Apple Rumors

2010年10月08日

ニューMacBook Air は来週?

これまで何度となくニューモデル登場の噂が流れたMacBook Airですが、いよいよ登場が近いとの噂が流れています。

macbook-air

これまでの噂の際には、まだじゃないかな〜〜、と思っていたのですが、今回はそろそろかな〜という気がしています。

画面は、11.6インチとの噂が出ていますね。Appleはフルサイズキーボードにはこだわりがあるので、ここは譲らないはず。現行MacBook Airは、キーボードサイドに余裕があるので、ここを切り詰めて、その幅で許容できるサイズのモニターが付いてくるのではないかと思います。
過去、PowerBook G4 12インチがフルサイズキーボードで最小幅のMacノートのはずですが、これを極限まで薄くした感じでしょうか。

powerbook_12inch

時代はワイドなので、モニター幅が同じ位なら、必然的に対角線サイズは少々小さくなります。ってことで11.6インチか。ちなみに
PowerBook G4 12インチのスクリーン幅そのままでワイド化すると、サイズは11.4インチとなります。
希望としては、1スロットでよいので、メモリスロットを付けて欲しいところですね。サプライズがあるとすれば、HDDモデルが無くなり、SSDオンリーに。SSDはロジックボード直付けで、極限まで薄さを追求って線もあり得るかなと思います(完全に個人的想像)。こうなると、メモリスロットは望むべくも無いですが。
Xデーは、恒例の火曜日で10/12(火)でしょうか。10/11(月)は米国祝日のため、10/13(水)の線もありそうです。


vintagecomp at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月31日

超特価8GB 本日まで、Apple スペシャルイベント

超特価の8GB キット DDR3 1066MHz, MacBook, MacBook Pro, Mac mini, 旧iMac 他用、本日までです。

DDR3SODIMMx2

8GBキット(4GBx2) DDR3 1066MHz Micron ¥19,998

お急ぎください!

さて、Apple 情報通の方は既にご存知と思いますが、9/1(日本時間9/2)にAppleのスペシャルイベントが開催されます。招待状の写真はこれ。

20100901Apple

9月に新型iPodのお披露目会というのが恒例ですので、今年もというのが順当ではあります。招待状の画像に内容のヒントが隠されているはずですが、あまりiPod的ではないですね。
ギターのイメージと言えば、GarageBandか、iTunes Storeというところですが、どうなんでしょう。iTunes Storeでのテレビ番組配信の大幅拡大という噂もありますが、あまりギター的ではないような?

本命としては、iPodにギターで連想されるような新機能が追加されるんじゃないでしょうかね。
最近iPodの人気が頭打ちらしいですが、画期的機能を追加して、iPodの魅力をカツ入れという予想はどうでしょうか。
9/1、注目です。



vintagecomp at 09:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年03月26日

秘かに拡張されていたMacのUSB ポート

アップルの3/15付けのサポート記事に、大変興味深い内容が掲載されています。

USBport

簡単に内容を紹介します。

USBポートは、基本仕様よりポート当たり5V 500mAの電力を供給可能です。MacBook Late 2007などの新しめのIntel Macでは、5V/500mA以上の電力が必要なデバイスが接続されると、ハイパワーポートとして動作し、12V/1200mAの電力が供給可能となります。

12V/1200mAって、ほぼFireWire並じゃないですか。FireWire 400に対する最も大きな欠点が解消されそうです。とはいえ、これはおそらく規格外の独自仕様。ハードドライブなどバスパワーでは電力不足になることがありますが、こういう状況では切り替わらないはずです。勝手に12Vに切り替わったら、壊れてしまいます。なぜこんな拡張が必要なのか。
最新のMacBookにはFireWireが搭載されておらず、USB 2.0を強化する必要があるのはわかります。しかし、なぜ独自仕様にしてまで必要なのか? しかも、Late 2007モデルでは既に対応しているのに、今になってなぜ公表するのか?

