iPhone

2017年12月14日

まだまだ品薄なiPhone X,、即納品あり!

先週は、米国版SIM フリーが発売され、全店に在庫ありに。これにて、iPhone Xの入手難も終了かと思われました。米国版SIM フリーは、大量の入荷があったようで数日間売り切れにならず、キャリア版も在庫ありが多くなっていました。ところが、今週に入り、全店全モデル在庫なしに。


13 PM











12/10に確保した際に、品薄感が漂っていたのでVerizon版を1台多めに確保しました。案の定、翌日から在庫なしが続いています。


iPhoneXSV

















iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon SIMフリー 179,800円


シッター音消音可能、CDMA対応で全世界のほとんどのキャリアで使用可能、また全米最強のネットワークを誇るVerizonのプリペイド SIMが使えるという点から、Vintage Computer では最強のiPHone Xと独断で認定しております。

即納で、通常のご注文より少々お安くなっています。お見逃しなく!


vintagecomp at 08:51|PermalinkComments(2)

2017年12月08日

iPhone X 公式SIMフリーが発売、Verizonと何が違う?

昨日のVintage Computer チャンネルでも取り上げましたが、iPhone X 米国公式SIMフリー版が登場しました。モデルナンバーは、Veriaon, Sprintと同じA1865で、GSM/CDMA両対応です。

SIMFREE













先日まではキャリアの4つのボックスの下の「Buy without a carrier」というボックスがなかったのですが、12/5に突如出現しました。

iPhone X 米国公式SIMフリー版の発売を記念して?、Verizon版の在庫品を特価販売します!

iPhoneXSG














iPhone X A1865 256GB スペースグレイ Verizon SIMフリー 在庫品 184,800円
174,800円

公式SIMフリー版とVerizon版で何が違うかというと、モデルナンバーも同じA1865で本体は何ら違いはありません。公式SIMフリー版にはSIM抜きツールが付属Verizon版にはVerizonのSIMが付属しSIM抜きツールは無し。この点が唯一の違いと言っても良いでしょう。

SIM抜きツール以外の違いはないわけですが、公式SIMフリー版はわかりやすさが一番の魅力かもしれません。公式SIMフリー版なら、SIMフリーであることは一目瞭然。Verizon版も実質何ら変わらないわけですが、わかりにくいことから将来の転売時などでは公式SIMフリー版が有利になるかもしれません。

日本では、いつもSIMフリー版は新型iPhone発売と同時のリリースですが、こちらアメリカではいつも2、3ヶ月遅れて、12月くらいの発売になります。例外は、iPhone 8で最初からSIMフリーが提供されていましたが、これは最初から品薄になることなく供給されたためだと考えられます。おそらく、キャリアと約束した供給量を確保するため、供給が潤沢になるまでは販売しないものと考えられます。

とは言え、キャリア版もアップルストアで一括で購入すればキャリア契約なしで購入でき、SIMフリーとなりますので、意味がない気も。おそらく、抱き合わせ販売禁止の米国の法律に配慮したためと思います。
というわけで、今後はiPhone Xの購入代行は公式SIMフリー版をメインに販売いたします。とは言え、まだまだ在庫潤沢というわけではないので、公式SIMフリーの在庫がなくVerizonの在庫があれば、Verizonを手配します。公式SIMフリーまたはVerizonの指定をご希望であれば、コメント欄でご要望ください。

シャッター音が消せるiPhone Xの購入を待っていた方には、今が買い時かもしれません。

vintagecomp at 05:42|PermalinkComments(1)

2017年12月07日

Vintage Computer チャンネル第168回〜iPhone X 米国公式SIMフリーが発売〜

Vintage Computer チャンネル、今回は第168回です。ぜひチャンネル登録をお願いします。

3週間ぶりのVintage Computerチャンネルです。
11月中は、大変苦労したiPhone Xの確保。徐々に入手しやすくなってきて、11月末にはやっと受注残も解消しました。供給状況も、やっと良くなってきました。
そういう状況を反映してか、iPhone X A1865 米国公式SIMフリーが発売になりました。日本では、発売日より
SIMフリー版が販売されていますが、米国ではいつも2、3ヶ月ほど遅れて発売となります。例年、9月の発売から遅れて、12月くらいの発売となっています。iPhone Xは11/3の発売だったため、もう少し後かと思いましたが、時期的には例年通りとなりました。



今後、Vintage Computerでは、
米国公式SIMフリーを中心に販売します。Verizon版の在庫品1台を特価販売します。

iPhone X A1865 256GB スペースグレイ Verizon SIMフリー 在庫品 184,800円
174,800円

vintagecomp at 10:07|PermalinkComments(0)

2017年12月03日

iPhone X Verizon 256GB シルバー 在庫品即発送可!

受注残が解消したiPhone Xの購入代行。先日人気のVerizon 256GB スペースグレー在庫品を販売しましたが、あっという間に売れてしまいました。今回、シルバーの在庫品を確保しました。

iPhoneXSV

















iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円


シッター音消音可能、CDMA対応で全世界のほとんどのキャリアで使用可能、また全米最強のネットワークを誇るVerizonのプリペイド SIMが使えるという点から、Vintage Computer では最強のiPHone Xと独断で認定しております。

発売直後と比べれば入手しやすくなったと言っても、まだまだ入手難。Verizon版は米国でも人気で、アップルストアに入荷しても、すぐに売り切れとなってしまいます。
お急ぎください!



vintagecomp at 12:17|PermalinkComments(0)

2017年12月02日

やはりそうだったのか!

iPhone Xの画面サイズは5.8インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチ。数字上は、iPhone Xの方が大。ディスプレイは大きくて、本体はグッと小さいわけですから、iPhone Xの最大の魅力の一つです。しかし、私は入手してすぐの記事でこのように書いています。

ところが、iPhone Xを使っていると、画面の広さを感じません。むしろPlusよりも若干小さいような気すらします。

この時は、幅はわずかにiPhone Xの方が小さいので、そう感じてしまうのだろうと結論づけました。その点を、アナログ的に検証した記事がありました。
5.8型のiPhone XはほかのiPhoneより本当に画面が大きいのかをアナログに検証する

結果は、以下の通り。
iPhone X 82.46cm^2(切り欠き含む) 81.10cm^2(切り欠き除く)
iPhone 8 Plus 84.18cm^2
iPhone 8  58.71cm^2

な、なんと!iPhone 8 Plusの方がXよりもディスプレイ面積は大きいのでした。切り欠き部をディスプレイ面積に入れても、8 Plusの方が大きいのです。同じ対角線長さなら正方形が一番面積が大きく、細長い長方形ほど面積は小さくなります。なので、縦横費が違えば、逆転もあり得るわけです。
しかし、5.5インチと5.8インチといえば、小さくはない差なのでまさか逆転しているとは思いませんでした。

私も実際に測ってみたら、iPhone Xの高さは記事よりも1mm大きかったです。この大きさなら、メジャーよりも定規の方が正確です。再検証してみましょう。
私の実測結果
iPhone X   83.08cm^2(切り欠き含む) 81.67cm^2(切り欠き除く)
iPhone 7 Plus 84.18cm^2

やはり、わずかに8 Plusに及びません。また、8 Plusは角まで表示されますが、Xの角は丸みがあるので表示面積はさらに小さいことになります。

ちょっと、アップルに騙された気がしないでもないです。やっぱり、第一印象の感覚って、馬鹿にできないですね。
ディスプレイ面積はiPhone 8 Plusの方が大きいと言っても、ピクセル数はiPhone Xが上です。

iPhone X    2436x1125
iPhone 8 Plus 1920x1080
iPhone 8    1334x750

圧勝です。ですから、iPhone X ユーザーとしては落胆する必要もないのですが・・・ う〜〜ん、やっぱりちょっと落胆!



vintagecomp at 08:37|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

iPhone X 受注残、ついに解消!

