iPhone

2022年01月20日

第3世代iPhone SEは5G化のみ?

2020年4月に登場したiPhone SE。思えば3月発表の予定が、突然の新型コロナ騒動で4月にずれ込んでの発表でした。
EECにiOS搭載の3モデルが登録されており、 おそらくは第3世代のiPhone SEと思われます。3月の発表と予想されます。
その第三世代 iPhone SE、ディスプレイの大型化が噂されていましたが、ここに来てディスプレイサイズ据え置きの噂が流れています。この噂によると、名称はiPhone SE+ 5Gとなるとのこと。ディスプレイサイズ据え置きならおそらくホームボタンも残るのでしょうね。となると、スタイルは据え置きで主な変更点は5G化とA15による高速化というところでしょうか。
この情報では、さらに次の第四世代で5.7 inchディスプレイとなり、2023年の発売が濃厚としています。
iPhone SEが1年でフルモデルチェンジというのは、ちょっと考えにくいので、私としては2024年と推測します。

2021年中は納期が長く手に入れるのが一苦労だったiPhone 13, 13 Proシリーズ。現在はProもようやく落ち着いて、ほとんどのモデルがすぐに入手可能となっています。長納期のため見送っていた方、チャンスですよ。

iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max

vintagecomp at 11:26|PermalinkComments(0)

2021年10月29日

なんとかとiPhoneは新しいのに限る!

妻は不動産関係の仕事をしております。現在、管理している物件の保険加入申し込みをしたところ、まずはインスペクション(住宅診断)が必要とのこと。これまでだと、インスペクターが現地に赴いて診断を行っていました。今回もそうかと思ったら、なんとリモートで行うとのこと。私も、助手(野次馬)として同行しました。
現地で約束の時間に待っていると、電話がかかってきました。そして、まずはAppをダウンロードせよとの指示。指定されたAppをダウンロード、先方が送ってくれたコードを入力すると、Appの動画撮影モードになりました。 そのAppを通じて指定された場所を撮影していきます。時々シャッター音がして向こうが必要な画像を撮影しているようです。ところが、部屋の奥に入っていったところで、動画が切れてしまったとのこと。見ると外ではLTEをしっかりキャッチしていたのに、インジケーター1本です。Wi-Fiもない環境なので、困った。そこで私の出番です。妻の携帯は未だにiPhone X、5G非対応です。私のiPhoneでは、5Gをしっかりキャッチしています。今では、ほとんどの場所で5Gをキャッチするようになりました。改めて私のiPhoneにAppをダウンロード、再開すると問題なくインスペクションを終えることができました。かなり細かく見ていましたね。
やはり、女房とiPhoneは新しいのに限りますね!

妻は、「iPhone Xの機能、性能で十分、まだ買い替えの必要はない」と言っていましたが、5Gの威力を目の当たりにし、買い替えを決意しました。iPhone 13にするか、iPhone 13 Proにするか悩み中です。
しかし不動産、保険業界も、こういうAppを使って省力化、経費削減が進んでいますね。

vintagecomp at 10:30|PermalinkComments(0)

2021年10月02日

iOS 15のアドレスバー

iOS 15になって、真っ先に気がついた変更点がSafariのアドレスバーの位置です。従来の上から下の位置に変わっています。

IMG_5873






















アドレスバーは、iOS 1から上ですし、今でもMacやiPadは上側。これは違和感大! と思う方は多いようで、設定で元に戻す方法がいろんなサイトで報じられています。と、これらを読んでわかったのですが、変更には当然意味があるわけです。 利点として、以下が挙げられています。

下部にあることで、アドレス欄(検索窓)が片手で届く
左右フリックでタブを移動できる

検索窓に片手で届くというのは、あまりありがたみを感じないですね。どうせタイプするなら、上にあっても大差ないと思います。しかし、左右フリックでタブ移動できるというのはいいですね。これは、親指で移動できるのは便利です。
未だ慣れませんが、変更はせずこのまま使っていきたいと思います。速攻で上に戻した方、しばらく下で使ってみてはいかがでしょうか。 


vintagecomp at 11:24|PermalinkComments(0)

2021年09月29日

iPhone 13シリーズの納期

iPhone 13シリーズの納期が近年では最長となっていると報道されています。

Vintage Computer では購入代行分の約半数を既に入手しました。これは近年の出足としては良い方で、今回は順調に入手できるのではないかという印象を持ちました。ただ、初期出荷分は比較的順調に入手できたものの、その後が長納期となってしまっています。 ProとPro Maxに関しては、報道の通り4週間から最長6週間ほどにもなっています。無印13, 13 miniについては仕様にもよりますが、 比較的早期に入手可能です。
報道では、強い需要とサプライチェーン(供給網)の遅れが要因となっていますが、 実際は需要はほどほどだがサプライチェーン(供給網)の遅れで供給不足に陥っているのではないでしょうか。初回出荷分に関しては、需要はほどほどで例年ほどの争奪戦にはならなかったのではないでしょうか。初回出荷分以降の供給が例年よりも遅れているのではないかと思います。コロナと半導体不足が原因か?

