iPhone

2019年10月02日

一応確認、やっぱり技適は・・・

iPhone 6sまでは、米国版で技適のつくモデルが存在していました。iPhone 7以降米国版には技適はついておらず、スペックから見ても技適なしと判断していました。とは言え、これはあくまで推定。技適の有無はAppleからはスペックとしては発表されないので、最終的には実機で確認するよりほかありません。そこで、おそらく無しだろうと思いつつ確認してきました。

Giteki



































やっぱり無しでした。予想通りとは言え、残念ですね。モデムチップの対応周波数の共通化が進めば、再び米国版に技適が付く可能性もあると思いますのですが、まだお預けのようです。

vintagecomp at 09:29|PermalinkComments(0)

2019年09月28日

iPhone 11 Pro Max 512GB 即納品、最終特価!

うっかり過剰買い付けをしてしまい、余ってしまったiPhone 11 Pro Max 512GB スペースグレイ、在庫ありで販売中です。最終特価でご提供します。

iPhone11PMsg

















iPhone 11 Pro Max A2161 512GB スペースグレイ 米国版SIMフリー 即納 215,000円 198,000円

高額商品ですので、税金も馬鹿になりませんね。ぜひ、税金がお得な9/30までにご注文を。もっと待てば、もっと安くなるかも、と予想される方もいらっしゃるかもしれませんが、最終特価で売れなければ10月初旬に返品の予定です。
シャッター音を消音できる米国版iPhone 11 Pro Maxをすぐに、お買い得に入手できるラストチャンスです!
 

vintagecomp at 08:28|PermalinkComments(2)

2019年09月25日

iPhone 11 Pro Max 512GB 即納品を特価で!

iPhone 11 Proですが、11 Pro 512GB, 256GB が品薄で入手しにくくなっています。iPhone 11 Pro Maxは仕様によっては売り切れも発生しているものの11 Proよりは入手しやすくなっています。というわけで、11 Pro の入手に必死になっているところです。そんな中、やっちまいました。11 Pro を入手するはずが、11 Pro Maxを入手してしまってました。9/20購入分で、その時だったら11 Pro を入手できたのに!

そんなわけで余ってしまったiPhone 11 Pro Max、在庫ありとなるわけですが、特価販売します。

iPhone11PMsg

















iPhone 11 Pro Max A2161 512GB スペースグレイ 米国版SIMフリー 即納 215,000円 204,800円

シャッター音を消音できる米国版iPhone 11 Pro Maxをすぐに、お買い得に入手できるチャンスです!
 

vintagecomp at 08:09|PermalinkComments(0)

2019年09月22日

iPhone 11 Pro 発売日と2日目、即納品あり!

iPhone 11 Pro、いよいよ発売されました。iPhone発売日は、Vintage Computer にとっても一番大変な日でもあります。オンラインのオーダーは台数制限があるため、購入代行のご注文分の多くは店頭で入手することになります。例年通り、早朝から並びました。

今年は、5G前の買い控えから行列は短いのでは?と思いましたが、いやいや、昨年同様?もしかするとやや長かったかも。初日はかなり大変ながら、ほぼ計画通りの台数を調達できました。
二日目の土曜日は、初日よりも順調で、ご予約のお客様分、全て入手できました。当地の9/23(月)に発送予定ですが、一部は 9/24(火)の発送となりそうです。

順調な入手状況でしたが、店頭ではやはり一部機種の売り切れも発生していました。iPhone 11 Pro 512GBのスペースグレイとミッドナイトグリーンがやや品薄で、売り切れになるのが早かったようです。他の仕様は概ね在庫は潤沢のようです。公式SIMフリーの在庫が潤沢で、これまで全て 公式SIMフリーを入手しました。
さて、時折希望の仕様が入手できない場合があります。 そんな時に、せっかく長時間並んだのに諦めて帰るのは残念すぎます。品薄の仕様の在庫がある時はなおさらです。そんな場合に、ご予約分以上の確保を行う場合があります。以下2台、在庫ありとなっています。1台は少々訳あり。

Kizu




























iPhone 11 Pro 512GB スペースグレイ 米国版SIMフリー 即納 198,000円(終了)
 iPhone 11 Pro 512GB スペースグレイ 米国版SIMフリー パッケージ傷あり 188,000円(終了)

米国版iPhoneは欲しいけど、いつ手に入るかわからないんじゃ、と躊躇する方もいらっしゃるでしょう。実際、過去には1ヶ月ほどもお待たせしたこともありました。本品ならば、ご注文いただければすぐに発送可能です。また、確保した1台でパッケージに画像の傷があるものがありました。購入時によく確認すればよかったのですが、長い行列の後で気力が失せていたようです。今から返品もできるのですが、苦労して確保しただけに、お買い得価格で販売することとしました。対角線上に擦った跡があります。大部分はフィルムのみですが、傷の始点は箱に少々凹みがあります。

今年はこれまでのところ順調に入手できていますので、迷っていた方もぜひどうぞ。

vintagecomp at 10:58|PermalinkComments(0)

2019年09月20日

決戦は金曜日

一昨日、米国西海岸のiPhone予約発売日のストアオープン前の画像について取り上げました。日本の画像はこうなっていました。

Japan
















日本は夜の9時開始でしたので、米国版のように夜更かし云々はなく、まともな内容だったと思います。これを見て、ドリカムの「決戦は金曜日」を思い出した方もいたのではないでしょうか。初日にうまく受け取れるように予約ができるか、まさに「決戦は金曜日」でしたね。
そして、明日(日本時間では今日)がまた決戦の金曜日です。9/20がiPhoneの発売日ですから、予約注文していない方にとっては、発売日に手に入れるには店頭に並ぶ必要があります。日本では、ちょうど今頃が 発売の朝8時です。以前ほどではないですが、やはりApple Storeの前には長い行列ができているようです。
Vintage Computerでは、明日は発送業務は中止して、 早朝より並んでご予約いただいた購入代行分を確保する予定です。まさに「決戦は金曜日」です。

vintagecomp at 08:08|PermalinkComments(0)

2019年09月18日

ストアオープン前のこの画像って!?