たくさんのご依頼をいただいたiPhone Xの購入代行。発売当初は大変入手困難で、7時間並んだでやっと入手したり、3時間並んでも結局入手できなかったりと、大変苦労しました。
最近になってやっと比較的入手しやすくなり、本日の発送分でついに受注残が解消しました。バンザ〜イ!!\(^o^)/
最初の調子では、2、3ヶ月かかってしまうのではとも危惧されましたが、結局発売から1ヶ月足らずで受注残解消となったのは、例年と比べても上出来かと思います。昨日は、初めて人気のVerizon 256GB
の在庫品を販売しましたが、すぐに売約済みとなりました。

これまでは、「今注文するといつ頃になりますか?」とのお問い合わせに対し「受注残多数で入手困難のため、いつ頃になるかはなんとも言えません。」というようなお答えしかできませんでした。
今後は、受注残が一旦なくなった上で、ご注文をお受けする形になりますので、それほどお待たせすることはないかと思います。
とは言え、いつでもすぐに入手できるようになったのかと言えば、そういうわけでもありません。今現在、近隣のアップルストアには全仕様在庫は1つもありません。朝一番に、在庫が補充されるようになりましたが、人気のVerizon 256GBが入るとは限りません。また、入荷しても、すぐに売り切れている状況です。しかし、こういうタイミングを逃さないようにしているので、それほどお待たせすることはないと思います。一応、10日間以内としておりますが、もっと早く入手できる可能性が高いと思っております。

iPhoneX






iPhone X A1865 256GB スペースグレイ Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円

iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円

年内に、シャッター音が消せる最強のiPhone Xはいかがでしょうか。



vintagecomp at 10:13|PermalinkComments(0)

2017年11月26日

緊急更新!iPhone X 256GB スペースグレイ T-Mobile SIMフリー 即納!

感謝祭の四連休中ですが、緊急更新です。

iPhone X 購入代行はたくさんのご依頼をいただき、これまで超入手難でしたが、ここに来て大分入手しやすくなって来ました。

T-Mobile 256GB スペースグレイの在庫ができました。これまでシルバーの在庫販売は数台ありましたが、初めてのスペースグレイの在庫販売です。ご注文いただければすぐに発送可能です。

iPhoneXSG


















iPhone X A1901 256GB スペースグレイ T-Mobile SIMフリー 在庫品即納
 184,800円

T-Mobile版はA1901モデルで、GSM専用です。GSM専用なら、docomoとsoftbankのみ対応というのがこれまでの常識でしたが、iPhone Xではauも使用可能です(詳しい解説はこちら)。もちろん、MVNOでも使用可能です。
したがって、Verizon/SprintのA1865 CDMAモデルとの違いは、海外のCDMAキャリアが使えないことのみです。日本国内的には、人気のVerizon版と変わりません。

人気のスペースグレイ、在庫限りですのでお早めに。早い者勝ちです!


vintagecomp at 13:04|PermalinkComments(2)

2017年11月21日

iPhone X 256GB シルバー T-Mobile SIMフリー 即納!

iPhone X 購入代行はたくさんのご依頼をいただき、受注残がまだまだたくさん残っております。人気は、Verizon 256GBに集中しており、他の仕様はそれほど多くのご依頼はいただいておりません。本日のT-Mobile版 256GB シルバーの入荷で、この仕様の受注残はなくなり在庫ができました(最後の受注残は明日発送予定)。
そんなわけで、在庫ができましたので、ご注文いただければすぐに発送可能です。

iPhoneXSV



















iPhone X A11901 256GB シルバー T-Mobile SIMフリー 在庫品即納 184,800円

T-Mobile版はA1901モデルで、GSM専用です。GSM専用なら、docomoとsoftbankのみ対応というのがこれまでの常識でしたが、iPhone Xではauも使用可能です(詳しい解説はこちら)。もちろん、MVNOでも使用可能です。
したがって、Verizon/SprintのA1865モデルとの違いは、海外のCDMAキャリアが使えないことのみです。日本国内的には、人気のVerizon版と変わりません。

今回在庫品ができましたが、iPhone Xの特に256GBはまだまだかなり入手困難です。在庫限りですので、早い者勝ちです!


vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)

2017年11月18日

確定的でしたが一応確認

iPhone 8, X で残念だったのが、米国版を始めとする海外版に技適がなかったことです。日本版が専用モデルになっていたことから、発表時におそらく技適なしと思われましたが、最終結論は実機確認まで持越しでした。
iPhone 8が発売され、やはり米国版はGSM版にもCDMA版にも技適がないことが確認されました。

iPhone Xについては、通信関係の仕様はiPhone 8と全く同じであるため、これは実機確認するまでもなく技適なしは確定的でした。実際、発売直後にAT&T GSM仕様の展示機で確認を行いましたが、やはり技適なし。Verizon, SprintのA1865だけ実機未確認となるわけですが、まあこれは確認するまでもなく技適なしでしょう。
いやいや、やはり確認できるものなら確認したいところ。今回、確認できる機会がありました。

giteki








































やはり、技適はついておりませんでした。わかっていたことがですが、残念!
でも、確認できてスッキリしました。


vintagecomp at 14:14|PermalinkComments(4)

2017年11月15日

iPhone X を1週間使って

iPhone Xを使い出して1週間あまり。使用開始直後のレビューより、色々と違うように感じることも出てきました。

iPhoneX






Face ID
これはもう、文句ありません。通常の姿勢なら百発百中、しかも速いです。寝転がっていると認識されない問題がありましたが、学習が進んだのか大分認識されるよになりました。また、認識されやすい角度や距離など、人間側の学習も進んだので、ほぼ問題なくなりました。
当初は、顔認識させるぞと意気込んで画面を覗き込み、そしてスワイプと二段階の操作が少々煩わしく感じました。従来も、指紋認証とホームボタン押しの2つの操作でしたが、これは連続した一つの動作とも言えるので、この方が速い気がしました。
しかしよく考えると、デバイスを使う際は元々顔の前に持ってきて見るわけです。つまり、顔認証させようと動く必要は何もないのです。ただ普通に取り出してスワイプでOK。意識しなければ、こっちの方がより簡単な操作です。

筐体の大きさ
これは小さくなってかなり快適。私はベルトクリップ付きのホルスターケースで持ち運ぶのですが、Plusは少々大きすぎてしゃがんだりするとボディが足に当たってベルトから外れそうになることがありました。実は一度そのせいで海岸に落としたまま帰宅してしまったことがあります。その際は、「iPhoneを探す」で場所を特定し無事に回収できたのですが、危機一髪でした。
iPhone Xの大きさなら足に当たることもなく、安心感が大きいです。もちろん、手にも馴染みます。

ホームボタンレス
この操作は、最初から戸惑うことがなかったのですが、1週間経って完璧に馴染みました。むしろ旧デバイスを使った時に、うっかり下をスワイプしてしまうくらい。右上がコントロールセンター、左上が通知というのも、自然な感じでグッドです。
ホームボタンは素晴らしいUIと思っていましたが、実は不要だったのかな〜?

