iPad

2020年03月24日

New iPad Pro 購入代行受け付け開始

Apple Store 実店舗の閉店もあり、受け付け開始が遅れました。
3/15のエントリーでも書きましたが、中国を除くApple Store全店がコロナウィルスの関係で閉店となりました。当初は3/27までの閉店予定で3/28より再開予定でした。そのため、Apple製品の購入代行は3/28以降に実店舗での手配を行う予定でした。しかし、現在は再開予定は未定となっており、再開までオンラインのみの販売となっております。そこで、オンラインでの手配に変更しました。

iPadPro129-20


















iPad Pro 12.9" 4th Gen 購入代行
iPad Pro 11" 2nd Gen 購入代行

オンライン販売も、iPadに限らず通常よりも少々時間がかかっております。在庫がある製品でも、 1週間ほどかかるケースが多いようです。

vintagecomp at 09:20|PermalinkComments(2)

2019年04月06日

iPad mini 5, iPad Air 3rd Gen. 購入代行受付中

iPad mini 5, iPad Air 3rd Gen.の購入代行受付を開始したのは、3/22でした。その時点では、ストアへの入荷は4月と予想していました。実際のところは、3/27にはストアに入荷していました。もっとも、この時点では全てのスペックが入荷しているわけではありませんでしたが、4/4には全てのご予約分を発送できました。
現在は、全仕様すぐにストアで購入可能になっています。

iPadmini5

















iPad mini 5 Cellular 256GB 米国版 SIMフリー 106,000円
iPad mini 5 Cellular 64GB 米国版 SIMフリー 82,800円 
iPad mini 5 Wi-Fi 256GB 米国版 SIMフリー 85,800円
iPad mini 5 Wi-Fi 64GB 米国版 SIMフリー 62,800円  

iPadAir3 
iPad Air Cellular 256GB 米国版 SIMフリー 122,000円
iPad Air Cellular 64GB 米国版 SIMフリー 98,000円
iPad Air Wi-Fi 256GB 米国版 SIMフリー 102,000円
iPad Air Wi-Fi 64GB 米国版 SIMフリー 78,000円

このところのiPadは、特別人気が高いというわけでもないのに、発売当初は品薄ということが多かったです。今回は、早期に品薄解消となったようです。
今お申し込みいただくと、すぐに手配、発送可能となる見込みです。 

vintagecomp at 04:58|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

iPad Air, iPad mini が登場

3月25日アップルスペシャルイベント」の記事では、ハードが発表されなくても同時に新製品が発売されるかもしれないとお伝えしましたが、意表をついてiPad 2機種が発売されました。

iPad Airは、iPad Air 2以来の久々のiPad Airシリーズ。 A12 Bionicチップ、10.5インチRetinaディスプレイ、Apple Pencil (1st generation)とSmart Keyboard 対応です。
製品名は、iPad Airでサポート名称がiPad Air (3rd generation)です。

前モデルが iPad mini 4だったように、新製品はiPad mini 5かと思いましたが製品名としてはiPad miniになりました。サポート名称がiPad mini (5th Generation)になります。
A12 Bionicチップ、7.9インチRetinaディスプレイ搭載、Apple Pencil (1st generation)をサポートします。
iPad mini 4はA8チップですから、一気にCPU性能が上がりました。
私自身、 iPad mini 4を使用していましたが、やや非力さを感じていました。今回のスペックアップで、一般ユーザーが性能不足を感じることはまずないんじゃないでしょうか。

これでiPad (6th Generation),  iPad mini (5th Generation), iPad Air (3rd generation) , iPad Pro 11インチ, iPad Pro 12.9インチ(2018) の5つのラインナップになりました。
iPad miniは、やはりあの小ささは大きな特徴で持ち運びには便利。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
しかし、iPad Air  は果たして必要なんでしょうかね。正直疑問が残るところです。

近日中に、米国版New iPadの購入代行を開始します。 

vintagecomp at 08:09|PermalinkComments(6)

2018年12月13日

iPad Pro 米国版の技適

iPad Pro 11”, 12.9" 米国版は、セルラーモデルが今回日本版と別モデルになってしまったため、技適はつかないものと予想されていました。とは言え、実機で確認しないと断言できないわけで、遅ればせながらやっと確認できました。

image1






















予想通りとは言え、残念! 技適なしでした。残念ですが、はっきりして良かったです。
Wi-Fi版は技適付きです。

カメラシャッター音を消音できるiPad Pro、ただいま年末感謝セールで10%引き中です。お会計画面で、表示価格より10%割引されます。ぜひこの機会に!

iPad Pro 11"
iPad Pro 12.9" 

vintagecomp at 06:55|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

iPad Pro 品薄

iPad Pro なかなか充実のスペックと思っていましたが、巷の評判も良いようです。11/7に発売となりましたが、大容量モデルを中心に品薄となっております。米アップルストアオンラインでオーダーすると、セルラー 1TBは、12/5〜12/12のお届けと表示されています。3〜4週間待ちということですね。もちろん、ストアにも在庫なしです。
やはり、人気のようですね。全く振るわなかったiPhone XRとは大違い。やはり、アップルと言えど良い製品なら大人気ですが、そうでもなければ人気にはなりませんね。

すでに購入代行を承ったおりますが、 そんなわけで、一部仕様についてはお待ちいただいております。これまでも、新型iPadの高価格モデルは、発売から1週間から2週間で在庫が潤沢になる傾向がありましたので、そうなってくれればと思います。

iPadPro11
















iPad 11 inch 米国版SIM フリー購入代行
iPad 12.9 inch 米国版SIM フリー購入代行 

今回のiPad Proで気になるのが技適です。Wi-Fiモデルは日本と米国で共通モデルですので、技適付きは確実と予想していました。デモ機を確認しましたが、やはり技適付きでした。
Cellular モデルは、 日本と米国で別モデルですので、おそらく技適はつかないと予想しています。知人がCellular モデルを購入するということで、確認してもらおうと思っていましたが、オンラインでの発注に出遅れてしまい、まだ確認できていません。
 もし、米国版 iPad Pro 2018 Cellular モデルを購入された方がいらっしゃいましたら、コメント欄で教えていただけると幸いです。 

vintagecomp at 10:23|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

New iPad Pro 購入代行受付開始!

