Mac

2021年09月14日

Metal対応グラボを特価販売!

いよいよ明日は、Apple Special Event。でも、当ブログではMac Proネタです。

タワー型Mac Proで、Mojaveを使う時に必須なのがMetal 対応グラボ。ユーティリティツールを使うことで、それ以降のOSもインストール可能ですが、その際もMetal 対応グラボが必須です。
Mac版のMetal対応グラボは僅かに3種類のみなので、貴重価値は高いです。


PNYQuadroK5000mac














NVIDIA Quadro K5000 for Mac 4GB  78,000円 68,000円


GTX680













EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 58,000円 48,000円

入手困難なグラボです。お見逃しなく!

vintagecomp at 12:22|PermalinkComments(0)

2021年09月11日

Mac Pro 2009-2012電源を限定特化!

Vintage Computerでは、タワー型Mac Proのパーツの品揃えが豊富です。その中でも人気なのが、Early 2009〜Mid 2010用の電源です。パワフルで拡張性の高いマシンを支える電源ですので、故障も多いようです。その電源を、限定数大特価でご提供します。

 661-5011










Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 電源 19,800円 14,800円

Mac Proをバリバリ使っている方は、故障に備えて予備で持っておかれるのも良いと思います。限定数ですので、お早めに!

vintagecomp at 09:36|PermalinkComments(0)

2021年09月10日

バックプレーンボード各種販売中!

Mac Pro Mid 2010/2012用のバックプレーンボード、ほぼ常時販売中です。Mojave対応ファームアップ済みなのが嬉しいですね。
今回、ちょっと違うバックプレーンボード2種も販売中です。まずは、Early 2009用。これもMac Pro Mid 2010相当にファームアップ済みで更にMojave対応ファームアップ済です。
そして、Mac Pro Server Mid 2010用のバックプレーンボードを特価販売中!

661-5706












Mac Pro Early 2009用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Server Mid 2010用 バックプレーンボード Mojave対応 12,800円
Mac Pro Mid 2010/2012用 バックプレーンボード Mojave対応 15,800円

Early 2009でうまくMid 2010相当にファームアップできない方もいるようですが、これに換えればファームアップ済です。
Mac Pro Server Mid 2010用と普通のMac Pro Mid 2010用の違いは何か。何も違いません。ただ一点、「このMacについて」の表示が「Mac Pro Server Mid 2010」となります。この表示が気にならなければ、単純にお買い得です!

vintagecomp at 13:00|PermalinkComments(0)

2021年08月27日

Macのメモリはどれだけ必要?-2

昨日の続きです。Intel Macでは、MacをMacらしく使う(スマホではできないことをする)のであれば、たとえ初心者でも16GB以上がお勧め。これが私の意見です。
ところが、M1 Macが登場し、エントリーモデルのはずなのにその高性能ぶりがあちこちのレビュー記事で紹介されました。しかも、メモリ8GBであってもかなりの高性能であるとのこと。プロソフトを使っても、8K動画書き出しのようなよほどヘビーな作業をしない限り、高速動作するとのこと。
ユニファイドメモリによりメモリ管理が効率的になっているため、結構ヘビーな作業でも高速処理ができてしまうようです。
これなら、上級プロ以外は8GBでOKなのでは?

ただ、多くの方が使い出したことで、やはり8GBでの弱点も見えてきたようです。【M1 Mac】徐々にわかり始めたメモリ8GBの弱点 という記事が掲載されていました。この記事でも、やはり8GBでもかなり高速というのが読み取れるのですが、メモリ不足の警告が出て強制終了させられるという現象が複数のユーザーから報告されています。その原因というは明確にはなっていないのですが、どうもRosetta2 を使用している時に発生しているように思われます。

結論としては、超ヘビーな作業はしないし、Rosetta2も使用しない(Intel版のソフトは使用しない) のなら8GBでもいけそうです。
M1 Macは後からメモリの増設はできないので、
Rosetta2もバリバリ使うとか、ヘビーなソフトを複数同時使用するというような方は、やはり16GBが良いと思います。
ちなみに、Vintage ComputerではMacBook Pro 15" 2016 16GBとM1 MacBook Air 16GBを使用しています。前者は16GBでも時折メモリ不足を体験しますが、 
M1 MacBook Air 16GBではメモリ不足を経験したことはありません。保険の意味でも、やはり16GBがお勧めです。

vintagecomp at 11:41|PermalinkComments(0)