推定になりますが、これはiPadを想定した拡張だと思われます。iPadのバッテリは当然ながらiPhone よりかなり容量が大きいはず。MacのUSBポートに接続した場合、バスパワーの供給電力の制限上、かなり充電に時間がかかると思われます。iPadの急速充電を可能にするために、USBの仕様が拡張されているのではないかと思います。
新しめのMacなら急速充電が可能。古めのMacやPCでは、充電は可能だが時間がかかるわけです。だから、新しいMacを買いましょう、ということか。

この推定が正しければ、少なくとも3年以上前からMacも含め周到に準備を進めていたことになりますね。しかも、これまで内緒にしていたとは。
Apple 恐るべし!

4/13追記
4/5付け更新で、12V/1200mAが5V/1100mAに変更されていました。誤植だったみたいです。独自仕様ってわけではなかったようですが、やはりiPadを想定した変更じゃないかと思います。


vintagecomp at 05:36|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2010年03月24日

ジョブズからのメール

MacBook Pro のメジャーアップデートがなかなかないことに業を煮やしたApple Fan が、スティーブ・ジョブズにメールで直談判したところ、"Not to worry." (心配するな)という返事が帰ってきたと言う記事が載っていました。
回答は、一言 "Not to worry." だけ。ジョブズのメールアドレスは公開されているわけではないので、本当にジョブズからの返信かどうかは疑問があります。しかし、シンプルな返事が、本当かな?と思わせますね。

少し前に、欧州のユーザーがこれまたジョブズに、iPad WiFiは、iPhoneのデザリング機能でネット接続できないかを、メールで尋ねたそうです。欧州の一部のキャリアでは、デザリングが可能ですので、確かにこれができると3G版でなくても良いかも。
この時のジョブズ?からの返事も、ただ一言 "No."

さて、ジョブズのメールアドレスは、一体何なのでしょう。Appleのサイトの入力フォームの記入例で出てくるのが、steve@me.com 。もちろん、ジョブズのメールアドレスと言うわけではなく、あくまでメールアドレスの一例です。案外、本物だったりして。
おそらく、上記記事などで使われたと思われるのが、時折この種の記事で紹介されている sjobs@apple.com 。でも、これはカスタマーサポートが使用しているメールアドレスだと言う噂もあります。


vintagecomp at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月24日

Appleが第3四半期決算を発表3

Appleが第3四半期(4月-6月)決算を発表しました。
大変好調で、純利益は12億3000万ドル、前年同期比15%増です。第3四半期としては過去最高、ホリデーシーズン以外の四半期としても過去最高の決算となったそうです。
この発表を好感して、Appleの株価はもちろん上昇。年初の倍近くに上がっています。(く、悔しい・・・ 以前持っていましたが、売ってしまいました。)それだけでなく、米国の株価全体を押し上げていますね。

好調の原因は、MacBook シリーズとiPhone。iPhoneは前年同期比626%増、つまり7倍以上売れたわけです。これは凄い。

Appleファンとしてはスカッとしますが、更に気になるも。8月にAppleはスペシャルイベントを実施し、そこに復帰したスティーブ・ジョブズが登場するというのです。続報がないようなので信憑性は?ですが、勢いに乗って元気な姿を見せて欲しいところです。


vintagecomp at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月03日

明日発表? New iMac & Mac mini4

某情報筋によると、明日(米国時間3/3)新型iMac とMac miniが登場するとのこと。この手の情報は空振りも多いので、当たるも八卦当たらぬも八卦でご覧ください。

Mac mini
- 5x USB
- 1x FireWire 800
- 1x mini DVI
- 1x Display poort
- Nvidia chipset (like the newest MacBook)
- starting at Intel Core 2 Duo 2.0 Ghz
- 1 of 2 GB DDR3 memory (max 4 G)
- 120 GB hard disk (max 320 G)

iMac
- one 20" model, three 24" models
- Intel Core 2 Duo (not a quad core): 2.66 Ghz, 2.93 Ghz and 3.06 Ghz
- 1x Display port
- 20" 2 GB DDR3 memory, 24" 4 GB DDR3 memory (max 8 G)

