんが、厚みが大幅に増えています。従来型の厚みが13cmくらい、新型が18cmくらいです。

bag2












HomePodを初めて店頭で購入した時は、折りたたんだ状態で持ってきてくれました。これだと従来型とあまり変わらない感じなので、これ本当に入るの?と聞いてしまいました。
HomePodはかなり重いので、紙のバッグで大丈夫?と思ってしまいますが、大丈夫そうです。紙質が強化されたのかなと思いましたが、見た限りでは変わっていない様子です。

日本で出回るのは、やはりHomePod発売からでしょうか。


vintagecomp at 06:25|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

HomePod 米国発売!

本日2月9日、米国でHomePodが発売されました。早速、展示機を見てきました。

HomePod2





















音は抜群にいいですね。Apple Storeにはたくさん展示してありましたが、お客さんが結構な音量で鳴らしてました。しかし、オンラインショップに対応しているのは、Apple Musicのみ。Siriも試して見ましたが、従来のSiri通りで英語だとかなり発音が大切ですね。私は、何度も通じなかったり別の曲をかけられたりしてしまいました。
Hey Siri! で誰でも操作できてしまうのは、いいのかな。おそらく英語のみ対応だったり、いろんな機能が後日アップデートだったりですから、その辺も後日なのかもしれません。

購入代行をお申し込み頂いた分は、すべて本日発送できました。入手時間を少々心配していたのと、風邪ひいたりで懸念されましたが、週明け早々には到着しますよ!


vintagecomp at 07:12|PermalinkComments(0)

2018年01月27日

HomePod 米国版のプレオーダー受付開始

HomePodのプレオーダーが始まりました。Appleからは、1月26日にプレオーダー開始、2月9日に発売とだけ発表されていました。iPhoneの時には事前に米国西海岸時間の0:01より受付開始と、事前に情報が流れますが、今回はそのような情報はなし。前例に従って、きっと0:01からなのでしょうと予測。

1月25日の夜遅くから待機します。新製品のプレオーダーの際は、「We'll be back.」の表示がされるのが通例ですが、0:01が近づいても全くそのような表示にはなりません。そして、0:01。全く変わらない!しばらく待ちましたが、一向に変わらず諦めて就寝しました。
そんなわけで、朝の9時頃から受付開始かなと思いましたが、朝の5時過ぎに起きてサイトをチェック。昨夜と変わりありません。やっぱり9時かなと思いつつ、時々チェック。すると5時半には開始されました。

14














まさか、画面の前で5時間半待った人はいないと思いますが、時間の発表はぜひしてほしいですね。

もう一つの注目点は、一人いくつまで発注が可能かという点です。iPhoneなどは2個ですが、Appleでは2個組み合わせてステレオで使用したり、各部屋での使用を提案しています。それなら、3個以上の注文も受け付けるのでは?と思いました。しかしながら、実際はiPhone同様2個まで。できるだけの手配をしました。

さて、執筆時点でプレオーダー開始から半日ほど経ちました。iPhone なら、発売日の入手は無理で数週間後になっているタイミングです。

30




はい、まだ初日の入手が可能です。そこまでバカ売れするデバイスではないだろうと思いましたが、供給量が超少なかったらという不安がちょっとありました。今後、発売日になっても即入手可能なのか、それとも?
米国版の購入代行、受付中です。

Apple HomePod スペースグレイ 米国版 54,800円
Apple HomePod ホワイト 米国版 54,800円


vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(0)

2018年01月24日

HomePodが2月9日に発売

マートスピーカーが旬になってきておりますが、やっとというか、満を辞してAppleのスマートスピーカーが2月9日にHomePodがアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売されます。予約受付は1月26日から。すでにHomePod対応のiOS 11.2.5 等がリリースされています。

HomePod











フランスとドイツでも、今年の春に発売されるとのことですが、日本での発売はまだ発表されていません。

アップルの新製品が地域ごとに順次発売となる場合は、単純に供給能力が追いつかないためということが多いのですが、アメリカ、イギリス、オーストラリアでの発売ということは、当初は英語しか対応していないのかもしれません。続いてドイツ語、フランス語で、日本語はまだしばらく先ということでしょうか。