ディスプレイ
有機ELディスプレイは発色が綺麗で、ディスプレイを見ているというよりは、紙の上に描かれたものを見ているような気がします。実際はどうかわかりませんが、目の疲れが少ない気も。
また、画面サイズが大きくなっている点は、Plus比でいうとあまり恩恵を感じません。横幅はPlusよりもわずかに小さく、縦は明らかに大きくなっているのですが、縦についてもあまり長くなったような気がしません。スワイプのラインがあって、少し余白を開けているせいでしょうか。

ワイヤレス充電
ワイヤレス充電器はまだ買っていません。ストアに置いてある充電器を試してみましたが、置くだけで充電というのは確かに便利そう。しかし、きっちりと真ん中に置かねばならず、無造作に置くと充電失敗の原因にもなりそうです。やはり、ある程度雑に置いても許容してくれそうな、AirPower待ちかなと思っています。

最初に感じた違和感もほぼ払拭され、かなり満足度が高いです。8とXとどちらにしようと思っていた方も、Xで後悔することはないと思います。
iPhone X 購入代行、好評受付中です。現在やはり入手難ですが、T-Mobile版は販売方法の影響で割と入手しやすいです。Verizon版はかなり入手困難で、しばらく時間がかかりそうです。


vintagecomp at 05:55|PermalinkComments(3)

2017年11月07日

iPhone X まずは感じたこと

iPhone X もう手に入れた方もいらっしゃると思います。私も、早速使い始めました。すでにいろんなレビュー記事が出ていますが、まずは感じたことを。

1. 本体の大きさ
この画像は、iPhone 8 4.7"とiPhone X 5.8" の比較です。わずかにiPhone Xが大きいですが、ほぼ同じ大きさといっても良いくらい。Plusと比較するとグッと小さいです。この内容でこのコンパクトさは特筆ものです。

iPhoneX8


















2. 画面の大きさ
Plusと比較すると、本体はグッと小さいのに、画面サイズは大きいということで、この大画面には期待していました。これまで6 Plus, 6s Plus, 7 Plusと使ってきた身としては、画面の大きさは正義です。
ところが、iPhone Xを使っていると、画面の広さを感じません。むしろPlusよりも若干小さいような気すらします。こう感じるのは、幅がわずかながらPlusの方が大きいためでした。もっとも、Xの幅方向は1125px、Plusは1080px とXの方が情報量は多くなっています。老眼には、Plusの方が優しいかも。 縦がぐっと長くなっているので、Appでうまく有効利用してほしいところです。

iPhoneXP



















3. ホームボタンレス
ホームボタンがないことにより、操作方法が大きく変わります。これは、違和感はないのか?すぐに慣れるのか?
私としては、全く違和感なくすぐに馴染めました。操作は自然に感じられ、ホームボタンがあった所を思わず押してしまうことはありません。
では、超快適かというと、必ずしもそうでもありません。スリープからホーム画面に戻る場合、従来は指紋認証からホームボタンを押しました。これは、ほとんど一つの操作といっても良いくらい連続して行えました。Xでは顔認証からスワイプ。これは全く異なる二つの操作で、わずかながらストレスを感じます。
また、Appを終了するときは、従来はホームボタンをダブルクリック、そして終了するAppをスワイプしていました。2段階の操作になります。Xではまずスワイプして止める、これは違和感があるのではと思いましたが、問題なし。その後、長タップして終了ボタンをタップ。3段階の操作でちょっと面倒です。

3. 顔認証
普通の姿勢でアンロックすると、認識率はほぼ100%で素早く全く問題なしです。ただし、カウチに寝そべったり、iPhone Xをテーブルの上に置いたりすると、認識率が格段に落ちます。認識率が悪くなるというより、たまにしか認識できません。これは何故なんでしょうね。姿勢によって顔の形が変わってしまうからなのか、光の当たり具合のせいなのか。
顔認証は、学習により認識率が上がっていくということですから、今後にも注目したいところです。
噂では、顔認証と指紋認証の併用を考えていたものの断念したと言われていますが、アップルはこれを否定しています。真相はわかりませんが、色々併用するよりも一本化して、まだまだな部分は今後改良していく方が良いと思います。

と、まずは感じたことを書き留めてみました。大きな違和感、問題はなし。かといって手放しで絶賛もできない。しかし、全面ディスプレイの姿は、やはり未来を感じさせてくれます。


vintagecomp at 12:01|PermalinkComments(5)

2017年11月04日

iPhone X 発売初日

いざ決戦の日。
某アップルストアに決めて、朝の6時前に到着するように行きました。モールのため、並ぶのが許されるのは6時からという情報。これなら、先頭近くをゲット!と思ったら甘くありませんでした。5時45分で既に100名ちょっとの行列。私の後ろの人は、4:45着だったのですが、6時からだから帰れと言われたそうです。そのため6時前に来たのに、とぼやいていました。以前、6時というのを厳しく守ったところ、駐車場オープンと共に、ストア前駐車場まで大爆走、大混乱で逮捕者まで出る騒ぎとなったので、ある程度早く並ばせたのだそうです。それでも100名ほどなので、そこまで待たなくて良いかなという感じでした。
甘かった!

cerritos













なんだか客さばきが悪く、全然進みません。一時は、アクティベーション作業が止まってしまい、進行していないという話も。結局、買えたのは並んでから7時間後でした。疲れた!
しかも、ご依頼が多く狙っていたVerizonは途中で売り切れてしまいました。残念!

こんだけ進行が遅いからには、列がさらに伸びているだろうと思ったら、以外にもかなり列は短くなっていました。一つには、段々と売り切れのスペックが増えていたので、断念して帰る人が多かったのかと思います。とは言え、まだ完全売り切れではないのに行列が伸びていないのも不思議。もしかして、今回は熱狂的な人は早くから並んだものの、全体数としてはそれほどでもないのかも。

疲れ果てて1店舗で帰ろうかと思いましたが、気を取り直して2店舗目へ。さらに列が短い! こちらは客さばきが良い感じで、どんどん進みます。最初からこちらに来ていればよかったか!? こちらも残っている仕様は限られ、Verizonは売り切れ。しかし、短時間で買えました。

というわけで、初日は大変でしたが、例年初日は大混雑で大変なのが通例です。本当の勝負は二日目から。

Verizonを最強指定しており人気が集まっていますが、やはりVerizon指定だとやや時間がかかってしまいそうです。他のキャリアは最強ではありませんが、日本国内利用についてはVerizonと差がありません。キャリア不問を選んだお客様には、早くお届けできそうです。


vintagecomp at 11:54|PermalinkComments(10)

2017年11月03日

いよいよ決戦の日!