先日発表されたiPad Pro 11インチ/12.9インチ、今週の11月7日に発売予定です。米国版の購入代行受付を開始しました。日本仕様と違い、シャッター音の消音が可能です。

iPadPro11
















iPad 11 inch 米国版SIM フリー購入代行
iPad 12.9 inch 米国版SIM フリー購入代行

今回は、最上位モデルで29万円とかなりの高額となりました。米Appleの表示価格の他に、9.5%のSales Taxとリサイクルフィーもかかるため、仕入れ価格も表示価格以上に高くなります。
高い印象があるかもしれませんが、従来のモデルよりも手数料率を下げておりますので、ご容赦ください。

このところのiPadは日米共通モデルで技適も付いておりましたが、 今回は日米別モデルとなっております。技適が付くかどうかが気になりますが、最近のAppleの傾向からすると付かないことが予想されます。発売後に確認しますが、現時点では技適がなくても問題のない方のみご注文ください。 

vintagecomp at 06:18|PermalinkComments(0)

2018年10月31日

MacBook Air, Mac mini, iPad Pro が発表!

昨日も取り上げましたように、本日Apple スペシャルイベントが開催されました。いつもは西海岸時間の10時からですが、今回は東海岸時間の10時から。LAでは朝の7時で、自宅で観ていました。日本の皆様は、夜11時からでいつもよりは観やすかったのではないでしょうか。
ハードウェアの発表ラッシュで、MacBook Air, Mac mini, iPad Pro が発表されました。いずれも即日予約受付、11/7より発売となっています。

MacBook Airは、従来の外観イメージはそのままに、Retina Display、Intel 8th Gen Core プロセッサー、最大16GBメモリ、最大1.5TBのストレージ、と従来機種の不満点が一気に解消された感じです。価格は134,800円よりとそこそこに抑えられていますが、スペックを盛っていくと結構高くなるのが悩みどころかもしれないですね。Touch IDもついたことから、SSDは遂にロジックボード直付けになってしまいました。後で後悔しないよう購入時に、メモリとSSDは必要なスペックを買っておきましょう。

Late 2014以来ついにモデルチェンジされたMac miniですが、随分とハイスペックで登場です。 Intel 8th Gen Core プロセッサーはもちろんですが、なんと最大6 Core。メモリ最大64GB、SSD最大2TBとMac miniとは思えないスペック。GPUこそチップセット内蔵ですが、これもeGPUによるアップグレードが可能。プロユーザーでもかなり使えるマシンになりそうです。内部画像がこちらです。

Macmini2018


















メモリは2スロットアプグレードが可能です。しかも、脱着は簡単そうです。ここは、最小の8GBを購入して、32GBや64GBにアップグレードするのがお勧めです。Vintage Computerでも近日対応メモリを発売予定です。
画像からはちょっとよくわからないのがSSD。オンボードのようにも見えますし、別体のようにも見えます。これは、もう少し情報が出てくるのを待つ必要がありそうです。今後に注目です。

iPad Proは、ホームボタン廃止、USB-Cポートの採用、New Apple Pencilあたりが注目ですね。Apple Pencilは磁石で本体に固定でき、そうすると充電されるというのがたまらなく便利。
シャッター音が消音できる米国版の iPad Proの購入代行も、近日受付開始予定です。

 

vintagecomp at 04:49|PermalinkComments(6)

2018年07月12日

ペルー旅行で紛失したiPad miniが!

今年のゴールデンウィーク期間中にペルー旅行に行きました。とても楽しかったのですが、一つだけ大失敗だったのが、旅行中iPad miniを紛失したこと。そのため、帰国後 iPad 9.7” 2018を購入しました。iPad miniよりも格段に性能が高く快適で、紛失ショックからも立ち直りました。

 紛失したのはマチュピチュのホテル。ロビー横の公共の小部屋で荷物を開いたので、そこで置き忘れたのだと思います。次の目的地で気がつき、「iPhoneを探す」で確認するとマチュピチュのホテル近くにあり、忘れたことに気がつきました。ホテルに電話しましたが、見つからないとのこと。
ホテル近くというのが、ホテルから持ち出されているのか、GPSの精度が悪いのか不明。位置は確認するたびに少しずつ違っていますが、ホテル周辺から外れることはありません。旅行者が持っていったならマチュピチュを離れるはずですが、動きません。結局、1週間ほどホテル周辺に表示されていましたが、その後、「電源が入っていないため位置を特定できない」の表示に変わりました。きっと電池切れでしょう。もちろん、「iPadを消去」をオンにしたので、電源が入ればデーターは消去されます。

それから2カ月ほど経ち、 先日この画像のメールが届きました。

 mini









充電して電源が入ったので、「iPadを消去」が実行されたのでしょう。いやー、すっかり忘れてた。しかし、どういうことなんでしょうね。

1. どこかの隙間に入り込んで、ずっと発見されなかった。ついに発見され、充電した。
2. 誰かが持ち出して、そのまま保管。ほとぼりが覚めた今、充電した。 

さよなら、私のiPad mini!

vintagecomp at 14:25|PermalinkComments(0)

2018年05月19日

iPad 2018 レビュー

ペルーより戻ってすぐにiPad 2018を購入しました。iPad mini 4を紛失してしまったためという、情けない理由でしたが、ともかくも2年半以上ぶりのNew iPadとなりました。その後、インフルエンザにかかったりと、寝たきりの生活でもiPad 2018は大活躍。ここまでのレビューです。

これまで使っていたiPad mini 4だって、いまだに現役機種。そこまでの性能差はないかもと思いましたが、実際はその性能差、快適性はかなり違いました。
 iPad mini 4では、大型のAppをいくつか立ち上げていると、動画を再生できなかったり、AirPlayがうまく動作しなかったりということが起きていました。そのため、Appの立ち上げすぎには注意を払っていました。iPad 2018では、多数のAppが立ち上がったままでも、全然問題なく動作してしまうので快適ですね。
大きな画面も、やはり快適。