さて、日本よりも米国での発売が早いということで、購入代行を希望される方はいらっしゃいますかね。ただ、日本語対応がまだということになると、あまり需要がない気もしますが。
希望される方は、コメント欄またはメールにてご要望ください。

1/24 追記
早速、ご要望をいただきましたので、明日にでも販売ページを設定いたします。少々お待ちください。


vintagecomp at 08:32|PermalinkComments(0)

2017年09月01日

Apple Special Event 9/12 正式発表

一昨日も取り上げましたが、AppleからSpecial Event の日程が正式発表されました。予想通り9月12日(水)10時(日本時間9/13 午前2時)からです。

02
















毎回この画像とテキストには、ヒントが隠されています。テキストの方は日程以外に以下が記されています。

the first-ever event at the Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズシアターで史上初のイベント)

噂通り、Appleの新本社のシアターでの初イベントとなります。8月中旬現在まだ工事中ということでしたけど、間に合ったようです。もしかして、ただいま突貫工事中?
史上初は、もちろん直接的にはスティーブ・ジョブズシアター初イベントということですが、これまでにない史上初の内容のイベントという意味も込めているのではないでしょうか。

画像の方は、3色に塗り分けられたアップルロゴとなっています。右側のベージュっぽい色は見覚えがあります。

DHCnhecWAAEOQIi-e1502608255678












噂されている新色のブラッシュゴールド、またの名をカッパーゴールドにそっくりじゃないですか。これはiPhoneの新色を表していそうです。
ということは、レッドとブルー新型iPhoneも出る? レッドは今でもありますし、パープルなんて噂もありました。しかし、さすがにそれはないのでは。こちらはApple Watchのベルト色かもしれません。

また、3色というのは3つの製品を暗示しているのかも。iPhone, Apple Watch, Apple TVの登場が予想されていますので、この3製品か。あるいは、iPhoneが3つのラインになるということか。
また、3色が混じり合っているのは、それぞれが融合してさらなる力を発揮することを示している気がします。となると、3色は前者でしょうか。

今や多くの噂情報がiPhone 7s, 7s Plus, 8 としていますが、私はやっぱりこのネーミングは疑問ですね。iPhone 8, 8 Plus, 8 Edition 説を取りたいと思います。
待ち遠しい!


vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(2)

2017年08月09日

AirPods 別視点レビュー

昨日入手したAirPods。早速、副社長が使っております。使い勝手などはいろんなレビューが出ていますので、別視点から。

副社長がAirPodsを欲しいと思った理由、それは耳から落ちないと評判だから。そこ〜〜?
Apple 純正のEarPodsや様々なヘッドフォンを使ってきましたが、副社長は耳の形のせいか、軽く首を振っただけでポロポロ落ちてしまって、超不快、不便なのでした。

しかし、AirPodsとEarPods、ワイヤちょん切れば外観はほとんど同じ。

AirPods














特に耳に入る部分は、同一と思えるくらい。これで本当に落ちないのでしょうか。ワイヤレスで落ちちゃうと、失くしてしまうのでより具合が悪いのですが。

結果:落ちません。(副社長談)

早速気に入って、もうずっと付けっぱなしです。おかげで、呼んでも返事がない(泣)。評判通りではあるのですが、普通のヘッドフォンでも落ちない普通の人だったら落ちなくて当然。ポロポロ落ちて困っている人でも大丈夫です。

個人差はあると思いますが、ヘッドフォンがポロポロ落ちてお困りの方、AirPodsは試してみる価値ありですよ。



vintagecomp at 06:11|PermalinkComments(3)

2017年08月08日

AirPods ついに入手

発売直後に入手された方には何を今更と言われそうですが、AirPods ついに入手しました。昨年末に発売されたものの、今に至っても入手難が続いております。私はオンラインで7/14にオーダーしましたが、お届け予定はなんと9月1日。1ヶ月半以上先!

