iPhone

2020年11月26日

iPhone 12 mini が入荷!

まだ数えるほどしか販売できていないiPhone 12 mini ですが、本日ブルーが入荷しました。これで、わずかな台数ながら、Pro, Pro Max, mini が勢揃いしました。

iPhone12miniBl















iPhone 12 mini 256GB 米国版ブルー 134,800円
iPhone 12 Pro Max 512GB 米国版ゴールド 209,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー
 194,800円 174,800円

明日11/26(木)は感謝祭のためほとんどの米国企業はお休みとなり、Vintage Computerもお休みです。11/27(金)も多くの企業がお休みで例年お休みとしていましたが、コロナでどこかに行くこともないので発送対応をする予定です。

vintagecomp at 10:08|PermalinkComments(2)

2020年11月25日

iPhone 12 Pro Max 512GB ゴールド入荷!

iPhone 12 Pro Max の入手は苦戦中ですが、本日2台入荷しました。また、昨日iPhone 12 Pro 512GB パシフィックブルー最終価格のご案内をしましたが、表示金額が間違っておりました。改めてご案内します。
iPhone12Pgd

















iPhone 12 Pro Max 512G 米国版ゴールド 209,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー
 194,800円 174,800円

やはりオンラインでの手配は制約が多く苦戦中ですので、次回はいつになるか。iPhone 12 Proは2万円引き、当分入荷はないと思いますので、是非ご検討ください。

vintagecomp at 10:05|PermalinkComments(0)

2020年11月24日

iPhone 12 Pro パシフィックブルー最終特価!

11/16入荷のiPhone 12 Pro パシフィックブルーですが、まだ在庫として残っております。最終特価で販売します。

iPhone12Ppb

















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円 174,800円

現在は、iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 mini の入手に注力しております。当面、これが最後のiPhone 12 Proの販売となりますので、iPhone 12 Proを狙っている方はぜひお早めに!

vintagecomp at 12:17|PermalinkComments(0)

2020年11月19日

本日のiPhone 12 Pro

iPhone 12 Pro パシフィックブルーが2台入荷しました。Proは前回入荷分、売れるのにちょっと時間がかかりました。今回は、最初から特価で放出です。
またPro Max 1台のみ放出!
iPhone12Ppb

















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円 184,800円
iPhone 12 Pro Max 512GB 米国版グラファイト 209,800円

追加入荷を目論んでいるものの、苦戦中です。

 

vintagecomp at 08:59|PermalinkComments(0)

2020年11月17日

ダイエットしなきゃ!

お陰様で、iPhone 12 Pro, Pro Max, mini いずれも在庫品は完売。明日、iPhone 12 Proが少量入荷予定ですが、以後の入荷は未定です。今後も入荷の努力を続けますが、しばらくは入荷は厳しくなりそうです。

私はと言えば、iPhone 12 Pro Max にしました。毎年新型iPhoneに買い替えてきましたが、昨年初めてiPhone 11をスキップして、Xs Maxを2年使いました。満を持してのiPhone 12 Pro Max です。
今使用しているXs Maxですが、こんな状態です。

512GB2




いつの間にこんなに!これは、ダイエットして余裕を持たせてから移行した方が良いですよね。そんなわけで、まだ移行していません。
これまで、そろそろ容量が窮屈になってきたと思っていたら、絶妙に新型iPhoneの容量が大きくなっていました。32GB、64GB、128GB、256GB、512GBと倍々で増えたので、窮屈だったのが新型では余裕だったので、特に整理することなくきていました。不要な写真や動画はたくさんあるのですが、まずは動画からスリム化しようと思います。どこまでできるか。とりあえず今回は、それで凌ぎますが、来年は1TB出るのでしょうか。
 

vintagecomp at 14:51|PermalinkComments(0)

2020年11月16日

iPhone 12 mini 少しだけですが...