iPhone X いよいよ明日11/3 発売日を迎えます(当地はまだ11/2)。日本では、前日から長蛇の列ができている様子が報じられています。

これは予想外。もちろん、ある程度の行列は予想していましたが、iPhone 8を買った人もいるわけですし、価格も高いので従来のiPhone行列よりは短いのではと予想しておりました。やはり、スペシャルなモデルだけに、徹夜で並んでもと言うことでしょうか。

あと一つの要因として考えられるのが、日本が11/3は祝日だと言うことですね。いつもはお仕事で参戦不可能という方も、せっかくのチャンスだからということで参戦される方も多いのかもしれません。
果たして、アメリカはどうでしょう。今のところ(11/2お昼頃)、目立った行列は報じられていないようなのですが。

ロサンゼルス界隈は、アップルストアも多いので、どの店舗にするかも考えどころです。最寄りのストアか、過去行列の進みが早かったストアか、あまり混んでなさそうなところか。う〜〜〜ん、まだ思案中です。

ここで一つ朗報。10/27にオンラインで予約した分ですが、割と早くオーダー完了したのに、お届けは2-3週間後となってしまいました。負けた〜!とガックリ。しかし、本日メールが来ているではないですか。

25 AM






11/3 配達予定になっています! やった!
ということは、10/27の時点よりも、供給状況が大幅に改善しているということではないでしょうか。この予想が当たって、比較的スムースに行けば良いのですが。



vintagecomp at 04:25|PermalinkComments(5)

2017年10月28日

iPhone 7 RED まだ入手可能!

iPhone Xの予約合戦に参加された皆様。戦果はいかがだったでしょうか。日本の皆様からは、意外にも瞬殺ではなかったというような情報も流れているようです。私はと言えば、00:01が予約開始時間、00:02にはアクセスでき、その時点では11/3お届けとなっていました。00:03にはオーダー完了メールが届くという、自分史上もっとも早くオーダーできたのですが、お届け日は11/10-11/17と1-2週間後となってしまいました。日本ではこのタイミングだと、11/3の方が多かったようです。日本の方が競争率が低かったのでしょうか。

さて、iPhone 7/7 Plus RED の話題です。ある意味、iPhone 史上見た目のインパクトが最も強力なモデルかもしれません。真っ赤ですから、とにかく目立ちます。

iPhone7PlusRD

















今年の3月に追加されましたが、あくまでも期間限定品なのか、8の登場とともに、他のカラーは全て残っているのにREDは廃止となりました。8の登場で安くなったら買おう、あるいは8 REDを買おうと思っていた方には、残念な廃止です。
お客様から、「REDはもう手に入らないでしょうか。」とのご要望をいただきました。文面からは、駄目元というか、半分諦めたような雰囲気でした。

私も、第一印象は「無理」でした。
Appleは販売を終了していますし、オークションなどでは今も未開封品が販売されていますが、Vintage Computerではオークション品は扱わないと決めています。
「オークションで購入したが、アクティベーションができない。解決法はないでしょうか。」というようなお問い合わせをコンスタントにいただきます。どうも、2年契約購入品を出品しているようです。もちろん大丈夫な場合が多いのでしょうが、そのようなリスクが十分にあるようですので、手を出さないことにしています。

とは言え、一応探してみると信頼できる筋で今でも販売していました。ただ、Appleの安くなったRED以外のカラーよりも高いです。そのせいで、残っているのでしょうか。そこで、現状のiPhone 7, iPhone 7 Plus 購入代行よりは高くなってしまいますが、ご注文をお受けしました。実際に購入するまで、本当に在庫あるの?という気持ちでしたが、問題なく入手できました。

いつなくなるかもわかりませんし、常時取り扱い品とはしませんが、ご要望いただければ可能な限り販売させていただきます。現状入手可能なのは、以下のスペックです。

iPhone 7 RED 128GB Verizon SIM フリー
iPhone 7 Plus RED 128GB Verizon SIM フリー

ご希望の方は、早めにお問い合わせください。


vintagecomp at 06:22|PermalinkComments(0)

2017年10月27日

We'll be back.

iPhone X のオンライン予約開始まで6時間あまりですが、すでに出ました。

36 PM










iPhone Xのオンラインでの予約ですが、当地の10/27 00:01(日本時間 16:01)より開始されます。私はいつも、夜11時には就寝しましすが、本日は予約完了まで寝ずにスタンバイしています。
日本版購入予定の方は、すでにスタンバイされているでしょうか。

購入代行の予約では、最強認定したVerizon版にやはり人気が集まっています。Verizon版はオンラインでは、キャリア契約なしでは購入できず店頭購入しかできないので、今回の予約は関係なしです。
キャリア不問をお選びいただいた方は、今回できるだけ’確保したいところです。

もっとも、ご承知の通り一人2台までしか購入できませんので、自ずと限られた台数しか確保できません。ちなみに、2台の注文を繰り返して行えば、その時は注文は通ります。しかし、後日キャンセルされてしまいますので、無駄な努力はされませんように。

今回は、極端なタマ不足も噂されており、一瞬の遅れが入手日が大きく遅れることに繋がりかねません。皆様、油断なきよう!


vintagecomp at 10:01|PermalinkComments(10)

2017年10月25日

iPhone Xはやはり超品薄!?

しばらく前に、iPhone X、発売当初の3ヶ月で200万台〜400万台にとどまるといった超品薄の噂が流れていました。
先週あたりには、供給不足回避で初期出荷台数が1500万台程度になるというニュースが流れていました。これなら一安心と思っていましたが、ここにきてまた不穏なニュースが流れております。

iPhone X、初回出荷はわずか2〜300万台?

最初の200万台〜400万台よりも減ってるじゃないですか。しかも、ネックとなっているのは日本のサプライヤーとの噂が。
6s, 6s Plusの発売直後3日間の販売台数が1300万台以上ですから、これはとんでもない少なさです。6s, 6s Plusの時でも入手はかなり困難で、かなりお待ちいただいたお客様もいらっしゃいました。本当なら、発売直後に確保するのはかなり困難ではないか思えます。

しかし、上記はあくまで予測や噂。実際のところは、発売されてみないとなんとも言えません。

予約いただいたお客様からは、いつ頃発送可能か教えてください、というような問い合わせもいただいていますが、本当になんともお答えできません。
発売後に、最新状況のご案内ページをお知らせしますので、しばらくお待ちください。

いずれにしましても、早期入手できるよう全力を尽くします。それでも、どうなるやら。上記ニュースが本当でしたら、ある程度時間がかかることを覚悟いただく必要があるかもしれません。



vintagecomp at 07:55|PermalinkComments(0)

2017年10月20日

iPhone SE 米国公式SIMフリー 開封済みが超特価!

