Apple Rumors

2019年09月07日

MacBook Pro 16インチ はどんなモデル?

9/10のApple Special Eventで新型iPhoneが出るのは確定的ですが、他の発表はどうでしょう。Apple watch, 新OS辺りは確定的ですね。確定的とは言えないまでも、噂が高いのがMacBook Pro 16インチです。

MacBook Pro 16インチ、出るとすればどんなモデルになるのでしょうか。現行の15インチモデルは15.4インチですから、ディスプレイサイズはそれほど大きくなるわけではありません。解像度も、2880×1800から3072×1920への変更と言われいます。ボディサイズは現行15インチモデルと同じで、ディスプレイ額縁が小さくなるのではと言われています。

15インチモデルは5月に登場したばかりですから、リプレイスということはまずないですね。つまり、現行モデルはそのままに、ハイエンドモデルの追加ということになります。確かに、現行モデルは高性能ではあるものの、ハイエンドに相応しいかといえば疑問ですので、ありだと思います。 ただ、大きなディスプレイに最速CPU、GPUを積んだだけというのでは期待外れです。by Innovation only の謳い文句は伊達じゃないという製品を期待したいところです。

ハイエンドモデルに足りないのはやはり拡張性。その点、新型Mac ProはハイエンドProモデルとして、見事にその期待に応えてくれました。 MacBook Pro でも同じ期待をしたいところですが、そういう噂は流れてきていませんので、望み薄でしょうか。ぜひ、予想を覆すモノを発表してほしいところです。

vintagecomp at 09:01|PermalinkComments(2)

2019年07月10日

MacBook Air 2019とMacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 Ports)が登場

Macのノートブックラインナップが刷新されています。

MacBookが廃止。そして、継続モデルとして残っていたMacBook Air 2017が廃止です。

MacBook AirがTrue Toneテクノロジー対応のRetinaディスプレイを採用した2019モデルにアップデートされています。
MacBook Proは5月に2019モデルにアップデートされましたが、13インチの Two Thunderbolt 3 Ports モデルだけは、2017モデルの継続でした。今回、第8世代クアッドコアプロセッサとTouch Barを搭載した2019モデルにアップデートされました。

MacBookが廃止になったのはちょっと驚きですが、確かにMacBook Air 2018が出てからは、存在意義が薄くなっていたと思います。そもそもUSB-C 1 ポートのみというのは、失敗だった気がします。

ちょうど昨日、MacBook Pro 13" Function KeysモデルのSSDをご紹介したところですが、いきなりディスコンとなってしまいました。新型のTwo Thunderbolt 3 Ports モデルにSSDのソケットがあるかですが、これは確実にないと言えます。Touch IDが採用された以上、SSDが脱着式というのはありえなくなってしまいました。

ノートのラインナップが大きく刷新されたわけですが、この秋噂されているMacBook Pro 16インチで完成されたラインナップになるのではないかと思います。15iインチが16インチに刷新されるという見方もあるようですが、私は共存すると思います。以下のような棲み分けになるのではないでしょうか。

MacBook Air  コンシューマー
MacBook Pro 13" プロエントリー
MacBook Pro 15" ハイアマチュア、ミドルプロ
MacBook Pro 16" ハイエンド

これまで、 MacBook Pro 15" はハイエンドプロモデルとしては力不足な面もありましたので、Proの名にふさわしいハイエンドモデルになるのではないかと予想します。その場合は、薄さを犠牲にしても拡張性に優れた構造を期待したいところです。

vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(0)

2019年02月13日

3/29にiPad mini 5, AirPods 2とあれを発売!?

iPhone Maniaさんが、Appleが3月後半にスペシャルイベントを開催し、3/29にiPad mini 5, AirPods 2などを発売するとの噂情報を報じています。

 iPad mini 5は、他でも色々噂されており、外観は iPad mini 4と同じ性能アップモデルでそれほど大きな変更はないようです。Apple Pencil対応が期待されますが、Apple Pencil 2ではなく元祖Apple Pencil 対応になりそうです。
AirPods 2はワイヤレス充電ケース付きになるとともに、ブラックが追加されるようです。
この2つは噂情報とはいえ、確率は高いでしょう。

そして、忘れかけていた例のあれも3/29に発売される可能性があるようです。 AirPowerですね。

AirPower















今に至っても発売されていません。また、昨年前半くらいまでAppleのサイトに AirPowerについて掲載されていましたが、今ではそのページも無くなっています。もう、無かったことになってしまっているかと思いましたが、いよいよでしょうか。
AirPowerについては、噂情報の域を出ませんが、出たら即買いたいと思っています。

vintagecomp at 13:19|PermalinkComments(0)

2019年01月12日

2019年期待の製品

2019年もAppleからは新型iPhone、新型iPad等出てくることでしょう。ただVintage Computerとして期待しているのは、新型Mac。その中でも特に注目しているのは新型Mac Proです。
現行モデルがLate 2013年ですから、すでに6年目に突入。 そろそろ期待しても良いことですが、Apple幹部がインタビューの中で2019年の発売であることを言及しています。

注目なのは、 現行のLate 2013モデルが拡張性の乏しい構造にしたことは失敗だったと認め、新型については拡張性を確保していると表明していることです(関連情報)。これは、改造派には嬉しい仕様になりそうです。
思い返すと、歴代のMacのフラッグシップモデルは、アップグレードパーツについて盛況と不盛況を繰り返しています。

Power Macintosh G1 (Power Mac 6100/7100/8100)
販売終了後かなり経ってからG3カードなど出ましたが、時すでに遅し。アップグレードパーツは盛り上がりに欠けました。

Power Macintosh G2
G3カードによるCPUアップグレードが活況。メモリやグラフィックボードも多種の製品が。

Power Macintosh G3
G3/G4カードも出たものの、性能向上もあまり高くなく盛り上がらず。グラフィックボードも限られた製品のみに。

Power Mac G4
G4  CPUアップグレードが活況。多種多様な製品で人気に。メモリやグラフィックボードも大人気。

Power Mac G5
CPUのアップグレードは不可。グラフィックボードも限られた製品のみに。

Mac Pro タワー型
CPUの交換可能で、今でも一線級の性能に。 メモリやグラフィックボード、ワイヤレスカードも大人気。今でもVintage Computerの主力製品です。