確保できたのは、わずか4台。ホワイト、ブルー、ブラックです。 

Screen Shot 2020-11-15 at 2.43.37 PM

















iPhone 12 mini 256GB 米国版SIMフリー 134,800円

ガードが固くて、なかなか入荷が厳しい状況です。わずかな台数ですので、ご注文が殺到する可能性があります。早い者勝ちなのですが、ショッピングカートの仕様上、ほぼ同時のご注文の場合在庫数以上にオーダー受付されてしまう場合があります。今後の入荷も不透明ですので、もしそのようなことが起きた場合は、ご連絡の上ご注文、お支払いを取り消しさせていただきます。ご容赦ください。

vintagecomp at 13:01|PermalinkComments(5)

2020年11月15日

iPhone 12 Pro 512GB パシフィックブルーが特価!

iPhone 12 Pro Max 昨日より全色揃えて販売開始しましたが、現時点でグラファイトが2台残るのみとなりました。次回入荷は、しばらくないかもしれませんので狙っている方はお早めに。やはりパシフィックブルーが人気で、瞬殺で売れてしまいましたね。

iPhone 12 Pro ですが、その人気のパシフィックブルーが1台残っております。1万円引きでご提供します。
iPhone12Ppb

















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円 184,800円

iPhone 12 Pro は、あと1回入荷が確定していますが、以後はしばらく入荷が難しいと思います。Pro狙いの方はぜひ!
miniはほんの数台の予定です。日本時間11/16午後2時ごろ販売開始の予定です。

vintagecomp at 10:20|PermalinkComments(0)

2020年11月14日

iPhone 12 Pro Max販売開始

本日(当地11/13)は、iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniの発売日。今回、iPhone 12 Pro の履歴もありかなり苦戦しましたが、なんとか確保しました。
日本時間、11/14(土)午後2時より販売開始します。

Screen Shot 2020-11-13 at 8.00.56 PM
















iPhone 12 Pro Max 512GB 米国版SIMフリー 209,800円

miniはさらに苦戦でごくわずかしか入手できませんが、日本時間11/16(月)に販売開始予定です。

追記:販売開始直後に、パシフィックブルーは瞬殺となりました。当面、 パシフィックブルーの入荷はなさそうです。他の色をご検討頂ければと思います。


vintagecomp at 13:08|PermalinkComments(3)

2020年11月07日

iPhone 12 Pro 512GBパシフィックブルー入荷、特価のシルバーも改めて

今朝は、朝5時からiPhone 12 Pro MaxやiPhone 12 miniの確保のために早起きしました。
本日は人気のパシフィックブルーが入荷しました。シルバーの特価品のお知らせを昨日しましたが、このブログでお知らせした価格と、販売ページの価格が異なっていました。これじゃ売れるはずない😓 販売ページの価格、修正いたしました。

iPhone12Pro



















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円 179,800円

iPhone Proの確定している入荷予定は、後1回のみ。今後は、iPhone 12 Pro MaxやiPhone 12 miniの入荷に重点を置くため販売数も限られますので、お早めに。


vintagecomp at 10:23|PermalinkComments(0)

2020年11月06日

iPhone 12 Pro A2341 512GB シルバー を限定特価!

iPhone 12 Pro は入荷すると即売り切れとなっていましたが、その中でやや売れ行きが鈍かったのがシルバー。他の色が瞬殺で売れていくのに対し、出遅れていました。それでも、数回の入荷で売れておりましたが、1週間前に入荷したシルバーが、売れずに残っております。そこで、特価販売を行います。

iPhone12Psv

















iPhone 12 Pro A2341 512GB シルバー 米国版 194,800円 179,800円 

今回、シルバーが売れ残ってしまったため、今後シルバーの買い付けはしないつもりです。当面、シルバー入手の最後のチャンスになると思いますので、シルバーが好きな方はぜひ。

他の色は堅調に販売しておりますが、今後は後2回ほどの入荷予定がありますが、その後は Maxの入荷に重点を置きますので、今後の入荷は限られます。入荷情報をお見逃しなく!

そういえばMaxは、当地の明日の朝5時にプレオーダー開始です。しっかりと、確保せねば! 

vintagecomp at 09:40|PermalinkComments(4)

2020年11月02日

iPhone 12 Pro 256GB 初入荷!