9/13にiPhone 11の予約受付が開始されました。日本では、夜9時からだったので、例年よりもオーダーしやすかった方が多かったのではないでしょうか。こちら、アメリカ西海岸では、例年夜0時からだったのが、今年は朝5時からでした。これは人それぞれでしょうが、0時からの方が良かったと思った人が多かったのではないでしょうか。

さて、その9/13の金曜日、早起きして5時前に表示されていた画像がこれです。

5AM
 
夜更かしは、もう去年の話。
朗報です、もう夜更かしの必要はありません。 今年はプレオーダーは、5時AMに開始です。ぜひお会いしましょう。


いやいや、これは早起きにウンザリしていた人の気持ちを逆なでしたんでは。
なぜ5時にしたかは発表されていませんが、東海岸を考慮してではないかと思います。今年は東海岸は朝8時から。例年だと深夜3時からでしたから、大変でした。東海岸の人には、この画像で良いんですけどね。 

vintagecomp at 07:41|PermalinkComments(0)

2019年09月13日

明日、iPhone 11のプレオーダー開始

この記事は、米国西海岸時間の9/12に書いています。iPhone 11のプレオーダー開始が、米国西海岸時間の9/13(金)5時AMから。従来は0時からでしたが、今回は早朝からですね。

どっちが良いか? どっちも大変な時間ですが、個人的には5時AMの方が良いですかね。午前0時は割と普通の時間とも言えますが、過去にはさっぱり繋がらなくて長時間悪戦苦闘して眠れなかったことも。
ただ、競争率は5時AMの方が高い気がします。午前0時の時は、東海岸では午前3時。よほど気合が入った人しか起きて予約しないでしょう。午前5時だと東海岸は午前8時、ぐっと競争率が上がりそうです
まあ、今回は東海岸に配慮してこの時間になったのでしょうね。

 日本は午後9時ですから、予約しやすくなったのではないでしょうか。

昔は、開始時間になってもなかなかストアが開かなかったり、ストアの反応が超悪くてなかなか進めないなんてことも多かったですが、昨今はそういう問題も少ないようです。今回は、5G対応もなかったことで今回は見送る人も多いんじゃないでしょうか。例年よりも、予約は入れやすそうな気がしますが、どうでしょうか。何れにしても、早く欲しい方は開始時間にスタンバイですね。

vintagecomp at 12:08|PermalinkComments(0)

2019年09月12日

iPhone 11, 11 Proの購入代行受付開始しました

9/20発売開始のiPhone 11, 11 Pro, 11 Pro Maxの購入代行受付を開始しました。

iPhonePro

















iPhone 11 購入代行
iPhone 11 Pro 購入代行
iPhone 11 Pro Max 購入代行 

米国モデルのモデルナンバーは、以下のようになっています。
iPhone 11         A2111
iPhone 11 Pro  A2160
iPhone 11 Pro Max A2161

LTEの周波数一覧表を見ると、A2111(CDMA)とA2111(GSM)の両モデルが記載されています。しかし、価格が表示されているページのFAQ欄には以下のように記載されています。
Are there differences between an iPhone for AT&T or T-Mobile and an iPhone for Sprint or Verizon?
AT&T と T-Mobileのモデル、Sprint と Verizonのモデルで違いはありますか?

Regardless of the carrier you choose, iPhone is designed to support AT&T, T-Mobile, Sprint, and Verizon.
どのモデルを選んでも、AT&T, T-Mobile, Sprint, Verizon をサポートしています。

過去、GSMとCDMAモデルに分かれている場合、GSMモデルはCDMA非対応なためSprintやVerizonに対応していませんでした。今回は、4モデルとも周波数対応上同じで、GSMキャリア用とCDMAキャリア用で便宜的にモデルを分けていると思われます。

従って、公式SIMフリーを含めどのモデルでも一括購入であれば実質同じモデルであると思われます。
購入代行の際は、できるだけ公式SIMフリーを手配しますが、品薄で入手できない場合、Verizonを入手する予定にしています。上記予想より、他のキャリア版でも大丈夫と思われますが、Verizon版はCDMAモデルであることが確実で、またSIMフリーであることが鉄板ですので、公式SIMフリーとVerizon版の取り扱いに限定します。

日本モデルのモデルナンバーは、以下のようになっています。
iPhone 11         A2221(CDMA)
iPhone 11 Pro  A2215(CDMA)
iPhone 11 Pro Max A2218(CDMA)

日本のページでCDMAにも対応していますので、CDMA版に間違いありません。ヨーロッパ諸国や豪州等とモデルナンバーは同じですが、例えばイギリスのページを見るとCDMA非対応です。過去もそうでしたので、ヨーロッパ諸国や豪州等はCDMA非対応のGSM版と考えられます。
香港版は、中国モデルと同じで日本とは別モデルになっています。

米国版と日本版の周波数の違いですが、FDD‑LTEのみ若干違いが見られます。

米国版
FDD‑LTE (1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 29, 30, 66, 71)
日本版
FDD‑LTE(1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66)

多くの周波数は共通で、実用上は大きな問題はありません。

気になる技適ですが、モデルが違うため米国版には技適が付いていないと思われます。また、ヨーロッパ諸国や豪州版には技適がついていると思われます。

無印iPadと継続モデルの購入代行については、明日アップデートする予定です。


vintagecomp at 09:21|PermalinkComments(14)

2019年09月04日

iPhone 現行販売モデルの買い時は?