こうなると、 iPad mini 4に対して不利なのは大きさや重さといった物理的な面だけになります。こればっかりはどうしようもないですが、入手直後裸で使用していた際は、重さはあまり気になりませんでした。
傷がつくのも嫌なので、その後背面も覆うスマートカバータイプのサードパーティー製のカバーを購入。これで万全!と思ったのですが、これつけたら格段に重くなってしまいました。本当に信じられないくらい重さを感じます。これが今一番の不満ですね。裸に戻すか、別の方法でガードするか、悩み中です。

iPad mini 4をお持ちの方は、いまだに最新機種ですし、あまり買い替えの意欲がわかない方が多いかもしれません。 しかし、すでに発売後2年半あまり、エントリーモデルの無印iPadと比べても、その性能差は歴然です。そろそろ買い替えを考えても良いかもしれません。

vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(2)

2018年05月11日

iPad 2018 を購入

全く予定になかったのですが、突如 iPad 9.7” 2018 を購入しました。
実は、お休み中ペールー旅行でiPad mini 4を紛失してしまったのです。私のiPad 歴は、iPad 1st Gen, iPad 2, iPad 3rd Gen, iPad mini,  iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4 とほぼ毎年購入していました。いずれもCellularモデルです。しかし、2015年秋にiPad mini 4を購入以来miniのニューモデルが出ず現役モデルのままで2年半使い続けてきました。それほど大きな不満もなく、今しばらく使うつもりでペルーに持って行きました。
マチュピチュ観光を終え、4時間ほど離れたクスコに戻りました。クスコのホテルで iPad mini 4がないことに気がつきました。早速、「iPhoneを探す」を実行。マチュピチュにあります。

やってしまいました!!!

早速、ホテルとツアー会社に電話。結局ホテルでは見つからず、もし見つけたら私とツアー会社に電話してくれることにはなりました。
現地で、GPUの精度があまり良くないことには気がついていました。なので、地図が指す場所はホテルの位置そのものではないのですが、まだホテルにある可能性大です。 現地に行けば、多分見つけられそうですが、すでに遠くにいますし、さらに遠方に出発します。初めて紛失モードを使います。

 Find




「見つけた方は、XXホテルのフロントに届けてください」という英文を表示しました。また、サウンド再生もしてみます。2日ほど様子を見ましたが、場所は動いていません。観光客が持って行ってしまったのなら、動いて行くはず。もしや見つかるのではと期待したのですが、駄目でした。意を決して、「iPadを消去」を行いました。

そんなわけで、旅行は楽しかったですが唯一の失点でした。しかし、考えてみればもう2年半以上も使っているし、買い替えても良い時期です。WWDCでNew iPad Pro発表の噂もあり、そこまで待とうかと思いましたが、思い直しました。私の用途といえば、

1.  カウチネット、SNS
2.  eBookの読書 
3.  動画の視聴
4. ハイキング時のGoogle Mapチェック
5. 日本滞在時等にApple SIMによる高速ネット接続母艦 

などです。これなら、Proは全く不要。3月に出たiPadはコスパ的にかなり良いので、即決しました。早速、使っております。持ち運びを除けば、iPad mini 4よりもずっと快適ですね。

vintagecomp at 09:10|PermalinkComments(0)

2017年08月24日

iPad 9.7"用処分超特価品

正直売れ残りの処分特価品です。とは言え、最新モデルにも対応していますので、なかなかのお買い得です。

ScreenPureiPadAir















BodyGuardz ScreenGuardz Pure for iPad 9.7" $59.95 1,980円

元々はiPad Air用です。しかしフロントのサイズは、何とiPad Air, iPad Air 2, iPad Pro 9.7", iPad 5th Gen でずっと変わっていないんですね。これらの機種、全てで使用可能です。
メーカーのBodyGuardzでは、BodyGuardz Pure の名称で$59.95で販売中です。ScreenGuardzが抜けていますが、実は同じ製品です。
最近はこの種の製品は安い物も多いですが、プレミアムガラスプロテクターということで、高品質な製品です。

最新モデルにも対応しているというのに気がついていなかったので、もう販売は無理かと思っていたのですが、最新モデル対応でこの価格ならお得ですね。


vintagecomp at 05:27|PermalinkComments(0)

2017年08月19日

iPhone, iPad 購入代行 10%引きクーポン

新型iPhoneの発表も間近になってきました。

毎年、大好評のiPhone 米国版の購入代行、今年も全力で臨む予定です。カメラのシャッター音が、消音や音量調整が可能なのが人気の秘密です。

この購入代行、毎年発売後3ヶ月ほどはご注文が殺到します。その後は、だんだんと落ちつていき、徐々に少なくなっていきます。ところが、不思議なことに8月から9月前半の新型発表直前に、少しですが盛り返しがあります。
これは、モデル末期の安定した製品がほしいということなのか、あるいは手に入るうちにうちにということでしょうか。
大抵、新型が発売されると従来機種は旧型継続販売となるのですが、容量や色が絞り込まれることがあります。

そこで、今月いっぱいiPhone, iPad 購入代行が10%引きになるクーポンをご提供します。

iPhone7Plus












クーポンコード:iPhoneiPad201708
期間:8月31日(木)まで(日本時間)


iPhone 購入代行
iPad 購入代行

お会計画面のクーポン欄に上記コードを入力ください。10%引きが適用されます。

24










iPhone 7, 7Plus だけでなく、SE, 6s, 6s Plus、さらにはiPadも対象です。
ただし、初代iPhoneなど、中古品は対象となりません。

買い時は、人によりそれぞれ。今が買い時とお考えの方にはビッグチャンスです。


vintagecomp at 05:31|PermalinkComments(0)

2017年06月24日

iPad Pro のシャッター音

SIMフリーの日本仕様iPadがなかった頃、米国版SIMフリーiPadのご注文を、それはたくさんいただきました。しかし、日本仕様SIMフリー発売以降、当然ながらごく限られたご依頼しかいただいておりません。

iPhoneについては、SIMフリーの日本仕様が出てからも、まだかなり多くのご依頼をいただいています。理由は、カメラのシャッター音。日本版はシャッター音が消せずに極大な音がなりますが、米国版は消したり音量を調整できます。この需要、意外なほど根強いですね。
iPadについても、シャッター音に関しては同じです。人気の差はなんなのかと言えば、従来iPadのカメラはiPhoneより性能が低く、おまけ的な側面があったからではないかと思います。また、iPhoneは常に持ち歩きシャッターチャンスを逃しませんが、iPadは必ずしもいつも持ち歩くデバイスではありません。両方持っていれば、迷わず性能が良いiPhoneで撮影しますよね。

しかし、新発売のiPad Proは、iPhone 7と同等のカメラ性能を持っています。また、性能も上がって、これ一台で何でもこなせる状況にもなってきており、常に持ち歩きする人も増えているのではないでしょうか。そうなると、カメラもおまけ機能ではなくなってきますね。新型iPad Pro、オーダーする前に、シャッター音について一考してみてはいかがでしょうか。

シャッター音の消音、調整ができる米国版iPad Proの購入代行、受付中です。

iPadPro105












iPad Pro 10.5インチ米国版
iPad Pro 12.9インチ(Gen 2)米国版

12.9インチは品薄のようですが、10.5インチはだいたい在庫ありのようです。


vintagecomp at 04:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月17日

iPad Pro 10.5インチがWWDCで登場!?

