iPhone

2018年09月23日

iPhone XS, Max の即納品

発売初日、二日目とiPhone XS, XS Maxの入手に奔走しております。こういう場合どうしても起きるのが、ご依頼いただいた仕様は売り切れながら、他の仕様なら手に入るというケース。そんな場合は、状況によっては余分に入手する場合があります。そんなわけで、以下の在庫が発生しております。

 XS















iPhone XS Max A1921 512GB シルバー 米国版SIMフリー 即納品 228,000円
iPhone XS A1920 64GB ゴールド 米国版SIMフリー 即納品 158,000円

在庫ありですので、ご注文とお支払いの確認ができましたら、即発送可能です。シャッター音を消音できる米国版iPhone Xを、即入手したい方、チャンスです。
すでに、同仕様の商品をご注文頂いている方は、入手済みということでうすので、週明けに発送します。 

vintagecomp at 09:46|PermalinkComments(2)

2018年09月22日

iPhone XS 発売初日

当地は現在9/21夜、本日はiPhone XS の発売日でした。Vintage Computerでは、購入代行に申し込みいただいたお客様の期待に応えるべく、今年も早朝から並びました。

Morning


























朝6時前でまだ暗いです。この時間でも50番目くらい。例年通り超絶の行列かと思いましたが、その後の延びは例年より鈍かったように思います。
早く買えるかどうかは、行列の長さもさることならが、ストア側の客さばきで決まります。結構行列が長くても、ストアがどんどんお客さんをさばいていけば、行列もどんどん進んで短時間で終わります。この客さばきは、ストアによって大きく差が出ますし、例年全体的にあまり良くなく、無駄に時間がかかっていたと思います。今年はこの点、かなり改善されたように思います。残念ながら、あまり改善されていないストアもあったのですが。

行列の長さも、例年と比べて短かったように思います。以下のような理由が考えられます。

1. XSはあまり革新的な要素がなく、例年ほどの人気がない。
2. XR待ちのお客さんが多い。
3.  行列に並ぶより、オンラインで初日ゲットする人が増えた。

多分どれも正解で、それぞれの理由の結果でこうなったのだと思います。

今回は供給が潤沢で、簡単に入手できるのではないかという予測もありましたが、やはりそれほど甘くはありませんでした。XS Maxは全体に品薄でした。特に新色のゴールドは人気のようで、売り切れ続出。512GBも品薄です。

というわけで、本日も大変ではありましたが、例年以上に入手することができました。明日以降もこの調子でいきたいものです。

vintagecomp at 12:06|PermalinkComments(6)

2018年09月21日

iPhone SE 128GB 最後の1台!

いよいよ明日(当地は現在9/20)、iPhone XSの発売日です。Vintage Computer では購入代行品の端末を確保すべく、明日の発送はお休みとさせていただきます。

新型の発売に伴い、廃止となった旧機種のAppleでの販売も終了となります。iPhone X, iPhone  6s, iPhone SEの購入代行も終了しました。

そんな中、最後の4インチディスプレイのiPhone SE 128GB の在庫品1台限りを販売します。

 iPhoneSESG

















iPhone SE 128GB A1662 米国公式SIMフリー スペースグレイ 69,800円

こちらでもご紹介した通り、販売終了を前にiPhone SE 128GBは売り切れとなっておりました。実は、ご依頼いただき入手済みだったものがキャンセルとなった1台です。

本当に最後のチャンスです! 



vintagecomp at 04:48|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

ディスコンiPhone 入手の最後のチャンス!

今回、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEがディスコンとなりました。継続となったiPhone 8もREDが、iPhone 7もジェットブラックがディスコンとなりました。

これらの機種は、Apple オンラインストアの販売は終了していますが、実店舗の販売は在庫限りで継続中です。 このApple Store 実店舗の在庫販売も9/20までで新型が出る9/21には在庫が残っていても販売終了となるそうです。
もちろん、在庫限りですから売り切れもあるわけで、9/16時点では購入できたiPhone SE 128GBも最寄りのストアでは売り切れとのことでした。やはり最後のコンパクトな4インチiPhoneということで、買い急いだ方が多かったようです。他の多くのディスコン端末も在庫僅少となっているようです。

Vintage Computerでは、販売終了の旧機種の購入代行を現在も継続中です。入手の最後のチャンスということで、結構多くのご依頼をいただいております。今の所、ご依頼分は全て入手できておりますが、今後は売り切れも考えられます。9/19頃には販売終了とする予定です。ご注文いただいても、売り切れで入手できない場合は、申し訳ございませんがご返金となります。

すでに書きましたように、 iPhone SE 128GBについては売り切れのため購入代行も終了しました。ディスコン旧機種をご希望の場合は、お早めにご注文ください。

vintagecomp at 05:58|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

iPhone XS, XRの発売時の公式SIMフリー

日本では常に発売と同時に公式SIMフリー版が提供されていますが、アメリカでは必ずしもそうではありません。というか、通常は2〜3ヶ月遅れて提供されています。
昨年は、iPhone 8は 発売と同時に公式SIMフリー版が提供されましたが、iPhone Xでは発売時には提供されませんでした。要はタマが十分にある場合は最初から公式SIMフリー版を提供し、タマ不足の場合は後日となるようです。

では、今回はどうでしょう。

XSfree














iPhone XS, XS Maxは、プレオーダーのページでSIM-freeを選べるようになっています。初日から公式SIMフリー版を入手可能です。プレオーダー開始の数分以内を逃すと初日受け取りは無理というのが普通でしたが、翌朝になっても初日受け取りが可能でした。流石に今は10/1-10/8となっていますが、例年に比べるとずっと少ない遅れです。どうやら、今回はかなり潤沢に用意しているのではないでしょうか。