2021年08月26日

Macのメモリはどれだけ必要?-1

Macのメモリはどれだけあれば十分か。これは使い方によるので、唯一の正解はありません。8GBで十分の人もいれば、64GBで全然足りない場合もあります。
そうは言っても、ある程度の指標があると助かりますよね。初心者ならこの程度、中級ならこれくらい、上級者ならこれ以上、といったことはよく言われます。
先日、初心者向けのMac系ブログで、Intel Macのメモリは8GBで十分と書かれていました。以下要約です。

Macのメモリは8GBもあれば十分、Adobeのソフトを駆使するようなプロなら別ですが、普通のユーザーなら8GBで十分です。「16GBをお勧め」なんて人は、メモリを買わせたいショップの回し者です。

私は常々、「8GBは最低限、初心者でも16GBはほしい」と言っています。まさに、ショップの回し者な訳ですが💦
確かに、メールとネットサーフィンを少々、くらいの使い方なら8GBで余裕です。とはいえ、これならスマホでもできてしまうことで、わざわざMacが必要ではありません。Macを使う以上は、それ以上のことがしたいじゃないですか。
わざわざプロ用のソフトを買わなくても、Macには本格的なApple純正ソフトがフリーで使えます。iMovie, GarageBand, iWork, Keynoteなどもなかなかメモリをたくさん使ってくれます。また、利用者が多いMS Officeもかなりメモリを使います。また、Safariも多数のウィンドーを開けばかなりのメモリを使います。これらのソフトを連携させて使うと、もう8GBではレインボーマークが出てしまい、作業性は極端に落ちてしまいます。このように、MS Officeと純正ソフトを使いこなすためにも16GBは必須と考えています。
いやいや初心者だからという方、上級者ならなぜ動作が遅くなったか理解してメモリ管理しながら使うこともできますが、初心者こそそんなことに気を使わずに作業したいもの。

メインマシンは別にあって、お出かけ専用のセカンドマシンなら8GBもアリかもしれません。しかし、メインマシンとしてしっかりと使うなら、やはり16GB以上がお勧めです。最近のMacは後からメモリ増設できない場合も多いので、購入時に十分なメモリを搭載しておくのが肝心ですね。

さて、以上はIntel Macのお話し。M1 Macになり、メモリ管理効率が上がったため8GBで十分という声もさらに多く聞かれるようになりました。 実際のところどうでしょう(続く)。

vintagecomp at 11:59|PermalinkComments(0)

2021年08月11日

MacBookの復活はあり?

MacRumorsによると、MacBook 12インチの一部ユーザーに対し、アンケートを実施しているとのことです。内容は本体サイズ、機能、変更して欲しい項目といった簡単な内容とのこと。
MacBook 12インチと言えば、2015年に登場した超軽量Macノートブック。一部ユーザーには重宝されたものの、2019年にMacBook Air Retina Displayと入れ替わる形でディスコンとなっています。おそらく復活はないのではと思っていましたが、Appleは復活を検討しているということでしょう。

MacBook 12インチの短所といえば、まずはUSB-Cポートが一基しかない事。ACアダプターを繋いだら終わりです。となるとハブが必須ですが、やっぱり2ポートは欲しい。
それから、 CPUがCore mシリーズで処理能力が低かったことも不満でした。メインマシンには厳しく、お出かけ用のサブマシンに相応しいスペックと言ってよかったでしょう。
その割にお値段が高かったのも、人気が盛り上がらなかった原因でした。

長所といえば、サイズ。軽さ、薄さ、小ささはモバイルには最適でした。そして、MacBook系としては初のファンレスだったのも嬉しい点でした。

さて、時は流れ時代はApple Siliconです。M1 MacBook Airはファンレスでかなりの高性能モデルとなりました。ロジックボードは、かなり小型でこれならボディの更なる小型化、軽量化も可能でしょう。
USB-C 2ポートのM1 MacBook にすれば、旧MacBook 12インチの短所をなくした魅力的なモデルになりそうです。でも、これだとむしろMacBook Air 12インチと言った方が良いのかも。
いずれにしろ、 M1の登場で更なる小型高性能ノートブックが登場する素地は出来上がっていると言えるでしょう。後は、需要があるかどうか。そこを見据えてのアンケートではないでしょうか。

vintagecomp at 11:53|PermalinkComments(0)