Mac Pro Late 2013
CPUの交換は可能なものの、 最大でも純正のトップモデル仕様まで。他のパーツも限られた製品のみに。

というわけで、順番的に次のMac Proは改造派には期待大だと思います。昨今は、アップグレードが困難なモデルばかりになってきているので、特に期待したいですね。

vintagecomp at 08:17|PermalinkComments(7)

2018年09月06日

AppleとTesla

Appleの自動運転車が、公道試験中に後続車に追突される事故があったそうです。以前から、Appleが自動運転の開発を行っているのは確実視されていましたが、公式に発表したことはなく、この事故によって開発中であることが明らかになったわけです。

今後、Appleが自動運転システムを自動車会社に売り込むのか、はたまたApple自身が自動運転車を開発するのかは謎ですが、ちょっと気になる噂があります。
 それは、AppleがTeslaを買収するという噂です。

すでに、本ブログでも取り上げていますように、私はTesla Model 3を購入しました。これまでの車とは異次元の魅力があり、大変満足しています。今後も、Teslaには魅力的な車を出し続けてもらいたいものですが、Teslaは資金難の問題があり、倒産の噂が絶えません。これだけブランド価値のあるメーカーになったので、もしもの場合も倒産、消滅という事態にはならずどこかが吸収することでしょう。しかしそうなった場合、Teslaらしさがなくなるのではないかと懸念します。
そんなTeslaの買収先に、もっとも期待できるのがAppleではないでしょうか。イノベーションは、両社のキーワードですし、相乗効果は大きいように思います。 

スマホがキーになったり、Appで外部から車を制御できるなど、iPhoneとの親和性は今でも高いように見えますが、これはあくまでもスマホ対応。CarPlayにも対応していませんし、今のところAppleとの結びつきはあまり無いようです。

AppleによるTesla車、見てみたい気もしますね。


vintagecomp at 05:57|PermalinkComments(0)

2017年09月12日

いよいよ明日、Apple Special Event!

Apple Special Eventが、いよいよ明日に迫りました。
いろんな噂が出てくるなか、謎な部分もたくさんありました。そんな中、その謎を解明する情報が出てきてしまいました。

iOS 11のゴールデンマスターが流出したということで、中身を解析することで新製品情報が明らかになったと9to5Macが伝えています。Apple社員の不満分子が、意図的にリークしたものと伝えられています。

iPhone 8, iPhone 8 Edition, iPhone Edition, iPhone X と様々な情報が乱れ飛んだ新モデルの名称ですが、iPhone X で決まりだそうです。予想外れた!
それから、従来モデルと外観がほぼ同じなニューモデルは、sを飛ばしてiPhone 8, 8 Plusとなるそうです。
十周年記念モデルということでXなのでしょうね。しかし、8s, 9, 9s の次はどうするのでしょう?

9to5Macによると、iPhone Xの主要スペックは以下の通り。

5.8型 OLED 2436×1125ドット (True Toneディスプレイ)
CPU A11 6コア
メモリー 3GB (iPhone 8=2GB、iPhone 8 Plus=3GB)
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 700万画素
動画 4K 60fps、1080p 240fps
ホームボタンなし
電源ボタンはサイドボタンに
Face ID(3D顔認証)
ワイヤレス給電
ポートレートモード新機能 光コントロール

その他、LTE対応のApple Watch、Apple TV 4K、マイナーアップデート版AirPodsもiOS 11 ゴールデンマスターから確認できるそうです。

さて、明日はこの情報そのままで出てくるのでしょうか。Power Mac  G4 Digital Audio の頃、上位モデルにATIとnVIDIAの新型ビデオカード採用が決まっていましたが、発表会直前にATIがその情報をリークしてしまう事件がありました。カンカンに怒ったジョブズは、キーノートの内容を変更、なんとATIの採用を取りやめたということがありました。
今頃ティム・クックも怒っているでしょうが、発表内容の差し替えはあるのか? ないだろうな。


vintagecomp at 05:38|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

New iPhone発表は9/12、発売は9/22 !?

Appleの製品発表会が、9月12日(火)に新本社Apple Parkで開催されると、Wall Street Journalが伝えています。まだ正式発表されていませんが、Wall Street Journalのこの種の情報は過去も確度が高かったので、かなり濃厚ですね。

新型iPhoneはもちろん、Apple Watch、Apple TVも発表されると報じています。ここ数年のパターンですと、

9/15(金)西海岸時間0時1分(日本時間16時01分)に予約受付開始
9/22(金)店頭販売開始

というスケジュールになりそうです。量産が遅れているという噂もありますので、もしかすると9/29(金)発売という線もあるかもしれません。しかし、それ以上遅れることはないんじゃないかと思います。
昨年は、新色のジェットブラックが超入手困難。品薄ながらなんとか入手可能になってきたのが発売から1ヶ月後の10月後半以降でした。デザインも一新されるNew iPhoneについては、それ以上の入手難になりそうな気配です。

さて、iPhone, iPadの購入代行についてですが、8月末日まで10%引きのクーポンをご提供中です。

iPhone7Plus












クーポンコード:iPhoneiPad201708
期間:8月31日(木)まで(日本時間)


iPhone 購入代行
iPad 購入代行

お会計画面のクーポン欄に上記コードを入力ください。10%引きが適用されます。iPhone 6s, 6s Plusは技適付きで入手可能ですが、今後入手できなくなりそうです。最後のチャンスになるかもしれません。



vintagecomp at 06:35|PermalinkComments(0)

2017年08月16日

次期iPhoneの名称について

次期iPhoneは、7、7 Plusの流れをくむモデルと、ホームボタンレスで新デザインのモデル合計3モデルとなることが、確定的のようです。その3モデルがどういう名称になるか、いろんな噂が出ていますが、まだ確定的ではないようです。以下のような噂が出ています。

iPhone8-2












1. 7s, 7s Plus, 8
7、7 Plusの流れをくむモデルは、従来の公式通り 7s, 7s Plus。そしてデザインを一新するホームボタンレスのモデルは、8という説です。理由づけとしてはもっともで、噂としても一番多いようです。

2. 7s, 7s Plus, Edition
最上位モデルは、iPhone Editionという説です。最上位モデルはこれまでなかったモデルになるので、従来の名称にとらわれない、ということでしょうか。

3. 8, 8 Plus, 8 Edition
7sは飛ばして、8で3モデルという説です。なぜ、7sをすっ飛ばすかについては、今年がiPhone 10周年の節目に当たるため、数字も一新ということのようです。