果たして、明日登場するか? スペックはこの通りか? 楽しみに待ちましょう。



vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年12月16日

Macworld 2009 のメインの発表は?3

12月も早くも折り返し。今年も残すところ、あと半年となりました。この時期になると、気になるのがMacworld。今年は、iPhone 3Gの登場が確実視されて、その通りの発表になりました。Macworld 2009では何が飛び出すんでしょう。

Macに関しては、Mac mini, MacBook Pro 17インチ, iMac辺りのアップデートが予想されますが、メインとなるほどの大きな変更にはなりそうにありません。iPodファミリーも秋にアップデート済み。

Snow Leopardは、2009年半ばの発売が予想されているので、このプレビューがメインとなる可能性はあります。ただ、新機能の搭載にフォーカスするよりも,性能の改善や品質の向上などに特化したバージョンになるとのことですので、メインのデモには力不足な気もします。

となると、残りの製品カテゴリーとしてはiPhone。ここに来て、iPhone nanoの噂が急浮上してきました。個人的には、この噂の信憑性には疑問符を持っていますが、実現すればメインの発表となるのでしょう。

全く噂には上っていませんが、Macの新機種、ミニタワー的なデスクトップを期待しています。

今のところまだMacworldの予想はあまり出ていませんが、今後の予想も含め、Macworld 2009が楽しみです。


vintagecomp at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月22日

iMacのモデルチェンジは近い?3

93a4b6dc.jpgiMacのモデルチェンジが近いとの噂が流れています。
先日のノートの刷新で、MacBookの方が一部iMac を上回る仕様になっているので、いずれ、MacBook Pro並のアーキテクチャに変更されるのは間違いないでしょう。米国では、11月末〜12月末にかけての年末商戦が近づいているので、モデルチェンジが近いという予想も、十分説得力があります。

しかし、先日のノートの発表会では、デスクトップのモデルチェンジは来年と言っていたような? 思い違いかもしれませんが、言っていませんでしかね? その点のチェックのためだけに、一から見直す暇が無いので確認はしていませんが。

いずれにしても、iMacを狙っておられる方は、噂情報も要チェックですね。


vintagecomp at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月10日

新ノートの発表は、10/14で確定!4

f93514e0.png新型ノート、つまりMacBookとMacBook Proの発表は、どうやら来週の10/14で間違いないようです。
10/14にAppleはメディア向けのイベントをApple本社で開催します。

The spotlight turns to notebooks. (今度は、ノートブックにスポットライトが当たる)

と書かれていますので、噂されていた新ノートに間違いないでしょう。

主な噂を拾ってみると、
・MacBookはアルミ筐体に。
・iMacのような黒縁のモニタを採用。
・MacBookの価格は$800から。
・アルミの塊から筐体を削り出す画期的製造法を採用。自社工場で実施。

来週が楽しみになってきました。
それから、もう一つの注目がスティーブ・ジョブズ。健康不安説が払拭されていませんが、元気な姿を見せて欲しいですね。



vintagecomp at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月23日

MacBook Airが9月にマイナーアップデート?3

とのが流れています。こちらではCPUクロックがすごいことになっていますが、こっちでは、クロック据え置きで1066MHzFSB, 6MB L2キャッシュとなっています。後者の方が、信憑性が高そうです。
ハードドライブも120GB/160GBに容量アップの模様。CPUよりもむしろこちらの方が嬉しいかも。旧モデルのCPUのアップグレードは無理ですが、ハードドライブなら比較的簡単に換装できるので、こちらのハードドライブを単体で取り扱いしたいところです。現時点ではどうなるかわかりませんが、情報収集中です。


vintagecomp at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月19日

New MacBook & MacBook Proの画像?4

Mac Rumors に出ていました。

その後の追加情報などからも、ガセっぽいですね。MacBookのスクリーンは大きすぎの感じですし、Now in Alminiumが英国式綴りというのは不自然なだけでなく、Appleがこんな風には言わないと思います。

ただ、普通に考えると、こんなイメージの新型になりそうな気はしまし、これではSurprise はないですね。何か、機能と絡めた画期的なスタイルを期待したいと思います。



vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月17日

またか! 互換機騒動4

d3fae716.jpgMac 互換機 Open Computer (Open Macから変更)を販売するというPsystar社が現れました。価格は、$399.99。その後の報道でも怪しさ満載のようですが、私の予想としては実際に販売されることはないのではと思います。