明日も数台の発送を行いますが、これが終わるとしばらく間が空きそうです。未出荷分に関しては、明日個別に入荷予定時期をご連絡させていただきます。
お待たせして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。 

vintagecomp at 12:44|PermalinkComments(0)

2021年09月25日

iPhone 13 発売日

昨日のトピック、その後も多数のお客様からiOS 15で問題なくシャッター音の消音ができているという報告をいただきました。ありがとうございました。

本日は、iPhone 13 の発売日。以前は、開店前に長い長い行列で、私を含めたスタッフも朝から長時間並んでいました。今では、オンラインで予約した上での店頭受け取りのみが可能で、以前のような長い行列はなくなりました。初日の今日は店頭には並ばず、配達での受け取りとなりました。こちらのエリアでは、配達時間は午後の遅い時間なので、同日発送は無理で、週明けの発送となります。

ご依頼分の半分以上は、週明けに発送できる見込みです。 残りについては、多くが10月の後半入手見込みとなっています。仕様によっては、今からオーダーすると11月になってしまうものも多いです。しかし、店頭在庫情報を確認すると、例年よりも余裕がある感じです。点灯が早ければ、そちらに巻き替えていきますので、予定よりも早く発送できる可能性は十分あります。
今しばらく、お待ちください。 

vintagecomp at 12:17|PermalinkComments(0)

2021年09月24日

iOS 15では海外版iPhoneでもシャッター消音不可?

いきなり飛び込んできた、Twitterの情報
日本版iPhoneを持って海外滞在中の方。iOS 15にしたらシャッター音が消音できたとのことです。私も情報はつかんでいましたが、当ブログのコメント欄にも本件の質問がありました。

これが何を意味するのか? GPSで日本国外であると判断されたらシャッター消音が可能となる、という可能性が考えられます。もしそうだとしたら、海外版iPhoneもiOS 15では日本にある時には、シャッター消音ができなくなるのでは? そんな考察もされています。確かにその方が、合理的な気もしますね。

考えていても分かりませんので、実態調査が肝心です。昨年iPhone 12 Proを購入いただいたお客様数名に、確認のお願いをさせていただきました。既に、iOS 15にアップデート済みの方も多いと思いますので、確認いただきました。

まだ、それほど時間は経っていないのですが、既に4台分のご報告をいただきました。いずれも、

iOS 15 日本国内で、シャッター消音は可能 とのことです。

しかし、最初の情報はどういうことでしょうね。日本版のユーザーも、海外では静かな観光地などでは消音してもらって快適に使ってもらおうということでしょうか。
あるいは単なるバグも考えられます。過去にも、アップデート時に、特定の条件で日本版もシャッター消音が可能となったことがありました。バグだったようで、その後のマイナーアップデート時には消音できなくなりました。

いずれにしろ、米国版iPhone 13を購入される方は気になるニュースだったと思いますが、大丈夫、一安心です。

vintagecomp at 13:48|PermalinkComments(0)

2021年09月21日

iPhone 13 シリーズ 日米の対応周波数

iPhone 13シリーズの対応周波数については、こちらで確認できます。
まず、Proと無印ではなんら変わらず差はありません。 米国は専用モデルとなっており、日本とは別モデルになっているため、残念ながら米国版には技適はつきません。そして、周波数上の日米の違いを見てみると、実は単純な違いです。
米国版はn258, n260, n261の5Gミリ波に対応していますが、日本版は対応していません。それ以外は全く同じです。
従って、米国版が日本版に対して周波数上不利になることは全くありません。もちろん、 5G ミリ波は日本では提供されていないため、日本で有利になることもありません。しかし、米国では最大4Gbpsの異次元の5Gスピードを体験することが可能です。

私はと言えば、iPhone 12 Pro MaxをT-Mobileで使っています。5Gは大抵のエリアでキャッチできるようになってきましたが、 T-Mobileはミリ波には対応していません。対応しているのはVerizonだけです。iPhone 12販売当初は、ミリ波に対応しているエリアは非常に限られており、ロサンゼルス界隈では全くサービスが提供されていませんでした。流石に最近では、ロサンゼルスエリアでもミリ波をキャッチできるそうです。友人のVerizonユーザーによると、2Gbpsを超える激速だったそうです。とは言え、まだまだごく限られたエリアでしかキャッチできないそうですが、今後対応エリアを増やしていくのでしょうね。