3月にも噂が出ておりましたが、この時に出たのは無印9.7インチのみ。出なかったiPad Pro 10.5インチが、6/7開幕のWWDCで発表との噂が上っております。

iPad Pro 9.7インチは妻が欲しがっていますが、ニューモデルの噂で買い控えておりました。Apple Pencilが魅力なんだそうです。Smart Keyboardも付けて、脱MacBook Proを目指しているのだとか。もちろんノートブックが不要になるわけではないのですが、メインをiPad Proにして、常に持ち歩きたいそうです。10.5インチが出たら、買ってしまいそうです。

噂では画面が大きくなる分ベゼルが小さくなるとか、解像度が上がるとかそのままとか、性能は当然ながら上がってくるわけですが、それ以上の何かを期待したいところです。

もう一つ、Siri スピーカーの登場も噂されていますが、こちらはどうでしょうかね。私自身は、iPhoneやMacでもSiriをほとんど使っておらず、ちょっと関心は低いです。まずはSiriの完成度を高める方に注力してもらって、その後にSiri スピーカーを出してもらいたいところです。


vintagecomp at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月21日

日本でApple SIMを使ってみた

臨時休業中は、冠婚葬祭の関係で日本に滞在していました。日本で再度Apple SIMを使ってみたので、レポートします。
前回2月に日本滞在した時も、iPad mini 4 Apple SIMでauのデーター通信を使いました。1か月、1GBで1500円+消費税というのは大変リーズナブルで一時帰国にはぴったりのプランです。今回も同じように使おうと思ったら、前回はau一択だったのが、今回はsoftbankも選べるようになっていました。内容は、auとほぼ同じです。
20160908-1










せっかくなので、今回はsoftbankを使ってみようと考えました。auもsoftbankも使用方法は同じで、最初にアカウントを作ります。アカウントができて、初めてデーター通信を購入するという二段構えになっています。前回auでは、10分ほどでアカウントが開設、チャージして15分で使えるようになりました。

アカウントの開設手続きを終えると、「10分後に端末を再起動してください。」との表示が出ました。表示通り、10分後に再起動してみましたが、softbankのアカウントが表示されません。
30分経ってもアカウントは表示されません。これはおかしいと思い、softbankのサポートに電話してみました。出てきた女性は、
「え、Apple SIMですか??? softbankの端末をお使いではないのですか?」
と、なんとも頼りない答え。しばらくお待ちくださいとなったので、詳しい人に変わるのかと思ったら、やはり同じ人が出ました。サポートマニュアルでも持ってきたんでしょうか。
結論としては、
「アカウントは正常に開通している。端末に表示されないのは、もうしばらく待ってもらうしかない。使い方やSIMの問題かもしれないので、それについてはAppleに相談してほしい。」
でした。

いやいや、もう1時間も経つのに、それはないでしょう。埒があかないので、今回もauで使うことにしました。即、使用可能になりました。softbankで悪戦苦闘したのが馬鹿みたい。
やっぱり、Apple SIMのauは快適と使っていて、ふとアカウント表示を見るとsoftbankが表示されているではないですか。やはり、単に時間がかかっていただけでした。
しかし、来日してすぐに使いたいのに、こんなに時間がかかるのはいただけませんね。たまたま今回時間がかかっただけなのか、softbankは時間がかかる傾向があるのかはわかりませんが、もう次もauです。

さて、前回のApple SIMでの問題。Macにテザリングしたら、1GBがあっという間に消費されてしまったことがありました。自分なりに、Mailのimapが原因ではないかと目星をつけて、imapアカウントをオフにしましたが、今回もあっという間に1GBが溶けてしまいました。原因は、写真エージェントによるフォトストリームのようです。アクティビティモニタで見るとあっという間に500MBほど消費しています。とはいえ、1GBに到達していないので、やはり謎は残るのですが。Macのテザリングを中止したら、十分に使えました。次回以降もちょっと不安が残りますね。

vintagecomp at 07:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年03月31日

iPhone SE, iPad Pro 9.7" 発売直前情報

これを書いている今、こちらは米国西海岸時間で3/30です。すなわち、iPhone SE, iPad Pro 9.7"の発売前日です。

iPhoneSE
















新型iPhone 発売となると、オンラインでのオーダーでは予約開始直後、数分以内に注文しないと発売日に受け取れないというのはザラです。あまり人気のないモデルでも30分以内はマストでしょう。それを過ぎると、すぐに2-3週間、またはそれ以上の待ちとなるのが常でした。また、店頭では発売後しばらくは長い長い行列になるのが常でした。6sでは予約制にして超長い行列は無くなりましたが、それでもそれなりの行列となっていました。
iPadは以前は同様でしたが、昨今はそれほど厳しい状況にはなっていません。とはいえ、昨秋のiPad Pro 12.9"の際は、当初入手難に苦しみました。

今回、新型iPhoneとはいえ、旧筐体のエントリーモデル。iPhone 6や6s発売時ほどのクレイジーな状況にはならないと思いますが、どれほどになるのか予想が難しいところ。発売のちょうど24時間ほど前のオンラインの状況を確認しました。オンラインのオーダーで、フリーシッピングで到着がいつになるかです。
まず、日本版と唯一の同モデルで最強iPhone SEのSprint版をチェックします。