10/15「米国版iPhone 12販売方法」で、入手対象は512GBのみにするとお知らせしておりました。今回機会がありましたので、256GB初入荷です。次は当面ないかもしれません。

iPhone12Pro


















iPhone 12 Pro 256GB 米国版 グラファイト 164,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 グラファイト 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円

512GBも若干在庫あり。ここまで割と順調に入荷してきましたが、今後入荷頻度が下がる見込みです。さらにiPhone 12 Max, iPhone 12 mini が発売になると、しばらく入荷は難しくなると思われます。狙っている方は、お早めに!

vintagecomp at 10:22|PermalinkComments(2)

2020年10月31日

iPhone 12 Pro 512GB 3色販売中

本日も少数入荷がありました。これで、ゴールドを除く3色が揃っています。

iPhone12Pro



















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 グラファイト 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円

2日に1回以上は入荷しておりますので、この調子なら購入はいつでも大丈夫と思われるかもしれません。しかし、今後入荷頻度が下がる見込みで、さらにiPhone 12 Max, iPhone 12 mini が発売になると、しばらく入荷は難しくなると思われます。狙っている方は、お早めに!

vintagecomp at 07:27|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

本日もiPhone 12 Pro 入荷!

本日も入荷しました。人気のパシフィックブルーが入荷しています。
iPhone12Pro




















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円

カメラシャッター音の消音、音量調整が可能です。技適はつきませんので、ご理解の上お買い求めください。
今回も入荷台数は限られておりますので、早期の売り切れが予想されます。今後も少しずつ入荷予定ですので、ご注目ください。
 

vintagecomp at 08:20|PermalinkComments(0)

2020年10月27日

iPhone 12 Pro ゴールド初入荷!

本日も、少数ですが入荷しました。初登場のゴールドが入荷です。

iPhone12Pgd
















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 ゴールド 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円

ゴールドは他の色ほどは人気がないと予想されるため、今回買い付け対象からは外していました。とは言え、それなりに人気はあるので、今回の入荷となりました。
人気の新色パシフィックブルーも入荷です。
すぐに売り切れてしまうと予想されます。お早めに!

vintagecomp at 10:24|PermalinkComments(0)

2020年10月25日

本日も少数入荷!

本日も、少数ですが入荷しました。
iPhone12Pro



















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 グラファイト 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円

すぐに売り切れてしまうと予想されます。お早めに!

vintagecomp at 09:03|PermalinkComments(0)

2020年10月24日

iPhone 12 Pro 米国版販売開始!

昨日の予告通り、iPhone 12 Pro 米国版販売を開始します。

iPhone12Pro



















iPhone 12 Pro 512GB 米国版 グラファイト 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 シルバー 194,800円
iPhone 12 Pro 512GB 米国版 パシフィックブルー 194,800円

カメラシャッター音の消音、音量調整が可能です。技適はつきませんので、ご理解の上お買い求めください。
毎回、AppleCare+のご提供を行なってきましたが、今回新型コロナ対応の手配方法のためご提供できません。日本でもAppleCare+の加入は弊社購入日より30日以内であれば可能です。ただし、AppleCare+をご利用の際は、日本での保証対応になり弊社ではサポートできません。

今回の入荷台数は限られておりますので、早期の売り切れが予想されます。また、近日再入荷予定ですので、ご注目ください。


vintagecomp at 12:00|PermalinkComments(6)

2020年10月23日

iPhone 12 Pro 米国版の販売は明日から!

から!この記事を書いている今、米国西海岸はまだ10/23です。明日10/23がiPhone 12 Pro発売日ということで、iPhone 12 Pro 米国版の販売も明日から開始します。

開始時間は、日本時間10/24(土)お昼の12時頃からです。

今回は、10/15の記事でもお知らせした通り、512GB Graphite, Silver, 新色のPacific Blueに絞って販売します。価格は、iPhone 11 Proの時よりも少し安い194,800円です。他に税金(個人輸入の場合6% 11,688円)、日本向け送料1,800円が必要となります。

初日に入ってくる数量はわずかです。以後も続けて入荷の予定ですので、初日に買えなかったとしても、めげずにサイトやブログをご確認ください。
 

vintagecomp at 12:21|PermalinkComments(0)

2020年10月17日

決戦の金曜日、結果は?