発売時期についてですが、7、7 Plusの後継は例年通り9月の発売。ホームボタンレスの新モデルについては、遅れて発売という説が多数派でした。しかし、ここに来て3モデル同時発売、ただし最上位モデルは当初供給量が限られるという説が急浮上して来ています。

ここから先は、リーク情報でも裏情報でもなんでもなく、私の個人的考察です。
発売時期については、最新の噂通り、全モデル例年通り9月発売でしょう。より魅力的な新モデルが近々発売となれば、買い控えも起きるし、発売時期をずらすのは悪手だと思います。その場合、噂通り最上位モデルの供給が限られ超品薄になるのは避けられないでしょうね。昨年の新色ジェットブラックも、当初はかなり入手難でした。

そして、名称。これは3の8シリーズに統一だと思います。7s, 7s Plus, 8 だと、低中位モデルの旧型感が半端ない。新型で、これは絶対に避けたいところ。最上位モデルの発売が半年ほど遅れるならともかく、同時発売でこれはあり得ないと思います。

さて、噂通りとして私が何を買うか。もちろん、最上位モデルの8 Edition(仮称)です。これまでのiPhoneのモデルチェンジで一番新しく感じたのが、画面が大きくなった6 Plus。やはり画面が大きくなるのは、少々の新機能追加よりも使い勝手が大幅によくなります。8 Edition(仮称)は7 Plusと比べ、ボディが小さくなり画面が大きくなるとの噂。これは、8 Edition(仮称)しかないでしょう。価格もグッと高くなるとの噂ですが、その価値はありそうです。

9/8発表、9/15予約開始、9/22発売あたりが有力なようです。


vintagecomp at 05:12|PermalinkComments(0)

2017年05月19日

WWDCで新型ラップトップを発表!?

Bloomberg Technology が、「Microsoftに対抗するラップトップの刷新を計画中」の見出しで、WWDCでラップトップラインナップ3機種のアップデートを発表予定と報じています。

ここだけ見るとMicrosoft Surface にぶつけるニューマシンを発表するのか!? と思ってしまいますが、MacBook, MacBook Air, MacBook Pro のCPUをKaby Lake にアップデートするという話。
このタイミングでCPUアップデートモデルが出る可能性は十分あると思いますが、マイナーチェンジモデルをWWDCで発表するかというと、かなり疑問だと思います。

MacBook Airはこのままフェードアウトとの予測もあっただけに、アッップデートされるのは朗報ですね。ついでに11インチも復活してくれればと思います。

MacBook Pro は、私も15インチ2016モデルを所有しており、関心が高いモデルです。2016モデルで私が一番望んだのが、メモリ 32GBのオプション。しかし、最大16GBで残念な思いで購入しました。
2016モデルのHaswell でも32GB化は技術的には可能ですが、バッテリー駆動時間を考慮し16GBに留めたとコメントしています。おそらく10時間駆動を死守したかったんだと思います。Kaby Lake で消費電力が減れば、32GBオプションを出してくる可能性は十分ありますね。そうなると、私の理想のマシンになるわけで、2016モデル購入は早まってしまったことになります。4000ドル以上出して購入したマシンですので、そうおいそれと買い換えるわけにもいかず・・・ しかし、理想のマシンが出ることは嬉しい事です。

Unknown







2016モデルの目玉と言えばTouch Bar ですが、正直ほとんど使っていません。外部モニターとキーボードを接続して使う、デスクトップ的使い方がメインだからです。
そこで、ニューモデルではTouch Barなしモデルを拡充してもらいたいと思います。現在は、13インチのエントリーモデルのみですが、Touch Bar以外は遜色のないスペックにしてもらいたいと思います。

そして、そうなると注目されるのがSSD。2016モデルは、Touch BarなしモデルのみSSDがソケット式。Touch Bar付きがSSD直付けです。指紋認証データーをSSDが保持しているため、交換可能な構造にしていないと言われています。Touch Barなしモデルが拡大されたら、SSDソケット式となる可能性大です。そうなるとアップグレードの道が開かれるわけで、ぜひそうなればと思います。


vintagecomp at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月04日

明けましておめでとうございます。今年のAppleを大予想

本日、1/3より2017年の業務を開始しました。先ほど、発送業務を終えました。
今年もよろしくお願いいたします。

今年のAppleの動向を予想してみたいと思います。

1. Mac
2016年は、久々にMacのノートブックのリフレッシュが行われました。今年は、デスクトップのリフレッシュの年になると予想します。Tim Cookもデスクトップを開発中と言ってますし。Mac ProとiMac を刷新、もしかするとMac miniの刷新もあるかもしれません。新型はSSDの性能を上げてくるでしょうが、ソケット式で交換可能な構造にしてほしいですね。Mac ProとiMacのメモリスロットも、存続をお願いします。
macOS 10.13は例年通り、秋に出てくるでしょうね。

2. iPhone 8
秋には、当然新型 iPhoneが出てくることになります。iPhone 7s とデザインが変わらないという噂もありますが、さすがにそれは無いんじゃないでしょうか。iPhone 8として新デザインで出てくると予想します。
有機ELパネル、ワイヤレス充電、ガラス製ボディ、3Dカメラなどが噂されていますが、どれだけ対応してくるか。一気に実現してしまうと次のモデルの売りがなくなってしまうので、全部は実現しないと思います。
白や赤の新色も噂されていますが、個人的にはこれ以上増やして欲しくないですね。というか、3色くらいに減らしても良いと思います。

3. iPhone SE 後継機
昨年の3/31にリリースされたiPhone SE、Vintage Computerへのご依頼もまだまだ多く人気です。iPhoneは基本毎年アップデートされますので、今年の春に後継機ということも考えられますが、噂ではそれはなさそうです。このまま後継機はなしなんて予想まで出ていますが、それはないでしょう。ありそうなのは、iPhone 8の1ラインとして秋に出てくること。Vintage Computerの仕事上は、リリース時期は分けけもらった方がありがたいのですが。

4. New iPad
10.5インチのiPad Proが噂されています。また、7.9インチもminiからProになるという噂と、7.9インチはディスコンになるという噂が。ディスコンはないでしょうね。3月の登場が本命のようです。

5. Apple Watch 3
これも噂はありますが、多分2017年はないと予想しています。人気的には微妙だった初代Apple Watchですが、Apple Watch Series 2は売れてますね。今現在、品薄です。この人気もあって、早急にアッップデートする必要はないでしょう。初代から2でも1年以上の間隔が空きましたから、それから考えても2018年でしょうね。