ここにきて、日本でAirPodsが従来よりも多数入荷しているとの情報。中国からの入荷となるので、日本の方が先行するため、こちらアメリカではそろそろ入荷ありか?と予想していました。
本日朝に、入荷情報をチェックすると少し遠くの2店舗に在庫ありとなっています。お昼頃にはさらにもう一店。しかし、最寄りの店舗にはありません。ちょうど別件でApple Storeに行く用事があったため、とにかく状況を聞いてみようと行ってみました。

すると、こちらから質問する前にノリの良い店員さんが
「信じられる?ついさっき AirPodsが入荷したのよ。ほぼ初めての入荷よ。」
と教えてくれました。というわけで、もちろんゲット!

Airpods














帰って在庫状況をチェックすると、在庫ありの店舗はさらに増えていました。

10














オンラインのオーダーは、もちろんキャンセル。こちらは、まだ9/1お届け予定のままでした。
日本でもアメリカでも、今がチャンスのようです。


vintagecomp at 09:16|PermalinkComments(0)

2017年07月20日

怒涛のアップデート

Appleから、macOS Sierra 10.12.6iOS 10.3.3watchOS 3.2.3tvOS 10.2.2iTunes 12.6.2が配布されています。
昔は、こういうアップデート、一気にやったものですが、トラブルを避けるためにも、少し様子を見てからアップデートしています。時々、重大なバグが含まれていることがありますからね。でも、マイナーアップデートなので、特に何もなければ来週くらいにはアップデートする予定です。

実は、もう一つ私にとっては重要なアップデートがリリースされています。これについては、様子を見ずにすぐにアップデートしてしまいました。それが何で、結果はどうだったのか。明日、Vintage Computer チャンネルでお届けします。

vintagecomp at 15:40|PermalinkComments(0)

2017年02月24日

Apple ParkとSteve Jobs Theater

Apple の新社屋の名称がApple Parkと発表されました。4月から引越しを開始するそうです。

newcampus










2/17のエントリーで、WWDCまでのオープンは無理ではないかと予想しました。その予想が外れた!と思う向きもあるでしょうが、4月には一部がオープンして引越しを開始するのみです。工事の完了は、夏いっぱいとのこと。引越しも6ヶ月以上かけて行うとのことです。

以前は1月に稼働開始となると発表されていましたので、1月に見学に行きたいがどうか?と質問してきた方がいましたが、見学可能となるのは引越し完了後になるでしょうね。

また、1000席規模のシアターも併設されており、その名もステーブ・ジョブズ・シアター!
アップルスペシャルイベントも開催されるでしょうから、ここでまた数々の伝説を産んでもらいたいものです。シアターのお披露目は、iPhone 8発表か!


vintagecomp at 12:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2017年02月17日

今年のWWDCは6月5日からサンノゼで開催

今年のWWDCが、6/5〜6/9にSan Joseのマッケナリーコンベンションセンターで開催されることが発表されました

会場は、Appleのニュー本社キャンパスから数分の場所とのこと。新しい本社キャンパスは今年早々に稼働開始の予定でしたが、大幅に遅れています。アップルのこだわりにより遅れているということでしたが、さすがにこの頃にはオープンしているでしょうか。

newcampus











いやいや、私はまだ先と予想しています。外側はかなり出来上がっていますが、内装は外側以上に時間がかかります。アップルのこだわりが原因で遅れていると報じられていますが、それは最初からわかっていたこと。そもそもの計画に無理があったと思います。というか、アメリカでは各工程の検査が厳しく、建築期間はかなりかかるのが通常です。

サンノゼでは、2002年以来の開催となります。私はWWDCには参加したことはありませんが、この頃はライターとしてアップルスペシャルイベントの取材にはよく行っていました。その関係で、当時は私にもアップルから、WWDCのチケットセールスの電話があったりしたものです。チケット発売から瞬殺で売り切れ抽選となった昨今では考えられませんが、当時はチケットが売れ残っていたのです。
参加予定の方、幸運をお祈りします。