10/16はiPhone 12予約開始の決戦の日、皆様結果はいかがだったでしょうか。こちら米国西海岸では早朝5時の開始。4:30に起きてスタンバイしました。日本では夜の開始になったので、予約しやすかったと言う方が多かったのではないでしょうか。
いつも思うのですが、開始時間ぴったりには始まらず、数分遅れますよね。この時間がもどかしいと言うか、嫌いです。時間通りに始まらないものでしょうかね。

予約開始から10時間あまり経ちましたが、最初は発売日の10/23にお届けとなっていたのが、現時点でiPhone 12 Pro 512GB Graphiteで11/3-11/6、Silverで10/30-11/3、Goldで11/3-11/6、新色のPacific Blueで11/6-11/13となっています。 やはり新色のPacific Blueが人気のようです。例年予約殺到ですぐに1ヶ月以上先の予定になることもありましたが、今回はそれほどでもないようです。これは、玉が多いからか、コロナ禍で財布の紐がキツくなっているせいか。

Vintage Computerとしては、十分とは言わないまでも、想定していた数は確保できました。 発送されるまで、油断はできません。
実際に入荷してからの販売となりますので、よろしくお願いいたします。 

vintagecomp at 07:42|PermalinkComments(0)

2020年10月16日

決戦は金曜日

iPhone 12発表されたばかりですが、いよいよ先発のiPhone 12 とiPhone 12 Proが10/16(金)予約受付開始です。これを書いている今、10/15の夕方ですが、西海岸時間で明日の朝5時に開始です。ずっと午前0時に開始の時代が長かったのですが、最近は朝5時ですね。おそらく、東海岸の不満が大きかったんじゃないでしょうか。
西海岸の0時なら、東海岸は午前3時、予約のために起きているのはなかなか辛い時間です。今回は西海岸は早朝5時、東海岸は朝8時。どっちにしても微妙な時間な気はしますが。

いずれにしても決戦の金曜日、 できるだけ確保できるよう頑張ります。

vintagecomp at 08:56|PermalinkComments(4)

2020年10月15日

米国版iPhone 12販売方法

毎年、新型iPhoneの米国版の購入代行を行なっております。全機種の購入代行の受付を行い、ご依頼いただいたスペックの商品を確保し販売していました。それを可能にしていたのが、ロサンゼルスの地の利の良さです。ロサンゼルスは世界でも稀に見るアップルストアの密集地帯です。Vintage Computerからアクセス可能なアップルストアは10数店舗。1人2台までの制限がありますが、各ストアで購入することで端末の確保が可能になります。もちろん、発売開始直後は長い行列で大変な作業になりますが、ともかくも数を集めることが可能でした。
今年は、コロナ禍で行列に並んでの購入が不可能です。事実上、オンラインで確保するしかないと思われます。オンラインも1人2台までで、多数の端末を確保することが困難というか不可能です。 そこで、今回は売れ筋商品に絞って商品を確保し、確保できた分を販売することとします。

売れ筋商品ですが、iPhone 12 Pro,  iPhone 12 Pro Max, 続いてiPhone 12 mini だと予想しています。無印iPhone 12は売れ筋から外れます。ここで言う売れ筋とは、あくまでVintage Computer での販売に関してです。これまで、多数のiPhoneの購入代行を行いましたが、無印iPhone 12の前身であるiPhone XRや無印iPhone 11は、ごくわずかなご依頼しかいただきませんでした。そこで、無印iPhone 12は今回は販売対象から外します。
過去、初代iPhone SEのような小さくて高性能な端末は結構な人気でした。そこで、iPhone 12 mini も対象にしたいところですが、Proシリーズほどの人気ではないと見ています。iPhone 12 Pro Maxと同時発売ですので、Maxの状況を見ながら可能であれば確保すると言うスタンスで臨みます。
従って、今回は iPhone 12 Pro,  iPhone 12 Pro Maxを中心に確保していく予定です。

容量については、最大容量に絞りたいと考えています。これまでも、ご依頼の8割ほどは最大容量となっていましたので、この際最大容量に絞ります。
色については、ProについてはGraphite, Silver, 新色のPacific Blueを優先して確保します。この辺は、入荷時期なども考慮して入手の早そうなものを優先します。

以上のような方針で端末を確保し、確保できた分から順次販売します。従っていつ販売できるかわからない面がありますが、ご注文が完了しましたら、すぐに発送できることになります。