2021年08月07日

iMac 2011 SSD 取り付けキットを最終特価

iMac Mid 2011は、21.5 inch, 27 inch とも、標準のHDDの他に2.5" SSDを内蔵できる構造になっています。ただし、SSDのオプションを選んでいない場合、必要なケーブルやマウンターは内蔵されていないので、SSD以外にそれらのパーツが必要になります。それらのパーツをセットにしたVintage Computerのオリジナル商品「iMac Mid 2011用 内蔵SSD取り付けキット」は長年人気商品でした。
しかし、最近めっきりご注文も減り、また構成パーツの入手も難しくなってきました。そこで、これらキットの最終特価販売を行います。

iMac27_2011SSD-3 













 iMac 21.5インチ Mid 2011用 内蔵SSD取り付けキット 7,800円 4,980円
iMac 27インチ Mid 2011用 内蔵SSD取り付けキット 7,800円 4,980円

今回を逃すと、入手不可能になるかもしれませんので、 iMac Mid 2011ユーザーの方はお見逃しなく!

vintagecomp at 11:52|PermalinkComments(0)

2021年08月06日

Mac mini 2010-2014 電源特価販売!

意外に多いMacの電源トラブル。全く電源が入らなくなったり、電源は入っても起動できなかったり、致命的なトラブルにつながります。救いは、電源ユニットを交換すれば復活できること。
Mac mini Mid 2010〜Late 2014も結構電源トラブルは多いです。その電源ユニットを限定特価販売!

661-6085-NC











Mac mini Mid 2010-Late2014 電源 7,800円 5,980円

他機種の電源も好評販売中!

Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 電源 19,800円
電源ボード, Mac Pro Late 2013用 19,800円
185W 電源 for iMac 21.5 inch Late 2012-2019 5,800円
300W 電源, iMac 27インチ Late 2012-2019用 9,800円
205W 電源 for iMac 21.5 inch Late 2009-Mid 2011 4,980円
310W 電源 for iMac 27 inch Late 2009-Mid 2011 6,800円

 

vintagecomp at 07:05|PermalinkComments(0)

2021年08月04日

M1 Mac miniでTouch IDが使用可能に

Touch IDは便利な機能ですが、これまでノートマシンにしか搭載されていませんでした。5月に発売されたM1 iMac 24インチについにデスクトップモデルに初めて対応しました。付属のMagic Keyboardを使うことで、遂にiMacでも使えるようになりました。この時点で、Touch ID搭載のMagic Keyboardは、iMacの付属品としてしか供給されていないので、一般的にはiMacでしか使えません。しかし、こうなると気になるのは他の機種では使えるのかどうか。実際のところは、他機種でも使用可能でした。

M1 Mac miniでも、M1 MacBook Air、 M1 MacBook ProでもTouch IDは使用可能でした。ノートマシンには元々Touch IDは付いていますが、外付けキーボードとしてTouch IDも使えます。自宅やオフィスではデスクトップ的に使っている人も多いと思いますので、これは嬉しいですね。
とは言え、 iMacの付属品としてしか供給されていないので入手は極めて困難。ところが、遂にAppleが単体販売を開始しました。

magicKB







Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard - 日本語(JIS)
Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

こうなると気になるのが、Intel Macでも使えないのかという点ですが、これは残念ながらAppleシリコン搭載MacでしかTocuh IDは使用できません。

vintagecomp at 11:18|PermalinkComments(0)

2021年08月03日

M1 MacBook Airの液晶割れにご用心

「M1 MacBook」普通に使っているだけで画面が割れたという記事が上がっています。小さなゴミが付いたまま閉じてしまった、というのが原因のようですが、日本では米粒を挟んで閉じてしまって割れたという報告もありました。
従来から、その程度のゴミを挟むことはよくあったと思いますが、M1 MacBook特有の現象のようです。Intel MacBookよりも更に薄くなって、隙間がほとんどなくなっていること、またヒンジの遊びがほとんどないことが原因ではないかと思います。保証期間中でも高額な修理費がかかってしまうようなので、これは痛いですね。
Vintage ComputerでもM1 MacBook Air使っていますが、要注意ですね。米粒やお菓子のカケラを挟まないようにしなければ。 


vintagecomp at 10:01|PermalinkComments(2)

2021年07月27日

Quadro K5000 for Macが入荷!