過去、似たようなことがいくつかありましたね。

一つは、2000年に発表されたXtrem Mac。当時の最速Macは500MHzでしたが、強制冷却と専用筐体により1.2GHzにクロックアップするという超ハイエンドを目指したマシンでした。このサイト、近日発売のまま数年間存在していたと思いますが、そのうち本家にも抜かれてしまい消滅。

もう一つは、2003年に発表されたiBox。保守パーツをATケースに入れて販売される予定でした。こちらは、試作機はできたもののアップルから補修パーツの供給を受けられずに頓挫。

今回の騒ぎも、同じような結末になる気がします。

とは言え、このような企画が持ち上がるのは、ユーザーが欲しいマシンが存在していないからと言えそうです。現在ではある程度拡張性のあるミニタワー、これがあればかなり売れると思うのですが。


vintagecomp at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月09日

MacBook, MacBook Proが今年中に新筐体に?4

という記事がCnet Japanに掲載されています。記事元はApple Insider。記事にどれだけ信憑性があるかはわかりませんが、タイミング的にそろそろ新筐体が出ても良い頃ですね。MacBookがアルミ筐体になって、MacBook ProやMacBook Airのイメージに統一されると言うことのようです。これは、高級感や軽量化には役立つでしょうが、個人的にはポリカーボネート 筐体のままの方がよい気がします。何と言ってもポリカーボネート筐体は頑丈ですから、ラフに持ち歩くには一番ですからね。

MacBook Proユーザーとしては、こちらの新筐体が気になるところです。2月に新型を買った身としては、早くも新筐体となるとちょっと残念ですが、後悔はしていません。むしろ、ベストなタイミングだったかなと思います。それまで、Power Mac G5と初代MacBook Proを使い分けていました。性能的には、明らかにPower Mac G5の方が上だったので、会社ではG5、自宅と持ち運び用に初代MacBook Proでした。逆に言うと、初代MacBook Proは性能的にメインマシンにするにはちょっと役不足だったのです。新型MacBook Pro 2.4GHzでは、性能もかなり上がっているので、私の使い方ならメインマシンとしても十分な性能になりました。これにより、データーの移動など繁雑な作業が不要になって、楽になりました。

そんなわけで、新型マシンの噂も心配せずに見ています。


vintagecomp at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月26日

いよいよ明日か?3

今月中にPenryn搭載のMacBookとMacBook Proの発表が噂されています。特にMacBook Proの方は、信憑性が高いのではないかと予想しています。今月中となると、Appleは火曜日に新製品を発表するため、米国時間の明日2/26(火)がXデーとなりそうです。
MacBook Proは、筐体の変更もありそうですので、どうなるか期待大です。内容次第ですが、即ポチっとすることもありそうです。

明日が待ち遠しい!


vintagecomp at 11:17|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2008年02月12日

帰ってきた「我妻との闘争」3

Mac People の3月号に、「我妻との闘争」が帰ってきました。惜しまれながら連載が終了したのは、2005年のことでした。
そして今回は、新連載として豪華にも第一回と第二回の2本立てで掲載されていました。新連載と言っても、お休み期間は全くなかったかのように、完全にそのままのスタイルで復活しています。久々の呉ワールドでしたが、面白いですね。しっかり笑わせていただきました。

私の場合、好きなMacを仕事にしている関係上、Mac関係の妻との闘争はあまりありません。私としては、Penryn搭載のMacBook Proが出たら、即購入のつもりでいます。しかし、最近何かと物いりで家計が圧迫されています。もうすぐ出そうな雰囲気ですが、このタイミングだと、「我妻との闘争」が勃発するかもしれません。


vintagecomp at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月14日

There's something in the air.4

a14f3967.jpgMacworldの会場には、既に意味深なバナーが掲げられています。

There's something in the air. (空中に何かがある)