ちなみにiPad mini 6は、日本版も米国版も同じモデルで対応周波数は同じです。つまり、米国版もミリ波には対応していません。 

vintagecomp at 15:16|PermalinkComments(0)

2021年09月18日

決戦の結果は・・・

皆様は、iPhone 13シリーズのプレオーダー、つつがなく完了したでしょうか。私も、予約開始の朝5時前に起きてスタンバイしていました。例年通り、5時ぴったりに開始にはならずに、数分後に開始になるのが焦ったい時間でしたね。
以前は、5分過ぎただけで1ヶ月以上後になったりと壮絶な状況でしたが、今回はそこまではなかったですね。ある程度時間が立った後も初日の9/24だったり、そうでなくても10月上旬だったり、想定よりは良い状況だったと思います。タマが多かったのか、そこまで売れていないのか。

とりあえず、ご依頼いただいた分は全て手配完了しました。ただ、まだ確定的とは言えない部分があるのと、店頭販売が始まったらより早く手に入れることが可能な場合もありますので、発送時期は流動的です。確定できるまでは、発送時期のお知らせは控えさせていただきます。今しばらくお待ちください。

vintagecomp at 12:10|PermalinkComments(0)

2021年09月17日

決戦は金曜日!

明日 9/17はiPhone 13シリーズの予約開始日です。こちら米国西海岸時間の朝5時、日本時間午後9時ですね。日本の方は、対応しやすい時間かもしれません。

そう言えば、昨年はコロナ禍でApple Store実店舗は閉鎖されており、オンライン販売のみでした。そのため、例年通りの入手は不可能なため、売れ筋のスペックをできるだけ入手し、入手できた端末を販売するという方法を取りました。去年は入手にそれほど苦労しなかった気がしたのは、そのせいでした。すっかり忘れていた😅

今年は実店舗も一応開いていますが、どうなることやら。いずれにしろ、明日は早起きして決戦に備えます。

vintagecomp at 13:37|PermalinkComments(0)

2021年09月16日

iPad mini 6 人気殺到!?

昨日より、iPhone 13シリーズ、iPad mini 6 米国版の購入代行受付を開始しました。iPhone 13シリーズのプレオーダーは9/17からですが、iPad mini 6は既にプレオーダーが始まっています。
早速、ご依頼いただいた分の手配に入ったのですが、仕様によっては到着予定が10/14-10/28となっていました。人気で予約が殺到しているのか、それとも半導体不足でタマ数が十分でないのか。昨年は比較的順調に手配できたことから、手配までの期間を2週間とさせていただいていましたが、iPhoneも含め今年はもっと苦戦するかも。そんなわけで、手配までの期間を30日に変更させていただきました。30日以内に発送できない場合はキャンセル可能ですが、それ以前のキャンセルは不可となります。
発送前にキャンセルできないなんてそんな!という声もあるかと思いますが、発売直後は入手が難しい状況の中、やっとのことで入手しております。せっかく入手したところキャンセルとなるようでは、購入代行の継続も難しくなりますので、ご理解いただければと思います。

iPhone 13シリーズのプレオーダーは当地9/17朝5時から。気合を入れていきます。

vintagecomp at 11:06|PermalinkComments(0)

2021年09月15日

iPhone 13, iPad, iPad mini 6 が発表!

Apple Special Evemt が開催されました。
注目のハードの発表は、iPhone 13シリーズ(13, 13 mini, 13 Pro, 13 Pro Max)、無印iPad、iPad mini 6th Gen. Apple Watch Series 7 でした。 
iPhoneとiPadは 9/24発売、 Apple Watch Series 7 はこの秋後半と正確な時期は明示されていません。世界的な半導体不足で、iPhoneも発売時期が遅れるのではないかとの予測もありましたが、iPhoneとiPadは遅れることなく発売、Apple Watch Series 7 は10月下旬くらいになるのではないでしょうか。

詳しい新機能は他のサイトにお任せするとして、特徴的な変更点をあげてみたいと思います。
13シリーズは最大ストレージが512GB、13 Proシリーズは遂に1TBが登場です。 無印iPadは正常進化という感じですが、iPad mini 6th Gen.  は大幅に刷新されました。Touch IDが画面と同じ面から上面に移動、これによりほぼ全面ディスプレイとなり7.9インチから8.3インチに拡大しました。CPUはA15 Bionic、Apple Pencilも2nd Genが使用できるように。これはかなり理想のiPad miniではないでしょうか。価格は高くなりましたが、人気が出そうです。
あと全体的な傾向として、価格が上がっています。これは世界的な半導体不足の影響だと思います。継続機種も通常はどっと価格が下がりますが、少々の値下げに止まっています。iPhone SE 2はなんと値上げされていますし。