発売から1年半ほど経ちますが、根強い人気なのがiPhone SEです。通常、最強認定したSprint版を販売しております。Sprint版ではなく、米国公式SIMフリーAppleCare+付きが超特価です。

iPhoneSESG

















iPhone SE 128GB A1662 公式SIMフリー スペースグレイ AppleCare+ 付き開封特価品 68,000円

Sprint版のAppleCare+ 無しと同価格です。税込で、なんと15,540円安くなっています。

最強のSprintと何が違うかですが、いちばんの違いは技適がないことです。したかって、技適なしでも問題のない方のみお求めください。
GSM/CDM両対応で、日本の3キャリアで使用可能です。LTE 29chに対応していませんが、これは日本版5sも対応していなかった周波数です。あとUMTS/HSPA+/DC-HSDPAには対応していませんが、最近はLTEのカバー率も99%超となっていますので大きな問題ではないと思います。

ご想像がつくかと思いますが、間違って手配してしまったために生じてしまった商品です。超特価で販売しますが、2日ほど様子を見て売れないようでしたら返品します。短期間のセール品です。お早めに



vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(0)

iPhone 10周年はここから始まった!

iPhone X 購入代行の予約受付を一昨日開始しました。iPhone 8は、予想以上にご依頼が少なかったのですが、iPhone Xは予想以上に多くのご依頼をいただいております。私もですが、やはりX待ちの方が多かったようです。10周年で満を持しての発売ですから、やはり期待が高まります。

10周年を振り返って、やはり原点となるのは初代iPhoneです。日本では未発売だっただけに、日本では入手困難ですが、アップルファンとしてはやはり押さえておきたいデバイスだと思います。ただいま入荷しております。

iPhone1st8-1













iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様(程度良好)
 19,800円
iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様(やや傷あり)16,500円
iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様(背面傷あり)12,800円

内容的にはほぼ同じですが、違いは傷の多さです。今では常識化しているケースとディスプレイプロテクターですが、当時はあまり一般的ではありませんでした。また、背面はアルミプレスボディだったせいもあり、傷はつきやすかったですね。そのため、傷のない程度良好品を見つけるのはなかなか難しいです。その中で程度の良いものを探しておりますが、ある程度傷があるのはやむを得ない状況です。
とはいえ、動作についてはバッチリです。すでに2G EDGEは日米で停波しており使えませんが、Wi-Fiで今でもちゃんと動作します。

アップルファンの方、見逃せませんよ!



vintagecomp at 06:59|PermalinkComments(0)

2017年10月17日

iPhone X 予約開始は10/18 10時頃より

iPhone X、発売当初の3ヶ月で200万台〜400万台にとどまるといった超品薄の噂が流れていました。6s, 6s Plusの発売直後3日間の出荷台数が1300万台以上ですから、これはとんでもない少なさです。本当なら、3ヶ月以内に入手するのは、ほぼ無理といった状況も予想されます。そんなに品薄なら、いっそ発売延期の方がよいのではとも思えます。

ここに来て、供給不足回避で初期出荷台数が1500万台程度になるというニュースが流れています。これなら、なんとか従来並みか、それよりも好転するかもしれません。しかし、これが本当とも限りませんので、油断できませんね。

iPhoneX






いずれにしても、弊社のiPhone Xの購入代行販売は日本時間10/18(水)10時AM頃より受け付けます。これまで予約開始時刻は明示して来ませんでしたが、「何時から受付開始ですか?」との問い合わせを多数いただき、時間も明示することにしました。ただし、10:00:00 というのではなく、あくまで10時AM頃ということで、ご容赦ください。

10/18 10時以降、こちらより予約いただけます。
今回は、Verizon版と公式SIMフリー版のA1865を最強認定しました。公式SIMフリー版は当初販売されないようですので、Verizon版が最強となります。最強とは言え、他の仕様との差は大きくありません。A1865(Verizon, Sprint)でもA1901(AT&T, T-Mobile)でも、日本国内の利用には差がありません。アメリカでVerizonのプリペイドSIMが使えないといった差があります。だったら、どれでも良いから早く入手できる方をというご要望もあると思います。
そこで、最強のVerizon版と、キャリア不問で早く入手できる端末、どちらかをお選びいただけるようにしました。Verizonなど海外のCDMAキャリアが使えることをメリットとするかでご判断いただくと良いと思います。

価格についてですが、iPhone 8, 8 Plusの価格比よりもわずかながら上がっています。これは、主に当地のセールスタックスが10/1より9%から9.5%に上がったのと為替の変動によるものです。日本では消費税の変更で大騒ぎですが、こちらではしょっちゅう変わります。下がることもあります。税収が不足すると上げて、税収が多いと下げるような感じです。
一度決めた価格は簡単には変更したくないので、
iPhone 8, 8 Plusは当面据え置きです。

vintagecomp at 06:18|PermalinkComments(19)

2017年10月06日

最強のiPhone 8/8Plus/Xは?

新型iPhoneが出ると、毎年考えている「最強のiPhoneはどれだ?」というテーマ。情報も出揃ったので、改めて考えます。もちろん、何を重視するのかで変わってきますが、以下の条件です。

1. シャッター音の消音、調整が可能。
2. 日本の3キャリア、MVNOで問題なく使える。
3. 世界中の幅広いキャリアで使える。

シャッター消音ができて、技適が付いて、日本の3キャリアや海外の幅広いキャリアで使えるモデルが最強です。これに全て合致するのがiPhone 6s の米国公式SIMフリーや、iPhone SE Sprint版です。文句なしに最強です。
しかし、昨年のiPhone 7では、海外版には一切技適がつかず、Felicaにも非対応でした。従って、何を重視するかということで変わってきます。iPhone 7 公式SIM フリーは、技適がつかずFelicaも非対応ですが、これに目をつぶれば、唯一日本の3キャリアにフル対応した海外版の端末でしたので、条件付きの最強版と言えました。

さて、今回のiPhone 8/8Plus/X、まず大きなニュースは海外版もFelica対応でした。そして、昨年と同じく海外版に技適はつきませんでした。また、意外なニュースが、auではiPhone 8はLTE専用端末となり、SIM交換が必要となる点でした。
これまではauのフル機能を使うには、CDMA対応端末の必要がありましたが、その必要がなくなりました。日本の3キャリアを使う分には、海外版のどのモデルでも条件は同じになります。
では、技適を別とすれば、海外版はどれも横一線?

実はまだ、差はあります。米国公式SIM フリー、Verizon, Sprint 版は、CDMA対応のため、海外のGSMキャリでもCDMAキャリアでも使えます。米国の例で言えば、Verizon, Sprint系のキャリアは、A1863 (CDMA), A1864 (CDMA),  A1865 (CDMA)  でなければ使えません。
Verizonは米国キャリアの中で最もカバー率が高いのですが、Verizonのプリペイド SIMには落とし穴があります。Verizon版と公式SIM フリーの端末以外は、発売後2年ほど経たないと、Verizonのプリペイド SIMが使えないのです。例えば、アンロックされているSprintのiPhone 7でも、Verizonのプリペイド SIMは当面使えません。
というわけで、米国やCDMAキャリアが使える国を重視すれば、米国公式SIMフリーやVerizon版が最強と言えます。Verizon プリペイドが使えない点を別とすればSprintも最強です。

また、米国版はACアダプターが日本版と共通です。これも、地味に嬉しい点です。

結論です。

1. 技適重視なら日本版一択。
2. 技適を重視せず、日本国内の利用のみなら海外版はACアダプターのみの差。
3. 技適を重視せず、米国を始め海外の利用を考えると、米国公式SIMフリーやVerizon版が最強。