Sprint版
16GB 全色  4/5〜4/7
64GB
シルバー    4/15〜4/20
スペースグレイ 4/15〜4/20
ゴールド    4/5〜4/7
ローズゴールド 4/5〜4/7

64GBのシルバーとスペースグレイのみ4/15〜4/20、つまり2-3週間待ちですね。おそらく、オンライン分は完売で、次のロット待ちということかと思います。
他のモデルは4/5〜4/7ですが、おそらく在庫ありということでしょう。先行予約分の発送が優先されるので、少し時間がかかるということではないかと思います。

では、米国公式SIMフリー版はどうでしょう。

米国公式SIMフリー 全モデル 4/15〜4/20(2-3週間)

どうやら、全モデルすでにオンライン分は売り切れのようです。

ちなみに予約受付中のSprint版は、キャリア契約なしで購入できるのは店頭のみですので、上記のオンライン日程は直接は関係ありません。店頭販売分はオンライン分とは別に在庫を用意しているはずです。とは言え、同様の人気となるでしょうから、入手のしやすさも同様になると思われます。なお、今回はiPhone 6sのような店頭販売のオンライン予約はありません。行列はあるのか?

続いて、iPad Pro 9.7" です。こちらは全モデル4/6〜4/8となっていました。
iPhone SEより微妙に1日遅いですが、これもまだ在庫ありだと思います。iPhoneの発送を優先しているのか、もしくは発送場所が異なるからか。こちらの入手は、それほど苦労しないのではないかと期待しています。

発売後にわかってくることも多いと思いますので、情報を入手次第、こちらにアップします。また、情報収集や買い付け対応もあり、今週のVintage Computer チャンネルはお休みさせていただきます。


vintagecomp at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月01日

iPad Pro Wi-Fi + Cellular 128GB 即納品

サンクスギビングの四連休が明けました。本日(米国時間11/30)より営業再開です。

iPad Proは、販売の絶対数は限られると思いますが、話題性はかなり高いようです。
発売から半月以上が経過しましたが、未だにかなり品薄です。特に、Wi-Fi + Cellularはj実ストアでもほとんど入荷がありません。入荷しても、即売り切れ状態となっております。iPhone 6sの発売直後よりも、むしろ入手難と思えます。

Vintage Computerでも、購入代行を承っておりますが、ご注文いただいたお客様にはお待ちいただいておりました。そこで、ストアでの確保だけでなくオンラインでの確保と両面で入手を試みておりました。本日、何とか長くお待ちいただいていたお客様への出荷を完了しました。 

ストアとオンラインの両面張りをした関係で、一台多めに入荷してしまいました。そこで、即納品として特価販売いたします。

iPadProSG

















iPad Pro Wi-Fi + Cellular 128GB 米国版 SIMフリー スペースグレイ 即納 178,000円
 169,800円

米国版ですので、シャッター音の消音と音量調整が可能です。また、Apple SIMが付属します。
Apple SIMで、即auで利用することも可能ですね。1台限りですので、ご希望の方はお早めにお願いします。


vintagecomp at 06:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年11月25日

開通済みのApple SIMはiPhoneで使えるか?

米国は、11/26(木)からサンクスギビングの四連休です。Vintage Computerもお休みをいただきます。
日本時間で、11/25(水)いっぱい、または26日の午前2時までにご注文、お支払いいただくと、在庫のある商品は当地の11/25に発送させていただきます。それ以降は、11/30(月)以降の発送となりますので、お買い物の予定がある方はぜひお早めに。


11/18のエントリーで、開通済みのApple SIMはiPhoneで使えると書きました。つまり、Apple SIMをiPad Air 2, iPad mini 3, iPad mini 4, iPad Proで通信契約を行った後、iPhoneや非対応のiPadでも使えるというわけです。

これは、T-Mobileで検証を行った際にはiPhoneでも使えたので、そのように記載しました。しかし、これはキャリアによって異なるという落とし穴が。

お宝さんによると、残念ながらau開通後のApple SIMはiPhoneでは使えないことが報告されています。圏外と表示されてしまうそうです。誰でも考えることは同じですね。お宝さん以外でも、同様の結果でした。
う〜ん、これは残念。日本一時帰国に、iPadとiPhone両方使おうと思っていたのに。まーでも、iPadで利用できるのが非常に便利なのは変わらないので、次回の一時帰国ではたっぷり使う予定です。



vintagecomp at 08:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年11月20日

iPad mini 初代 程度良好中古品販売中!

こちらで販売中です。

iPadminiBox











iPad mini 64GB ホワイト Verizon版 SIMフリー 元箱入り中古品 24,800円

64GBのセルラーモデル(当時の最強スペック)にしても、初代でこの価格はちょっと高いと思われるかもしれません。
日本版と同じA1455で、SIMフリーでシャッター音も消音可能です。現行のiPadは日本でもSIMフリーモデルが購入できますが、当時日本版にはSIMフリーがありませんでした。
元箱入りで欠品なし、チャージャーとケーブルは未使用です。ボデイはフィルムで覆われているし、スマートカバーも使っていたので、程度はかなり良好です。
この価格、むしろお買い得ではないかと思います。

そう言えば、最近のiPad関連でこちらの記事が気になりました。

iPadの悩み…4年前から買い替えない人も大勢います!

iPad 2や初代iPad miniを使っている人がまだまだ多く、その理由はこれらのモデルで十分実用的だからということでした。確かに、初代iPad miniはデザイン的には最新モデルとほとんど変わりないですし、最新機能は搭載されていないものの、特に不便はありません。
またRetinaでないのが弱点といえば弱点ですが、miniは元々画面も小さいので、画面の荒さは目立ちにくいです。

セルラーモデルならLTE対応は欲しいところですが、販売中のiPad miniはLTEにも対応。安価で実用的なセルラーモデルのiPadが欲しければ、かなり狙い目だと思います。



vintagecomp at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月18日

Apple SIM パートナーにauが追加!

遂にApple SIMが日本でも使えるようになりました。auがApple SIM対応となりました。発表によると料金も、1GB毎に1,500円とリーズナブル。通信料が多くない方は、これで節約できると喜んでいらっしゃる方も多いでしょう。
しかし、本当に喜んでいるのは私のような海外在住の日本人です!