さて、毎回好評の米国版iPhone, iPadの購入代行。なんと言っても特徴は、カメラのシャッター音を消音、音量調整できることです。早速、受付開始しました。

iPhone13PM

















iPhone 13 Pro ¥157,000-¥229,800
iPhone 13 Pro Max ¥172,000-¥248,000
iPhone 13 ¥129,800-¥174,800
iPhone 13 mini ¥112,800-¥159,800
iPad mini 6 ¥79,800-¥124,800

9/24発売ですので、9/27以降順次発送の予定です。今回、どの程度の入手難となるかわかりませんので、2週間の猶予をお願いしております。もちろん、首尾よく入手できればすぐに発送させていただきます。

vintagecomp at 09:37|PermalinkComments(2)

2021年08月19日

iOS ストアの切り替え

私は米国在住の日本人になるわけですが、同じように米国在住の日本人の知人が大勢います。日本と米国に拠点がある方は、日本とUSのApple Storeを切り替えて使っている方も多いです。その内のお一人から質問です。

日本とUSのApple Storeの切り替えができなくなった。以前は、設定から簡単に変更できたのに。

はい、これはしばらく前(iOS 13から)から、変更されています。設定の一番上のApple IDのところから切り替えするようになりました。
設定の一番上に名前の欄に「Apple ID, iCloud, メディアと購入」の項目があります。そのちゅうだんに「メディアと購入」があります。これですね。ここをタップすると、メニューが表示されます。
 
Store 
切り替えるにはここで「サインアウト」 を選択。サインアウト後に、再度「メディアと購入」を選ぶと

続ける
XXX ではありませんか?
キャンセル

の3択となります。 真ん中の「XXX ではありませんか?」を選ぶとログイン画面になりますので、必要なストアのApple IDとパスワードを入れると切り替えできます。
これ、以前の方が簡単でしたね。 確かにわかりにくいので要注意です。

vintagecomp at 13:31|PermalinkComments(0)

2021年07月02日

iPhone 12 mini カメラトラブルの意外な原因

米国版iPhoneの購入代行をご利用いただいたお客様から、不具合のご相談をいただきました。たまに動画撮影中に、カメラレンズが振動し、異音とともに撮影した動画もブレてしまうというものでした。調べてみると、同種の不具合は報告されており、カメラユニットの交換で解消するとのことです。
カメラユニットの交換であれば、修理を行っても米国版が日本版になることはありません。そこで、日本のアップルストアに持ち込み修理してもらうことをご提案しました。アメリカまで送り返してもらうよりも、期間や送料がかからないためです。
お客様は日本のアップルストアに持ち込み、保証対応でカメラユニットを交換してもらいました。交換後ストアでのテストでは問題なし、ところが、持ち帰ると不具合が再発。再度持ち込みされて、再度カメラユニットの交換となりました。今度は、アップルストアを出たところで不具合再発。すぐにストアに戻り現象を確認してもらったそうです。アップルストアの判断としては、内部ユニット全交換、または本体交換しないと解決しない。ただし、そうすると日本版になってしまう、ということでした。米国版のまま修理したければ、米国に持ち込むしかないという判断でした。

そこで、弊社に返送してもらい、アメリカで改めて保証対応してもらうことにしました。
到着後、早速現象確認。しかし、何度やってもそのような症状は出ません。お客様に改めて出る条件を確認してしつこくテストしましたが、やはり症状は出ません。
不具合が出た時の動画は残してもらっていたので、それを持って米アップルストアに持ち込み修理依頼をしました。日本側の記録もあったためでしょうか、結局本体交換となりました。これで一安心です。テストしても当然現象は出ません。

お客様に返送し、使ってもらうとなんと再発。実はこれ、ある程度予想していました。かなり再現テストをしたのに再現せず、返送したらすぐに再発。しかも、この種の不具合ではまず解決しているカメラユニット交換を2回、完全に解決するはずの本体交換でも再発です。これは、本体の不具合ではなく、お客様特有の使用環境条件で発生する現象ではないかと思いました。
お客様に確認していただくと、なんと使用していたサードパーティーのケースを装着した時のみ発生するとのこと。 MagSafe対応ケースとのことですが、磁力が超強力だそうです。純正のケースに変えたところ問題なし。更に、知人のiPhone 12 miniを借りて問題のケースを装着すると、やはり現象が発生したとのことでした。意外なところに原因がありました。

やはり再現テストと原因究明が大切ですね。アップルも、特に再発時にしっかりテストしてくれれば、ここまで手間取ることはなかったのにと思います。

vintagecomp at 12:04|PermalinkComments(0)