XRの価格確認ページです。

XRfree










こちらは、4キャリアのみで SIM-freeは表示されていません。公式SIMフリー版は後日でまず間違いないです。発売を遅らせるくらいですし、当初はかなりタマ不足になりそうです。

というわけで、iPhone XS, XS Maxについては、比較的入手がしやすいと思われます。とは言え、現時点でオンラインで1.5-2.5週間待ちとなっているわけで、それなりに入手困難になるとは思います。米国版購入代行をご依頼の場合は、お早めのご依頼をお勧めします。

iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

iPhone XRについては、かなり入手難になりそうな気配です。iPhone XRについては、プレオーダー開始の数日前より購入代行受付を開始する予定です。


 

vintagecomp at 05:47|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

iPhone XS 米国版は全て同一モデル

9/13のエントリーで、「米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。」と書きました。 LTE対応周波数の一覧表に、A1920 GSMとA1920 CDMAが記載されていたからです。しかし、これは間違いで、4キャリア版、公式SIMフリー版、 いずれもCDMA対応であることがわかりました。

iPhone XSの販売ページのFrequently Asked Questionsに以下の記載があります。

Are there differences between an iPhone for AT&T or T-Mobile and an iPhone for Sprint or Verizon?
 
Regardless of the carrier you choose, iPhone is designed to support AT&T, T-Mobile, Sprint, and Verizon. If you choose carrier financing from AT&T or Verizon, your iPhone will be tied to your carrier 

AT&T版 T-Mobile版と Sprint版, Verizon版とで何か違いはありますか?

どのキャリアを選んだ場合も、iPhoneは AT&T, T-Mobile, Sprint, Verizon の全てのキャリアをサポートしています。AT&Tまたは Verizonの分割払いを選んだ場合は、SIMロックされています。

 つまりどのキャリア版、SIMフリー版を選んだとしても、全てGSM/CDMA両対応ということになります。では、どれを選んでも全く同じかというと微妙に異なる部分もあります。

気になる、日本で使用する場合の互換性に関しては、全く同じです。米国以外での互換性も同じです。
米国で使用するにあたっては、VerizonのプリペイドSIMに関して差が出ます。これはiPhoneというより VerizonのプリペイドSIM側の制限ですが、新し目のiPhoneで VerizonのプリペイドSIMが使えるのは、Verizon版と公式SIMフリー版のみです。AT&T, T-Mobile, Sprint版は当分の間 VerizonのプリペイドSIMは使えません。というわけで、米国での使用を考えると、Verizon版と公式SIMフリー版が有利です。

そんなわけで、購入代行に関しましては、当初のご案内通り基本的には公式SIMフリー版またはVerizon版を手配します。

vintagecomp at 13:26|PermalinkComments(2)

2018年09月14日

旧モデルの去就

新しいiPhone XS, XS Max, XR が発表されましたが、旧モデルの去就も気になるところです。発表会では、以下のラインナップが公表されました。

Line










旧モデル継続として、iPhone 7, iPhone 8が安くなっています。iPhone 8のRED、iPhone 7のジェットブラックは廃止されました。
そして、iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEが消えています。今まで前年のモデルは必ず継続となっていましたが、iPhone Xが消えちゃうんですね。確かに、見た目は変わらないiPhone Xが安くなって継続されれば、XRが売れないってことにもなりかねませんので、理解できます。

 6sがなくなるのは、順当でしょう。そして、意外だったのがiPhone SEの廃止。新型の噂もあったものの実現せず、それでもローエンド端末として残ると思っていたのですが。まー、iPhone 7が$449よりとなると、いかにコンパクトさが売りとは言っても、需要はそれほどないのかもしれません。

というわけで、値段が下がったiPhone 7, iPhone 8は新価格でご注文を受付中です。
iPhone 7 購入代行
iPhone 7 Plus 購入代行
iPhone 8 購入代行
iPhone 8 Plus 購入代行

廃止となった iPhone X,  iPhone 6s, iPhone SEは、すでにAppleのオンラインストアからも消えています。店頭の在庫販売のみとなっています。Vintage Computerでは、あと数日のみ受付を継続します。

iPhone X 購入代行
iPhone 6s 購入代行
iPhone 6s Plus 購入代行
iPhone SE 購入代行

まだ店頭に在庫があると思いますが、もしも無くなってしまったら「ごめんなさい」、となってしまいますのであらかじめご了承ください。


vintagecomp at 03:16|PermalinkComments(2)

2018年09月13日

iPhone XS, iPhone XS Max 予約受付開始!

本日のApple スペシャルイベントで、ついにベールを脱いだiPhone XSとiPhone XS Max。
Appleでは9/14(金)に予約受付開始、9/21(金)に発売となっています。

早速ですが、 毎年好評の米国版SIMフリーiPhone 購入代行の予約受付を開始します。

 XS















iPhone XS A1920 CDMA 購入代行
iPhone XS Max A1921 CDMA 購入代行

今回、米国版はXSで言えば、A1920 GSMとA1920 CDMAの二本立てになっています。(9/15修正 米国版は全てA1920 CDMAであることが判明しました。ハード上は全て同じです。)CDMAの対応有無以外同じです。日本版は今回も独自モデルで、日本版以外に技適は付かないと予想されます。

GSM版 AT&T, T-mobile
CDMA版 公式SIMフリー, Verizon, Sprint

今回は、CDMAの公式SIMフリーまたはVerizonが米国版では最強と考えており、基本的にはこのどちらかを手配します。今回は、公式SIMフリーが発売当初から販売されるようですが、何分発売当初は品薄が予想されますので、両モデルを入手していく予定です。どちらか指定がある場合は、お会計のコメント欄にご要望いただければ対応しますが、入手が遅くなる場合があります。
また、AT&T, T-mobileのGSM版でも良ければ、その旨お会計のコメント欄にご要望ください。入手が早くなることが期待できます。

今回は、512GBがラインナップされ遂に代行価格は20万越えとなってしまいました。購入には、本体価格だけでなく、9.5%のSales Taxもかかり、入手困難な中店頭に長時間並んで入手することとなります。ご理解いただけますと幸いです。




vintagecomp at 11:27|PermalinkComments(21)

2018年09月12日

Apple スペシャルイベントはいよいよ明日!