6. その他
2016年のMacBook Proで鳴り物入りで登場したTouch Bar。Appleが本気でTouch Barの普及を考えているなら、Touch Bar付きの単体キーボードが出てこないとおかしいです。デスクトップの刷新も予想されていますし、それにはTouch Bar付きのキーボードが付属するはず。いくらになるでしょう?結構高くなりそうな気がします。
また、今年の早い時期に、Apple本社の新社屋が完成します。以前の情報では1月末に引越しと言っていましたが、もうすぐですね。それにしては情報が流れてこないので、もう少し先でしょうか。3月に出てくる新製品の発表会は、新社屋で行うことになると予想します。

多分に独断と希望的観測も含まれていますが、このうちどれだけ実現するでしょうか。はたまた、上にはない、サプライズもあるのか。2017年が、良い年でありますように。


vintagecomp at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

9/7 アップルスペシャルイベント

メディアに招待状が送られるととともに、アップルのサイトにアップルスペシャルイベントがドドーンと出ています。

41












この画像に、毎回発表内容のヒントが隠されています。アップルロゴをカラフルな円で形作っています。一体何のメッセージか?

1. まずわかりやすいのが、「See you on the 7th.」(7日にお会いしましょう)ですね。これは、もちろんiPhone 7を表しているに違いありません。あまり変わり映えがしないため、iPhone 6 SEになるなんて噂もありましたが、7で確定でしょう。

2. カラフルな模様ということで、カラーバリエーションの追加が考えられます。現在の4色から5色のバリエーションになるという噂もありますが、それにしては色が多すぎるような。
ケースやヘッドフォンのカラーバリエーションを表しているのかも知れません。特に、ヘッドホンは3.5mm端子が廃止になるというもっぱらの噂ですので、大変更は必至。今回の発表の目玉にもなりそうですので、ヘッドホンのカラーバリエーションも可能性が高そうです。
あと、カラーバリエーションで可能性がありそうなのが、Apple watch 2。こちらも同時発表されるのか?

3. どうしても気になるのがうっすらと左上に一つだけ離れている円。円でアップルロゴを作っていますが、それとは関係ない円が一つ。これはきっと、One more thing があるということではないでしょうか。
しかも、なんだかうっすらとしていて影が薄い。これは、最近すっかり影が薄い、MacBook Proシリーズの発表があるというのは、飛躍しすぎでしょうか。

4. 右の明るいグリーンがぶれて写っています。左の薄いグリーンも少しぶれていますね。iPhone 7はカメラ機能が進化しているようですので、ブレ補正の新機能が搭載されるのでしょうか。

というわけで、9/7 当地の10時(日本時間 9/8 2時AM)は、超注目ですね。私はもちろん、ライブストリーミングでじっくり観ます。

vintagecomp at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月26日

MacBook Proは9月発表?

iPhone 7とiPhone 7 Plusは、9月7日に発表され9月23日に発売との噂が高まっています。発売は、9月16日説もありますが、年中行事でもあり、大きく外れることはないでしょう。

さて、iPhoneの時期は読めますが、ここまで読めないのがNew MacBook Proの発売時期。個人的にはこれまで2、3年でメインマシンを買い換えてきましたが、今のメインマシンMacBook Pro 15" Early 2011はもう5年半も使っています。魅力的なマシンが出たら、即購入とずっと決めているのですが、今年の春やWWDCで発表の噂もありましたが、ずっと裏切られっぱなしです。

ここにきて、iPhone 発表の9/7に同日発表されるという噂が上ってきています。いよいよ満を持しての発表か? 電源ボタンにTouch ID、有機ELタッチバー、USB 3.1 Gen 2、新色などが噂されおり、待ち遠しいです。

Apple-MacBook-Pro-2016









iPhoneは今やAppleのメインプロダクト。過去も、iPhone発売時にはiPhoneオンリーとなっています。早く発表して欲しいところですが、そんな話題が分散される発表会にしてしまうのか?
私としては、やはり話題の分散を避けて、iPhoneとの同時発表は避けると見ています。それよりも10月の発表会で、iPadやApple Watchと共に発表されるのが本命じゃないかと思っています。


vintagecomp at 22:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年01月10日

New MacBook Air 12インチはポートをバッサリ?

ずっと話題になっていたMacBook Air 12インチの画像が、9TO5MACに掲載されています。

昔のPowerBook G4 12インチのように、キーボードの左右の縁が極限までえぐられています。また、キーピッチも若干ながら狭くなっています。これにより、12インチサイズながら現行の11インチよりもコンパクトなサイズになるようです。さらに現行11インチよりも、ぐっと薄くなるとのこと。薄さに大きく貢献しているのが、ポート類の省略です。
ポートは、ヘッドフォンジャックとUSB Type-Cのみ。SDカードスロットもThuderBolt スロットも電源用のMagSafeすらありません。電源は、USB Type-Cから供給するそうです。

思い切った割り切りですが、個人的にはThudnerboltだけは残してほしいですね。自宅やオフィスでは、外部モニタを使ってと言うのが私のノートの使い方なので、これがないとほしくないです。Thudnerboltさえあれば、他のポートへの変換も可能ですからね。
もちろん、そんな人にはMacBook Pro Retinaを、単独使いの人はNew Airをという棲み分けというのも理解はできるのですが・・・

しかし、ここまで割り切るならヘッドフォンジャックもやめちゃって良いんじゃないでしょうかね。AirらしくBluetoothでワイヤレスで使えば良いわけですから。

さて、このMacBook Air 12インチ、11/13インチは廃止となり置き換えられるのでしょうか。そうだとすると、旧11/13インチも貴重になるかもしれませんね。

もっとも、これはあくまで噂なので、本当にこの通りかはまだ分かりません。これにThunderboltさえ付けば・・・


vintagecomp at 11:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年10月15日

10/16 Apple Special イベント

が開催されます。招待状はこちら。

yu_event











このイベントでは、新型のiPad Air, iPad mini Retinaの発表が確実視されています。iPad Airは更に薄くなりTouch IDが追加、iPad mini Retinaは外観上の変更は無くTouch IDの追加と若干のスペックアップ程度のようです。OS X Yosemitについても、触れられることでしょう。