一体何を予告しているのでしょうか。まず頭に浮かんだのは、iTunes Storeで開始されると噂されているムービーのレンタルサービス。わざわざレンタルショップに行かなくてもネット上にある、というイメージが浮かびました。でも、予告バナーにするほどのネタではなさそうな気も。
となるとやっぱり噂の薄型軽量ノートでしょうか。Airとの関連性が謎ですが、新型ノートの名称はMacBook Air となるという噂もありますので、やはりこれですかね。

新型ノートは、外付け光学ドライブになると言うもっぱらの噂ですが、私は少々懐疑的です。これは使い勝手が悪いし、これまでアップルがさんざん否定してきた手法です。
あくまで私の想像ですが、光学ドライブは脱着式。脱着スロットは、バッテリと兼用。脱着できない1時間バッテリと脱着できる4時間バッテリの組み合わせです。
つまり、1時間バッテリ+内蔵光学ドライブ、または5時間バッテリ+光学ドライブ無し(または外付け)を選ぶ形となります。
これなら、使い勝手と機動性を高い次元で両立できると思いますが、いかがでしょうか。

いよいよ1/15の基調講演が楽しみですね。



vintagecomp at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月03日

Leopard 10.5.14

68448333.jpgLeopard のリテール版が、いつの間にか10.5.1に切り替わっています。もちろん、システムは0.0.1刻みで随時アップデートされますが、リテール用のディスクは、そう度々アップデートされる物ではありません。10.4の場合は私の知る限り 10.4.0、10.4.3、10.4.6の3種類しか存在していないと思います。ところが今回は10.5.1でいきなりリテール版も変更。これはどういうことでしょう?

情報筋によると、10.5.0はインストールの際の大きな問題があったため、早くも10.5.1でディスクの変更を行ったようです。10.5.0のインストール問題と言えば、上手くインストールできず、洗礼を受けた方も多いと思います。私も、経験しました。特に、G4マシンで問題が出る場合が多いようです。有効な解決法は、クリーンインストール。
そんな問題を抱えていただけに、初版が終了した時点で、切り替えとなったのが真相のようです。



vintagecomp at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月27日

ソフマップの元社長さんにお会いしました4

ソフマップといえば、昔からのMacファンにとっては馴染みの深いショップではないでしょうか。Macに力を入れているショップとして、大変メジャーな存在でしたね。その後、ビックカメラの子会社となり、Mac重視の路線とは離れていってしまいました。

往年のMac重視路線をとっていた頃の、ソフマップの社長 柿原さんにお会いしました。本当にピンポイントの偶然でお会いし、お食事を一緒にさせていただきました。当時のソフマップの裏話などなど、面白い話がたくさん聞けました。

あれだけのショップを運営されていた方ですので、バイタリティがあって、何事も話が早い。お陰で、とても頼もしい方をご紹介いただきました。
うまくいくと、Macworld 2008は面白いことになりそうです。

Macworldの件は、進展があったらまたお知らせします。


vintagecomp at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月12日

Macworld で超軽量ノート発表?3

Macworld で超軽量ノートが発表されるという噂が出ています。12インチLCDで、SSDを搭載することにより、超軽量・薄型ノートになりそうです。
軽量ノートと言えば、PowerBook G4 12インチが廃止となってから、すっぽり抜け落ちていたジャンル。発売されれば、日本では特に人気になりそうです。
しかしこの記事でも、SSDの価格の高さから、実現を疑問視しています。現状を見ると64GBでも高すぎ、32GBなら価格的に何とかという線ですが、これではさすがに小さすぎるでしょう。となると、やっぱり噂のみで終わるのか・・・

そんな噂が飛び交う中、TOSHIBAが128GBのSSDの製品化を発表しました。2008年2月からサンプル出荷、3月には量産というスケジュール。これは超軽量ノートとの結びつきを考えたくなるタイミングですね。
考えてみると、iPod mniでは従来飛んでもなく高価だったMicroDriveを採用し、しかも製品価格は低く抑えることに成功しました。