いよいよ明日に迫ったApple スペシャルイベント、新型iPhoneの発表が確実視され、Apple Watchの発表も噂されています。新型iPhoneの噂情報について、まとめてみたいと思います。

出るのは従来のiPhone Xと同じスタイルの5.8インチ OLED、6.5インチ OLED、廉価版6.1インチ LCDモデルと噂され、これは確定と言って良いでしょう。いずれもA12プロセッサで高速化していると予想されています。

予約開始は9/14(金)おそらく西海岸時間の0時となるはずです(日本時間午後4時)。発売は 9/21(金)。ただし、6.1インチ LCDモデルは発売が遅れるとの噂でしたが、ここに来て少数の出荷ながら同時発売となるという噂も出て来ました。私としては、LCDモデルはやや遅れると予想します。

各モデルの噂情報です。

5.8インチ OLED
 名称はiPhone Xsが有力。カラーはゴールドが追加されるのが確実のようです。容量もついに512GBが追加されそうです。

6.5インチ OLED
名称はiPhone Xs Plusが有力でしたが、Xs Maxの噂も出ています。いやしかし、Maxは無しでしょう。 Xs Plusを支持します。カラーと容量はXsと同じ。Apple Pencil対応の噂が出ていましたが、ここに来て否定の噂が有力です。

6.1インチ LCD
廉価版で、iPhone 9, iPhone Xc, iPhone Xr といろんな名称の噂が出ています。容量は64GBと256GB。カラバリが豊富で、OLEDのカラーの他、青、黄、ピンクも存在するようです。こうなると、iPhone 5cのリベンジですね。ということで、やはりiPhone Xcが有力ではないかと思います。

明日が楽しみです。私はどのモデルにするかですが、「iPhone XSにするかiPhone XS Plusにするか」にも書いた通り 5.8インチ OLEDにするか6.5インチ OLEDにするか悩んでいました。今のiPhone Xのサイズは気に入っているんですよね。とは言え、やはり新しい体験をしてみたいということで、6.5インチ OLEDにしようと思っています。

vintagecomp at 03:24|PermalinkComments(0)

2018年08月25日

防水仕様に注意!

iPhone 7以来、防水仕様になったiPhone。IP67の防塵、防水性能を持っています。 IP67の7が防水性能で、最高が8です。

30分、水深1mに水没しても内部に浸水しない。

ということになっています。これはかなり安心ですね。安心して、水中撮影されている方もいると思います。ただし、これはかなり危険な行為です。先日、お客様から以下のようなご依頼をいただきました。

この夏、防水を信じて海で使用していたところ、時折SIMを認識しない等の不具合が出るようになってしまいました。購入後1年経っていないので、米国での保証対応をVintage Computerに代行して欲しくご連絡しました。

防水を謳っており、1年以内に故障したのなら、保証対象となりそうな気がします。しかし、実は違うのです。Appleのサイトにも明記してあります。欄外の6番です。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。 

この場合の修理代金ですが、$549(+ Tax)となります。AppleCare+に加入して入れば$99(+ Tax)です。しかし、こんな重要な情報、もっと目立つように書いてほしいですね。

水没で故障した場合、以前は米や乾燥剤の中に 長時間入れておくと良いと言われていました。内部の水分を乾燥させることで、復活する場合があります。この方法、iPhone 7/8/Xでも効きそうなものですが、実はそれほど効果がありません。防水仕様になっているため、一旦水分が内部に侵入してしまうと簡単には抜けないのです。もちろん、多少の効果はあるので、ダメ元でやってみるのも良いと思います。

何はともあれ、意図的に水没させるのはかなり危険です。水中撮影やりたい場合は、覚悟の上でやってください。


vintagecomp at 05:37|PermalinkComments(0)

2018年08月22日

iPhone 8, 8 Plus、今が買い時?

例年9月後半に新型iPhoneが発売されますが、今年も同様と思われます。新型発売まで、約1ヶ月のこの時期ですが、例年ちょっと不思議な現象が起きます。それは、この時期の現行iPhoneの購入代行のご依頼が、やや増えるのです。発売直後は爆発的にご依頼をいただき、段々と収束して、春くらいにはたまにご依頼を頂く程度になります。それがこの時期にやや盛り返すのです。今年も、iPhone 8、iPhone 8 Plusのご依頼が増えています。新機種は全てホームボタン廃止が予想されていますので、今の内にということかもしれません。

しかし、現行モデルは新型発売後も継続販売され、価格も下がるのが通常です。意味はあるんでしょうか。

継続販売されるとは言え、色や容量の絞り込みが行われる可能性があります。iPhone 7の例で言えば、REDと256GBが廃止されました。7では他の色は全て残りましたが、6sの際はスペースグレイとシルバーのみが残り、他の色は全てカットされました。

実際に、iPhone 8のどの色や容量が廃止されるかは、発売されるまではわかりません。噂情報も、ほとんど出てきませんしね。 7と同様、REDと256GBは廃止される可能性は高いかもしれません。また、今度の新型は3機種で、容量も3種類と噂されていますので、新型の機種は増えることになりそうです。そうなると、継続機種の絞り込みも7の時以上にあるかもしれません。

iPhone8RD

















iPhone 8 米国公式SIMフリー購入代行
iPhone 8 Plus 米国公式SIMフリー購入代行

ホームボタン付きで、色や容量にこだわりがあるなら、今の内に確保しておいた方が良いかもしれません。

vintagecomp at 04:24|PermalinkComments(0)