それより気になるのが、招待状の一文。

It's been way too long. (大変長らくお待たせしました。)

iPadについては、恒例の1年毎のアップデートですし、Yosemiteだってそんなに待たされた感はありません。
まる2年アップデートがないMac miniとの予想もありますが、Mac miniの新型を待ち望んでいる方も一部だと思います。Thuderbolt 4K Displayも考えられますが、これも待ち望んでいたのは一部だと思いますので、本命視できません。

ということで、本命はRetina Display 搭載のiMacではないでしょうか。MacBook Pro Retina Displayが出て以来、次はiMacと思われていましたが、ずっとお預けでした。これだと、「大変長らくお待たせしました。」に相応しいと思います。

最近の発表会は、事前にリークしまくりってパターンが多いですが、今回は何が出てくるか楽しみですね。


vintagecomp at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年09月09日

いよいよ明日は、アップルスペシャルイベント

先ほどまで応援していましたが、錦織選手、残念でした。しかし、決勝まで残ったのは本当にすごい快挙。また次に期待しましょう。

さて、いよいよ明日は、アップルのスペシャルイベントです。こちらでは、午前10時からですので、仕事をしつつストリーミング中継を見たいと思います。

しかし、今回のスペシャルイベント、例年になく力が入っています。例年は、米国メディア主体の招待ですが、今回は世界中の主要メディアを招待しています。会場は、初代Macが発表された記念の会場。ストリーミング中継の方は、カウントダウンまで用意しています。

これだけ、スペシャル感を醸し出しているからには、例年にないスペシャルな発表があると見て良いでしょう。もちろん、iPhone 6の発表は濃厚ですが、伝えられる内容からはそこまでのスペシャル感は感じられません。

となると、やはり噂のiWatchの登場が確実と考えて良いでしょう。しかし、単にiPhoneとBluetoothで接続され、手元でNotificationの表示や、主要操作ができる、ってだけでは期待外れですね。何か、想像を超えるサプライズがあるんでしょうか。

はたまた、噂には上っていない別のサプライズがあるのか。可能性は低いと思いますが、私としては、こちらに期待したいところです。

期待以上の発表で、「また次に期待」とはならないようにしてほしいですね。

vintagecomp at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月30日

9/9 アップルスペシャルイベント

以前から、9月9日にアップルスペシャルイベントが開催されるとの噂が広まっていましたが、遂にアップルから正式に招待状が発行されました。

f4d2a813-a6ac-4a63-82e6-8ecddc862ecb-420x368















(画像:THE loop)

噂通り、9月9日 西海岸時間の10時より。場所はFlint Center for the Performing Artsです。

いつもヒントが隠されている招待状の文面は、

Wish we could say more
「もっとお話しできれば・・・」

今回の発表会で、新型iPhoneが登場するのは、もはや確定も同然となっています。。この'more"が気になりますね。いよいよiWatchの登場でしょうか。iWatch発表の噂も出てきました。

また、会場のFlint Center for the Performing Artsは、初代Mac, 初代iMac等が発表された由緒正しい場所です。このところ、発表会イベントは各国で行っており、本家のスペシャルイベントに招待されるのは、米国メディアのみでした。ところが、今回は世界各国の有力メディアに招待状が発行されたようです。ここ数年でも、特別のイベントと見て良いでしょう。

iPhoneとともに発表されるのはiWatchか? その可能性は高いと思いますが、大どんでん返しも期待したいところです。


vintagecomp at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年08月08日

9月9日に新iPhoneのスペシャルイベント

Appleから正式発表されたわけではありませんが、WSJなど大手メディアも報道しており、確かな情報のようです。発売は、1週間後になるか10月になるか、まだ確定情報はないようです。
iPhone 6と言えば、4.7インチと5.5インチの2モデルが噂されておりました。5.5インチは、一時は噂がぱったりと消え、ガセの雰囲気が濃厚でしたが、ここに来てしっかりと復活してきています。しかし、製造上の問題が浮上しているとのことで、発売は2015年にずれ込むかもしれないとのこと。

サイズ比較のイメージ画像。
iphone_6_sizes_1000










基本的に大画面が好きな私ですが、5.5インチ、でかいですね。いつも発売直後に購入していますが、どっちにするかじっくり見て決めたい気分です。

デザインについては、予想画像が色々と出ていますが、個人的にはイマイチな印象。大型スマホと言えば、Samsung等Android勢が先行しており、それらに似た印象。普通に作るとそうなっちゃうわけですが、ぜひとも予想を覆すAppleらしいデザインで出してほしいものです。

私が注目しているのは、地域によるモデルのバリエーション。今回は、全世界同一仕様に一本化を期待しています。既に、iPad Air, iPad mini Retinaは一本化されていますので、そろそろiPhoneでも可能かと。一本化すれば、技適など悩む必要もなくなります。
さらに、もはや全てSIMフリーにしてもいいんじゃないかと思います。SIMフリーは、現金一括になるから喜ばないユーザーが多いという声がありますが、それとこれとは別な話。SIMフリーで購入時の負担額小、キャリア2年縛りもありだと思います。もちろん、SIMフリーならではの、キャリアに縛られない選択肢もあった上で。既に、世界中で有力なキャリアは、iPhoneを扱っている状況。SIMロックの意義もあまりないと思います。


vintagecomp at 06:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月13日

New iMac 来週登場か?