来週9/10にApple Special Event が開催され、新型iPhone が発表される見込みです。 北米版iPhoneの購入代行を行っているVintage Computerですが、春以降新型が出るまではあまり売れなくなります。しかし、新型発売の直前のこの時期、また少々iPhone販売数が盛り返します。
新型が出ると、旧型の販売が終了するため、今の内にというわけです。

今回で言えば、まずiPhone 7, 7 Plusは新型が出ると消えると予想されます。となると、iPhone 8, 8 Plusがベースックモデルとなりそうですが、そうなると256GBが消える可能性があります。iPhone 7も256GBがありましたが、現在は128GBが最大です。
そして、果たしてiPhone XRは残るんでしょうか。残るとすると、カラーの絞り込みがあるかもしれません。そうなると、ベーシックなカラーが残るというのが今までも流れですね。
iPhone XS, XS Maxも、もしかすると512GBが消える可能性もあるかもしれません。
これらは、あくまで予測ですので、確実ではありません。

この辺の判断は、非常に微妙ですね。発表前の今だと確実に手に入りますが、発表後も継続販売されるようだと、値下げされてしまいます。
新型発売後は、継続販売されなければまず手に入らなくなります。
では、状況も分かって手に入れられる、発表後発売前が買い時とも言えそうです。ところが、この時期は在庫限りの販売となり、特に人気のスペックだと売り切れの心配があります。

というわけで難しいのですが、現行品、継続モデルで欲しいモデルがありましたら、上記を考慮の上ご注文ください。

vintagecomp at 08:23|PermalinkComments(0)

2019年05月31日

今更ながらQi ワイヤレスチャージャー

今更ながらですが、Qi対応のワイヤレスチャージャーを使い始めました。AirPowerを待ちに待っていたのですが、とうとう開発断念が発表されました。そこで、ついにサードパーティー製を購入することにしました。本来、ノンブランド品は嫌いで少々高くても有名メーカー製を選ぶのですが、まずは車内で使用できるものを選びました。車内で利用するために、一般的な丸型ではなく長方形のものを探したのですが、FASTPADというマイナーブランド、実質ノンブランド品を選びました。
実際に使ってみると、走行中にずれるためかいまひとつうまく行きません。車内での使用は諦め、ベッドサイドで使うことにしました。

Qi
















いや、思った以上に便利ですね。四角の形状も、ずれることなく置けて良い感じです。こんなことなら、AirPowerを待たずにさっさと買っておけば良かった。
Qi対応のワイヤレスチャージャーには、5W, 7.5W, 10W対応のものがありますが、iPhoneには7.5W対応のものを買うのがお勧めです。10WはiPhoneには対応していないので、5Wでの充電となってしまいます。もちろん、7.5W, 10W両対応なら、将来iPhoneが10Wに対応しても便利に使えますね。
今までワイヤレスチャージャーをなんとなく敬遠していた方もいると思いますが、お勧めですよ。


vintagecomp at 09:42|PermalinkComments(8)

2019年02月02日

iPhone XS, XR が大コケした理由

先日のApple 2019 Q1 決算発表でも、iPhoneの減速ぶりは明白になりました。これまで好調な年、やや停滞気味な年がありましたが、ここまで明白に減速したのはiPhone発売以来初めてだと思います。
新鮮味がなくなったとか色々言われますが、そういう面もあるとは思いますが、一番の原因ではないように思います。これまでも、そんなに代わり映えがしないモデルチェンジなのに、蓋を開ければ大ヒットということは度々ありました。

一番の原因は、やはり価格が高いということだと思います。XS, XS Maxは$999スタートで最高価格モデルでTaxまで入れると$1500越えとなるので、Appleファンでもついてこれないユーザーは多いと思います。
それはAppleも重々承知していたはずで、そのためiPhone XRを用意したわけです。XSと機能的にはそれほど変わりなく、大幅に安いわけですから、コストパフォーマンスはなかなか良いと思います。しかし、このiPhone XRが売れなかったのがAppleの大きな誤算だったと思います。
高価格モデルとコスパモデルの二本立てで、コスパモデルが大コケしてしまったのが今回の不調の実態だと思います。

ではなぜ、iPhone XRが大コケしてしまったのか。「XSと機能的にはそれほど変わりない」、ここに落とし穴があったように思います。
例えば、前年だってiPhone Xはかなり高く、従来モデルと同価格帯のiPhone 8との二本立てでした。今年と同じく、 高価格モデルとコスパモデルの二本立てだったわけです。iPhone 8が高価格モデル回避のお客さんをうまくすくい上げていたと思います。なぜこれがうまく行ったかというと、機能的にもデザイン的にも異なる別モデルだったからです。iPhone Xが高いから妥協したのではなく、ホームボタンがありデザインも異なるiPhone 8が好きだからという気分で買うことができました。iPhone SEを購入した人も、安いからではなくこの小ささが必要だから、ということだと思います。
その点、 iPhone XRはiPhone XSの廉価版という位置付けがあまりに明白すぎて失敗したのではないかと思います。

iPhoneはプレミアム感による所有する喜びがあるので、 単なるコスパモデルとは相性が悪いですね。iPhone 5c の失敗例もありますし。
2019年の新モデルは、どう挽回してくるでしょうか。 

vintagecomp at 06:26|PermalinkComments(0)