2018年08月18日

iPhone XSにするかiPhone XS Plusにするか

来月に迫った新型iPhoneの発表。噂も段々と収束してきています。今回は、3機種がラインナップされると噂されています。

5.8インチOLEDモデル iPhone XS
iPhone Xの新型
64GB/256GB/512GB
$899または$949より

6.1インチLCDモデル iPhone 9
LCDを使用した廉価モデル。全面画面ながら、下位モデルは$699または$749と安価
64GB/256GB

6.5インチOLEDモデル iPhone XS Plus
iPhone Xを大型化したモデル、Apple Pencil対応
64GB/256GB/512GB
$999より

機種名のSが大文字かどうかは疑問がありますが、確度の高い情報ではないでしょうか。

毎年ほぼ最上位機種のiPhoneを買い換えてきた私ですが、今回はちょっと悩みます。これまでの新型でインパクトがあったのが、iPhone 6 PlusとiPhone X。iPhone 6 Plusは、5sと比べて大幅に画面が大きくなり、格段に使いやすくなりました。CPUの速さなんかよりもずっと大きなメリットを感じる部分でした。
そしてiPhone Xになって、Plusより小さくなって画面はむしろ大型化。それまでPlusが大きいことの不便さをそれほど感じていなかったのですが、 いざ小さくなるとその手軽さのメリットを実感しました。

今回はiPhone 6 Plusの感動をもう一度でiPhone XS Plusにするか、ボディと画面の大きさのバランスが良いiPhone XSにするか悩みどころです。

容量はこれまでほぼずっと最大容量のものを使っていましたが、今の256GBでも十分余裕がるので256GBでOKかな?と思って残り容量を確認したら・・・

IMG_0673






32.81GB! これは512GBを買うしないか!? いらない動画を削除して、よく考えようと思います。 

vintagecomp at 05:27|PermalinkComments(0)

2018年07月17日

iPhone SE Sprint 取り扱い中止、米国公式SIMフリー取り扱い中

米国iPhoneの購入代行ですが、発売直後はiPhone Xなどのメイン機種が人気ですが、その後も根強くコンスタントにご注文をいただくのがiPhone SEです。シャッター音消音可能、日本と同一モデルのA1723ということで、最強のiPhone SEとしてiPhone SE Sprint版を多数販売してきました。

5月まで問題なく販売してきたiPhone SE Sprint版ですが、6月に購入いただいた複数のお客様からロックされており日本のSIMがアクティベーションできないとのご指摘を受けました。そんなはずは!何しろ、一括購入すればSIMフリーであることは、米アップルのサイトにも明記されています。

スクリーンショット 2018-07-16 午後2.06.56




When the Sprint model is purchased at full price, it is unlocked.(スプリントモデルを一括購入した場合、アンロックされています。)

とは言え、ロックされていることは間違いないようです。 個体の不具合と考え、返品いただき交換品を用意しました。念のため、交換品を発送前に確認すると・・・
なんと、やはりロックされています。などと対応しているうちに、他のお客様からも同様のご指摘。アップルのサポートにも問い合わせてみましたが、解決には繋がりませんでした。 6月販売分は返品対応とさせていただき、iPhone SE Sprint版は一時受付中止といたしました。

一時というのは、 米アップルのサイトにもSIMフリーとなることは明記されており、一時的なあるいは特定の店舗の問題ではないかと考えたためです。そこで、1ヶ月以上時間をおいて、別店舗で購入して確認しようと計画しておりました。その結果も踏まえて、情報公開しようと考えておりました。

そろそろ別店舗で購入してみようと考えていた折、お客様から以下の問い合わせをいただきました。

米国滞在中に、ユタ州で iPhone SE Sprint版をフルプライスで購入しました。しかし、日本のSIMをいれてもアクティベーションできず、Sprint ロックされています。Vintage Computerの販売ページを見ると、 iPhone SE Sprint版の販売が一時中止となっておりました。何か情報をお持ちでしょうか?

全く同じですね。少なくともこの状況は1ヶ月半ほど続いており、他州でも発生していることがはっきりしました。そこでiPhone SE Sprint版の販売は一旦中止とし、代わりにiPhone SE 米国SIMフリー版の販売を開始しました。
米国SIMフリー版は、GSM/CDMA両対応ではあるものの、技適はついておらず日本キャリアの周波数にも一部対応しておりません。とても最強のiPhone SEとは言えませんが、技適がなくてもシャッター音を消したいという方はご検討ください。

vintagecomp at 06:26|PermalinkComments(15)

2018年04月14日

本日よりiPhone 8 RED が発売!

本日より、iPhone 8 RED が発売されました。近隣のApple Storeにも入荷を確認しました。
ベゼルが黒になってぐっとしまった感じ。個人的には、iPhone 7 REDの白いベゼルよりも好みです。カメラシャッター音が消せるiPhone 8の購入代行は、今でも根強くご依頼をいただいております。従来価格と同価格でお受けしています。

 iPhone8PlusRD



















iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 256GB  142,800円
iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 64GB  119,800円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 256GB  128,000円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 64GB  104,800円 

発送は、週明けの4/16(月)からとなります。

vintagecomp at 06:08|PermalinkComments(0)