オリンピック、メダルラッシュですね。卓球混合ダブルス、水谷・伊藤ペア、中国を破っての金メダル、おめでとう!決勝戦も凄かったですが、準々決勝のドイツ戦はまさに奇跡の勝利、神がかってました。

これからも熱戦が続きますが、注目商品もお忘れなく!
Mac Pro 2010-2012をmacOS Mojaveで動作させるために必須なのが、Metal 対応のビデオカード。Mac EFI 対応のMetal対応ビデオカードは、GTX 680, Quadro K5000, Radeon HD 7950のわずか3機種だけです。その中でも、Quadro K5000は新品販売当時25万円ほどもしたため、数自体が限られており中古品の入手は容易ではありません。久々に入荷しました。



PNYQuadroK5000mac














NVIDIA Quadro K5000 for Mac 4GB  78,000円

また、同じくMetal対応のGTX 680 for Macも特価販売中。

GTX680













EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 59,800円 54,800円

特価販売は、今月いっぱいの予定です。どちらのカードも、希少品です。お早めに!

vintagecomp at 23:00|PermalinkComments(0)

2021年07月15日

次期MacBook ProはUHS-II SDカードリーダー付きメモリ32GB

9to5Macによると、新しいMacBook Proは、UHS-II SDカードリーダー付きで、Touch IDにはバックライトを内蔵、メモリは16GBまたは32GBと報じています。
これは今年リリースの16インチと13インチ後継の上位モデル(14インチ?)の話ですね。CPUはM1Xでしょうか。
 UHS-II SDカードリーダーは、最大速度が312MB/secということで、かなり速いですね。起動ディスクにも有望かも。
 Touch IDボタンがバックライト付きになるって、個人的には必要なの?と思います。実用性よりもデザイン性を狙っているのかもしれません。
現行の16インチは64GBメモリも選べますが、32GBまでとなりそう。現在のM1 Macはメモリ効率がかなり良いので、32GBでも良いのかもしれません。

噂情報ではありますが、 私も狙っているモデルなので気になります。

vintagecomp at 14:07|PermalinkComments(0)

2021年07月14日

旧マシンにPATA/IDE SSD

昔の古いソフトのファイル、開く必要が・・・ ということ、たまにありますよね。仕事で使っていれば、特に。古いマシンを取っておいてよかったと、超久しぶりにPowerBookを起動すると・・・
悲しみのフロッピアイコン(泣)ということは起きがちです。HDDはいつかは壊れますし、久々に動かした時に壊れるというのは起きがちです。
復活しようにも、PATA/IDE HDDはもはや入手困難ですし、中古品はいつ壊れるか分かりません。そんな時に助かるのが、PATA SSD。新品が入手できるし、物理的可動部分がないので、故障の可能性もグッと低くなります。
Vintage ComputerのPowerBook G4も、壊れないようにIDE SSDに交換済みです。

PBG4














 これまで、32GB PATA SSDを取り扱っておりましたが、旧マシンとは言え少ないかも。128GBの取扱を開始しました。Big Drive 非対応機種でも使えるので、互換性も安心です。PowerBook G4, PowerBook G3 Pismo, iBook G3/G4, Mac mini G4で使用できます。

PATASSD1














Fashion Sprout 128GB SSD 2.5インチ PATA/IDE  9,800円

デスクトップの3.5インチ PATA SSDも取り扱っています。

vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(4)

2021年07月13日

互換性が鉄板のFL1100

拡張カードには、基本ドライバーソフトが必要です。ドライバーソフト不要!というものもありますが、多くはOS標準でドライバーソフトが用意されているということです。カードメーカーのドライバーソフトが必要な場合、OSのアップデートでタイミング良くリリースしてくれるのか、またいつまでサポートしてくれるのかというのが心配です。その点、OS標準でドライバーソフトが用意されている場合はかなり安心ですが、いつかはそのサポートも廃止されるかもしれません。
今回注目するのは、FL1100のchipsetを持つUSBカードです。