需要が一段落したり、アップルストアでの販売が通常に戻った場合は、従来の全機種予約受付を開始することになりますが、当面は上記の販売方法となります。当面販売対象から外れる機種については、来年年明けくらいに対応可能になるのではないかと予想しています。
まずは、10/23発売のiPhone Proからになります。

iPhone 5sの頃は、今回のように先に端末を確保してから販売する方式を取っていました。販売開始したら、早い者勝ちです。発売後しばらくは、すぐに売り切れていましたね。入荷のお知らせは、このブログでも行いますので、狙っている方は注目ください。

と言うわけで、今回は入荷後の販売で早い者勝ちとなります。予約のご要望をいただいても、対応できませんので、ご理解のほどお願いいたします。 

vintagecomp at 14:45|PermalinkComments(2)

2020年10月14日

iPhone 12発表!

遂に発表されました。

iPhone12Pro









機種的には
iPhone 12 mini (5.4") 、iPhone 12 (6.1”)、iPhone 12 Pro (6.1")、iPhone 12 Pro Max (6.7") の4機種。噂通りminiも出ましたね。SEよりも筐体は小さく画面サイズは大きいということで、注目されそうです。

当然ながら満を辞して5G対応。MagSafe、LiDARスキャナ、A14 Bionic、カメラが大幅進化、 辺りが注目ポイントでしょうね。個々の注目ポイントは色んな所で解説されているので、ここではやはりVintage Computerならではの観点から。
毎年米国版の購入代行を承っているので、日本のキャリアが使用している周波数に米国版が対応しているのかという点に注目しています。ここ数年は、日本版と北米版は別機種になっており、LTE周波数に若干の違いはあるものの、ほぼ網羅しており実際購入いただいたお客様にもご満足いただいております。今回は、5Gも加わるのが注目点です。

周波数は、こちらに掲載されています。 

北米版はイベントでも言及されていたミリ波(n260, n261)に対応。その他は日本版と同じです。つまり、北米版は日本版が対応する5Gの全周波数に対応しています。
LTEに関しては、日本版にあるバンド11、21非対応となります。iPhone 11と比べ非対応周波数は減っており、より日本での利用に適していると言えます。
(10/15追記:とは言え、日本んでの利用に問題はないのかという質問をいただきました。初代iPhone SE 日本版はバンド11、21非対応です。初代iPhone SE 日本版の販売終了は2018年、まだまだ使用されている方も多いでしょう。周波数面からの心配はほぼ不要だと思います。)

今回ちょっと驚いたのが、日本版とカナダ版が同じになっていること。 カナダ版が入手できれば最高ですが、お隣の国とは言えVintage Computerからは遠く離れており調達は不可能ですね。
5Gに関しては万全、LTEもiPhone 11よりも対応度アップということで、ほとんど問題ないと思います。

iPhone 12とiPhone 12 Pro は10/16より予約受付開始、10/23に発売、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11/6予約受付開始、11/13発売です。例年なら、今日にでもiPhone 12とiPhone 12 Proの購入代行受付開始とするところですが、新型コロナが立ちはだかっています。
こちらのアップルストアは、つい先日営業再開したばかりです。再開したと言っても、定員の25%まで、ネットで商品を予約してストア受け取りも受け付けていません。例年のように、店頭で行列に並んでという販売方法はないと思われます。
事実上オンラインオーダーで確保するしかありませんが、これだと限られた数しか確保できそうにありません。そこで、売れ筋のスペックを手配し、実際に確保できた分を販売という方法を取ることになりそうです。
詳しくは、明日のブログで発表する予定です。 

vintagecomp at 09:16|PermalinkComments(7)

2020年09月01日

9月といえば新型iPhoneだが

9月になりました。例年9月といえば、新型iPhoneの発表・発売の時期になります。色々と騒がしくなる時期ですが、今年は例年とは様子が異なります。言うまでもなく、新型コロナの影響で、発売が遅れる見込みです。これは噂情報ではなく、第3四半期決算の際に「数週間遅れるだろう」と異例の発表をしています。
9月末に発表で、10月前半にiPhone 12、10月後半に iPhone 12 Pro という噂があるものの、発表は10月、 iPhone 12 Pro の発売は11月にずれ込むという噂もあります。

iPhone 12は5.4インチ、6.1インチ、 iPhone 12 Pro は6.1インチ、6.7インチの4機種になるという噂は一致しており、ほぼ間違い無いでしょう。目新しくて注目なのがiPhone 12 5.4インチですね。iPhone SE 2 4.7インチよりも筐体は小さくなるはずです。これは小さくて高性能スマホを望んでいる方には待望の機種になるかもしれません。反面、まだ新型とも言って良いiPhone SE 2 は、安いだけが取り柄になってしまいそう。ちょっとラインナップとしてアンバランスな気がします。