2019年01月08日

iOS上のカーソル移動

今回は、iOSのちょっとしたTipsをお届けします。

 iOS上でテキストを修正するために、カーソルを修正場所に移動させるにはどうしているでしょうか。

・テキストの必要な箇所にタップして、移動する。

これが基本ですが今ひとつ狙った場所に入らない場合がありますね。

・テキストの必要な箇所付近をタップしてホールドし、その後必要な場所にスライドする。

これで、大体自在に動かせます。とは言え、トラックパッドのようにもっと自在に動けばいいと思いませんか? その方法があるんです。

・ソフトウェアキーボードのスペースキーを長押しすると、カーソルがをトラックパッドのように自在に動かせる。

英語キーボードはもちろんですが、フリック入力のキーボードでも使えます。フリック入力の場合は、スペースキーが端にあるので、少々使いにくいですけどね。
最近知ったのですが、結構便利です。皆様は知っていましたか? ぜひ試してみてください。 

vintagecomp at 12:10|PermalinkComments(6)

2018年10月27日

iPhone XR 発売日

10/24のエントリーでもiPhone XRの人気について取り上げました。「従来のどの新型iPhoneよりも出足が悪いのは間違いない」と推定しましたが、本日の発売日の状況はどうだったでしょうか。

まずは新装開店のApple Store 渋谷店の模様。なんと、700名の行列! 
蓋を開けて見ると、iPhone XR 大人気なんでしょうか。とは言え、渋谷店はリニューアルオープンの特別な日。 iPhone XR 人気だけではなく、オープン記念Tシャツ狙いの人も多いのかも?

続いて、お宝鑑定団より名古屋栄店の状況です。
なんと、iPhone XRの行列は5名? これはまた少ないですね。どっちが、本来の姿なのか。

そして、当地アメリカの状況。基幹店サンフランシスコ店のレポートです。
 これまた、5名くらい。当地LAも同様の状況です。

いや、あまり人気がないと予想していましたが、これほど人気がないとは。iPhone 8やiPhone SEの初日も行列は少なかったですが、iPhone XRよりもずっと多かったです。

基幹店サンフランシスコ店のレポートでは、行列が短いからと言って不人気というわけではない、とアナリストの声を紹介しています。新し物好きはハイエンド(XS)狙い、多くのお客さんは自分の都合の良い時にコスパの良いモデルを、という傾向は確かにあると思います。

とは言え、この行列の少なさは衝撃的! やっぱり、人気ないんじゃ? Vintage Computerでもご依頼は少なく、今からご依頼いただいていも、早めに入手できると思います。 

iPhone XR 購入代行
iPhone XS 購入代行
iPhone XS Max 購入代行

vintagecomp at 05:06|PermalinkComments(1)

2018年10月24日

iPhone XRは売れているのか?

iPhone XRは、iPhone XSの下位モデルながら、性能的にはiPhone XSとあまり遜色がなく、コストパフォーマンス的には非常に良いと言ってよいでしょう。それだけに、かなり売れるとの予想もありました。
10/19(金)に予約販売が始まったわけですが、その売れ行きはどうでしょうか。

XR




iPhoneの新機種は、従来予約が始まると、当日届けは瞬殺でした。予約開始から数分内にオーダーを完了しないと発売日のお届けは無理で、さらにモタモタしているとすぐに2週間から1ヶ月待ちになってしまいました。iPhone XSではそれほどでもなく、米国アップルストアオンラインでは8時間後の翌朝でも多くのモデルで発売日のお届けが可能になっていました。それでも、それを過ぎると徐々に発売日のお届けはなくなっていきました。さすがに、高価格モデルだけあって瞬殺はなく、iPhone XR待ちの人も多いのではないかと思われました。

iPhone XRは、10/19(金)に予約販売が始まりましたが、10/21(日)でも全モデル発売日のお届けが可能になっていました。ところが10/22(月)、なんと全てのモデルが2〜3週間待ちに。現在も、全モデル一律2〜3週間待ちです。これは何とも不自然です。アップルが売れ行き不振を隠すために操作したのか? あるいは、オンラインの売れ行きが不振なため、店舗により多く供給するようにしたのか。

いずれにしても、従来のどの新型iPhoneよりも出足が悪いのは間違いないと思います。
ちなみに、Vintage Computerの購入代行ですが、元々iPhone XRのご依頼は少なめだろうと予想していました。数万円余分に出しても、シャッター消音が可能なモデルを選ぶわけですから、ハイエンドモデル狙いのお客様が多いのです。iPhone XSでは512GBのお客様がもっとも多く、64GBのお客様はわずか。これは、市場の一般的な傾向からはかけ離れており、iPhone XRのご依頼は少なめと考えていました。
ところが! 少なめの予想よりも、さらに少なめでした。これも、iPhone XR不人気の表れでしょうか。

ここに来て不人気と思われるiPhone XRですが、コストパフォーマンスは非常によい機種だと思います。ご依頼も少ないだけに、早めの入手が期待できます。検討中の方は、ぜひ!