2021年04月30日

iPhone 12 パープルとiPad Proの購入代行受付中

先日発表されたiPhone 12, iPhone 12 mini パープルとiPad Proの購入代行を受付中です。

iPhone12PP
















iPhone 12
iPhone 12 mini
iPad Pro 12.9 inch
iPad Pro 11 inch

iPhone 12は4/30発売ですが、iPad Proの方は5月中旬発売でアップルの予約受付もまだですが、代行の申し込みはお受けいたします。
しかし、 iPad Pro 2TBはすごい金額になりますね。確かに、スペック的にはすごいんですが、価格もすごいです。 

vintagecomp at 09:13|PermalinkComments(0)

2021年04月27日

Apple WatchでマスクをしたままでもiPhoneのロック解除可能に

iOS 14.5, watchOS 7.5がリイリースされています。このアップデートにより、顔認証時にマスクをつけていてもApple Watchを着けていればiPhoneのロック解除が可能となりました。

このコロナ禍でマスクがデフォルトとなり、顔認証が効かず パスコードを入力するのが常になっていました。これなら、指紋認証の方が便利だったじゃないか。
Macのロック解除も、Apple Watchを着けていれば指紋認証やパスコードをスキップできたので、それに似た機能ですね。
もちろん、デフォルトでは顔認証をすることになっているので、この機能を有効にするには
設定/Face IDとパスコード/Apple Watchでロック解除
をオンにすることで有効になります。 

IMG_4561








































コロナ禍で、支払いもApple WatchのApple Payを使うことが多くなり助かっていましたが、更にスムースに操作可能ですね。 
もっと早く搭載してくれれば良かったのにと思います。日本では、iPhone Xが出た当時からマスクでは顔認証されず不便という声が出ていましたね。アメリカでは、外でマスクをつけていると不審者と見られかねませんでしたので、私もこの点不便を感じることはありませんでした。 コロナ禍で、アメリカでもマスクが普通になり、図らずもこの機能の要望が高まったということではないかと思います。思わぬコロナの効用ですね。

vintagecomp at 12:22|PermalinkComments(0)

2021年03月30日

我が家にも5Gがやってきた

日本の5Gエリアはどの程度広がっているでしょう。すでに結構広がっているのではないかと思いましが、エリアマップを確認してみたら、まだ都市部の一部のようですね。
私が使っているT-Mobileのエリアはこんな状況です。

Screen Shot 2021-03-29 at 1.00.23 PM










すでにかなりカバーされていますね。とは言え、ほとんどの場合速度は200Mbps程度。日本では、500Mbpsほども出ているようですので、この点は日本の方が優秀です。
我が家は郊外の方にあり、携帯電波はこれまであまりよく入りませんでした。先日家の近くでアンテナ工事をやっていたので、これは改善されたかと思って確認したら、5Gがきていました。やった!
速度を測ってみると・・・

IMG_4328







これはアメリカ的にはまずまずの速度ですね。私の行動範囲では、ほとんどの場所で5Gがキャッチできるようになってきました。後は、速度アップですね。



vintagecomp at 05:13|PermalinkComments(0)

2021年02月19日

やっぱり、iPhone 12 Pro 納期が短縮

昨日、「iPhone 12 Pro 納期が短縮」の記事を掲載しました。すると記事の効果か、すぐにiPhone 12 Proのご注文をいただきました。

早速手配しましたが、ご注文いただいたのはまだ納期が少々かかる仕様。注文後、6、7日でお届けと表示されました。一応お約束の1週間以内ギリギリです。 少しでも早まるのを期待していましたが、注文後間も無く、発送の連絡。でも東海岸からなら5日ほどかかるか?と思いましたが、なんと翌日の本日届きました。
今日、同じものの到着見込みを確認しても、5日後となっています。少しは早くなっていますが、まだ即納ではないです。コロナ禍で遅れが多く発生していますので、余裕を見ているだけかと思いきや、他のスペックは翌日お届け見込みに。

いずれにしても、ここに来て限りなく即納に近い状況になっていると思います。 Vintage Computerとしては、最大1週間の表示はそのままとしておきますが、早めの到着が期待できます。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円 


vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(2)

2021年02月18日

iPhone 12 Pro 納期が短縮

米国版iPhone 12シリーズの購入代行、好評です。シャッター音の消音、音量挑戦が可能です。
いまだに猛威をふるう新型コロナウィルス。カリフォルニアのApple Storeの閉店は継続中です。というわけで、Apple製品の手配は、オンラインのみとなっています。iPhone 12, 12 miniは比較的早い段階で早期納入されるようになっていましたが、iPhone 12 Proについては仕様によっては時間がかかる場合があり、2週間以内の発送とさせていただいておりました。ここに来て納期が短縮されておりますので、1週間以内の発送とさせていただきました。これにて、iPhone 12シリーズ全て1週間以内の発送となります。