というわけで、シャッター消音必須なら、僅差ながら米国公式SIMフリーやVerizon版のA1863 (CDMA), A1864 (CDMA),  A1865 (CDMA)  が最強です。


vintagecomp at 05:57|PermalinkComments(23)

2017年09月27日

iPhone 8, 8 Plus 在庫あり、即納品が特価販売!

iPhone 8、いつものような発売直後のスーパー入手難はなく、ご注文分は順調に確保できています。とは言え、一部のスペックはストアで売り切れが発生したりしています。

商品の確保を進めるに当たって、在庫が発生することがあります。一番人気のスペースグレイです。現在、在庫品が3台。通常のご注文より、5千円ほどお安く販売いたします。
iPhoneX






iPhone 8 Plus A1864 256GB スペースグレイ SIMフリー 即納 148,000円 142,800円
iPhone 8 A1863 256GB スペースグレイ SIMフリー 即納 132,800円 128,000円

在庫ありですので、ご注文、お支払確認後速やかに発送します。
売れないようでしたら、返品となりますのでお急ぎください。
迷っていた方は、チャンスです!



vintagecomp at 06:01|PermalinkComments(0)

2017年09月26日

技適がないとどうなる? 2017年版

ちょうど1年前、「技適がないとどうなる?」という記事を掲載し、アクセス数も多く関心の高い内容だったようです。昨年のiPhone 7に続き、今回のiPhone 8 米国版も技適なしだったことから、内容をアップデートして再掲載します。
なお、本記事は情報の提供を目的とするものであり、技適なし端末の日本での使用を推奨するものではないことをご理解ください。

合法、違法の範囲
まず、技適のない端末を日本で使用して、電波を発することは電波法違反となり違法行為です。これは、携帯の電波だけでなく、Wi-FiやBluetoothについても同様です。所持や電波を発しない使用法であれば、合法です。
エアープレーンモードにして使用すれば、電波を発信することはないので、違法にはなりません。
なお、2015年の5/21より訪日者の90日以内の滞在に限り、技適なしでも合法となりました。また、海外からの来訪者が利用することが前提であるローミングの利用については、技適がなくても合法です。

合法、違法は別とすれば使えるのか
iPhoneの例でいえば、国際的な規格に則った技術と周波数の採用を行っています。米国版iPhone 8の対応周波数は全て日本版でもカバーしています。つまり、技術的には何の問題もなく使えます。

合法、違法は別とすれば実害はないのか
そもそも技適の目的は、他者に迷惑をかけるような電波の利用を禁止することです。国内版と何ら変わらない電波を発するiPhone が迷惑な電波を発することはなく、実害はないと考えられます。ただし、実害はなくとも、違法は違法です。

違法であれば摘発されたり罰則が適用されることはあるのか
国際規格に則った技適なし携帯電話やパソコンを利用して、摘発された事例は、過去一件もないはずです。実態としては、多数の違反者がいるわけですが、取り締まられたことはないと言って良いでしょう。

端末を持ち込んで通信契約をすることは可能なのか
これは、原則としてできないことになります。ただし、実際のところはできたという事例も少なくないようです。対応した人が十分な知識がなく技適がないことを見逃してしまったか、あるいはそこまでチェックしていないのかもしれません。
また、通販により購入できるデーターSIMもありますが、こちらはチェックのしようがなく、断られることはないはずです。

既存のSIMは使えるのか
新しい端末に新しい契約を行うのではなく、従来使っていたSIMを差し替えることも多いと思います。この場合は、当然ながらそのまま使用できてしまうことになります。
なお、auの場合は国内版iPhone 8ではVoLTE専用SIMが必要で、従来SIMは使えなくなっています。米国版も同様の可能性が高いと思われますが、検証結果待ちとなっています。近いうちに、検証結果が出ると思われます。(10/9追記:検証の結果、米国版も同様です。国内版も海外版も全て
VoLTE専用SIMが必要と考えられます。)

というわけで、技術的には使えますし、他者に迷惑をかけることもないと考えられますが、違法には違いありません。ご理解いただければと思います。


vintagecomp at 08:02|PermalinkComments(0)

2017年09月24日

iPhone 8 発売初日

iPhone 8 発売初日の9/22、Apple Storeの開店は特別に朝8時。そこで、朝7時ごろ、最寄りのApple Storeに行ってみました。

store











ガラーン。
私より前に並んでいた人は8人で、9番目をゲット。それでもストアの店員さんがコーヒーサービスをしていました。また私より前の人の2人がApple Watch、1人がなんとApple TV 4K 目当て。初日に、3、4時間平気で待った以前とは大違いです。
8時に開店、いつものように店員さんが拍手とハイタッチで盛り上げますが、盛り上がりももう一つか。おかげで、スムースに購入できました。
その後、他のストアに遠征しましたが、30分程度並ぶことはありましたが、総じてスムースに進みました。お陰様で、予約分は確保。週明けに発送します。

これだけスムースだったのは、やはりiPhone X待ちの人が多いためだと思います。本当の勝負は、11/3ですね。

さて、問題の技適です。まずは、展示機のAT&T仕様のA1897。

Giteki
































結構、各国の表示がありますが日本は無し。米国SIMフリーのA1863/A1864はいかに? これまでは、確保した端末を開封して調べていましたが、今回は見せてもらう機会に恵まれました。ちょうど、Verizon版を買ってアクティベーションを終えたすぐ隣のお客さんと話が弾みました。そこで、例の表示を見せてもらいましたが、やはり日本はありません。さすがに、他人様の画面を撮影するのは気が引けたので自重しました。

背面です。

back

































総務省指定の文字はおろか、iPhoneの文字だけ。以前あったモデルナンバーやDesigned by Apple in California の表示さえなくなっています。Apple らしいシンプルさ、とも言えますが、なんだか物足りない気も。
日本版についても総務省指定の文字はなく、画面表示のみで許容されるようになったとのことです。
海岸版もFelica対応になったと報道されていますが、総務省指定の画面表示もなくて良いの?という疑問が湧きますが、これはおそらくWi-Fiや携帯電波と同じく、90日以内滞在の訪問者であれば合法的に使用できるというルールが適用されるのでしょう。

というわけで、技適については予想通り、米国版はなしと確定しました。おそらく他の海外版も同様と思われます。

さて、発売日としては大変入手しやすかったiPhone 8, iPhone 8 Plus。謎な点もわかってきました。
iPhone SEでは初日は割と入手できたのに、その後しばらく大変な入手難になったという事例もあります。やっぱりシャッター音が消せる米国版をとお考えの方は、お早めのご注文をお薦めします。



vintagecomp at 00:41|PermalinkComments(2)

2017年09月22日

iPhone 8, 8 Plus いよいよ明日発売!