iPhone XR 購入代行
iPhone XS 購入代行
iPhone XS Max 購入代行

vintagecomp at 06:07|PermalinkComments(0)

2018年10月20日

iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー開封品が特価で!

iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー開封品を特価販売中です。(10/21 売約済みとなりました。)

iPhoneXsSV

 iPhone XS 256GB シルバー 米国版SIMフリー(開封品)  179,800円 154,800円

9/25に米アップルストアで購入したものです。開封されており外側の透明フィルムはありませんが、本体の透明フィルムはそのままで剥がされておりません。もちろん、未使用、未アクティベーションです。

通常の購入代行よりも、25,000円もお得になります。もちろん、1台限り!シャッター音が消音できる米国版iPhone XSをご検討中の方、お見逃しなく!

vintagecomp at 04:26|PermalinkComments(0)

2018年10月17日

iPhone XR 米国版SIMフリーの購入代行受け付け開始!

10/19にAppleのWEB予約が開始され、10/26に発売のiPhone XR。もちろん、Vintage Computerではシャッター音が消音、調整できる米国版SIMフリーの購入代行を行います。本日より、受け付け開始しました。

XR












iPhone XR 米国版 SIMフリー 256GB 139,800円
iPhone XR 米国版 SIMフリー 128GB 125,800円
iPhone XR 米国版 SIMフリー 64GB 118,000円

iPhone XSでは発売当初から公式SIMフリーが販売されましたが、 iPhone XRでは当初公式SIMフリーは発売されず、4大キャリア版(Verizon, AT&T, T-Mobile, Sprint)のみです。4キャリア版およびいずれ発売される公式SIMフリー全てA1984の同一モデルで、GSM/CDMA両対応で、ハード上の違いはありません。キャリア版も、キャリア契約なしで一括購入すればSIMフリーとなりますので、お好みのキャリアをご利用いただけます。

今回は、Verizon, AT&T, T-Mobile いずれかのモデルを調達します。同一モデルなので、Sprintでも良いわけですが、過去SIMフリー関係で問題が発生したこともあるので今回は除外します。お好みのキャリアがあれば、お会計欄のコメント欄でご要望ください。ただし、キャリア指定があると当然入手が限られるため、入手が遅くなる場合があります。

購入代行金額はそれなりのお値段になってしまい、高いと感じる方もいらっしゃると思います。Appleの定価の他に9.5%のTaxや諸費用がかかり、発売直後の混雑の中で入手し、継続的に実施するには、この程度の価格が必要なことをご理解いただければ幸いです。

iPhone XRは、今後もiPhone人気が続くかどうかの試金石となるのではないかと思います。

vintagecomp at 05:37|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

iPhone XS, XS Maxは売れているか?

iPhone XS, XS Max ですが、ネット記事では非常に売れているだったり、売れていないだったりとマチマチです。しかし、私がこの3週間弱、米アップルストア店頭に通った経験上、明らかに売れていないと思います。
長時間列に並ぶ必要があったのは、最初の週末だけ。以後は予約システムのおかげもあり、あまり並ぶことはありませんでした。しかし、店頭で申し込むとその時には受け取れず、数時間後の受け取りを指定されたりということはありました。 しかしその仕組みも、先日の日曜日まで。今週からは、在庫さえあれば、即店頭購入できるようになっています。

例年は、少なくとも発売から2ヶ月以上は入手困難で、行列に並ぶ必要がありました。今回は、1週間でその状況は解消された感じです。今や、通常と変わらない店頭状況です。やはり主因はそれほど人気がないためでしょう。以下、2パターンが考えられます。

1. 今年のiPhone人気は低調
2. iPhone XR 狙いの人が多い

現在販売中のiPhone XS, XS Maxは、やはり絶対値として価格が高いですね。$999〜$1449ですが、iPhone 7の時は$649〜$969でした。iPhone 7 Plus 最高値モデルよりもiPhone XSの最安値モデルの方が高いわけです。これではやはり量販は望めませんね。
iPhone XRは $749〜$899 ですから、iPhone 7までの価格帯と同レベルです。iPhone 7からの買い替えが多い年になると思いますが、同価格帯でディスプレイもぐっと大きくなりますので、iPhone XR 狙いの人はかなり多いのではないかと思います。

iPhone XSでは用意されていた米国公式SIMフリーが、iPhone XRでは発売当初は用意されていません。例年、発売後2ヶ月ほどは米国公式SIMフリーは販売されませんでした。アップル自身も、iPhone XSは高価格モデルゆえそれほど数は売れない、売れ筋はiPhone XRと読んでいるのでしょうか。

来週より、 iPhone XRの購入代行受付を開始します。

vintagecomp at 04:28|PermalinkComments(6)

2018年10月03日

Tesla Model 3でワイヤレス充電

Tesla Model 3には、スマホ置き場兼充電スポットが用意されています。コンソール前側に、スマホが2台置けるスペースがあり、Lightning コネクタまたはMicro USB コネクタを設置することができます。コネクタは、専用ケーブルのコネクタ先端が出るようになっており、この下に設置されているUSBポートにさして充電します。USBポートは5V 2Aのスペックです。