とはいえ、まだ全てのモデルがすぐに届いているわけではありません。iPhone 12, 12 miniはほぼ全て2日以内に届きます。iPhone 12 Pro, Pro Maxは2日以内に届くモデルも多くなりましたが、1週間ほどかかるモデルもあります。
少し前は中国から発送させることも多く時間がかかっていましたが、どうやらほぼ米国内の発送となったようです。米国内の遠方からの発送の場合、最大1週間を見込んでいるようです。東海岸からでも通常1週間はかからないのですが、コロナの影響が遅れが発生しやすくなっています。先日、隣町の知人に郵送したものが、丸1週間かかってしまいました。普通は1日なのですが。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円


vintagecomp at 08:28|PermalinkComments(0)

2021年02月03日

マスクしたままで「Face ID」でiPhoneのロック解除可能に

2月1日、「iOS 14.5」の開発者向けベータ版がリリースされました。iOS 14.5では、Apple Watchと連動させることで、マスク着用時の「iPhone」のロック解除が容易になると報じられています。
Apple Watchユーザーなら、マスクで鼻と口が覆われた状態でも「Face ID」を使用してiPhoneのロックを解除できる機能が追加されるということです。Apple Watchを付けていれば、顔認証の解除条件が緩くなるという仕組みです。 これは助かりますね。今や自宅以外では常にマスクを着用していますので、ロック解除はパスコード入力が必須となっていました。これなら、指紋認証の方が良かった、って状態でしたからね。

今までも、Macのスリープ復帰のアンロックは、Apple Watchを付けていれば指紋認証やパスワードの入力が不要でとても便利でした。それに似た機能ですね。
しかし、 iPhoneの顔認証が登場した際には、マスク大国日本では最初からこの不満が大きかったですね。それでも何ら対応されなかったですが、今や世界中がコロナ禍でマスクが必須に。世界中の声で、ようやく対応したというところでしょうか。
 
しかし、これは上手いアイディアですね。 単純に顔認証の解除条件を緩めてしまえば、セキュリティ上の問題があります。Apple Watchと組み合わせることで、セキュリティを緩めずに簡単に解除できます。ユーザーにとっては、Apple Watch購入の動機の一つとなり、Appleとしても美味しい話です。コロナ以前に、対応してほしかったですね。

vintagecomp at 08:56|PermalinkComments(0)

2021年01月29日

純正MagSafe チャージャー 使ってみた

1/27に「MagSafe チャージャーを購入」の記事を掲載しました。
1番の懸念点は、MagSafe 非対応ケースでちゃんと使えるかです。割と薄型のケースを使っていますが、レビューではケース付きだとちゃんとくっつかずに使えないというのもあったので、気になります。早速使ってみました。

IMG_0948














結論としては、ある程度予想した通り、くっつくものの少々弱くて頼りないという感じです。ただ、置いている分には外れることは全くありませんし、なかなかくっつかずに困るということはありません。iPhoneを持って充電しながら使おうとすると、ぽろっと外れてしまいやすいということはあると思います。
レビューではちゃんとくっつかないという不満がありましたが、充電しながらiPhoneを使うという状況でのことかもしれませんね。そういう使い方をするなら、裸で使うか、MagSafe 非対応ケースで使うのが良いでしょう。

これまでもワイヤレスチャージャーは使っていましたが、位置がぴったりあっていないと充電されない場合があり、そこが最大の不満でした。MagSafe チャージャーでその心配がなくなったのは良かったと思います。
あと、画像で見たイメージよりも大きいですね。この点は、使いやすい大きさで良かったと思います。
 

vintagecomp at 12:37|PermalinkComments(0)

2021年01月27日

MagSafe チャージャーを購入

遅ればせながら、iPhone 12 Pro Max用のMagSafe チャージャーを購入することにしました。ここでまず迷うのが純正にするか、サードパーテイーにするかということ。純正品は、安心確実ですが、やはり価格は高め。ネット検索すると、価格は半額、外観そっくりな製品がたくさん出てきます。問題なければ、それは魅力的ですね。純正品に準ずる製品としては。MFI付きの有名メーカーがありますが、これはまだ出回っていない様子です。
純正品は、安心確実と言っても、最近はあまり評判のよくないアクセサリーもあり、本当に確実とは言い切れません。
そこで頼りになるのはやはりレビュー。サードパーティー製は評価は4.5前後、純正品も同じく4.5。むむ、これならサードパーティー製で良いのでは。
そんな時に私が注目するのは、一つ星⭐️のレビューです。全体としての評価点が悪くなくても、すぐに壊れたというレビューが並んでいる製品が散見されます。これは、買ってすぐは期待通りの性能を発揮したものの、すぐに壊れてしまうことが多いということです。最初から全然ダメな製品では、やはり製品として成り立たないので(そういう製品もありますが) 、最初は良くてもという製品は案外多いので要注意です。
MagSafe チャージャーはというと、サードパーティー製はやはりすぐに壊れた、初期不良というレビューが結構あります。しかし、純正品も同じ点数。その中身は?
「早速使おうと思ったら、充電器は付いておらず使えない!」 というレビューがずらりと並んでいます。いやそれ常識でしょう、と思うものの確かにApple通ではない人にとっては盲点かもしれません。iPhone用の充電器は皆さん多々持っていますが、MagSafe チャージャーには20WのUSB-Cチャージャーが必要なので、持っている人はあまりいないので、同時購入が必須です。
後は、サードパーティー製でも散見されたケース付きだとくっつかないというもの。私も当然のようにケースを使っていますので、ここは気になるところ。MagSafe対応ケースもありますが、そんなに強力にくっつかなくて良いので、通常ケースでくっついてほしいところ。薄いケースなら大丈夫だが、厚いケースだとアウト、ということのようですね。
そんなわけで、やはり純正MagSafe チャージャーにしました。さて、満足な結果となるでしょうか。

vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(0)

2021年01月21日

iPhone 12 Pro, Pro Max 購入代行の納期が短縮

1/9に「iPhone 12 Pro, Pro Max 米国版オーダー受付を再開」の記事を掲載しました。ただし、購入代行の納期がiPhone 12 Proが最大1ヶ月、iPhone 12 Pro Maxが最大2週間、長すぎて躊躇される方もいたのではないかと思います。
コロナ禍でオンラインでの手配となりますが、納期表示が最大でそのように表示されるためでした。もちろん、スペックによって異なり短納期の物もありますが、3〜4週間と表示される場合もありました。そんな中、iPhone 12 Proで納期3〜4週間と表示と表示されたスペックのご注文をいただきました。早速手配し、注文受付時点でもやはり納期は3〜4週間後。しかし、実際にかかった納期は8日間でした。Appleとしてもコロナ禍の折、かなり余裕を持った日程としているようです。
そして、ここに来て表示される納期も短縮傾向にあります。iPhone 12 Proで最大2〜3週間となっています。おそらく2週間以内には届くのではないでしょうか。iPhone 12 Pro Maxはいずれも短能期です。
そこで、iPhone 12 Proの納期見込みは最大2週間、iPhone 12 Pro Maxは最大1週間としました。
Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円

iPhone 12, iPhone 12 mniniは最大1週間と見込んでおります。

vintagecomp at 08:49|PermalinkComments(0)

2021年01月09日

iPhone 12 Pro, Pro Max 米国版オーダー受付を再開

iPhone 12 Pro Max、昨年中は在庫を確保しての販売としました。コロナ禍の影響でいつ入手できるのかの見通しが立たない中、この販売方式を取りました。在庫確保方式は、昨年末で終了しご注文の受付を停止しておりました。
iPhone 12, 12 miniに関しては、既に昨年末から比較的入手しやすくなっており、 受注後手配による販売に変更しています。iPhone 12 Pro, Pro Maxについては、依然として入手時期が先になる場合が多いのですが、受注後手配による販売を開始しました。iPhone 12 Pro の納期は最大1ヶ月、iPhone 12 Pro Maxの納期は最大2週間と見込んでいます。これは現時点の最大納期で、仕様によってはすぐに入荷できる場合もあります。ご注文、お支払い後すぐに手配し、入荷予定日をお知らせします。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM


















iPhoen 12 Pro 米国版SIMフリー
512GB 188,000円 256GB 159,800円
iPhoen 12 Pro Max 米国版SIMフリー
512GB 198,000円 256GB 175,800円

また、iPhone SE 128GBの注文受付も開始しております。 

vintagecomp at 07:33|PermalinkComments(0)

2020年12月26日

iPhone 12 在庫品超特価は12/28で終了!

iPhone 12 mini, Pro Maxの在庫品を超特価で販売中です。12/28(日本時間)いっぱいで、販売を終了しますので、お見逃しなく!
12/23まで表示価格の10%引きセールをしていたので、ちょっっとわかりにくかったですが、表示価格=販売価格になったので分かりやすくなりました。セール中よりもお買い得です。
シャッター音の小音、音量調整が可能です。
iPhone12Ppb


















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
 198,000円 178,000

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品 128,000円 109,800
日本時間12/28で終了、延長なしです。お見逃しなく。発送は、当地1/4となります。


vintagecomp at 14:12|PermalinkComments(0)

2020年12月23日

12/23セール最終日、年内発送可能最終日!