今年のお題ですが、iPhone 8とiOS 11はお約束ですね。期待したいのが、Macのデスクトップのフルチェンジ。Mac Pro, iMac, Mac mini 全て新型を発表となると、理想的な展開ですね。



vintagecomp at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月02日

Apple 第一四半期、過去最高売り上げ、iPhone販売台数も過去最高

Apple の第一四半期(10月〜12月)決算が発表されています。iPhone 7は期待されたフルチェンジではなく、売り上げは低迷という噂も出ていました。しかし、Vintage Computerでは特にiPhone 7 Plusが品薄で、なかなか入手できなかったり、予約していても店内に行列といった経験をしており、iPhone 7の販売不調というのには疑問を持っていました。

蓋を開けてみれば、過去最高売り上げで、iPhone、サービス、Mac、Apple Watchの売り上げが過去最高とのことです。噂は大外れ!

iPhone 7については、期待通りまたはそれ以上の人気製品だったのかというと、ちょっと疑問もあります。
もちろん、日本ではFelica対応もあり、人気製品となった面はあるでしょう。日本以外では、6sからあまり代わり映えがしなかったことも確か。それで、iPhone 7 販売不調の噂が出ていただのだと思います。私の体感としては、iPhone 6の人気がすごかった。それから2年が経過し、買い替え需要が高かったことが要因ではなかったかと思います。次の8が更に人気を獲得できるかですね。

Macについては、長らくお待たせしたMacBook Proのモデルチェンジだったので、過去最高は当然でしょうね。私の周りのApple ファンも、大半の方が購入しています。今年は、デスクトップの刷新を期待したいところです。

Apple Watchは、初代については人気は微妙だったと思います。ストアで購入している人もあまり多くないように思いました。ところが、Apple Watch Series 2が出てからというもの、本当に購入している人を多数見かけます。

Vintage Computerでは、時期によってはアップルストアに毎日のように通っていますので、人気の度合いも肌で感じることができます。噂よりも、体感の方が正確でしたね。



vintagecomp at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

AUGM Los Angeles 2016 いよいよ明日開催!

日本国外で唯一開催されるAUGM Los Angeles、いよいよ明日12/3開催です。

AUGM2016







AUGM Losa Angeles 2016 イベントページ

入場無料で、スポンサーからもたくさんの景品を用意していただきました。また、参加者全員へのお土産もあります。
また、内容も充実しています。
「差のつくiPhoneカメラの使い方」に参加すると、ちょっと気を使うだけで差のつく写真が撮れるように。
「伝説のマシン Apple Lisaが今日蘇る!」では、
他ではまず見られないLisaの動作状態のデモが。
「勢ぞろい!最新 Mac ニューモデル」では最新Macがずらりと並びます。
真打の「最新 iPhone 7/7 Plus 徹底解説」は、ただの解説ではありません。驚きの実験を行います。これは本当に見もの。
他にも、面白い内容が盛りだくさん。

そして最後は、AUGM恒例のジャンケン大会。豪華景品をかけて、壮絶なバトルが繰り広げられます。

まだ、席にいくらか空きがありますので、ぜひイベントページから登録して参加ください。登録なしでも、席に空きがあれば当日参加可能です。

ロサンゼルスのApple ファン、全員集合!


vintagecomp at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月19日

AUGM Los Angeles 2016 12/3(土)開催です!

日本各地で開催されている大人気のAUGM(Apple User Group Meeting)。昨年よりロサンゼルスでも開催しています。日本国外では、ロサンゼルスのみの開催です。ロサンゼルスエリア在住のアップルファンの方、これは行かなきゃ!

banner







Facebook イベントページ
日時:2016年12月3日(土)1:00 PM〜5:00 PM
会場: New Gardena Hotel セミナールーム
1641 W Redondo Beach Blvd, Gardena, CA 90247
入場無料

入場無料ですので、ぜひ参加ください。AUGM名物の豪華景品が当たるじゃんけん大会ももちろんあります。

参加は、事前登録が必要です。Facebook イベントページから登録いただくか、 mushikuiringonokai@gmail.com まで、メールをお送りください。

去年は、iPhoneユーザーでMacユーザーではないんですが、との問い合わせもありましたが、もちろんOKです。iPhone, iPad, Mac いずれか一つでも大丈夫。
今年、私は伝説のマシン Lisa のデモを担当します。ちゃんと動作するLisaをご紹介します。