Macworldが楽しみになってきましたね。



vintagecomp at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月02日

Leopardの対応機種4

Apple Insiderの情報によると、OS X 10.5 Leopardの最低システム条件を、800MHz以上から867MHz以上に引き上げた、としています。
これまた噂情報では、開発者向けのプレビュー版では、G4 AGPにもインストール可能ということで、G4以上なら安泰かな・・・ と考えていたのですが、そうも行かないようです。
しかし、この867MHz 一体どこで見分けるのか。これは、CPUアップグレードが可能な、非対応のPower Mac G4ユーザーには重要になってきますね。867MHzというと、QuickSilver 2001は733〜867MHz、QuickSilver 2002も800MHz〜1GHzと見事にまたがっています。同じ機種でも、クロック違いにより対応・非対応に別れると言うことです。ということは・・・ 実際にクロックを認識して、対応非対応を判別する可能性が大と思われます。であれば、CPU アップグレードでOS X 10.5 Leopard 対応も可能なはず! あくまで、これは予想に過ぎないわけですが・・・
実際、CPUとビデオカードのアップグレードを受けたG4なら、ある程度快適にLeopardが動くという情報もありますので、クロックをクリアしていればインストール可能となって欲しいものです。
Leopardが発売されたら、速攻で確認する予定です。


vintagecomp at 08:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年08月07日

いよいよ明日はAppleの発表会3

明日8/7は、Appleの本社で発表会が開かれます。
本社での発表会と言えば、初代iPodやXserveの発表会に出席しました。発表会ではQ&Aセッションがあったり、発表会後の実機展示場ではジョブズが目の前にいたり、シラーを捕まえて質問を投げかけたりと、Macworldなどより密度の高い時間を過ごすことができました。残念ながら、今回の発表会は私は欠席です。

発表が本命視されているのが、シルバーカラーのiMac。キーボードも、これが標準になるのでしょうか。
さてiMacは出る可能性が高いと思いますが、他の製品の発表はどうでしょうか? 実は、先週からローカルのApple StoreでMacBookが全店在庫切れです。と言うことは・・・ もしかすると、MacBookのマイナーアップデートも同時に行われるかもしれません。

今年は、iPhoneの話題一色だっただけに、ニューMacが出てくるとすると、楽しみですね。


vintagecomp at 08:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年07月26日

iPhone のキャリア決定の秘密3

iPhoneの携帯電話キャリアは、ご存知の通りAT&T。AT&Tといえば、世界的に有名なブランドだけに、米国最大のキャリアと思われるかもしれませんが、実は米国最大のキャリアと言えば、Verizon。
iPhoneの不満で時折聞かれるのが、AT&T絡みです。街中ではあまり差がない物の、郊外に出ると、Verizonでは電波が強いのに、AT&Tでは入りが悪いことがしばしばあります。ネットワークの充実度では、明らかにVerizonが有利です。なぜAppleは、パートナーとして
AT&Tを選んだのか?

ここからは、ある事情通の方のお話しです。そんなわけで、Appleも当初はVerizonと交渉を始めたらしいのです。ところが、Verizonは、以下を主張したそうです。

1. 携帯電話の使用料を一部Appleに分配することを拒否。
2. ソフトやハードの仕様について、Verizonの要望を入れるよう主張。
3. Verizonが運営する音楽配信サービスをiPhone とリンクさせるよう主張。

特に3は、無理な要求なのは明白ですね。これら全てAppleの要求を飲んだのが、AT&Tだったわけです。代わりに、AT&Tは多年度の独占契約を結ぶことで、合意に達したとのこと。この点については、Apple  がかなり譲歩したらしいです。要は、Appleとしては絶対に譲れない条件と、譲っても良い条件があると言うことですね。

日本展開を考えた時、どのキャリアになるかは、非常に重要な点だと思います。こういった条件をどこが飲めるかということが鍵になりそうです。そう言う面で、小回りが効きそうなのは、噂のソフトバンクという気がしますが、これだけ話題になっているiPhoneだけに、他社も本気になれば逆転もありうるかもしれません。


vintagecomp at 09:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2007年01月03日