2018年04月10日

iPhone 8 RED 4/13発売

iPhone 8が発売になった際、REDが設定されていなくてがっかりした方もいたと思います。iPhone 7 REDは昨年3月に追加されましたので、このまま設定されないのかと思ったら発表されました。価格や容量は既存モデルと同じで、 色だけがスペシャルです。
4/13(金)の店頭発売です。

iPhone 7 とiPhone 8の外観上の違いというと、背面パネルの表面がガラスになっているかどうかですが、これはぱっと見や画像ではわかりにくいですね。REDは、これ以外にも外観上の大きな違いがあります。
 iPhone 7 REDのベゼルは白でしたが、iPhone 8のベゼルは黒。ぐっとしまった感じがしますね。早速、購入代行の受付を開始しました。

 iPhone8PlusRD



















iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 256GB  142,800円
iPhone 8 Plus RED 米国SIMフリー 64GB  119,800円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 256GB  128,000円
iPhone 8 RED 米国SIMフリー 64GB  104,800円 

代行価格も従来と同じです。やっぱりREDは 断然目立ちますね。発送は、週明けの4/16(月)からとなります。

vintagecomp at 07:45|PermalinkComments(0)

2018年02月15日

「iPhone 10年の軌跡」結果報告

「iPhone 10年の軌跡」無事開催されました。

presen

















展示した歴代iPhone 12台、MessagePadと初代iPodも展示しました。
バレンタインデーだけあって、ちょっと参加者少なめでしたが、いつものセミナーよりも質問も多めで関心の高さが伺えました。

参加いただいた皆様、ありがとうございました。


vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(0)

2018年02月14日

「iPhone 10年の軌跡」読者特典あり!

先週もお知らせしたiPhoneのセミナー、ついに明日になりました。

Hideki













「iPhone 10年の軌跡」
2月14日(水) 6:30〜8:30 PM
New Gardena Hotel

歴代iPhoneの12台の実機をお見せしながら、iPhoneの10年の歩みを振り返り、社会に与えた影響と今後について考察します。

このセミナー、South Bay Management Seminarの会員以外は$15の有料セミナーです。
このブログ読者に、耳寄りな特典です。受付で、「武藤の招待です」と言っていただければ、$15の費用がなんと無料になります。

明日、ぜひお会しましょう。


vintagecomp at 11:06|PermalinkComments(0)

2018年02月07日

iPhone X 生産半減!?

日経新聞で報道されています。iPhone Xの1〜3月期生産量を当初計画から半減させる見通しということです。

それに対して、村田製作所から「そんなに大きな数字ではない」という反論の声が上がっています。
確かに、半減はかなりショッキングな内容で、サプライヤーとしては株価下落にも繋がりかねないで、本当でなければ迷惑千万です。

もともと、iPhone Xは高価格の全く新しいiPhone。発売当初は一刻も早く入手したい新し物好きの注文が殺到し、年明けくらいに落ち着いていくのは織り込み済みだと思います。

おそらくは、新聞記事は取材に基づく状況証拠から導いた推定じゃないかと思います。対して、村田製作所は受注に基づく数字でしょうから、より正確な数字を持っているはずです。どっちが正しいのか?

先日発表された第一四半期決算でも、iPhoneとしては台数は1%減も、売り上げ高は13%増と不振とは言えない数字が上がっています。台数は微減も、高価格帯モデルを多く出したわけですから、狙い通りともいえるでしょう。
また、こちらの情報ではiPhone Xの週毎のシェアは、発売当初の1/3に減っており大ブレーキと報じています。

ここからは私の推定。上のシェア1/3はあくまで日本の販売実績です。日本の冬といえば、マスク着用が当たり前。そうなると、Face IDはTouch IDよりも確実に不便です。こちらアメリカでは、風邪を引いてもマスク着用とかしているとビックリされてしまいます。そんなわけで、Face IDはとても便利に使っています。
日本では、目玉機能が不便とわかり大ブレーキがかかったんではないでしょうか。もちろん、他国でも発売当初の勢いはなくなったはずですが、日本ほどではないのでは。その辺りが、食い違いに繋がっているのかもしれません。

いずれにしても、次期モデルでは何らかのマスク対策を考えてほしいところですね。

vintagecomp at 07:16|PermalinkComments(0)

2018年02月06日

2月14日「iPhone 10年の軌跡」

ロサンゼルス近郊の方にお知らせです。
South Bay Management Seminar という会で、プレゼンをやります。

Hideki













「iPhone 10年の軌跡」
2月14日(水) 6:30〜8:30 PM
New Gardena Hotel

歴代iPhoneの実機をお見せしながら、iPhoneの10年の歩みを振り返り、社会に与えた影響と今後について考察します。
ちなみに実機は、全て私が使った私物です。毎年発売されているiPhone、必ず購入しております。新機種購入で旧機種を売りに出す方が多いと思いますが、私は全て’手元に置いております。勿体無くて。
Phone 愛ともiPhone 馬鹿とも言いますが、こういう機会にお披露目させていただきます。

iPhoneファンにはとても興味深い内容ですし、そうでなくてもスマホの歴史として楽しんでいただけると思います。
このセミナー、毎月開催されておりお客さんも多数集まるのですが、今回はちょっと心配です。まず、日程がバレンタインデー。バレンタインディナーに出かける人が多いはず。また、会の広報担当の方が、今回対応できないためあまり告知されないようです。
そんなわけで、閑古鳥が鳴くのではないかと超心配。ロサンゼルス近郊の方、ぜひご参加ください。


vintagecomp at 13:43|PermalinkComments(0)

2018年02月02日

iPhone 8 Plus 在庫品最終価格!

1/30のエントリーでもお知らせしたiPhone 8 Plus 在庫品の特価販売。まだ売れておりません。リンク間違いがあったので、もしかしてその影響?
短期決戦と考えていますので、最終価格にて販売します。

iPhone8PlusGD



















iPhone 8 Plus A1864 64GB ゴールド 公式SIMフリー 119,800円 104,800円

週明けくらいまで待って、売れないようでしたら返品します。期間限定の最終特価となります。シャッター消音が可能なiPhone 8 Plusをご検討中の方は、お見逃しなく!


vintagecomp at 09:00|PermalinkComments(0)

2018年01月30日

iPhone 8 Plus 在庫品を特価販売!