UP5200

















ULANSeN 7 Port USB 3.0 USB-A/C PCI Express カード 5,980円

Senda 4 Port USB 3.0 PCI Express カード 3,980円

USB 3.0対応(今の呼び方ではUSB 3.2 Gen. 1) のチップセットです。MacがUSB 3.0をサポートして以来(10.8.5以降)、ずっとOS標準でドライバーソフトが用意されています。OS標準でドライバーソフトが用意されているということは、Macでも搭載実績があるのか?と思いますが、それはないようです。おそらくは、Apple がサードパーティーに推奨しているchipsetということになると思います。しかし、サポート開始以来8年、次期macOS Monterayではサポート打ち切り!なんてことはないのでしょうか。

断言します、この先も当分サポートは継続されます。こちらは、私のMacBook Pro 2016にLG UltraFine 5K  Displayを接続しているシステムレポートです。
Screen Shot 2021-07-12 at 12.49.18 PM















ドライバー名は、AppleUSBXHCIFL1100。LG UltraFine 5K  DisplayにUSB 3.0のchipset FL1100が採用されているのでこうなります。これはMac Proに上記USBカードが装着されている場合も、全く同じ表示です。LG UltraFine 5K  Displayは、今もApple Storeで販売されているくらいですから、当分の間はこのサポートが外れることは考えられないでしょう。

Mac Pro 2010-2012は、macOS Mojaveが最終なのであまり関係ないという声もありますが、今もパッチソフトを使って最新OSを利用することは可能です。その場合も、もちろんUSBカードは使えます。また、Mac Pro 2019でもこのカードは使えます。想像になりますが、今後登場するであろうApple SilconのMac Proでもこのカードは継続して使えそうです。
というわけで、FL1100のchipsetを持つUSBカードの互換性は鉄板です。
 

vintagecomp at 05:06|PermalinkComments(0)

2021年07月08日

キーボードを約10年ぶりに換えた

私はMacBook Proをクラムシェルモードで使っています。キーボードは、純正のUSBキーボードです。どうも、Bluetoothキーボードは好きになれないんですね。刺せば確実にすぐに使えるというのが理由です。
本日まで使っていたキーボード、もう10年は使っています。最近は、めっきりキータッチが悪くなっているのを感じていました。とは言え、反応しないキーもないので、交換する踏ん切りもつかず。と思っていたら、caps lockキーが外れてしまいました。見ると、バタフライ構造の樹脂部分の突起が欠けています。手持ちパーツを使って復活させられないこともないのですが、キータッチから考えても、さすがに交換時期でしょう。実は、同じタイプの新品を箱入りで保管していました。これも、10年ほどは保管しているはず。
 
IMG_5227










さて、新しい10年物のキーボードでこの記事も書いているわけですが、そりゃもう気持ちいい! 最近、タイピングが下手になった気がしていて、寄る歳並みのせいかと思ったりしていましたが、どうやら違ったようです。
さて、このキーボードは何年もつか? さすがに次はBluetoothか、それとも新規格の画期的キーボードが登場している?
と思ったら、棚を再確認したところもう一つ新品未開封があった!恐るべし、Vintage Computer! 

vintagecomp at 10:47|PermalinkComments(0)

2021年06月26日

GTX 680 Mac Editionが再入荷!

6/30まで、1万円以上お買い上げで全商品10%引きとなります。ぜひご利用ください。

Mac Pro 2002-2012をmacOS Mojaveで動作させるために必須なのが、Metal 対応のビデオカード。Mac EFI 対応のカードがお勧めです。セール中ということもあり、Metal 対応のビデオカードは人気で売り切れとなりましたが、本日また入荷しました。


GTX680













EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 59,800円 53,820円

Mac EFI 対応のMetal対応ビデオカードは、このGTX 680, Quadro K5000, Radeon HD 7950の3機種だけです。この内GPUパワーが最強なのは、このGTX 680です。こちらのベンチ結果が参考になります。
早い者勝ちですので、お早めに!

vintagecomp at 09:33|PermalinkComments(0)

2021年06月22日

「脱インテル」が明確に!?