New iMac が来週にも登場という記事が出ております。

新型と言っても、MacBook Air Early 2014のように、CPU速度が若干アップするのみの模様です。MacBook AirではモデルIDすら変わらない、超マイナーなチェンジでした。iMacもそんな感じでしょうか。

とは言え、この手の情報はやはりしっかりキャッチしておきたいもの。私の知り合いが、MacBook Airのモデルチェンジ前週に、購入してしまいました。通販だったので、到着はモデルチェンジ後。
「$50値引きされていたから。」
ってことでしたが、新型は$100値下げされましたからね。

基本的には、欲しい時が買い時。新型を待って買い控えするのは、あまり得策ではないというのが持論ですが、こうなってしまうとショックです。

iMacが情報通りなら、Airに続いて連続の超マイナーチェンジ。Mac Pro Late 2013以来、目立ったNew Macはありません。そろそろ、驚きのニューモデルが出て欲しいところです。




vintagecomp at 10:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年04月29日

間もなくMacBook Airがアップデート

とのが高まっております。米国時間の4/29(火)が濃厚です。現在、標準モデルのCPUは全て1.3GHz Core i5 Dual Core、Turbo Boost時が2.6GHzとなっています。これが1.4GHz Core i5、Turbo Boost時が2.7GHzとなるようです。
現在はオプションで1.7GHzが選べますが、こちらも1.8GHzに上がるかもしれないですね。噂情報では、それ以外目立った変化はないとのこと。

Late 2010以降、外観は全く変わっていませんが、その都度変わってきたのがSSD関連のスペック。

Late 2010 SATA 2
Mid 2011  本体SATA 3、端子は変更なしでSSDモジュールはSATA 2 のまま
Mid 2012 SATA 3、端子変更
Mid 2013 PCI Express、端子変更

と目まぐるしく変更され、販売店泣かせでもありました。Mid 2013では、Mac Proとも共通のPCI Expressになったので、さすがに今回はSSD関係の変更は無いと思います。

MacBook Air用のSSD各種特価販売中です。

SM512MBA2013












Samsung 512GB SSD for MBA/MBR 2013 ¥69,800 ¥59,800

AuraMBA2012











OWC Aura Pro 6G SSD 240GB for MBA 2012  ¥32,800 ¥24,800

THNSNC256MDJ









TOSHIBA 256GB SSD for MacBook Air 2010/2011 
¥32,800 ¥28,000
TOSHIBA 256GB SSD for MacBook Air 2010/2011 中古 ¥19,800


vintagecomp at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月23日

FuelBand 開発終了!?

Nike FuelBand が開発終了の可能性というニュースが流れています。開発チームの大部分を解雇というリーク情報が元になっているようです。

その後、Nikeがレイオフについては認めた物の、開発終了については否定とのニュースが流れています。

「Nike+ FuelBand SEでは新しいカラーバリエーションを準備中だそうで、今のところは販売およびサポートを停止する予定はない」

ってことですが、これをもってガセネタ確定と考えるのは早計だと思います。カラーバリエーションの追加と当面の販売継続は、Nikeからの声明だけに間違いないでしょう。そうなれば、当然サポートも継続されるはず。問題は、ニューモデルの開発が行われているかということで、これについては何も言及していません。開発チームの大規模なレイオフを行ったと言うことは、やはり次期モデルは開発中止になった可能性は十分ありそうです。

さて、この動きで予想されるのが、Appleからのウェアラブルデバイスの発売です。将来の製品については、ほとんど品とをくれないAppleですが、Tim Cook CEOは以前から腕時計型のウェアラブルデバイスに関して検討をしていることを公言していました。
また、FuelBandの発売直後から、当時未発売のクリアのFuelBandを愛用していました。今まで知りませんでしたが、、Tim Cook CEOはNikeの役員も兼ねており、AppleとNikeは以前から深い繋がりがあります。

こう考えると、Apple がウェアラブルデバイスを近々発売するためのFuelBandの開発終了というのはありそうな話です。もしかすると、大量解雇された開発チームの行き先は、Appleかもしれません。
もしかすると、WWDCではなんらかの関連する発表があるかもしれませんね。


vintagecomp at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月23日

いよいよ明日、Apple スペシャルイベント

いよいよ明日に迫ったApple スペシャルイベント。
iPad miniの登場は確定的ですが、MacBook Pro Retina 13インチ、iMac、Mac miniも登場しそうですね。

少し前の噂では、iPad miniは8GBモデルが$249からと言われていましたが、最新の噂では16GBからで$329からとか。以前の噂と比較しても16GBの価格としては、むしろ安いくらいですが、やっぱりNexusよりも高くなっちゃったという印象が強くなりそうです。
LTE対応版も出てきそうですね。

それから、従来型のiPadもLightning コネクタ仕様にマイナーチェンジされるという噂も。そういえば、ずっと待っていたLightning USBケーブルも本日やっと届きました。ケーブルやアダプタがこれだけ品薄な時期に、コネクタのみのマイナーチェンジはしなくて良いと思うんですけど。

これらはいずれも噂なわけですが、最近は噂的中が多いので、その通りになってしまうのか? やっぱり、何かサプライズが欲しいところです。

iPadは、もう少し小さければと思っている人も多いので、いずれにしてもiPad miniはかなり売れそうです。明日が楽しみですね。



vintagecomp at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月09日

WWDC 直前、新製品スペックシートが流出?

9to5MacにApple 新製品のオーストラリア向けのスペックシート流出の情報が掲載されていました。

wwdc-2012-mac-pricing-matrix

あくまで噂情報ではありますが、過去同様の情報は正解でしたので、今回も正解かもしれません。表中の機種はあくまでも推定ですが、新型Mac Proが出るのはどうやら間違いなさそうです。
MC975, MC976は、目玉となりそうなRetina ディスプレイ搭載のMacBook Pro 15インチと予想されています。正解なら、これが今回の目玉ですね。
その下のMBP or iMacとなっている4機種ですが、これはMacBook Proが正解ではないかと思います。とすると、iMacはMac miniとともに後日アップデートとなるかもしれません。

私が、ちょっと気になっている噂情報が、以下の2つです。

・MacBook Pro 15インチは、現行デザインに近い形で薄型になり、光学ドライブは非搭載。(9to5Mac
・MacBook Pro 13インチは、光学ドライブ付き。パッケージラベルが流出。(M.I.C. gadget

この2つの情報、どう考えてもおかしいと思うのです。MacBook Pro 13インチが光学ドライブ付きで、MacBook Pro 15インチが光学ドライブ無しというのは、ラインナップ上あり得ないと思います。
もちろん噂情報なので、ガセネタと言うこともあるわけで、両方共に正解というのはないんじゃないかと思います。

では、どっちが正解なのか。私は、MacBook Proに関しては、13インチも15インチも光学ドライブ内蔵ではないかと思います。もし、光学ドライブ非搭載の15インチマシンがあるとすれば、それはMacBook Air 15インチなのでは? 今回のリストからは、MacBook Air 15インチというのは無さそうなので、15インチは光学ドライブ付き、というのが私の予想です。(あくまで、個人的予想です。)


vintagecomp at 05:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年05月08日

新型Macの発売時期は?