2017年中は、iPhone X が売れまくって入手難でしたが、2018年になってiPhone Xの売れ行きがグッと落ちているようです。変わって堅調なのがiPhone 8のようですね。
Vintage Computerでも同じ傾向で、iPhone Xのご依頼は急激に減りました。対して、8や8 Plusの方はしぶとくご依頼をいただいております。

そんな折ですが、iPhone 8 Plus の在庫品 1台が発生しました。特価販売いたします。

iPhone8PlusGD



















iPhone 8 Plus A1864 64GB ゴールド 公式SIMフリー 119,800円 108,000円

1月27日にApple Storeで購入した製品です。もちろん、未開封。なぜ在庫品が発生したかといえば、ご推察いただけると思いますが、キャンセルが出たためです。基本、キャンセルはしないようにお願いしておりますが、そういうこともあります。
というわけで、1台限り、通常よりも確実にお得ですので、お見逃しなく!


vintagecomp at 11:49|PermalinkComments(0)

2018年01月23日

iPhone 8, 8 Plus, X を値下げ

iPhone 8, 8 Plus, Xの、弊社の購入代行価格を値下げです。最大1万2千円の値下げです。

iPhoneXSV















iPhone X 米国版SIMフリー 256GB 184,800円 172,800円
iPhone X 米国版SIMフリー 64GB 159,800円 149,800円

iPhone 8 Plus 米国版SIMフリー 256GB 148,000円 142,800円
iPhone 8 Plus 米国版SIMフリー64GB 129,800円 119,800円
iPhone 8 米国版SIMフリー 256GB 132,800円 128,000円
Phone 8 米国版SIMフリー 64GB 109,800円 104,800円

年内は入手困難だったiPhone Xも、年が明けていつでも在庫あり、入手が容易になりました。年内、特に発売から1ヶ月くらいは入手に大変で並大抵の苦労ではありませんでした。そういう点での価格設定の面もあったわけですので、値下げさせていただきました。8、8 Plusの値下げ幅が小さいのは、すでに一度価格調整をしているためです。

シャッター消音可能、CDMA/GSM両対応の米国SIMフリー iPhone。価格の高さから様子見だった方も、そろそろではないでしょうか。


vintagecomp at 13:35|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

Face ID, Touch ID どちらが良い?

iPhone Xに新採用されたFace ID。個人的には、失敗もほぼないですし、反応も早く気に入っています。Face IDに慣れてからは、断然Touch IDよりも良いと思っていましたが、しばらく使っていると弱点も見えてきました。
最大の弱点は、サングラスやマスクを使うと、認証できないこと。アメリカでは冬でもマスクをしている人はほぼいませんし、私もまず使うことはありません。車を運転する時は、時間帯によってサングラスをかけることもありますが、この状態でiPhoneを操作することも多くなく、それほど気になっていませんでした。
先日、スキーに行ってその際はずっとゴーグルをしていたわけですが、当然Face IDは認証されません。そこで、パスコードでとなるわけですが、Face ID 認証が失敗してからでないとパスコード入力ができません。短い時間ですが、結構イラッときますね。
最初の1回は、あーゴーグルのせいね、と思ってそれほど気にならないのですが、毎回こうだとストレスに感じます。車でサングラスを使って認証失敗した時も、同じ感じでそれほど気になっていませんでした。ところが、スキーで1日中Face IDが使えないとなると、結構不便さを感じてしまいます。
まー、スキーはたまにしか行かないので、それは許せるのですが、これが日常的に起きるとなると相当不便ですね。日本では冬場マスクをしている人が多いので、そういう人には大きな問題だと思います。

Face IDとTouch ID、それぞれの便利さのみで判断すると、現時点ではTouch IDの方が良いかもしれません。ただ、Face IDによって画面が大きくなっているわけで、そのメリットはかなり大。結局、マスクやサングラスなどでFace IDが使えない頻度が多い人にはTouch IDが便利、そういう頻度が低ければFace IDが便利と言えるんじゃないでしょうか。日本では、Touch IDが有利な気がしますね。

2018モデルは全てFace IDになるという噂情報もありますが、Appleとしては何らかの対策を打ってくるのか。まずは、既存のiPhone Xでも効果があるように、スムースにパスコード入力できる仕組みにしてほしいですね。ニューモデルでは、Face IDとTouch ID、両方搭載すれば解決ですが、それはない気がします。Appleらしいスマートな解決法を期待したいですね。


vintagecomp at 08:10|PermalinkComments(7)

2017年12月23日

米国版iPhone Xでドコモメールを使う

iPhone X Verizon版をご購入いただいたお客様から、ドコモメールが使えないとのサポート依頼をいただきました。今回は、iPhone Xに関してですが、iPhone 7以降(場合によってはそれ以前のモデルも)該当します。
これまで個別にご連絡をいただいたり、当ブログのコメント欄で情報をいただいたりしていましたが、まとまった記事にはしていなかったと思いますので、改めて取り上げたいと思います。

ご相談内容
docomoのSIMを入れて通信は可能になったが、ドコモメールのプロファイルがインストールできず、ドコモメールが使用できない。これまで使っていたiPhone 6 Sprintでは問題なくインストールできた。