Model3P















なかなか気が利いていますが、これiPhoneを挿すのがちょっと難しいです。しかも、ケースを装着しているとかなり挿しにくい。挿さっても、充電が開始されないことも。

我が家もiPhone XS MaxとiPhone Xの2台体制になったことから、これをワイヤレス充電にすることにしました。使用したのはこちら

実体としては、ワイヤレス充電機が2個と、見栄えを良くするためのマットが付属します。早速設置してみました。

TeslaCon












TeslaCon2













予想はしていましたが、 充電機の位置とiPhoneの位置がピッタリと合わないと充電が始まりません。そのため、左側はiPhone XS Maxに合わせて少し高い位置に設置しました。

置く位置にちょっと気を使いますが、それでもケーブルの時よりはずっと楽ですね。それよりちょっと困るのは、ここに置いておくと降りる時につい忘れて置きっぱなしにしてしまうことです。iPhoneがキーを兼ねているので、置き忘れると鍵がかかっていない状態になってしまいます。iPhoneを持って少し離れると、クラクションが軽くなってロックされます。このクラクションを確認すれば、iPhoneの置き忘れもなくて良いのですが、うるさい場所では聞こえにくいのでそのまま離れてしまったことも。もう少し大きい音で鳴ってほしいですね。

vintagecomp at 06:07|PermalinkComments(0)

2018年10月02日

iPhone XS 米国版もFaliCA対応

日本でiPhoneがFaliCAを含むApple Payに対応したのは、iPhone 7からでした。しかし、この時は「日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus」という但し書き付きでした。昨年、iPhone 8, iPhone Xがリリースされると、米国版をはじめとする海外版もFelica対応ということで、大きなニュースになりました。

今年の新機種、iPhone XS, iPone XS Max, iPhone XR も、 iPhone 8, iPhone Xが対応した流れからすると、当然海外版もFelica対応と考えるのが自然です。とは言え、昨年のようなニュースにはなっておらず、その点を明記した記事もほとんどないので、心配される方もいらっしゃるようです。Vintage Computerにもいくつかお問い合わせをいただきました。

結論としては、 iPhone XS, iPone XS Max, iPhone XR もFeliCa 対応で、日本でのご利用も可能です。それを明記してある情報はあるのかというと、あります。

こちらのページの一番下の表をご覧ください。

 Felica




全ての項目で使用できるデバイスの欄に、上のように記載してあります。iPhone 7には「 日本国内で販売された」という但し書きがありますが、iPhone XS, iPhone XRにはその但し書きはありません。
 
というわけで、アップルのお墨付きですのでご安心ください。 

vintagecomp at 08:09|PermalinkComments(8)

2018年10月01日

iPhone XS, XS Max 即納品、最終特価販売中

iPhone XS, XS Max 在庫ありの即納品、最終値下げです。これで売れないようでしたら、これ以上の値下げはなく返品します。

 XS















シャッター音の消音、調整が可能な米国版iPhone。
通常の購入代行よりも2万円以上もお得です。売れても売れなくても、数日中に終了となりますので、お早めに! 

vintagecomp at 09:56|PermalinkComments(0)

2018年09月27日

iPhone XS/Max 即納品、特価販売中

iPhone XS, XS Max 在庫ありの即納品を販売中です。しかも、通常の代行販売よりも特価販売です。

 XS















シャッター音の消音、調整が可能な米国版iPhone。待たずにすぐに発送されて、お買い得。検討中だった方には朗報だと思います。早い者勝ちですので、お早めに!

vintagecomp at 07:32|PermalinkComments(0)

2018年09月25日

iPhone XS 発売後の週末の状況

毎年、iPhone 発売直後のApple Store 店頭はものすごい行列で、端末の入手は困難を極めます。この状態が1ヶ月から3ヶ月も続きます。お客様によっては、1ヶ月以上お待たせすることもあり、心苦しい限りでした。年によって、今回はそれほど人気がないとか供給が潤沢というような予想がされることもありましたが、蓋を開けてみればやはり毎年超入手困難が続いていました。

今回は、初日の9/21はやはり行列も長く、売り切れも続出で、例年よりも多少入手しやすかったものの、やはりほぼ例年通りかという感触でした。ところが、9/22(土), 9/23(日)の週末は順調に入手でき、ご注文分の入手を完了しました。\(^o^)/

いや、こんなこと初めてです。本日9/24(月)に、ご注文品の発送を全て終えました。

というわけで、今後のご注文に関しても早めにお届けできそうです。すぐに欲しいからと敬遠されていた方、ぜひご検討ください。

XS














iPhone XS Max A1921 512GB シルバー 米国版SIMフリー 即納品 228,000円
iPhone XS A1920 64GB ゴールド 米国版SIMフリー 即納品 158,000円
iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

トップページやこちらにお知らせしております様に、関西空港被災の影響で荷物の到着が遅れ気味となっておりますが、少々お待ちください。


vintagecomp at 05:32|PermalinkComments(0)

2018年09月23日

iPhone XS, Max の即納品

発売初日、二日目とiPhone XS, XS Maxの入手に奔走しております。こういう場合どうしても起きるのが、ご依頼いただいた仕様は売り切れながら、他の仕様なら手に入るというケース。そんな場合は、状況によっては余分に入手する場合があります。そんなわけで、以下の在庫が発生しております。

 XS















iPhone XS Max A1921 512GB シルバー 米国版SIMフリー 即納品 228,000円
iPhone XS A1920 64GB ゴールド 米国版SIMフリー 即納品 158,000円

在庫ありですので、ご注文とお支払いの確認ができましたら、即発送可能です。シャッター音を消音できる米国版iPhone Xを、即入手したい方、チャンスです。
すでに、同仕様の商品をご注文頂いている方は、入手済みということでうすので、週明けに発送します。 

vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(2)