AppleSIM











これまで、日本に一時帰国の際は通信環境を整えるのが大変。結局、一番確実な方法がポケットWi-Fiの利用でした。しかし、受け取りや返却も面倒だし、それなりの費用がかかります。
iPadの端末上でプリペイドプランの契約が可能となるので、超便利になりますね、1GBで1,500円なら、滞在先のWi-Fiも利用すれば、1回の滞在で1,500円で足りるんではないかと思います。足りなくても、簡単にチャージできるので安心です。もちろんLTE対応。

また、テザリングができるかも心配になりますが、こちらによるとテザリングにも対応とのこと。

この種のサービスって、海外在住者には落とし穴があったりしますが、
〜Apple SIMをセットしたiPadで日本へ渡航の際、auをお選びいただけるようになります。〜
となっていますので、大丈夫でしょう。これは、完璧です。

Apple SIMですが、使えるのはiPad Air 2, iPad mini 3, iPad mini 4, iPad Proに限定されています。iPhoneに挿しても、使えるようになりません。しかし、一旦対応iPadで通信契約を行った後なら、iPhoneや非対応のiPadでも使用できるそうです。
なので、2つのSIMで通信契約を行って、iPadとiPhone(データーのみ)で使うことも可能ですね。

11/23追記 これは、キャリアによって異なるそうです。auでは残念ながら使えず、T-MobileやGigskyでは使用可能です。

いやー、これは素晴らしい。年明け早々に一時帰国を考えているので、早速活躍しそうです。ポケットWi-Fiとは、おさらばです。


vintagecomp at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月13日

iPad Pro 見てきました

本日、アップルストアでiPad Pro を見てきました。

わかっていたはずなんですが、実物を見るとやはり驚きのデカさでした。

iPadPro1











あまりのでかさに驚いて、比較の物を一緒に写すのを忘れてしまいました。これじゃよくわかんないですね。とにかくでかいです。
それで、アイコンの個数は同じなので、アイコンのでかいこと。

iPadPro2














パソコン的に使えるかの鍵となるのが、このスマートキーボードでしょう。これだけでかいので、当然フルサイズのキーボードで使いやすそうです。
で、実際にタイプしてみると・・・ う〜〜ん、なんか微妙。キータッチが硬くて、Mac的なタッチを期待すると裏切られます。キータッチはなかなか微妙で、ちょっと触った時にはイマイチでも、しっかり文章を書いてみると案外良いということもあります。ですが、第一印象は、あまり良くなかったですね。

さて、アップルストアで在庫を聞いてみましたが、32GB ゴールドのWi-Fiが僅かにあるだけとのことでした。オンラインでも、セルラー128GBはすでに1〜2週間待ちになっています。予想以上に売れているということなんでしょうか。
個人的にはベストiPadは、iPad miniですが、逆に欲しい人にはこのでかさが魅力なんでしょうね。

シャッター音が消音可能な、米国版iPad Proの予約受付中です。

iPadPro
















iPad Pro 米国版予約販売 131,000円〜





vintagecomp at 11:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年09月23日

iPad mini 4の純正カバー

iPad mini 4を購入したわけですが、まず必要になるのがケース・カバー。せっかくのiPadに傷をつけては悲しいので、ケース・カバーを付けてから使い始めたいところ。
iPadのケース・カバーについては、初代から純正を使い続けていました。ちょっと高いけど、やはり純正のフィット感、安心感は格別です。
これまでのiPad mini 2では、カバーとケースが一体になったスマートケースを使っていました。

今回は、アップルストア店頭で購入したので、純正カバーのコーナーを見に行きました。スマートケースは、初代〜iPad mini 3用はありましたが、iPad mini 4用はありません。

iPad mini 4用は、スマートカバーとシリコンケースしかありませんでした。スマートケースがないのは、スマートカバーとシリコンケースを両方買わせようという腹か、それともまだできていないのか?

スマートカバーの値段は$39(日本価格 4,500円)。まぁ、これはいい。ところが、シリコンケースの値段が$59(日本価格 7,800円)!!!
両方で$98
(約12,000円)、セールスタックスを入れると軽く$100越え(約13,000円)。初代〜iPad mini 3用のスマートケースは$69です。さすがにアップル信者の私も、これには参った。純正ケースは、見送りです。

とりあえずの策として、初代〜iPad mini 3用のスマートケースが使えないか試してみました。薄いのでブカブカだろうと思いましたが、予想に反してキツキツ。なんとか入って、使えないことはなさそうな雰囲気。でも、カバーを閉めてもスリープしないし、スイッチ類も押しにくい。さらに、不意に外れてしまうことも。やっぱりダメです。

そこで、某量販サイトでiPad mini 4用のケースを探しました。たくさん出てきますが、ほとんどは近日発売です。即発送可のスマートケースタイプのものを選びました。明日には届くはずです。

_SL1500_



















しかし、その価格がなんと$5.99(約720円)。セールスタックスを入れると、なんと純正比18分の1の出費です。

本当は、ある程度品質の高いものが欲しかったので、もうちょっと高いものを選びたかったのですが、なにしろこれしか発売されていませんでした。

純正品もサードパーティー製も、驚きの価格でした。


vintagecomp at 05:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年09月22日

iPad mini 4 買いました

先日の、Apple スペシャルイベントで発表された製品群。私が購入意欲をそそられたのは、以下の製品です。購入したい順に

1. iPhone 6 Plus (9/25発売)
2. Apple TV (10月発売予定)
3. iPad mini 4 (発売済み)

iPad mini 4は、9/9の発表直後に発売となっていましたが、店頭に並ぶのには1週間くらいかかったみたいです。優先順位が一番下でしたが、我慢しきれずに買っちゃいました(笑)。今まで持っていたのがiPad mini 2ですから、タイミングとしては悪くないでしょう。

では、早速開封の儀。

IMG_8039














IMG_8040













IMG_8042













買ったのは、セルラー 128GB シルバー。

ぱっと見の外観は変わらず。でも、薄く軽くなっています。早速、iPad Air 2 かiPad mini 4かiPad Proにしか対応していない、Split View とピクチャ・イン・ピクチャを試してみました。
確かに、アプリケーションを同時にフルに開いておけるのは、作業上の効率化に優れています。仕事に使うには、かなり便利でしょうね。
しかし、私にとってiPadはお仕事マシンではなく、閲覧デバイス。あんまり、魅力は感じない機能ですね。