いよいよ、iPhone 8, 8 Plus の発売が明日(米国時間)となりました。毎年、iPhoneの発売の際にはたくさんのご依頼をいただき、入手難の中ストア巡りをすることとなります。

今年は、iPhone 8, 8 PlusはSIMフリーが最初から販売されました。米国では過去2、3ヶ月のズレがあり、オンラインでキャリア版を契約なしで描くことはできないため、ストアに出向いて列に並んで購入の一択でした。
今回は、オンラインでも購入可能ということなので、多少楽になります。とは言え、ご承知の通り一人2台までの購入制限があります。購入制限を超えるオーダーを入れても、注文は通ったように見えますが、後でキャンセルされてしまいます。

というわけで、相変わらず人力頼みでストアに出向いて列に並んで購入することになります。8, 8 Plusに関しては、例年と比べご依頼数もそれほど多くなく、巷でも同様ではないかと思いますので、そんなに苦労しないのではないかと予想しております。とは言え、過去「今回はそれほどでもないのでは?」と思った場合も例外なく苦労したんですけどね。iPhone SEとか。
もちろん、8, 8 Plusがそれほどでもないと思うのは、後にiPhone Xが控えているためです。こちらにも、iPhone Xのお問い合わせはたくさんいただいていますので、こちらは大変なことになりそうです。

明日9/22(金)の発送は、iPhone 手配に万全を期すため、お休みさせて頂きます。入手後、不明点が判明しましたら、またお知らせします。


vintagecomp at 11:29|PermalinkComments(3)

2017年09月20日

iPhone 8/X auは3G非対応が判明! 米国版SIMフリーはどうなる?

発売前の情報はだいたい出尽くしたと思っていたら、コメント欄でご指摘いただき新たな情報が出てきました。iPhone 8/X au版は3G非対応となることが判明しました。

auの公式サイトで、以下の記載があります。

※ 日本国内において3G通信はご利用いただけません。

docomoやsoftbankにはこのような記載はありません。LTEが高速で快適ではありますが、まだまだ田舎や都会でも電波状況の悪いところでは3Gとなることがあります。これがなくなるのはちょっと痛いのでは。
もう少し詳しい情報として、cnet Japan の記事がありました。

KDDIでiPhoneを使ってきたユーザーは、このタイミングでSIMカード“au Nano IC Card(4G LTE)”から、最新の“au Nano IC Card 04 LE”に変更が必要となる。cdma版iPhoneもなくなり、KDDIネットワークでは3Gには接続されない。

「cdma版iPhoneもなくなり」というのはちょっとよくわからない表現です。日本版iPhone 8/XはハードとしてはCDMA対応で、それはauのスペック表にも記載されています。ハードは対応しているが、CDMAは使用しないと言う意味だと思われます。

auはVoLTE専用モデルを積極的にリリースしており、iPhone 8もその波に乗ったと言うことのようです。iPhone 6〜iPhone 7でもVoLTEは使用できましたが、設定をオンにした時のみ利用できます。iPhone 8/Xは、通話はVoLTE専用モデルとなると思われます。

さらに気になるのが、
SIMカード“au Nano IC Card(4G LTE)”から、最新の“au Nano IC Card 04 LE”に変更が必要となる
の部分。auで機種変する場合は、強制的にSIM交換されるものと思われます。このSIMにより、LTE専用端末となるわけです。
問題は、国内版にしろ海外版にしろ、SIMフリー機に従来の“au Nano IC Card(4G LTE)”を入れた場合どうなるかです。
本体側は、従来の周波数に対応しているので特に問題ないはずです。SIM側にもiPhone 8/Xをブロックする情報は特にないはず。あとは、SIMをアクティベーションする際に、au側で弾くかどうかの問題です。iPhone 8/XではSIMフリー機でも3Gは使わせたくないとauが考えれば、SIM交換が必須となるように弾くでしょうし、「SIMフリー機で従来SIMが使えない!なんで?」というような混乱を招きたくなければそのまま使えると思います。私の予想では後者な気がしますが、なんとも言えません。

まとめると、以下ののようになります。

・au版iPhone 8/Xは、3GやCDMA通話に非対応
海外版も含めたSIMフリー機で、従来SIMが使えるかどうかは現時点では不明(追記:米国版A1863で使えないとの報告がありました)
もし使えれば、3GやCDMA通話も利用できると考えられる。
もし使えなければ、SIM交換が必要。


(10/3追記:米国版A1863にauの従来SIMを入れても、使用できないとの報告をいただきました。また、LTE専用の新SIMは問題なく使用できたとのことです。)

SIM交換が必要な場合は、技適が付いていないと発行されない可能性があります。現実的には、窓口ではそこまでチェックされずに発行されるケースは多々あるようですが、本来的には発行不可です。米国版iPhone に技適がつくかどうかは現時点では不明ですが、つかない可能性が高いと思われます。これは、実機入手次第確認します。

と言うわけで、米国版iPhone 8/X がauで問題なく使えるかどうかは現時点では不明です。すでにご予約いただいている方には、個別にこの情報をお知らせし、今後についてご相談させていただきます。



vintagecomp at 03:23|PermalinkComments(25)

2017年09月16日

iPhone 8 Appleの予約開始

ご承知のように、iPhone 8のAppleの予約受付が9/15に開始されました。こちら米国西海岸時間の0:01からです。実際に始まったのは。0:05くらいでしたね。ほぼ毎回発生するこの時間差、何とかならないものでしょうか。

アメリカでは、発売時には通常公式SIMフリー版は販売されておらず、数ヶ月後に発売されます。タマ不足が明らかなので、キャリア版を優先ということでしょうか。しかし、今回は公式SIMフリー版が最初から販売されています。それだけ、十分なタマ数を確保したということでしょうか。従来だと、店頭で買うしかなかっただけに助かります。

過去の状況では、発売日にお届けとなるのは、本当に発売直後に予約完了した場合だけ。数分遅れるだけで、大幅に遅れたものです。
今回はというと、サイトが重くなることもなくiPhone 8は結構余裕でした。一夜明けた朝でも、仕様によっては、発売日9/22のお届けが可能になっていました。半日ちょっとたった今では概ね9/29-10/6になっています。
iPhone 8 Plusは、やや厳しかったです。10分くらい遅れた段階で、9/25〜10/2になってしまいました。ただ、半日経った今も概ね9/25〜10/2。8と逆転しています。

今回は、従来Plusを購入していた方はX狙いの方が多いと思われます。その傾向はVintage Computerの予約状況にもはっきり出ています。ということで店頭売りも含めた状況は、8は発売日分のタマ数はかなり確保しているものの、需要も旺盛なため、徐々に品薄になりそうな感じです。発売日の8 Plusは品薄。しかし、その後順次入荷し、需要もさほど旺盛でないためあまり品薄ではなさそうな感じです。

オンラインでは一人当たり2台の制限がありますので、今後は店頭売りにかける感じになります。iPhone Xについては、例年通りSIM フリーは、発売日には販売されないようです。やはり、こちらがタマ不足の本命でしょう。発売が遅れたのは残念ではありますが、分散されたのは弊社としては助かる面もあります。


vintagecomp at 05:15|PermalinkComments(2)

2017年09月14日

iPhoneが全8モデルに!

昨日の発表で驚いたことの一つが、継続機種が多かったことです。事前の予想では、6s, 6s Plusは廃止、SEと7, 7 Plusは継続と考えていました。しかし、発表が進むにつれ、7, 7 Plus も廃止かもと思いました。8, 8 PlusがXの廉価版という面もあるので、廃止かもと。

ところが、ご承知の通りSE, 6s, 6s Plus, 7, 7 Plus, 8, 8 Plus, X と8モデルが並ぶことに。これは乱立といっても良いのでは?