Welcome to 20074

皆様、明けましておめでとうございます。
タイトルですが、これはAppleのWEBサイトからのパクリです。これとともに、"The first 30 years were just the beginning." と記載されています。最初の30年は、始まりに過ぎない。つまりApple創業以来31年目の今年からが、本当の意味での革新が始まると言いたいのでしょう。これだけ自信ありげな言葉が並んでいるからには、来週から開催されるMacWorld SF で画期的製品が出てくるからではないかと期待させられますね。
これまで発表が確実視されているのはiTVくらいで、後はiPhoneが話題に上っている程度。期待のMacは、モデルチェンジも一巡して小休止となりそうな状況です。
状況的にはMacWorld SFはぱっとしなさそうな感じですが、怒濤の新製品発表という噂も出てきました(お宝さん発)。そして、この意味深なトップページ。
新型Macの発表や予想外のモデルチェンジなど、期待を持って見てみたいと思います。ちなみに、私はMacWorldは取材と商材探しを兼ねて、見に行きます。レポートもご期待ください。


vintagecomp at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月27日

Macworld で新型モニタ発表は確定的?4

3d5e0bcb.jpg1月のMacWorldで新型ディスプレイが発表されるのでは?というがちらほら出ています。そこに、アップルが外付けiSightの販売を終了したとのニュース。となると、iSight内蔵の新型ディスプレイが発表されるのは、確実と言っても良いのではないでしょうか?
なにしろ、現状ではMac miniやMac Proを買っても、現行製品でiChat AVを利用できないわけですからね。こんな製品ラインはあり得ない。当然ながら、このディスプレイ内蔵iSight はPhotoBoothにも対応することになるでしょう。
また、先の噂では、HDMI端子を採用しHDCPにも対応とのこと。この辺が、iTVとどう絡んでくるかが注目ですね。また、30インチを超える新型モニタは、出るのか? もちろん主役とはなり得ませんが、新型ディスプレイは要注目です。
ちなみに、オフィスで30インチモニタ導入を計画していたのですが、この噂でMacWorldまで待ちとしました。一気に新型を買うか、旧型を割安に買うか。果たして、思惑通りいくでしょうか。


vintagecomp at 09:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月12日

It's showtime!

そのうち取り上げようと思っていたら、もう明日になっちゃったので、慌ててのエントリーです。Appleは明日、報道関係者向けの発表会を行います。招待状には、It's showtime. の文字が。
これは、このところ噂に上っていたiTMSの映画配信と、それを見るのにふさわしいビデオiPodの登場でしょうね。なんて言っていたら、もうスクープ画像が出ちゃっています。
映画のお値段は、$9.99が本命。例によって、米国先行で、日本はまた出遅れる事になるんじゃないかと思います。映画は、ディズニー、Pixarはもちろんですが、後どれだけ出そろうか。私の予想では、巷の予想よりもかなりの映画をそろえてくるんじゃないかと思います。
と好き放題予想を並べてみましたが、あと11時間後には発表会も始まります。楽しみですね。



vintagecomp at 14:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月09日

出るか? iBook 後継MacBook4

MacBookBLOGの日付は5/9ですが、こちらアメリカではまだ5/8。明日、5/9(火)に iBook 後継のMacBookが登場するという噂が高まってきています。実際、これまでAppleの新製品発表と言えば、なぜか火曜日が多いんですね。記者向けのイベント等は無いようです。
噂によると、13.3インチワイド液晶、Core Duo プロセッサー、白と黒のカラーモデルが出ると言われています。マグネットラッチという噂もありますね。なるほど、iPodのイメージと同じ、白と黒のカラーバリエーションでしょうか。
これまでの、Intel Macと言えば外観ほとんど変更無しだったので、安心感はあるものの、もう一つ盛り上がりに欠ける感はありました。噂通りなら、初の外観ブランニューのIntel Macとなるわけで、ワクワク感は大きいですね。
さて、果たして噂通り発表されるか。あちこちから噂が聞こえてくるだけに出る可能性は高いと見ていますが、アップルだけに空振りも十分あり得ます。
さて、明日のAppleのWEBサイトは要チェックですね。



vintagecomp at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月07日

30周年記念Mac発売の噂4

TAM今年の4月に30周年記念Macが発表されるとの噂が持ち上がっています。出るとなれば、Macファンにとっては大ニュースですね。果たして、噂の真相は?
まずこの手のマシンで思い出されるのが、写真のTwenty's Anniversary Mac (20周年記念Mac)。このMacの発売が1997年。あれ?ちょっと年数が合わないですね。30周年なら、10年後の2007年のはずでは?
これは、Appleの歴史通には簡単な問題ですね。Apple がガレージカンパニーとして活動を開始したのが1976年、Apple Computer, Inc. という正式な法人として設立されたのが1977年です。20周年記念Macは、Apple社の設立20周年を記念したMacです。一度このようなモデルを出したわけですから、普通に考えれば30周年は、2007年になります。なぜ2006年の今年にこのような噂が上るのでしょうか。