もちろん5G対応で、これも遅れの原因になるようですね。私は、過去全機種発売直後に購入してきましたが、昨年のiPhone 11で初めてスキップしましたが、今年はもちろんiPhone 12 Proを購入するつもりです。

米国版購入代行をご提供してきたVintage Computerとして気になるのが、Apple Store実店舗の状況です。現在、近隣のApple Storeは軒並み閉店中。10月になれば開店するかもしれませんが、この調子だとピックアップのみとなるのではないかと思われます。例年、Apple Store実店舗を梯子して調達しますが、iPhone SE 2 同様オンラインのみの調達となりそうな気配です。オンラインの場合、多数の端末を手に入れるのは難しいので、販売方法も例年とは変更することになるかもしれません。

vintagecomp at 11:11|PermalinkComments(0)

2020年06月19日

Apple Store ついに開店

Apple Store の実店舗、3月中旬より新型コロナ対応で、ずっと閉店していました。開店状況は、アメリカ内でも地域により異なるのですが、お隣のオレンジカウンティでは、先週から開店していました。オレンジカウンティは、各店舗の解禁がロサンゼルスカウンティよりも早く、経済再開に積極的です。
対して、Vintage Computerの所在する ロサンゼルスカウンティは、経済再開に慎重で先週末の時点では1週間先まで閉店予定となっていました。ところが、今週(多分6/16から?)ついにロサンゼルスカウンティも再開しています。ただし、午前11時から午後7時までの時短営業です。また店舗内の人数制限、マスク着用、検温、ソーシャルディスタンシング、クリーニングが行われています。Apple Storeはいつも満員状態でしたから、もしかして入店の行列ができているのでしょうか?

Storeの体制はまだ整っていないようで、WEBで確認するとiPhoneなどの製品の受け取りはできないようになっています。新型のiPhone SEなどは、発売からずっとWEBのみの販売のみだったわけですが、中国からの配送で到着までかなり時間がかかっていました。ここに来て、ようやくカリフォルニアの配送センターに在庫ができたようで、1〜2営業日で到着するようになっています。これなら、実店舗よりもよっぽど良いかもしれませんね。 

vintagecomp at 13:36|PermalinkComments(0)

2020年06月06日

アップルストア未だ閉店中、iPhone SE 取扱中!

新型コロナ騒動の’最中に発表されたiPhone SE 2nd Gen。アップルストアは閉店中、Vintage Computerはi対新型コロナ支援キャンペーン中という、特殊な状況での購入代行開始となりました。

Vintage Computerの所在するロサンゼルスカウンティーのApple Storeは、いまだ開店予定は発表されていません。お隣のオレンジカウンティーはやや規制が緩くなっており、先週は一時的に再開されていましたが、暴動の影響でしょう、また閉店となってしまいました。開店後も、入店規制、 時間短縮っとなっていますので、どれだけ正常通りになるかは未知数です。当面はまだオンラインでの手配となりそうです。
また、対新型コロナ支援キャンペーンは全商品10%引きとさせていただいていましたが、iPhone SEだけは新型で難しい状況での手配ということで、対象外とさせていただきました。具体的には本来の価格より高い94,800円に設定し、10%割引後に本来の価格帯になるようにしていました。
この度、本来の価格帯に戻しました。


SE2





















iPhone SE 256GB 米国版SIMフリー  84,800円


vintagecomp at 07:34|PermalinkComments(0)

2020年04月26日

iPhone SE 即納在庫品1台あり!

iPhone SEの購入代行、好評です。
基本的には、受注後の手配とさせていただいいます。今手配した場合、5/13-5/20の到着予定となっています。結構先ですね。
そんな折、在庫品が1台のみ発生しました。キャンセルが出たためです。

iPhoneSE2RD




















iPhone SE 256GB レッド 米国版SIMフリー即納 94,800円 85,320円 

1台限り、早い者勝ちです。(4/27追記:売約済みとなりました)

vintagecomp at 08:56|PermalinkComments(5)