回答
結論としては、ドコモメールのプロファイルのインストールはできません。インストールが可能なのは、日本版のA1902のみです。手動での設定が必要になります。手動の設定方法は、こちらこちらを参照ください。
iPhone 6 Sprintでは問題なかったとのことですが、それは日本版もSprint版も共にA1586で同モデルあるためです。
iPhone Xでは、日本版はA1902、Verizon版はA1865と別モデルです。なお、iPhone Xでは、日本版と同モデルの海外版は存在しません。

解説
以前、docomoではspモードで使用できる端末を、自社端末と日本版SIMフリーモデルに限定していました。ただし、海外版でも同一モデルの場合は制限できないため、spモードが使用できました。
モデルの異なる端末では、mopera Uが必要で、こちらではドコモメールは使用できませんでした。
こういう状況から、ドコモメールのプロファイルは、日本版とモデルの異なる端末にはインストールできないようになっています。
2015年末ごろから、spモードの制限が外れ、モデルの異なる海外版SIMフリーでもspモードが使用可能となりました。
その時点で、ドコモメールのプロファイルのインストール制限も外してくれて良さそうなものですが、ユーザー数が限られるせいか未だに制限がついたままとなっております。
弊社では、iPhone SEまでは日本版と同じモデルをメインに取り扱っておりましたので、このような現象はありませんでしたが、iPhone 7以降日本版は専用モデルとなったため、この現象が起こります。6s以前でも、日本版と異なるモデルの海外版は同様になります。

日本のアップルにも相談いただいたそうですが、全くわからず、Verizonとの解約がうまく行っていないのではというような、的外れな回答だったようです。キャリア関係なので、アップルに相談いただくより、docomoに相談いただいた方が良かったかもしれません。というより、Vintage Computerにまず尋ねていただくのが良かったですね。



vintagecomp at 06:09|PermalinkComments(17)

2017年12月14日

まだまだ品薄なiPhone X,、即納品あり!

先週は、米国版SIM フリーが発売され、全店に在庫ありに。これにて、iPhone Xの入手難も終了かと思われました。米国版SIM フリーは、大量の入荷があったようで数日間売り切れにならず、キャリア版も在庫ありが多くなっていました。ところが、今週に入り、全店全モデル在庫なしに。


13 PM











12/10に確保した際に、品薄感が漂っていたのでVerizon版を1台多めに確保しました。案の定、翌日から在庫なしが続いています。


iPhoneXSV

















iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon SIMフリー 179,800円


シッター音消音可能、CDMA対応で全世界のほとんどのキャリアで使用可能、また全米最強のネットワークを誇るVerizonのプリペイド SIMが使えるという点から、Vintage Computer では最強のiPHone Xと独断で認定しております。

即納で、通常のご注文より少々お安くなっています。お見逃しなく!


vintagecomp at 08:51|PermalinkComments(2)

2017年12月08日

iPhone X 公式SIMフリーが発売、Verizonと何が違う?

昨日のVintage Computer チャンネルでも取り上げましたが、iPhone X 米国公式SIMフリー版が登場しました。モデルナンバーは、Veriaon, Sprintと同じA1865で、GSM/CDMA両対応です。

SIMFREE













先日まではキャリアの4つのボックスの下の「Buy without a carrier」というボックスがなかったのですが、12/5に突如出現しました。

iPhone X 米国公式SIMフリー版の発売を記念して?、Verizon版の在庫品を特価販売します!

iPhoneXSG














iPhone X A1865 256GB スペースグレイ Verizon SIMフリー 在庫品 184,800円
174,800円

公式SIMフリー版とVerizon版で何が違うかというと、モデルナンバーも同じA1865で本体は何ら違いはありません。公式SIMフリー版にはSIM抜きツールが付属Verizon版にはVerizonのSIMが付属しSIM抜きツールは無し。この点が唯一の違いと言っても良いでしょう。

SIM抜きツール以外の違いはないわけですが、公式SIMフリー版はわかりやすさが一番の魅力かもしれません。公式SIMフリー版なら、SIMフリーであることは一目瞭然。Verizon版も実質何ら変わらないわけですが、わかりにくいことから将来の転売時などでは公式SIMフリー版が有利になるかもしれません。

日本では、いつもSIMフリー版は新型iPhone発売と同時のリリースですが、こちらアメリカではいつも2、3ヶ月遅れて、12月くらいの発売になります。例外は、iPhone 8で最初からSIMフリーが提供されていましたが、これは最初から品薄になることなく供給されたためだと考えられます。おそらく、キャリアと約束した供給量を確保するため、供給が潤沢になるまでは販売しないものと考えられます。

とは言え、キャリア版もアップルストアで一括で購入すればキャリア契約なしで購入でき、SIMフリーとなりますので、意味がない気も。おそらく、抱き合わせ販売禁止の米国の法律に配慮したためと思います。
というわけで、今後はiPhone Xの購入代行は公式SIMフリー版をメインに販売いたします。とは言え、まだまだ在庫潤沢というわけではないので、公式SIMフリーの在庫がなくVerizonの在庫があれば、Verizonを手配します。公式SIMフリーまたはVerizonの指定をご希望であれば、コメント欄でご要望ください。

シャッター音が消せるiPhone Xの購入を待っていた方には、今が買い時かもしれません。

vintagecomp at 05:42|PermalinkComments(3)

2017年12月03日

iPhone X Verizon 256GB シルバー 在庫品即発送可!