続きを読む

vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(7)TrackBack(1)

2006年02月23日

2/28にAppleが本社で新製品発表会4

2/28 EventAppleが2月28日にクパチーノのApple 本社で新製品発表会を行います。メディア向けの発表会です。
さて、一体何の発表会か。この手の招待状には、何かしらヒントが隠されていますが、今回のものには手がかりが少ないんです。
少ない手がかりを頼りに、大胆予測をしてみましょう。
手がかりその1; Fun
招待状には、"Come see some fun new products from Apple" と書かれています。今年の新製品と言えば、Intel Macが続々と登場するのは既定路線ですが、さてIntel Macはfunな製品か?これは大いに疑問ですね。
手がかりその2; Products
複数形です。つまり発表される製品は一つではないと言うことです。
続きを読む

vintagecomp at 10:08|PermalinkComments(6)TrackBack(1)

2005年10月12日

明日は、スペシャルイベント

日本時間では既に10/12ですが、こちらはまだ10/11。明日はAppleのスペシャルイベントの日です。
いつもは、発表会場に駆けつける私ですが、今回は都合により欠席。こんな時に限って、すごい発表があったら、とちょっと心配な気も・・・
とは言え先日のエントリーでも書いたように、一般的な意味で大発表というのはやはり無いと思います。となると、iPodの大容量化+カラーバリエーションとMacのマイナーバージョンアップですかね。
しかし、噂されているPower Mac G5やPowerBook G4は、単なるクロックアップではなく、DDR2を使うニューアーキテクチャーのようです。しかし、Intel Macを控えて、これは本当ですかね? ちょっと疑問。
いずれにしても明日が楽しみです。


vintagecomp at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月08日

10/12 One more thing...3

a0378455.jpg10/12にAppleは、報道陣向けのイベントを開催します。毎回この手のイベントには参加していますが、今回は都合が 合わず残念ながら欠席。ビデオiPodやPowerBook, Power Mac G5のアップデートが話題に上っており、噂はいやがおうにも盛り上がっています。
さて、各噂サイトでは招待状にはどの製品を発表するかのヒントはないとコメントしていますが、ヒントはあると思います。それは会場。今回のイベント会場 は、iPod nanoの時のモスコーンセンターではなく、カリフォルニアシアターです。この会場の一番の違いは、その大きさ。iPod nanoの時は、音楽関係者や一般メディアも多数集まったようで、大きなモスコーンセンター・ウェストの会場が満員でした。ところが、カリフォルニアシア ターはモスコンセンターと比べるとぐっと小さい。
前回カリフォルニアシアターを使ったときは、iPod PhotoとiPod U2バージョンの発表でした。この時は、新バリエーションの追加と言う内容で、一般メディアまでが大騒ぎするような内容ではなかったといういことでしょう。
と言うことは、あっと驚くiPodの新シリーズや新サービスの追加ではないだろうと考えられます。本命とみられるビデオiPodだとしたら、どうでしょ う。単にビデオ再生機能の追加と言うことであれば、そんなに大きな発表でもないとも言えますが、おそらくその場合はiTunes Music Storeでビデオ配信も開始するはず。だとしたら、これは一般メディアからみても大ニュース。これではこの会場では役不足だと思います。
ということは、Macオンリーの発表という可能性も考えられますが、カリフォルニアシアターは、名前の通り音楽イベントに最適。やはりiPod関連が本命と思います。
ということで、80GBの新iPodが発表のメインというのが、私の予想です。



vintagecomp at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

Harry

Archives