入場無料で、面白いプレゼン、お土産ももらえて、景品も当たって、と大変お得なイベントです。ぜひ、参加ください。


vintagecomp at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月16日

「Designed by Apple in California」と「Apple Design」

このタイミングでAppleの新製品が出てくるとは思いませんでした。「Designed by Apple in California」です。この20年間のAppleの製品デザインを収めたハードカバーの写真集です。どこかの出版社が作った本ではなく、Appleの製品です。初代iMacからの20年間の製品の写真が掲載されています。

45












価格は、10.20” x 12.75” の小さい方が$199、13” x 16.25”の大きい方が$299です。11/16、間もなく発売です。

この種の写真集で思い出されるのが、1997年に発売された写真集「Apple Design」です。これはApple 1からTwenties Aniverssary Macまでの約20年間の製品の写真が掲載されています。これはAppleが出した写真集ではありませんが、「Designed by Apple in California」はまるでその続編のような感じですね。

AppleDesign1













AppleDesign2














ただし、その雰囲気は大きく異なりますね。「Apple Design」がマシンが美しく見える演出が施してありますし、プロトタイプの画像も多数収められています。
それに対し、「Designed by Apple in California」は製品を客観的に写した画像のようで、また最終製品のみです。
「Apple Design」の大きさは約9.5” x 12" と「Designed by Apple in California」の小よりも若干小さいので、二冊が統一感を持てるように小を買おうと思っています。

ともに20年間の製品の写真集ですが、「Apple Design」はApple創業からジョブズの復帰前まで、「Designed by Apple in California」はジョブズ復帰から今日までとなっています。ちょうど製品デザインの潮目が変わったところで、比較してみるのも楽しそうです。


vintagecomp at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月01日

アップルロゴがない!

本日も、iPhone 7 Plus ゲットのため、アップルストア詣です。7 Plusはまだまだ入手困難で、狙った仕様が近くのストアにあるとは限りません。そこで、本日はやや遠いアップルストアに行ってきました。ここは過去何度も言っていますが、久しぶりです。モール内のいつもの場所に行くと・・・

AppleStore1














クローズしています。移転したに違いありません。アップルロゴを探して彷徨いますが、なかなか見つかりません。人に聞いて、やっと発見。

AppleStore2













なんと、アップルロゴがないじゃないですか!見つからないわけだ。店員さんに、
「アップルロゴはどうしたの?」と聞いたら、
「あそこにあるよ」と指差した先は。

AppleStore3













薄くて全然目立たないし! これは店の構造上、目立つアップルロゴを付けられなかったのか、それとも今後のストアは、目立たないようにさりげなくアップルロゴを表示するのか。要注目です。
しかし、目立つアップルロゴにしてほしい、見つからないし。

さて、そんなこんなで苦労して確保したiPhone 7 Plusです。

iPhone7PlusSV


















iPhone 7 Plus A1661 256GB シルバー SIMフリー即納
 144,900円税込(本体価格 138,000円)在庫復活!

在庫で残っているiPhone 7は超特価です。

iPhone7RG
















iPhone 7 A1660 128GB ローズゴールド SIMフリー即納
 113,400円 99,750円税込(本体価格 95,000円)


こちらは、限界の最終価格です。これで売れなければ返品します。早い者勝ち!

特設ストアで、ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。来週月曜日には復旧の見込みです。


vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年06月10日

最近のアップルストア事情

私は、実店舗のアップルストアに訪れる機会が非常に多いです。

AS














昨年くらいまで、あまり丁寧でない接客を受けることが多いように思いました。ほっといても、iPhoneは品薄で困るくらい売れていくので、そんな風になってしまうんでしょうね。
ところが最近、接客が全体的に丁寧になっている印象を受けます。こちらが尋ねていないのに親切な追加情報を教えてくれたり、ちょっと面倒な質問をしてもきちんと調べてくれたりと、なかなか好感度が高いです。去年あたりは、こういうケースではスルーされるケースが多かったように思います。