2020年04月18日

iPhone SE 受付開始

iPhone SE のオンライン予約受付が4/17に開始されました。お陰様で、購入代行も多数承っております。いつもは、発売日に並んで大変な思いをして入手するのですが、今年はApple Store実店舗が閉鎖中でオンラインのみの販売です。
以前はずっと西海岸時間の0時からでしたが、昨秋から変更されて朝5時からになっています。早起きしてオーダーしました。最大のネックはオンラインは一人当たりの台数2台の制限があること。まあ、工夫してオーダーしており、ご依頼分は発注しました。

発売日は4/24ですが、半分以上のご依頼分は4/24配達予定となりました。よくiPhoneのニューモデルは瞬殺で1分遅れただけで発売日の入手はできなくなったりしますが、そこまではなかったですね。しかし、一部のご依頼分は5/4〜5/6となりました。やっぱり人気は高いと思います。

初代のiPhone SEの際は、本当にたくさんのご依頼をいただき、入手難でかなり苦労しました。発売初日は順調に入手できましたが、その後の供給が細くて苦労しました。在庫ありの情報を見つけて、200km離れたApple Storeまで足を伸ばしたことも。他のどのモデルよりも遠征して入手したモデルでした。

第二世代は、Apple Store実店舗が閉鎖中という異常事態で、今後どうなることやら。

vintagecomp at 07:51|PermalinkComments(0)

2020年04月17日

iPhone SEの長所と短所

噂に出ていた段階では、それなりに需要はあるだろうけど、それほど魅力的とは思えませんでした。そして、発表された内容はほぼ噂通り。出てみると、実に魅力的です。なんと言っても安い!iPhone 11と同じ A13 Bionic CPUで$399、256GBでも$549は画期的。ここまで安くしてくるとは思いませんでした。旧モデル継続のiPhone XRは、A12 CPUで128GBで$649。このコスパのよさは、ブッチギリです。

iPhone SEの長所と短所を考えてみました。
長所
1. コスパ最高。性能も十分高い。
2. iPhoneの現役モデルで一番コンパクト
3. ホームボタンがある。(iPadとUIが統一されている)

短所
1. iPhoneの現役モデルで画面が一番小さい
2. カメラレンズが一つ
3. この時期の発売で5G非対応

短所の1は、長所の裏返しですね。カメラレンズが一つなのは、この価格なら納得。カメラにこだわりのある人なら上位モデルでしょうが、そうでなければiPhone SEですね。
5G非対応は上位モデルのiPhoneでも非対応なので、短所というには酷ですが、この秋のニューモデルは5G対応とみられるので、 5Gに期待している人は対象外でしょうか。

しかし、iPhone XRはもう売れないでしょうね。秋を待たずにディスコンになるのでは無いでしょうか。



vintagecomp at 12:38|PermalinkComments(0)

2020年04月16日

iPhone SE が発表!

噂されていたiPhone SE が発表されました。4月17日よりオンラインの受付開始、4/24発売です。
事前の噂では、iPhone SE2やiPhone 9の名前が上がっていましたが、 iPhone SEとなりました。モデルを特定する名称は、 iPhone SE 2nd generationです。噂通り、iPhone 8と同様の筐体、サイズで、A13 Bionicを搭載しています。
注目はなんと言っても価格、$399, 44,800円〜となっています。最新のハードで、この価格は魅力ですね。

さて、新型iPhoneと言えばVintage Computerでは購入代行ですが、今回はちょっと通常とは状況が違います。現在、Apple Storeの実店舗は閉鎖中で、再開時期は未定です。従来は、ほとんど実店舗で調達していました。新型iPhoneは、一人2台の台数制限があるためです。オンラインでの手配は、一人2台で終了。実店舗も1人2台の制限がありますが、別店舗に行けばまた2台購入できます。日が変われば、また同じ店舗で2台購入可能です。ロサンゼルスはApple Storeの密集地で10店舗以上の実店舗にアクセス可能です。その手が今回は使えません。
オンラインのみとなった今回も、やはり2台の制限があるのかどうか不透明ですが、やはり従来通りの調達は難しいと思われます。また、注文できたとしても、入荷は遅くなることも予想されます。