受注残が解消したiPhone Xの購入代行。先日人気のVerizon 256GB スペースグレー在庫品を販売しましたが、あっという間に売れてしまいました。今回、シルバーの在庫品を確保しました。

iPhoneXSV

















iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円


シッター音消音可能、CDMA対応で全世界のほとんどのキャリアで使用可能、また全米最強のネットワークを誇るVerizonのプリペイド SIMが使えるという点から、Vintage Computer では最強のiPHone Xと独断で認定しております。

発売直後と比べれば入手しやすくなったと言っても、まだまだ入手難。Verizon版は米国でも人気で、アップルストアに入荷しても、すぐに売り切れとなってしまいます。
お急ぎください!



vintagecomp at 12:17|PermalinkComments(2)

2017年12月02日

やはりそうだったのか!

iPhone Xの画面サイズは5.8インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチ。数字上は、iPhone Xの方が大。ディスプレイは大きくて、本体はグッと小さいわけですから、iPhone Xの最大の魅力の一つです。しかし、私は入手してすぐの記事でこのように書いています。

ところが、iPhone Xを使っていると、画面の広さを感じません。むしろPlusよりも若干小さいような気すらします。

この時は、幅はわずかにiPhone Xの方が小さいので、そう感じてしまうのだろうと結論づけました。その点を、アナログ的に検証した記事がありました。
5.8型のiPhone XはほかのiPhoneより本当に画面が大きいのかをアナログに検証する

結果は、以下の通り。
iPhone X 82.46cm^2(切り欠き含む) 81.10cm^2(切り欠き除く)
iPhone 8 Plus 84.18cm^2
iPhone 8  58.71cm^2

な、なんと!iPhone 8 Plusの方がXよりもディスプレイ面積は大きいのでした。切り欠き部をディスプレイ面積に入れても、8 Plusの方が大きいのです。同じ対角線長さなら正方形が一番面積が大きく、細長い長方形ほど面積は小さくなります。なので、縦横費が違えば、逆転もあり得るわけです。
しかし、5.5インチと5.8インチといえば、小さくはない差なのでまさか逆転しているとは思いませんでした。

私も実際に測ってみたら、iPhone Xの高さは記事よりも1mm大きかったです。この大きさなら、メジャーよりも定規の方が正確です。再検証してみましょう。
私の実測結果
iPhone X   83.08cm^2(切り欠き含む) 81.67cm^2(切り欠き除く)
iPhone 7 Plus 84.18cm^2

やはり、わずかに8 Plusに及びません。また、8 Plusは角まで表示されますが、Xの角は丸みがあるので表示面積はさらに小さいことになります。

ちょっと、アップルに騙された気がしないでもないです。やっぱり、第一印象の感覚って、馬鹿にできないですね。
ディスプレイ面積はiPhone 8 Plusの方が大きいと言っても、ピクセル数はiPhone Xが上です。

iPhone X    2436x1125
iPhone 8 Plus 1920x1080
iPhone 8    1334x750

圧勝です。ですから、iPhone X ユーザーとしては落胆する必要もないのですが・・・ う〜〜ん、やっぱりちょっと落胆!



vintagecomp at 08:37|PermalinkComments(0)

2017年12月01日

iPhone X 受注残、ついに解消!

たくさんのご依頼をいただいたiPhone Xの購入代行。発売当初は大変入手困難で、7時間並んだでやっと入手したり、3時間並んでも結局入手できなかったりと、大変苦労しました。
最近になってやっと比較的入手しやすくなり、本日の発送分でついに受注残が解消しました。バンザ〜イ!!\(^o^)/
最初の調子では、2、3ヶ月かかってしまうのではとも危惧されましたが、結局発売から1ヶ月足らずで受注残解消となったのは、例年と比べても上出来かと思います。昨日は、初めて人気のVerizon 256GB
の在庫品を販売しましたが、すぐに売約済みとなりました。

これまでは、「今注文するといつ頃になりますか?」とのお問い合わせに対し「受注残多数で入手困難のため、いつ頃になるかはなんとも言えません。」というようなお答えしかできませんでした。
今後は、受注残が一旦なくなった上で、ご注文をお受けする形になりますので、それほどお待たせすることはないかと思います。
とは言え、いつでもすぐに入手できるようになったのかと言えば、そういうわけでもありません。今現在、近隣のアップルストアには全仕様在庫は1つもありません。朝一番に、在庫が補充されるようになりましたが、人気のVerizon 256GBが入るとは限りません。また、入荷しても、すぐに売り切れている状況です。しかし、こういうタイミングを逃さないようにしているので、それほどお待たせすることはないと思います。一応、10日間以内としておりますが、もっと早く入手できる可能性が高いと思っております。

iPhoneX






iPhone X A1865 256GB スペースグレイ Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円

iPhone X A1865 256GB シルバー Verizon/Sprint SIMフリー 184,800円

年内に、シャッター音が消せる最強のiPhone Xはいかがでしょうか。



vintagecomp at 10:13|PermalinkComments(0)

2017年11月26日

緊急更新!iPhone X 256GB スペースグレイ T-Mobile SIMフリー 即納!

感謝祭の四連休中ですが、緊急更新です。

iPhone X 購入代行はたくさんのご依頼をいただき、これまで超入手難でしたが、ここに来て大分入手しやすくなって来ました。

T-Mobile 256GB スペースグレイの在庫ができました。これまでシルバーの在庫販売は数台ありましたが、初めてのスペースグレイの在庫販売です。ご注文いただければすぐに発送可能です。

iPhoneXSG


















iPhone X A1901 256GB スペースグレイ T-Mobile SIMフリー 在庫品即納
 184,800円

T-Mobile版はA1901モデルで、GSM専用です。GSM専用なら、docomoとsoftbankのみ対応というのがこれまでの常識でしたが、iPhone Xではauも使用可能です(詳しい解説はこちら)。もちろん、MVNOでも使用可能です。
したがって、Verizon/SprintのA1865 CDMAモデルとの違いは、海外のCDMAキャリアが使えないことのみです。日本国内的には、人気のVerizon版と変わりません。

人気のスペースグレイ、在庫限りですのでお早めに。早い者勝ちです!


vintagecomp at 13:04|PermalinkComments(2)
プロフィール

Harry

Archives