昨今、iPhone 6sの失速や、業績もやや低迷していることが伝えられるため、ストア側でも丁寧な対応を心がけるよう号令がかかっているのかなと思います。

去年も今年も、ストアのディスプレイは完璧です。店内は塵一つ落ちていないし、客が展示品の並びを乱したり、ケーブルを乱したりしても、すぐに店員が修正しています。

しかし、私は見てしまいました。アップルストアでトイレについて尋ねると、店舗外のトイレを案内されることも多いですが、店内のトイレに通してくれることもあります。最近、2店舗の店内トイレを利用したのですが、いずれもひどいものでした。公衆トイレではないので、トイレは基本的に店員用、たまに客が利用することになります。ところが、このトイレの状態がひどい。ゴミ箱は満杯で、溢れた紙くずが床に散乱しています。また、廊下には返品商品が乱雑に積み上げてあったりと、ディスプレイスペースからは想像もできない散らかりぶりでした。

見えない部分にも手を抜かないのが、ジョブズの哲学だったはず。たまたま2店舗だけがそうだったのかもしれませんが、こういうところから凋落が始まっている気がして、心配になりました。


vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月13日

アップルストア、エコな再生紙バッグへ

従来プラスチックバッグでしたが、先月の中旬くらいから、再生紙バッグが登場しています。

bag1










右は、MacやiPad Pro用ですかね。左はiPhone用かな。先月の段階では、まだプラスチックバッグをメインで使っており、ほとんどもらえませんでした。たまにもらうと、得した気も。

今になって、いよいよプラスチックバッグの在庫が切れてきたようで、もらえる機会が増えています。今月末くらいには完全切り替えでしょうか。
右は従来のプラスチックバッグ、左は新型のエコな再生紙バッグ

bag2












底面にはこんな表示が。

bag3





80%の使用済み材料から製造されています。100%リサイクル、再利用可能です。
再生紙ながら、アップルが作るとちょっと高級感がありますね。


vintagecomp at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月30日

Apple 13年ぶりの減収減益

4/26にAppleの第2四半期決算が発表されました。売り上げが前年同期比13%減、純利益が22%減です。2003年以来、13年ぶりの減収減益となりました。しかし、リーマンショックの前後も減収減益はなかったというのはすごいですね。

今回の減収減益、iPhoneの不調が響いたと言われています。iPhoneの売り上げが突出しているのでそうなるわけですが、iPadやMacも減少しています。前年同期比でiPhoneの売り上げが18%減、iPadの売り上げが19%減、Macの売り上げが9%減、、iTunes Storeなどサービスの売り上げが20%増、その他のハードウェア製品が30%増となっています。

l_yu_apple2






発表後は、アメリカの一般のニュースでも、「13年ぶりの減収減益」と大きく報じられています。久々の減収減益で悲観的な報じられ方ですが、500億ドル以上の売り上げ、100億ドル以上の純利益、アイルランドのGDPにも匹敵するキャッシュと有価証券の蓄えと、何も心配いらないとのコメントも目立ちます。

しかし、ここ数年大きなイノベーションがないのがやはり根本的な原因だと思います。iPhone 6sの3D Touchも技術的には面白いのですが、それが実際の使いやすさにつながっているかかといえば微妙。ここ数年の変化で、最も使い勝手に貢献したのはiPhone 6s plusの追加だと思います。これを超える変化がないのが寂しい。
また、Macもここ数年ほとんどマイナーチェンジばかり。全く新しい製品であるApple Watchも成功しているとは言い難いです。

というわけで、数年単位での足踏み感がここにきて響いたのかと思います。そんな声を吹き飛ばすような発表を、WWDCでしてもらいたいですね。

暗い内容となったQ2決算発表ですが、明るい話題としてiPhone SEの新興国での好調ぶりがわざわざ挙げられました。3/31発売ですから1月〜3月のQ2にはほとんど含まれていないのですが、よほど好調なのでしょう。実際に、発売前に予約したのにまだ手に入らないといった声も聞かれます。
Vintage Computerでも1か月経った今も入手に大変苦労しております。お待ちいただいているお客様、いま少しお待ちください。


vintagecomp at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月04日

映画「Steve Jobs」を観た(ネタバレ注意)