前回に続きmacOS Monteleyのネタです。「アップルは完全な「脱インテル」を目指す。次期macOSに潜む明確なメッセージ」なんて記事が上がっております。

macOS Monteleyの一部の新機能はM1 Mac専用であり、 「脱インテル」が明確となったと報じています。もはや、インテルMacは過去のもの? いやいや、そんなに慌てることはないでしょう。

そもそも、昨年の時点で2年かけて全てのインテルMacをApple Siliconに置き換えると表明しており、「脱インテル」は既定路線です。それでも、当分の間インテルMacをサポートすると表明しています。
M1 Mac専用の新機能も、写真から文字列を直接コピーできる「テキストの認識表示」は気になりますが、他の機能はそこまで画期的なものには思えません。
最新OSの新機能が最新マシンしか対応していないというのはありがちなことで、 特別なことではないと思います。逆に、ターゲットモードやUSB接続ドライブからのmacOSの起動などは、インテルMacのみの機能ですから、なんでも最新マシンが便利とも限りません。

ですから、いつも通りのmacOSのニューバージョンのつもりで考えておけば良いと思います。そして、OSをアップデートせずに、互換性に問題のない慣れ親しんだOSに留まるのも一案だと思います。もちろん、ぜひともApple Siliconの性能が欲しい、Apple Silicon限定の新機能を使いたい、と思ったらそれは買い替え時ですね。
 

vintagecomp at 15:02|PermalinkComments(0)

2021年06月16日

まだまだ行ける iMacの復活に!

先日の「iMacの処分の仕方」でも取り上げたように、古くなって正常起動しなかったり、全く電源が入らないiMacは少なくないようです。その多くの原因を占めるのが電源です。iMacはメモリを多く搭載できる機種が多いので、古くてもまだまだ実用になります。電源交換で復活させるのも良いですね。

お買い得なテスト済み中古電源を各種用意しております。

661-7170










205W 電源 iMac 21.5 inch Late 2009-Mid 2011 4,980円

vintagecomp at 10:05|PermalinkComments(0)

2021年06月02日

ACASIS Thunderbolt 3 SSD

新規取扱のThunderbolt 3 SSD 外付けSSDのご紹介です。

ACASISTBSSD2 
ACASIS Thunderbolt 3 SSD 4TB 98,000円
ACASIS Thunderbolt 3 SSD 2TB 49,800円
ACASIS Thunderbolt 3 SSD 1TB 29,800円
ACASIS Thunderbolt 3 SSD 外付けケース 14,800円

Thunderblt 3接続でほぼ最速のRead 2400MB/sec, Write 2000MB/sec を発揮します。M1 Macの外付けSSDの場合、起動ディスクにするにはThunderblt接続のSSDが必須ですので、特にお勧めです。
フルスペックThunderblt 3 SSDとしては、お値段もかなり抑えめとなっています。

他の外付けSSD各種も値下げしました。最近のMacは内部拡張が困難になっていますので、本品は強い味方です。


vintagecomp at 07:22|PermalinkComments(2)

2021年05月24日

マウスを1年ぶりに変えた

昨年、「マウスを20年ぶりくらいに変えた」という記事をアップしました。20年間も使っていたのが、MS InteliMouse Optical。私と同様にこのマウスの愛用者は多かったようですが、ずっと以前に製造終了となっており、他のマウスに変えるしかありません。使い勝手の良い5ボタンマウスというのが、譲れない条件です。そして選んだのが、これでした。

 61xKGue3oiL._AC_SL1500_ 






















6ボタンで5ボタンの条件は満たしていますが、価格は$10と安すぎるのが心配です。また、マイナーブランドなのも心配。もっと高くて良いのですが、どうも条件に合致するのが他にないのです。
幸い、使い勝手はまずまずで先日まで使っておりました。ところが、スクロールホイールの動きがおかしくなってきてしまいました。 スクロールで下に下げていくと、ポンと上に戻ってしまうことがあるのです。$10のマウスだからこんなもんか。一応保証を確かめると、30日間でした(笑)。

改めて探してみると、こんなのを発見!Microsoft Comfort Mouse 4500

51q2QnvY8NL._AC_SL1000_
 


5ボタンで、 お気に入りだったInteliMouse と同じMS製で期待できるか。価格はやっぱり安くて$15(汗) 
 使ってみると、スクロールホイルにクリック感が全くなく(そういう仕様)、ちょっと違和感があります。しかし、これはこれで慣れれば良いのかも。他は今のところ特に問題なし。当面これを使ってみます。

vintagecomp at 09:51|PermalinkComments(0)