昨年7月に新型MacBook Air, Mac miniが発売されて以来、めぼしい新型Macは登場していません。MacBook ProのLate 2011モデルはありましたが、こちらは超マイナーチェンジでした。そして、5月頃に新型Macが出るのではと言う噂情報があちこちに流れています。
その根拠は、Intelの新しいプロセッサーIvy Bridge が4月末に発売予定となっていたためです。新型MacがIvy Bridge待ちとなっていたのは明かで、出荷されれば続々新型Mac登場となるはずです。
そして、遂に4月24日に発表、実際に4月末に発売開始されています。ところが、4月末発売となったのは、モバイル向けはCore i7とCore i5の上位版のみ。
MacBook Air, MacBook Pro 13インチ、Mac miniで使用されるはずの省電力版は、6月の出荷予定となっています。6月と言えばWWDCもあるので、これらのマシンは、WWDCで発表の可能性が高いと思いますし、それ以前の発売はまずないでしょう。
MacBook Proシリーズも、15/17インチの出荷は可能なはずですが、13インチと別々とは考えにくく、6月となる公算大です。ただし、MacBook Pro 13インチはMacBook Air 13インチとの棲み分けが難しく、廃止の可能性もあるので、こうなると15/17インチが5月中の発売の可能性も残ると思います。

ということで、5月に発売の可能性が高いのは、iMacではないかと思います。

また、2年近く新型が出ず廃止の噂もあるMac Proですが、私はこの噂には否定的です。Mac Proの出荷台数は確かに限られるかもしれませんが、ハイエンドプロフェッショナル市場には、大きな信頼を得ています。これらの業界と縁を切るようなことをAppleが’するとは思えず、単にIvy Bridge待ちとなるでしょう。しかし、Mac Proで採用が予想されるExtreme シリーズは、出荷は早くても2012年末となりそうです。Mac Proの新型は、まだ当分先となるかもしれません。


vintagecomp at 08:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年02月11日

iPad 3は3月第一週に発表?

AllThingsDが伝えています。

ipad-cook-thumbnail2

主な噂では、4コアのA6プロセッサー、Retinaディスプレー(シャープ製?)、外観はほぼ同じ、というスペックです。

昨年のことを考えると、3月2日にスペシャルイベントで発表。
そして発売は、米国が3月11日(金)。日本を含む主要国が3月25日(金)の予定でした。ご承知のように、3.11地震で、日本のみ大幅に発売が遅れました。

結局、iPad 2の時とほぼ同じスケジュールになるのではないかと思います。気の早い噂が多数出て、ここまで遅れたような気にもなりますが、最初からこの時期が予定されていたのではないでしょうか。iPod, iPhone, iPadは1年に一度、同時期の発売というのが、美しい姿ですね。米国が少しだけ先行発売されるか、主要国一斉発売となるかは、微妙ですね。

昨年の発表会では、病気休暇を取っていたジョブズの登場が本当にサプライズでした。そして、意外な驚きだったのが、Smart Cover。本体の方は、色んな噂が出ていましたが、カバーの方はノーマークでしたね。

噂では、外観は変わらない進化モデルとなりそうですが、そこはやはり更なるサプライズを期待したいですね。Siriの日本語を含む他言語対応や、更に進化したSmart Coverなんかもあり得ると思いますが、一体何が出てくるでしょうか。


vintagecomp at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月21日

新型iPhone/iPodは10月15日発売?

新型iPhone, iPodの発表会が10/5、10/15に発売という噂がのぼっています。当たるかどうかはわかりませんが、例年だととっくに出ている頃ですから、大きくは外れないと思います。

iPhoneやiPodのアクセサリーは、Macと比べて、モデルチェンジが実施されると、あっという間に新型に入れ替わってしまい、入手困難になる傾向があります。最近現行機種を入手された方や、当面現行機種を使用予定の方は、今のうちにアクセサリーを入手しておくことをお勧めします。特に、モデルチェンジ前後に値下げが行われた場合は狙い目。値下げがされた場合、次の入荷は無い可能性も高いので、ボヤボヤしていると入手不可能となってしまうかも。

さて、iPod nano 6G(現行品第六世代)用アクセサリーで大人気なのがLunaTikの腕時計化キット。人気の本製品も遂に値下げ。今がチャンスです。

taktikCamo

LunaTik 腕時計化キット for iPod Nano - シルバー ¥7,980 ¥5,980
LunaTik 腕時計化キット for iPod Nano - レッド ¥7,980 ¥5,980
LunaTik 腕時計化キット for iPod Nano - ブラック ¥8,800 ¥6,800

TakTik 腕時計化キット for iPod Nano - Camo ¥9,800 ¥6,980

TikTok 腕時計化キット for iPod Nano - ホワイト ¥3,980 ¥2,980


お買い逃しのないよう。


vintagecomp at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月18日

ジョブズの余命6週間!? 但しつっこみどころ満載

ジョブズが末期癌を患っており、Samuel Jacobson医師によると余命は6週間、というが報道されています。

こういう場合、元ネタを吟味する必要がありますね。
元ネタは、こちらでした。

NATIONAL ENQUIRER という有名人のゴシップ情報雑誌です。媒体の性格からして、信憑性は? しかし、内容が内容だけに気になります。

記事によると、Gizmodo にも掲載された雑誌の写真は、ジョブズが夫人と共にStanford 癌センターに向かう前に朝食を取った際に撮影された物。Samuel Jacobson医師の写真による分析は以下の通り。

丸印で囲まれている手の部分の筋肉がすっかりそげ落ちている。ここは、末期状態まで筋肉が残る部分。写真の状態から判断して、ジョブズは末期状態。おそらくは末期癌。余命は6週間程度と思われる。

ショッキングな内容ですが、つっこみどころ満載です。写真でもジョブズは自力で歩行しています。余命6週間の人間が、通院前に外食で朝食を取るものでしょうか。
また、Samuel Jacobson医師の見立ても、限られた写真を見ただけ。それで、こんなに具体的で決定的な見立てができるんですかね?というか、パッと見には、まるで診断した医師の見解のように見えます。なんとも、あざといゴシップ誌ならではの手法です。

仮に写真や記事の客観的内容に間違いがないとしても、治療中でやつれた姿のジョブズを、うさんくさい医師が飛んでもない悲観的な見立てをしたというところかと。
こんな調子なので、記事全体の信憑性もかなり低いんじゃないかと思います。
部数を伸ばすための、トンデモ記事じゃないかな。そういう私も、初めてこの雑誌を買いますので、まんまと乗せられちゃっているわけで。

一噂情報として、冷静に受け止めるべきでしょうね。


vintagecomp at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

新型MacBook ProはSandy Bridgeを搭載して3月に登場!