そこで、今回は当面購入代行を256GBのみに絞らせていただきます。
また、ご注文をいただきオンラインで注文、そして入荷予定をお知らせします。お客様から注文継続を確認後、課金します。課金後のキャンセルはできませんので、ご注意ください。
現在、対コロナ支援セールで1万円以上10%引きとなっておりますが、本品は対象外とさせていただきます。ただし、本品のみ10%引きしない設定にはできませんので、10%分上載せした表示価格にさせていただきます。

SE2





















iPhone SE 256GB 米国版SIMフリー 94,800円 85,320円

 

vintagecomp at 09:03|PermalinkComments(0)

2020年04月04日

廉価版新iPhoneは、iPhone SE?

米Appleのサイトに、BelkinのiPhone 8/7用スクリーンプロテクター
「Belkin InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone SE / 8 / 7」
の名称で掲載されていたとMacお宝鑑定団Blogが報じています。 現在は、元の
「Belkin InvisiGlass Ultra Screen Protection for iPhone 8 / 7」
に戻っています。

近々、iPhone 8の筐体を使用し 、A13 Bionicチップを搭載している新型iPhoneが発表されると噂されています。名称はiPhone SE 2またはiPhone 9と噂されていましたが、iPhone SEとなるということでしょうか。 iPhone SE (2nd Gen) というふうになるんでしょうね。

工場や、サードパーティーから新名称が漏れてしまうことは時々ありますが、お膝元の米Appleから漏れるというのは珍しいですね。それだけに、信憑星が高いかもしれません。
しかし、なぜこのタイミングでこの情報が出てしまったのでしょう。おそらくは、新型コロナ対策で発表、発売が延期されたために、元々準備していた情報が出てしまったのではないかと思います。
また、この遅れが製造の遅れに起因するのか、マーケティング上のものかが気になるところですね。 製造の遅れだったら、中国の製造は正常化しつつありますので、準備出来次第発売となるのでしょう。
あるいは、 新型コロナの影響でせっかくのニューモデルが注目されないということから、落ち着くまで見送りになった可能性もあると思います。この場合は、延期が長引く可能性もありそうです。

先だって、iPad Pro、MadBook Airのニューモデルが出ましたが、初速はどうだったのでしょうか。やはり、だいぶ落ち込んでいるのではないでしょうか。 


vintagecomp at 07:19|PermalinkComments(0)

2020年03月13日

iPhone 9の発表、発売が延期に?

engadgetに「iPhone SE2(仮)と3月末のアップル新製品発表イベント、どちらも延期決定か」の記事が掲載されています。
3月末にiPhone SE2ないしiPhone 9(同一デバイスの仮称)が発表されるとの噂が高かったのですが、新型コロナウィルスの影響で、 発表、発売ともに延期としています。
ちなみに、 engadgetのタイトルはiPhone SE2(仮)ですが、Vintage ComputerはiPhone 9と予想しているのでタイトルはiPhone 9にしました。iPhone 9の内容は、iPhone 8と同じ筺体形状、ディスプレイサイズも同じ、Touch ID内蔵のホームボタン付きで、iPhone 11シリーズと同じA13プロセッサおよび2GB/3GBメモリを搭載と噂されています。この内容で、iPhone SE2と呼ぶのは無理があるのではないでしょうか。iPhone 9の方がしっくりくると思います。ただ、現行がiPhone 11なのにiPhone 9では、古い感じがしてしまうので、別名になるかもしれません。

先週には新製品発表イベントは中止になり、発売は予定通りとの噂もありましたが、生産に遅れが生じているというのも、最近の情勢では無理からぬこと。
元々、開催自体を発表していないので、発表会の延期や中止のアナウンスはないでしょう。新スケジュールが決まってから発表となるでしょうが、今はApple自身先が見えないのではないかと思います。

こちらアメリカ西海岸では、先週までは開催されるイベントも多かったのですが、今週になりほとんどのイベントが中止となっています。私が楽しみにしていた今月後半の2つのイベントも中止が決定しました。やむを得ませんが、残念ですね。

vintagecomp at 12:50|PermalinkComments(0)
プロフィール

Harry

Archives