先日お知らせした通り、当地12/23(日本時間12/24)が年内の最終発送日となります。日本時間12/23いっぱいにご注文、お支払いが完了すれば、在庫のある商品は最終発送に間に合います。ぜひ、お早めにご利用ください。
カリフォルニアの53店舗のApple Store 全てが、新型コロナにより閉店となってしまいました。そんなわけで、iPhone 12の入手もますます大変になっております。そんな折、在庫品を超特価販売中です。
特にPro Maxは、これを逃すと次はいつになるか分からない状況です。
このまま売れなければ、近日返品しますので、お見逃しなく!
iPhone12Ppb


















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
表示価格 199,800円 割引後 179,820

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品
表示価格 124,800円 割引後 112,320

1万円以上全品10%引きセールも、日本時間12/23いっぱいです。お忘れなく!


vintagecomp at 09:22|PermalinkComments(0)

2020年12月19日

iPhone 12 Pro Max, mini在庫品を最終超特価!

iPhone 12 Pro Max, miniの在庫品、残りわずかになりました。
これで、正真正銘最終超特価です。これで売れなければ返品!これ以上下がることはありません。在庫を確保しての販売は、これにて終了の予定です。在庫確保販売は、なかなか難しかった。
iPhone 12 Pro Maxは、11月の当初の販売価格よりも約3万円引き!iPhone 12 mini 256GBは、128GBよりも安い価格!超お買い得です。年末セール中で、表示価格の10%引きです。
Screen Shot 2020-11-15 at 2.43.37 PM
















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
表示価格 199,800円 割引後 179,820

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品
表示価格 124,800円 割引後 112,320

在庫限りの最終超特価販売です。お見逃しなく!


vintagecomp at 10:18|PermalinkComments(0)

2020年12月17日

iPhone 12 Pro Max, mini の在庫品を大特価!

iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー、iPhone 12 mini 256GB 各色の在庫品を大特価販売します。
mini 256GBの表示価格127,000円 割引後114,300円は、なんと128GBと同じお値段! これは超お得です!
iPhone12Ppb

















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
表示価格 210,000円 割引後 189,000円

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品
表示価格 127,000円 割引後 114,300円
iPhone 12 mini 256GB 米国版ブラック

在庫限りの大特価販売です。お見逃しなく!

vintagecomp at 13:12|PermalinkComments(0)

2020年12月16日

iPhone 12 米国版購入代行開始!

今年はコロナ禍で、店舗での買い付けが事実上できないため、限定的な販売となっていたiPhone 12シリーズ。これまで、Pro, Pro Max, miniの最大容量モデルの在庫販売のみとしておりました。過去実績より、弊社のお客様には人気が薄い iPhone 12は、取り扱いを見合わせてきました。ここに来て、  iPhone 12と12 miniの入手がしやすくなってきたため、256GB, 128GBの受注後手配の購入代行の受付を開始します。在庫販売ではお受けしていなかったAppleCare+もお受けします。
12/23まで表示価格の10%引きで販売中です。

iPhone12














iPhone 12 米国版SIMフリー
割引後価格 256GB 148,500円 128GB 127,800円

 iPhone 12 mini米国版SIMフリー
割引後価格 256GB 127,800円 128GB 114,300円

なお、 iPhone 12 mini 256GB 在庫品を特価販売中です。
表示価格 133,300円 割引後 119,970円
iPhone 12 mini 256GB 米国版ブラック


vintagecomp at 08:17|PermalinkComments(0)

2020年12月12日

iPhone mini 12 特価販売、Max パシフィックブルー 入荷!

iPhone 12 mini 在庫品を特価販売します。表示価格は、133,300円。12/23まで1万円以上で表示価格の10%引きですので、割引後は119,970円となります。つい先日まで、134,800円で販売していましたので、かなりお得です。
Screen Shot 2020-11-15 at 2.43.37 PM















表示価格 133,300円 割引後 119,970円
iPhone 12 mini 256GB 米国版ブラック
iPhone 12 mini 256GB 米国版ブルー
iPhone 12 mini 256GB 米国版グリーン 
iPhone 12 mini 米国版レッド

また、iPhone 12 Pro Max パシフィックブルー も入荷!

iPhone12Ppb

















iPhone 12 Pro Max 512GB パシフィックブルー
表示価格 220000円 割引後 198,000円


vintagecomp at 04:09|PermalinkComments(0)

2020年12月09日

iPhone 12 mini 値下げ!

ここに来て、iPhone 12 mini の入手がしやすくなってきました。そこで、値下げを断行します!
現在、4色在庫ありです。
iPhone 12 mini 256GB 米国版ブルー 134,800円 128,000円
iPhone 12 mini 256GB 米国版グリーン 134,800円 128,000円
iPhone 12 mini 米国版レッド 134,800円 128,000円

シャッター音の消音、音量調整が可能です。お求め安くなりました。迷っていた方は、ぜひ!


vintagecomp at 08:39|PermalinkComments(3)
プロフィール

Harry

Archives