しばらく前になりますが、マイケル・ファスベンダー主演の映画「Steve Jobs」を観てきました。

ジョブズの映画といえば、記憶に新しいのが2013年に公開されたアシュトン・カッチャー主演の「Jobs」。その時の感想がこちら

今回も感想ですが、日本では来年の2月公開だそうですので、ネタバレ注意をご承知の上でお進みください。

画像は映画館に貼ってあったポスター。多分、本物が届いていなくて、パソコンでプリントアウトした感じ。

Jobs続きを読む

vintagecomp at 07:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月21日

Genius Barの予約手順が変更

アップルユーザーにとって心強いのが、Genius Bar。修理や交換が必要な場合、従来だと「では本体をお預かりして」となっていたわけですが、ここでは対面で修理、交換をしてくれます。ほとんどの場合、30分程度で、対応してもらえます。特にiPhoneなんかは1日でもないと困りますから、助かりますね。

iPhone等の購入代行をしている関係で、Genius Barを訪れる機会も多いのですが、最近Genius Barの予約手順が変更となっています。確か、夏頃まではそのまま予約すればよかったのですが、iOSデバイスの場合オンライン上のメニューに沿って、iOS Diagnostics を走らせることを要求されます。
診断結果がアップルに転送されたところで、初めてGenius Barの予約が可能になります。

いくつかの症状がメニューに表れますが、例えばディスプレイの問題を選ぶと、必ずiOS Diagnostics を走らせないと予約できないようです。ディスプレイが正常に表示できなかったりして、iOS Diagnostics を実行不可能な場合はどうしようもなくなってしまいます。

そんな時は、例えば「電源が入らない」を選ぶと良いようです。これなら当然OS Diagnosticsを実行することは不可能ですから、そのまま予約可能になります。

このようになったのは、おそらくGenius Barでの対応時間を短縮するためだろうと思います。こちらでは、いつ行ってもGenius Barは大混雑です。今回も、直近の予約可能日は5日後でした。また、予約時間通りに行っても、30分くらい待たされるのはザラ。そういうこともあって、効率化を図っているのでしょうね。

とは言え、正直にメニューに従っていると、全く出口がなくなってしまうこともあるUIはいただけません。ここは改善して欲しいですね。


vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月24日

海外初のAUGM LA、いよいよ明日開催

海外初開催のAUGM LA 2015、いよいよ明日10/24(土)となりました。

1時〜5時
New Gardena Hotel
1641 W Redondo Beach Blvd, Gardena, CA 90247

アップル関連の情報の他、ベンダーによる展示や、豪華景品、参加者にもれなくお土産を用意しております。盛りだくさんの内容で、入場無料です。
アップルファン、必見のイベントです。

日本からのゲストも到着して、今夜は前夜祭です。

AUGMzenya











まだ、席には余裕がります。ロサンゼルス近郊のアップルファンの皆様、ぜひ参加ください。
参加希望の方は、イベントページから登録するか、メールをお願いします。

最後まで予定のわからない方、遅れて参加の方、
当日のアポなし参加も大丈夫です。LAのアップルファン、大集合!

vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月09日

いよいよ、明日Apple スペシャルイベント、10年前は?

現在、西海岸時間の9/8 夜8時頃。いよいよ、Apple スペシャルイベントは、明日10時(現地時間)からです。一体何が出てくるか? Vintage Computer チャンネルでも、大予想を行いましたので、改めて予想はいたしません。

ふと、10年前ってどうだったかなと思い、本ブログの10年前の記事を読んでみました。

01fc8dc2











2005年の9月7日には、Apple スペシャルイベントでiPod nanoが発表されていました。この時は、早朝からサンフランシスコに飛び、ジョブズのキーノートを生で聴いておりました。当時は、Mac Fanのライターをしていたこともあり、ほとんどのApple スペシャルイベントに参加しておりました。

iPod nanoは、発表当日に発売ということで、キーノートが終わると私は会場を後に駆け出しました。向かう先は、Apple Store サンフランシスコ店。モスコーンセンターから近いとはいえ、走るとかなりしんどかったです。もちろん、iPod nanoを発売直後に手に入れるため。しかし、店員さんは
「え?何か新製品出たの?」
と、期待はずれの答え。