次にピクチャ・イン・ピクチャ。確かに面白い機能ですが、小さい動画を見ながら、他のAppを操作するなんて、正直そんな使い方したくありません。ちゃんと集中しなきゃ。

他に新しくなったところとしては、メモリが1GBから2GBに倍増しています。さすがにこれは大きい。これまで、動画ソフトとビューンを同時に開いてAir Playを使うと、動かないことがありましたがiPad nini 4なら大丈夫そうです。

というわけで、新機能には期待していない方でも、ハードもしっかり進化しています。やっぱりApple製品となんとかは、新しいに限りますね。


vintagecomp at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月30日

iPad 5歳の誕生日

1月28日は、iPad 5歳の誕生日でした。2010年のこの日、アップルスペシャルイベントでiPadが発表されました。1月24日はMac 31歳の誕生日、1月9日はiPhone 8歳の誕生日と、今月は誕生日ラッシュです。

ipad
















ジョブズは、病気によるやつれが見えますが、まだまだ眼光は鋭いですね。この時は、元気な様子で安心したんですが・・・

先日発表された10月〜12月の四半期決算で、アップルは過去最高の売り上げと利益を記録しています。そんな中、iPadの売り上げは昨年比22%も落ちています。これは、既にiPadが完成されており、特に昨年のモデルチェンジが非常にマイナーだったためだと思います。実際、iPad大好きで片時も手放さない私でも、買い換えはしませんでした。今後、フルチェンジは2年に1回程度でも良いのではないかと思います。
というわけで、今年のモデルチェンジは期待したいですね。


vintagecomp at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月17日

iPad Air 2, iPad mini 3 登場!

今回のApple Special Eventでは、iPad 2, iPad mini 2, iMac with Retina 5K display, Mac miniが登場しました。Apple Payは10/20より、Apple Pay対応のiOS 8.1も10/20より、OS X Yosemiteは本日リリースとなりました。

キャッチコピーの It's been way too long.(超お待たせしました)の真意は何だったのか、イベントでは明示されませんでしたが、やはりiMac with Retina 5K display でしょうね。10/15のエントリーの予想が正解でしたが、直前の昨日のエントリーで、やっぱりApple Payじゃないかと予想しましたが、こっちは外れでした。
Mac miniも地味にアップデートしましたが、ストレージが2.5インチドライブとPCIe SSDの2つになりました。このPCIe SSDは、MacBook Pro Retinaと同じか?多分同じじゃないかと思います。
また、11ac対応になり、これが旧型Mac miniに使えるか、個人的には一番興味深いアップデートです。

さて、iMac with Retina 5K displayも目玉の一つでしたが、やはり主役はより薄くなったiiPad Air 2だったと思います。iPad miniもアップデートされてiPad mini 3となりました。

これまで、初代iPadからSIMフリーiPadを販売してきました。日本版は、SIMロックされていたので、大変好評でした。しかし、今年の7月より日本でもSIMフリーのiPadが発売されました。これにより、米国版SIMフリー iPadのご要望はほぼなくなったのではないかと考えています。
しかし、同じくSIMフリー仕様が発売されたiPhone 6でも需要がなくなるかと思いきや、シャッター音の消音と音量調整が可能ということで、予想に反して根強いご要望がありました。

iPadでも、日本版はシャッター音が最大音量で鳴りますし、米国版は消音可能です。とは言え、iPhoneはカメラの役割がとても大きいですが、iPadはカメラの役割はオマケ程度と考えている方が多いのではないでしょうか。SIMフリーを狙っている方は、シャッター音が気にならなければ、率直に日本版のSIMフリーを購入するのが良いと思います。
ということで、やはりiPad SIMフリー米国版のご要望は、やはりほぼないんじゃないかと考えています。しかし、新型はカメラ機能はかなり充実していますし、iPhoneで予想を外した経験もあるので、念のため販売ページを用意しました。

iPadmini3
















iPad Air 2 6米国版 SIMフリー 予約販売
iPad mini 3 米国版 SIMフリー 予約販売


10/16発表で、予約開始は10/17,発売は来週末です。予約は翌日といっても、実際は半日後ですね。これ書いている時点で、あと5時間半です。もし、欲しい方がいらっしゃいましたら、すぐにご予約いただければ、オンライン発注で確実に発売日に入荷します。
しかし、実際欲しい方、いるのかな〜?


vintagecomp at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月25日

ClamCase Pro for iPad Air が遂に発売!

この製品は、当初の発売予定は確か2月だっと思います。iPad mini(Retina)用も含め、発売は延び延びになっておりました。4月になり、iPad mini(Retina)用が発売され、かなりの人気商品となっております。そして遂に、やっと、iPad Air用が入荷しました。

ClamCaseProAir















ClamCase Pro for iPad Air ¥24,800

ヒンジが360度回転するので、上写真下側のように、タブレット感覚でも使えます。
キーボード側は、アルミ削りだし。まさにUnibodyです。類似製品と比べ、圧倒的な質感です。

best-ipad-air-keyboard-case










スタンドとしても使用可能。

clamcase-pro-ipad-air-case-stand













Vintage Computerには限定数入荷しましたが、メーカーサイトでは、未だにPre-orderと表示されています。やはりタマ不足なんですね。iPad mini用の時も、しばらくは在庫が完売して次回入荷までに時間がかかってしまいました。安定供給までには、1ヶ月以上かかりました。
今回も、初回入荷分が完売すると、次回まで時間がかかることが予想されます。ぜひ、お早めにお申し込みください。


vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月04日

SIMフリー版iPad が日本で発売!