2018年09月22日

iPhone XS 発売初日

当地は現在9/21夜、本日はiPhone XS の発売日でした。Vintage Computerでは、購入代行に申し込みいただいたお客様の期待に応えるべく、今年も早朝から並びました。

Morning


























朝6時前でまだ暗いです。この時間でも50番目くらい。例年通り超絶の行列かと思いましたが、その後の延びは例年より鈍かったように思います。
早く買えるかどうかは、行列の長さもさることならが、ストア側の客さばきで決まります。結構行列が長くても、ストアがどんどんお客さんをさばいていけば、行列もどんどん進んで短時間で終わります。この客さばきは、ストアによって大きく差が出ますし、例年全体的にあまり良くなく、無駄に時間がかかっていたと思います。今年はこの点、かなり改善されたように思います。残念ながら、あまり改善されていないストアもあったのですが。

行列の長さも、例年と比べて短かったように思います。以下のような理由が考えられます。

1. XSはあまり革新的な要素がなく、例年ほどの人気がない。
2. XR待ちのお客さんが多い。
3.  行列に並ぶより、オンラインで初日ゲットする人が増えた。

多分どれも正解で、それぞれの理由の結果でこうなったのだと思います。

今回は供給が潤沢で、簡単に入手できるのではないかという予測もありましたが、やはりそれほど甘くはありませんでした。XS Maxは全体に品薄でした。特に新色のゴールドは人気のようで、売り切れ続出。512GBも品薄です。

というわけで、本日も大変ではありましたが、例年以上に入手することができました。明日以降もこの調子でいきたいものです。

vintagecomp at 12:06|PermalinkComments(6)

2018年09月21日

iPhone SE 128GB 最後の1台!

いよいよ明日(当地は現在9/20)、iPhone XSの発売日です。Vintage Computer では購入代行品の端末を確保すべく、明日の発送はお休みとさせていただきます。

新型の発売に伴い、廃止となった旧機種のAppleでの販売も終了となります。iPhone X, iPhone  6s, iPhone SEの購入代行も終了しました。

そんな中、最後の4インチディスプレイのiPhone SE 128GB の在庫品1台限りを販売します。

 iPhoneSESG

















iPhone SE 128GB A1662 米国公式SIMフリー スペースグレイ 69,800円

こちらでもご紹介した通り、販売終了を前にiPhone SE 128GBは売り切れとなっておりました。実は、ご依頼いただき入手済みだったものがキャンセルとなった1台です。

本当に最後のチャンスです! 



vintagecomp at 04:48|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

ディスコンiPhone 入手の最後のチャンス!

今回、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEがディスコンとなりました。継続となったiPhone 8もREDが、iPhone 7もジェットブラックがディスコンとなりました。

これらの機種は、Apple オンラインストアの販売は終了していますが、実店舗の販売は在庫限りで継続中です。 このApple Store 実店舗の在庫販売も9/20までで新型が出る9/21には在庫が残っていても販売終了となるそうです。
もちろん、在庫限りですから売り切れもあるわけで、9/16時点では購入できたiPhone SE 128GBも最寄りのストアでは売り切れとのことでした。やはり最後のコンパクトな4インチiPhoneということで、買い急いだ方が多かったようです。他の多くのディスコン端末も在庫僅少となっているようです。

Vintage Computerでは、販売終了の旧機種の購入代行を現在も継続中です。入手の最後のチャンスということで、結構多くのご依頼をいただいております。今の所、ご依頼分は全て入手できておりますが、今後は売り切れも考えられます。9/19頃には販売終了とする予定です。ご注文いただいても、売り切れで入手できない場合は、申し訳ございませんがご返金となります。

すでに書きましたように、 iPhone SE 128GBについては売り切れのため購入代行も終了しました。ディスコン旧機種をご希望の場合は、お早めにご注文ください。

vintagecomp at 05:58|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

iPhone XS, XRの発売時の公式SIMフリー

日本では常に発売と同時に公式SIMフリー版が提供されていますが、アメリカでは必ずしもそうではありません。というか、通常は2〜3ヶ月遅れて提供されています。
昨年は、iPhone 8は 発売と同時に公式SIMフリー版が提供されましたが、iPhone Xでは発売時には提供されませんでした。要はタマが十分にある場合は最初から公式SIMフリー版を提供し、タマ不足の場合は後日となるようです。

では、今回はどうでしょう。

XSfree














iPhone XS, XS Maxは、プレオーダーのページでSIM-freeを選べるようになっています。初日から公式SIMフリー版を入手可能です。プレオーダー開始の数分以内を逃すと初日受け取りは無理というのが普通でしたが、翌朝になっても初日受け取りが可能でした。流石に今は10/1-10/8となっていますが、例年に比べるとずっと少ない遅れです。どうやら、今回はかなり潤沢に用意しているのではないでしょうか。

XRの価格確認ページです。

XRfree










こちらは、4キャリアのみで SIM-freeは表示されていません。公式SIMフリー版は後日でまず間違いないです。発売を遅らせるくらいですし、当初はかなりタマ不足になりそうです。

というわけで、iPhone XS, XS Maxについては、比較的入手がしやすいと思われます。とは言え、現時点でオンラインで1.5-2.5週間待ちとなっているわけで、それなりに入手困難になるとは思います。米国版購入代行をご依頼の場合は、お早めのご依頼をお勧めします。

iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

iPhone XRについては、かなり入手難になりそうな気配です。iPhone XRについては、プレオーダー開始の数日前より購入代行受付を開始する予定です。


 

vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

iPhone XS 米国版は全て同一モデル

9/13のエントリーで、「米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。」と書きました。 LTE対応周波数の一覧表に、A1920 GSMとA1920 CDMAが記載されていたからです。しかし、これは間違いで、4キャリア版、公式SIMフリー版、 いずれもCDMA対応であることがわかりました。

iPhone XSの販売ページのFrequently Asked Questionsに以下の記載があります。

Are there differences between an iPhone for AT&T or T-Mobile and an iPhone for Sprint or Verizon?
 