当時はもちろんiPhoneもなく、持っていたモバイルマシンといえば、PowerBook。確か、サンフランシスコ空港のWi-Fi経由で、iPod nanoをオーダーした記憶があります。そして、さっそくバラシを行ってみたり。
当時のiPod nanoと今のiPhoneを比べると、あらゆる面でiPhoneの圧勝なわけですが、当時はなんだか不思議な高揚感と興奮があったな〜、と遠い目になるのでした。


vintagecomp at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月28日

Apple Special Event 9/9開催!

噂情報通り、9月9日10時(日本時間 9/10 2時)の開催が発表されました。

58 PM










アップルのサイトでも告知されています。
iPhone 6s, 6s plusが発表されるのは、確定的ですね。Apple TVも新サービスとともに発表されるとの噂も上っています。iPadも同時発表なのか?

さて、このサイトの文句がちょっと気になります。

"Hey Siri, give us a hint." (ヘイ Siri、ヒントをくれない?)

Siriに聞いてみろってことですね。早速やってみました。ところが・・・

"Hey Siri, give us a can't."
"Hey Siri, give us a shit."  (糞食らえと言ってくれ!)
"Hey Siri, give assistant."
"Hey Siri, give efficient"
"Hey Siri, give a fishing."

と散々な結果に。20回以上言い続けて、やっと認識してくれました。答えはこちら。

siri





9月9日まで、待つしかありません。あなたは、両親の寝室でこっそりプレゼントを開けて覗いてしまう子供のようですね。

答えは、いくつかパターンがあるようで、その度に違う回答になります。

皆様も、Siriがちゃんと認識してくれるか、英語の発音チェックをしてみてはいかがでしょうか?
"Hey Siri, give us a hint."


vintagecomp at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月15日

OS X Yosemite 10.10.5, iTunes 12.2.2, iOS 8.4.1 が一気にリリース

9月のOS X El Capitan, iOS 9のリリース前に、一気に三連ちゃんのアップデートです。09 PM





IMG_7712





いつものように、バグフィックス、セキュリティ関連の修正なわけですが、今回はApple Music 関連の修正がメインのようです。色々問題が指摘されていましたからね。Apple Music で困っている方は、速攻アップデートが良いかもしれません。

私は、OS Xは仕事のメイン環境なので、しばらく様子見です。


vintagecomp at 06:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月09日

WWDCは、3 OSとApple Music

WWDC 2015の基調講演は、OS X El Capitan, iOS 9, watchOS 2 の3つのOSと、音楽ストリーミングサービスのApple Music でした。

歴代の発表会で最長ではないかと思える2時間半近い基調講演でした。OS X El Capitanは、新機能満載と言うよりはパフォーマンス改善がメインのようで、どちらかというと地味な内容。
iOS 9は、ユーザーの次操作をiOSが推測するProactive Assistant搭載、これはナレッジナビゲーターに通じる物があると思いました。
watchOS 2 のTime Travelは、便利そうですね。

などなど、内容は盛りだくさんなのですが、個人的には今一つ萌えませんでした。興味深い内容はある物の、やっぱりこういう方向だよなと納得してしまって、サプライズが感じられませんでした。
やはり新しいハードが発表されなかったのは寂しい。3月の発表会の時には、Apple Watchはやはり注目してしまうし、MacBookは買いではないなと思いつつもかなり興奮してみていました。

過去の発表会でも、めぼしい内容はOSのアップデートだけということもありましたが、その時の方が興奮したと思います。当時は、OS XもiOSもまだまだ未完成の部分が多く、こんなにすごいことができるようになるの?という驚きがあったと思います。OS XもiOSも既に完成度が高くなってきていますので、なかなかそんな興奮は味わえないですね。
そういう意味では、watchOS はこれからなので、未来が見えるワクワク感があっても良いのですが、本当に素晴らしい未来があるのか、まだ見通せない感じです。

自分的には、やっぱりハード好きなんだなと改めて感じた基調講演でした。


vintagecomp at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

Harry

Archives