3ba1673a6638a7d7ef4c11965f500424











4万円台〜14万円台のフルラインナップ! よりどりみどりとも言えますが、アップルらしいシンプルさを損なっていると思います。

継続機種の特徴を見てみましょう。

7, 7 Plus は256GBが廃止になっています。REDも廃止。32GBのジェットブラックは従来ありませんでしたが、今回追加されています。ジェットブラックは新機種には採用されず、普通のカラーになったということでしょうか。8との目立った差と言えば、ワイヤレス充電非対応な点ですね。もちろん安くなっています。

6s, 6s Plusは特に変更なく、安くなっています。7との目立った差は、防水防塵非対応、Felica非対応ですね。メリットとしては、ヘッドフォンジャックがある点でしょうか。また5インチ以上のモデルとしては、米国版は唯一技適付きとなりそうです。

SEは特に変更なく、安くなっています。4インチ=小さいという特徴を持つだけに、継続は納得です。Vintage Computerでは今も根強い人気なので、安くなって人気が続きそうです。

こうなったからには、ぜひ最適なモデルを選んでください。シャッター音が消音できる米国モデルも新価格で販売中です。

iPhone 8, iPhone 8 Plus
iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPhone 6s, iPhone 6s Plus
iPhone SE



vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)

2017年09月13日

iPhone 8, 8 Plus の予約受付開始、継続機種は値下げ!

iPhone 8, 8 Plus の予約受付開始しました。

iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 各種

iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE の継続機種が値下げとなりました。6s, 6s Plusが残るとは予想外でした。7, 7 Plusはこれまでなかった32GB ジェットブラックが追加されています。

iPhone Xは発売がしばらく先なので、予約受付は10月中頃からの予定です。



vintagecomp at 14:55|PermalinkComments(4)

iPhone 8, 8 Plus, X 発表でまずはわかったこと

本日のApple Special Event、皆さん生で見ましたか? 私は、しっかりとライブ中継を見ておりました。iPhone 8, 8 Plus, Xが登場しました。Apple Watch Series 3とApple TV 4Kも登場しました。

iPhoneX






いろんなサイトで紹介されていますので、詳細についてはここでは触れません。概ねリーク情報どおりでしたが、意外だった点をあげてみたいと思います。

・噂の512GBはなし。8, 8Plus, X ともに、64GBと256GBの二本立てでした。
・新色のゴールド、名称はゴールド、8, 8Plusのみ。ブラッシュゴールド、カッパーゴールドの噂がありましたが、単にゴールドでした。Xはシルバーとスペースグレイの2色のみです。
・iPhone 8, 8 Plusの発売は9/22。iPhone Xの発売は11/3。Xの発売が遅れるのは残念!

ある程度、バリエーションが絞られたのは良かったと思います。

さて、ここから先は、スペック表などをもとに、Vintage Computer 的な深読みをしてみます。
まず、注目していたのが、Felicaが海外版も対応になるか。期待薄とは思っていいたのですが、こちらに対応表がすでに出ています。

02




対応機種は、
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、
日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus

7と7 Plusの「日本国内で販売された」の但し書きがありません。海外版含め全モデルFelica対応です。これだけだと、Appleの書き忘れ?とも思えますが、現地で西田さん(ご無沙汰しております)が広報担当者に確認をとっており、間違い無いそうです。
となると、不評だった「総務省指定」の文字が海外版にもプリントされるのでしょうか?いやいや、それはないでしょう。おそらく、画面表示でOKになったのではないかと推察します。

ということは、日本版と米国版などの一部モデルが共通になったのではないかと期待されますが・・・
結論は、7, 7 Plus同様日本版は、独自モデルになっています。

こちらで、8と8 Plusのモデルと周波数対応が確認できます。Xは表示されていませんが、8と8 Plusと同様です。

これにより、以下のモデルに分かれていることがわかります。

米国Verizon, Sprint等 CDMA対応
iPhone 8 A1863 (CDMA)
iPhone 8 Plus A1864 (CDMA)
iPhone X A1865 (CDMA)

香港 GSM版
iPhone 8 A1863 (GSM)
iPhone 8 Plus A1864 (GSM)
iPhone X A1865 (GSM)

米国AT&T, T-Mobile, 欧州等 GSM
iPhone 8 A1905
iPhone 8 Plus A1897
iPhone X A1901

日本版 CDMA対応
iPhone 8 A1906
iPhone 8 Plus A1898
iPhone X A1902

日本版と米国Verizon, Sprint等モデルで、一体何が違うのか。先に述べたように、Felicaは全モデル対応です。よく見ると、日本版だけLTE チャンネル11/21/42に対応しています。これらは、iPhone 6sでは日本版も対応していない周波数で、決定的な違いとは言えなそうです。(10/30 訂正:一部日対応周波数を見逃していました)

こうなると、技適がつくのは7, 7 Plus同様技適がつくのは日本版だけとなりそうです。しかし、Felicaが全モデル対応になったのは、東京オリンピックを控え旅行者にもSuica等を使えるように日本からの強力なプッシュがあった結果と思われます。90日以内の滞在の旅行者ならば、技適なしでも日本で利用可能ですので関係ないかもですが、留学生、長期滞在者、移住者などのために技適をつけてくれないものか。Felicaでも日本からのプッシュがあったのなら、技適も対応してくれるのではないかと多少は期待できるのではないかと思います。
過去、日本と共通でないモデルで技適がついたのは、一つだけ前例があります。6s, 6s Plusの北米AT&Tモデルです。
これについては実機確認しかなさそうですので、発売後に調査します。



vintagecomp at 08:55|PermalinkComments(13)

2017年09月09日

初代 iPhone 入荷

日本未発売の初代 iPhone です。

iPhone1st5-1












iPhone 8GB 初代米国AT&T仕様 純正箱入り 29,800円

世界を変えた歴史に残るデバイスですね。
アメリカではヒット商品でしたので、今でもそれなりに入手可能です。
しかし!
傷の少ないものを入手するのはかなり難しいです。ほとんど、深い傷や凹みがあります。というのも、今のようにiPhone ケースが普及していなかったためだと思います。発売時には、ケース製品はほぼ皆無でしたし、その後登場して来ましたが今ほど一般的でなかったですね。こんなに傷つきやすいとは思わなかったというのもあるでしょう。

今回品も、少々のすり傷はありますが、目立つものはなく程度は良い方だと思います。
これまで、本体のみで19,800円、完全セットで59,800円といった価格で販売してきましたが、箱入りアクセサリー付き、ドキュメント無しでこの価格はお買い得だと思います。
本品は、iOS 2.1というのも珍しいです。通常、最終の3.1.3になっています。

日本でもアメリカでも2Gは停波していますので、通話やデーター通信はできませんが、それは別として今でもちゃんと使えるのでしょうか。今ではiPhone単体でも使えますが、当時はiTunesと連携しないと使えませんでした。最新の環境でも、連携できるのでしょうか。macOS Sierra iTunes 12.6に繋いでみました。

iPhoneiCon






ちゃんと、初代のアイコンが表示されます。もちろん、同期やソフトウェアアップデートも可能です。

39







10年経ってもサポートしてくれるのは嬉しいですね。


vintagecomp at 04:33|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
Archives