大手新聞系のWEBサイトでも報道されておりましたが、SIMフリー版のiPad Air, iPad mini Retina が日本で遂に発売となりました。

iPadAirmini



















アメリカでは、初代発売時からSIMフリーでしたが、日本ではこれまで
SIMフリー版は販売されていませんでした。主要3キャリアが扱うようになりましたので、SIMロックにする必然性が薄くなったためでしょう。
これまでは、各モデルかなりの数の米国版SIMロックフリーiPadを販売させていただきました。どうやら、この需要も終了となりそうです。

さて、iPhoneの方は一足早く、2013年11月末にSIMフリー版が日本でも発売されました。これで、米国版SIMフリーの需要は完全に無くなるかと思いました。もちろん、大幅に少なくなったのですが、いまだに時々ご依頼をいただきます。理由は、日本版はシャッター音を消せないためです。
もちろん、iPadでも日本版はシャッター音を消せず、米国版は消せるという違いがあります。しかし、iPhoneでは写真を撮る頻度が非常に多いと思いますが、iPadではかなり限られると思います。そう考えると、割高な米国版SIMフリーiPadを欲しいという方は、ほとんどいらっしゃらないと考えております。

もし、割高でも欲しいという方がいらっしゃいましたら、コメント欄に理由と共にお知らせ頂ければと思います。現状は、今後米国版SIMフリーiPadの取り扱いは終了する予定です。

初代iPad以来ずっと販売してきましたが、発売直後は端末を確保するのがかなり大変でした。加えて、昨今は取扱店も増えて販売価格も下がっていましたので、寂しい反面、実はホッとしている面もあります。
これからは、ますますMacに注力できそうです。

7月4日(金)は、米国独立記念日のため、お休みをいただきます。


vintagecomp at 10:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月14日

iPad用のお手頃キーボード

iPadで入力作業を多くやる方は、ソフトウェアキーボードでなく、別体のキーボードを使用した方がずっと快適になります。私も、今ClamCase Pro iPad miniを使用していますが、なかなか快適です。
ClamCase Proは圧倒的な質感の高さが魅力ですが、お値段は高めです。特に、最新モデルでないiPadにはそれほどのコストをかけられない方が多いのではないかと思います。

そこで、iPad 2/3/4にお薦めなのが以下3点です。

UltrathinWH234




















Logitech Ultrathin Keyboard Cover iPad 2/3/4 ホワイト
 ¥3,980

UltrathinRD234


















Logitech Ultrathin Keyboard Cover iPad 2/3/4 レッド ¥3,980

カバー、キーボード、スタンドの一台三役です。カバーとしてiPadと一体化して持ち運べるのが魅力ですね。
メーカー価格は9,505円(税別)ですが、こちらはリファビッシュ品(メーカー再生品)のため、大幅にお買い得になっています。リファビッシュ品は、初期不良品などをメーカーが整備を行い、新品に準ずる性能を確保した製品です。現品を確認しましたが、外観もほぼ新品同様です。

この種の製品は、どうしてもキーピッチが小さめとなるので、キータッチにこだわる方は別体のキーボードを利用するのが有利です。

KB450USW















Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード for iPad ¥2,580 ¥1,980

格安キーボードとなりますが、純正よりやや硬めのキータッチはフニャフニャ感がなくなかなか良い感じです。拡張ファンクションキーもiOS対応で、iPadのどのモデルにも最適です。
持ち運びがiPadと別になりますが、格安なのを活かして、自宅とオフィスに1台ずつというのも良いかも知れません。

特に、メールの処理には威力を発揮しますね。これで長文メールも苦にならなくなります。iPadの活躍の場が更に広がります。


vintagecomp at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月21日

CenDyne Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード

取り扱い開始しました。

KB450USW
















CenDyne Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード for iPad/Mac 2,580円


Apple純正風のデザインで、この価格が魅力です。純正のApple Wireless Keyboardは、6,800円ですからね。
気になるのは、実物はチープな感じがしないのかと、キータッチなどの使い勝手も悪くないかだと思います。

Apple Wireless Keyboardと並べて、写真を撮ってみました。(クリックで拡大)

2kb















上がCenDyne Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード 、下がApple Wireless Keyboardです。
実物を並べてみても、サイズはほぼ同じ(CenDyneが奥行きが小さい)で、質感もそれほど遜色ありません。細かい部分を見るとやはり純正に軍配が上がりますが、この価格でなかなか良い出来だと思います。単体で見たら、純正品かな?と思うくらいです。

裏面です。(クリックで拡大)

KBback









こちらの見栄えは大分手を抜いた感じ。普段は見えないからと割り切れば、あまり欠点にはなりません。電池は、単4 2本。On/OffスイッチとBluetooth 検出スイッチがあります。
純正はデザイン重視で、押しボタンスイッチ一つしかないので、よく理解していないと使いにくいですね。本品は、その点原始的な分、使いやすいです。

iPadなどiOSで使う場合は、ショートカットキーがApple Wireless Keyboardよりも多く、便利に使えます。このキー配列、どっかで見たようなと思ったら、昔純正として販売されていたiPad Keyboard Dockと同じでした。Home、検索、ソフトウェアキーボードキー、スクリーンロックも、キーボードから一発操作できます。iPadで使う分には、なかなか便利です。

キータッチは、Apple Wireless Keyboardよりも若干固めでしっかりした手応え。

Macでも普通に使えますが、一点だけ問題があります。escキーの位置は、印字もHomeマークだけで、escの表示はありません。その表示通り、escキーとして働きません。キャンセル操作が必要な場合は、マウスで操作したりなどが必要となります。

iPadで使うのが一番と言うことですね。escキー無しでも気にならない方は、Mac でもどうぞ。


vintagecomp at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月16日

ClamCase Pro for iPad mini再入荷、iPad 2/3/4用も販売開始!

ClamCase Pro for iPad mini (Retina) だ大人気です。大人気ゆえ、売り切れになってしまいましたが、再入荷しました。

ClamCasePromini
















ClamCase Pro for iPad mini (Retina) ¥19,800

再売り切れにならないうちに、お早めにお求めください。

iPad Air用ですが、こちらは今月中に発売の見込みです。延び延びになっているので、今回も延期されないと良いのですが。

本品の類似商品は色々ありますが、圧倒的な質感の高さと、それにより全くの別物に生まれ変わってしまうと言う点が人気の秘密だと思います。
こういう高めのアクセサリーは、最新機種でこそ使用される物という感じもしますが、良く考えると
全くの別物に生まれ変われるということは、旧機種でも恩恵は多いんじゃないかと思います。

そこで、iPad 2/3/4用も販売を開始しました。

ClamCasePro234















ClamCase Pro for iPad 2/3/4  ¥24,800

MacBook Airもビックリのウルトラスリムノートマシンですね。タブレットとして愛用してきたiPadを大変身させてみませんか?


vintagecomp at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

Harry

Archives