新型MacBook Proを始め、今後のニューモデルにはSandy Bridge(第2世代Intel Core)が搭載されるのは確実視されています。
CPUコア、チップセット機能、GPUが統合されたIntelの最新CPUです。内蔵GPUの性能の向上が顕著なので、MacBook、MacBook Pro 13インチ、MacBook Air、Mac miniと言ったエントリーモデルの恩恵が大きそうです。ProモデルやiMacでは独立GPUのモデルが多いことが予想されますが、それでもアーキテクチャ改良による性能向上が見込まれます。

Sandy Bridge搭載の最初の機種になると予想されているのが、MacBook Pro。昨年辺りは2月中旬の発売という噂も聞こえていましたが、2月中旬となった今も未発売。実は、Sandy Bridgeにはチップセットエラーによる製品出荷の遅れが発生しており、他メーカーのニューモデルも軒並み出荷が遅れています。
元々Appleはニューモデルに関しては秘密主義なので、公式には遅れも何もないのですが、1ヶ月以上の遅れが懸念されていました。しかし、ここにきて3月始めという噂が出てきています。

これが本当なら、遅れは最小限で済みそうですね。個人的な事情ですが、3月中旬までにぜひともニューモデルを手に入れたいので、本当であって欲しいです。出荷されたら、即入手する予定です。
まず無いとは思いますが、15インチモデルでのExpressCardスロット復活を希望します。


vintagecomp at 10:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年12月04日

MacBook Air Mid 2010のアップグレードは可能?

今回日本に一時帰国して、Mac関係以外の方にもたくさん会いました。そんな中、多く聞かれた声が「MacBook Airって凄いね。」。これまでMacユーザー以外でこんなコメントを聞くことは無かったのに、かなりインパクトが強かったようです。

MacBook Air Late 2010の特徴と言えば、ボードタイプのSSD。これで、薄さと高性能を両立しています。

Macbook-Air-SSD

MacBook Airのようなモデルでありがちなのが、ベースモデルを購入した物の、後々アップグレードしたくなるもの。メモリは、ロジックボードごと交換する必要があるので困難ですが、SSDはボード交換が可能な構造になっているので、何とかなりそうな気がします。
また、PhotoFast社より交換用のSSDが発表されていました。しかし、販売中止になるかもと言う情報も流れてきています。

こうなると、次に考えられるのが、純正パーツを使ってアップグレードできないかと言うこと。残念ながら、11インチ用と13インチ用のSSDに互換性は無いようですが、13インチの128GB SSDを純正256GBにアップグレードというのは、問題無くできるはずです。

問題は、入手可能なのかと価格。入手については、少々待てば可能です。問題の価格ですが、256GB SSDが10万円以上。128GBでもそれに近い価格となります。
残念ながら、ちょっとコストパフォーマンス的には、無理のある価格です。現時点では、少々無理をしてでも大容量モデルを購入しておくのが得策のようです。


vintagecomp at 15:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年10月13日

Appleが2010年度第4四半期決算を10/18に発表

第4四半期決算
第4四半期というと、7月〜9月ですが、この間iPhone 4の本格販売開始、iPadの販売国数増大、iPod touch, iPod nanoなどのiPodシリーズの刷新、iMacやMac Proの発売などで、かな〜り絶好調な決算となることが予想されます。iPhone 4のアンテナ問題とケース配布がマイナス要因ですが、そんな影響も吹き飛ばしてしまいそうです。第1四半期〜第3四半期もかなり好調でしたので、2010年通年では、記録的な状況になりそうです。

そうなると、Appleの株主の皆様はきっとホクホクでしょうね。私はと言えば、やはりこんな仕事をしているので、2000年頃だったかApple株を買いました。投資と言うより、記念碑的にずっと保有しておこうと考えていました。ところが購入時60ドル台だった株価が半値以下の$30に急降下。こんな時こそ、Appleを応援せねばと買い増ししました。すると更に$15まで下がってしまいました。この時は、買い増しする気にもなれず、精神的ダメージが大きかったです。その後株価が持ち直し、値を戻したところで売却しました。
ところが、その後またまた株価は急上昇。株式分割もあったので、今も持っていれば、結構な資産となっていたはず。ああ・・・
その後小休止はあっても、ほぼずっと右肩上がりだったので、また買えば良かったのですが、こんだけ上がっているからそろそろ下がるのではと以前の痛い経験が蘇り、結局その後株主とはなっていません。
最初の決意がぶれてしまったのが、敗因ですね。本当、投資って難しい!

さて、明日は MacBook Airが出るか?


vintagecomp at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月08日

ニューMacBook Air は来週?

これまで何度となくニューモデル登場の噂が流れたMacBook Airですが、いよいよ登場が近いとの噂が流れています。

macbook-air

これまでの噂の際には、まだじゃないかな〜〜、と思っていたのですが、今回はそろそろかな〜という気がしています。

画面は、11.6インチとの噂が出ていますね。Appleはフルサイズキーボードにはこだわりがあるので、ここは譲らないはず。現行MacBook Airは、キーボードサイドに余裕があるので、ここを切り詰めて、その幅で許容できるサイズのモニターが付いてくるのではないかと思います。
過去、PowerBook G4 12インチがフルサイズキーボードで最小幅のMacノートのはずですが、これを極限まで薄くした感じでしょうか。

powerbook_12inch

時代はワイドなので、モニター幅が同じ位なら、必然的に対角線サイズは少々小さくなります。ってことで11.6インチか。ちなみに
PowerBook G4 12インチのスクリーン幅そのままでワイド化すると、サイズは11.4インチとなります。
希望としては、1スロットでよいので、メモリスロットを付けて欲しいところですね。サプライズがあるとすれば、HDDモデルが無くなり、SSDオンリーに。SSDはロジックボード直付けで、極限まで薄さを追求って線もあり得るかなと思います(完全に個人的想像)。こうなると、メモリスロットは望むべくも無いですが。
Xデーは、恒例の火曜日で10/12(火)でしょうか。10/11(月)は米国祝日のため、10/13(水)の線もありそうです。


vintagecomp at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

Harry

Archives