Regardless of the carrier you choose, iPhone is designed to support AT&T, T-Mobile, Sprint, and Verizon. If you choose carrier financing from AT&T or Verizon, your iPhone will be tied to your carrier 

AT&T版 T-Mobile版と Sprint版, Verizon版とで何か違いはありますか?

どのキャリアを選んだ場合も、iPhoneは AT&T, T-Mobile, Sprint, Verizon の全てのキャリアをサポートしています。AT&Tまたは Verizonの分割払いを選んだ場合は、SIMロックされています。

 つまりどのキャリア版、SIMフリー版を選んだとしても、全てGSM/CDMA両対応ということになります。では、どれを選んでも全く同じかというと微妙に異なる部分もあります。

気になる、日本で使用する場合の互換性に関しては、全く同じです。米国以外での互換性も同じです。
米国で使用するにあたっては、VerizonのプリペイドSIMに関して差が出ます。これはiPhoneというより VerizonのプリペイドSIM側の制限ですが、新し目のiPhoneで VerizonのプリペイドSIMが使えるのは、Verizon版と公式SIMフリー版のみです。AT&T, T-Mobile, Sprint版は当分の間 VerizonのプリペイドSIMは使えません。というわけで、米国での使用を考えると、Verizon版と公式SIMフリー版が有利です。

そんなわけで、購入代行に関しましては、当初のご案内通り基本的には公式SIMフリー版またはVerizon版を手配します。

vintagecomp at 13:26|PermalinkComments(2)

2018年09月14日

旧モデルの去就

新しいiPhone XS, XS Max, XR が発表されましたが、旧モデルの去就も気になるところです。発表会では、以下のラインナップが公表されました。

Line










旧モデル継続として、iPhone 7, iPhone 8が安くなっています。iPhone 8のRED、iPhone 7のジェットブラックは廃止されました。
そして、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEが消えています。今まで前年のモデルは必ず継続となっていましたが、iPhone Xが消えちゃうんですね。確かに、見た目は変わらないiPhone Xが安くなって継続されれば、XRが売れないってことにもなりかねませんので、理解できます。

 6sがなくなるのは、順当でしょう。そして、意外だったのがiPhone SEの廃止。新型の噂もあったものの実現せず、それでもローエンド端末として残ると思っていたのですが。まー、iPhone 7が$449よりとなると、いかにコンパクトさが売りとは言っても、需要はそれほどないのかもしれません。

というわけで、値段が下がったiPhone 7, iPhone 8は新価格でご注文を受付中です。
iPhone 7 購入代行
iPhone 7 Plus 購入代行
iPhone 8 購入代行
iPhone 8 Plus 購入代行

廃止となった iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEは、すでにAppleのオンラインストアからも消えています。店頭の在庫販売のみとなっています。Vintage Computerでは、あと数日のみ受付を継続します。

iPhone X 購入代行
iPhone 6s 購入代行
iPhone 6s Plus 購入代行
iPhone SE 購入代行

まだ店頭に在庫があると思いますが、もしも無くなってしまったら「ごめんなさい」、となってしまいますのであらかじめご了承ください。


vintagecomp at 03:16|PermalinkComments(2)

2018年09月13日

iPhone XS, iPhone XS Max 予約受付開始!

本日のApple スペシャルイベントで、ついにベールを脱いだiPhone XSとiPhone XS Max。
Appleでは9/14(金)に予約受付開始、9/21(金)に発売となっています。

早速ですが、 毎年好評の米国版SIMフリーiPhone 購入代行の予約受付を開始します。

 XS















iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

今回、米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。(9/15修正 米国版は全てA1920 CDMAであることが判明しました。ハード上は全て同じです。)CDMAの対応有無以外同じです。日本版は今回も独自モデルで、日本版以外に技適は付かないと予想されます。

GSM版 AT&T, T-mobile
CDMA版 公式SIMフリー, Verizon, Sprint

今回は、CDMAの公式SIMフリーまたはVerizonが米国版では最強と考えており、基本的にはこのどちらかを手配します。今回は、公式SIMフリーが発売当初から販売されるようですが、何分発売当初は品薄が予想されますので、両モデルを入手していく予定です。どちらか指定がある場合は、お会計のコメント欄にご要望いただければ対応しますが、入手が遅くなる場合があります。
また、AT&T, T-mobileのGSM版でも良ければ、その旨お会計のコメント欄にご要望ください。入手が早くなることが期待できます。

今回は、512GBがラインナップされ遂に代行価格は20万越えとなってしまいました。購入には、本体価格だけでなく、9.5%のSales Taxもかかり、入手困難な中店頭に長時間並んで入手することとなります。ご理解いただけますと幸いです。




vintagecomp at 11:27|PermalinkComments(21)
プロフィール

Harry

Archives