2021年05月22日

5月末までMac Pro用ビデオカードを特価販売

5月31日まで、Mac Pro用のビデオカードの特価販売です。

Screen Shot 2020-10-01 at 5.53.22 PM




















ATI Radeon HD 5870 1GB 24,800円 19,800円
ATI Radeon HD 5770 1GB 15,800円 12,000円
nVIDIA Quadro K5000 4GB for Mac 78,000円 68,000円

Radeon HD 5770, 5870はMetal非対応のためHigh Sierraまでしか使用できません。ビデオメモリー1GBながら4K 30Hz表示にも対応しています。32bit, 64bit EFI両対応ですので、初代Mac Pro〜Mid 2012まで使用可能です。
Quardo K5000 for Macは、Mac EFI, Metal対応の貴重なカードです。macOS Mojaveにも対応しています。新品販売時には25万円ほどもした超ハイエンドカードです。



vintagecomp at 06:10|PermalinkComments(0)

2021年05月18日

Apowersoft関連削除で動画不具合も解消!

先日、「遂に解決か? OSインストール問題」の記事を掲載しました。
これまでの不具合が、Apowersoft Audio Device.driverを削除したので解消したのか、はたまたOSアップデートで解消したのかは不明ですが、解消してよかったよかった。
Apowersoftのソフトも、インストールしたきり使っていなかったので、怪しいソフトは削除に限ります。

この記事を読んでいたただいた読者の方から、該当ファイルを削除したところ、抱えていた不具合が解消したとの連絡をいただきました。

私の場合は、武藤さんとは症状が全然異なり、数日間、MacBookPro(OS10.12)を使っていると、何のキッカケもなく、突然、YT等のstreamingやSSD内のfileも含めて、あらゆる種類の動画が再生できなくなっていました。動画か音声の何かが邪魔しているとは思いつつ、Macの再起動で直るし、動画は別のMacでも見れたので著しい不便は感じていなかったものの、仕事のmain machineだし、ずっと不可解な現象でとても気になっていました。しかも、長時間、動画を再生する他の数台のMac(同じOS)はまったく問題ありませんでした。ところが、最近、偶然、問題のMacのcloneでかつOSを10.13に上げた別のMBProで長時間、動画を再生する機会があったのですが、同じ症状が出たのです。そこへ武藤さんのblogです。もしかして、これかと思い、問題のMacと問題のないMacのSSD内をすべて検索した所、問題のMacだけ、APowersoft関係のfileが数10個も存在していました。APowersoftは、たぶん、録音fileの何かの加工のために試しにinstallし、そのまま放置されていたものでした。

結局、1台目はその関係のfileをすべて削除、2台目は面倒なのでlibraryのaudio pluginとしてあったAPowersoft Audio Device Newというdriverだけ削除したら、あっさり解決し、試験的に9時間、再生を続けていても問題が発生しなくなりました。

私も心当たりあります。 High Sierraで使用していた際に、しばらく動画再生していると停止してしまい、再起動しない限り動画再生できなくなってしまっていました。私の場合は、10.15 Catalinaにアップデートしたらこの現象は解消しました。

こちらの方は、Apowersoft Audio Device.driver の問題で間違いなさそうです。APowersoft社のWEBサイトには、手動のアンインストール方法が記載されているので、これにまつわるサポート要望が来ていたのかもしれません。

いずれにしても、これは削除しておいた方が良さそうです。 


vintagecomp at 09:49|PermalinkComments(0)

2021年05月15日

ポインタを見失いがちなら

先日左目の手術を行い、視力が回復しました。後日、右目の手術を受ける予定です。そのため、今は左右の視力がアンバランスな状態です。
私は、MacBook Proに2台の27インチモニタを接続して作業しています。デスクトップの領域も広いので以前からポインタを見失うことがあったのですが、左右の視力がアンバランスなためか、一層見失いやすくなってしまいました。そこで、ポインタのサイズを変更しました。

システム環境設定/ディスプレイ/カーソル を選んで、「カーソルのサイズ」スライダを調整できます。

IMG_4737












この画像はわかりやすいように最大にしましたが、中間のサイズで使っています。それでもかなり大きくて、もう見失うことはありません。私の様に視力に問題がなくても、大型モニタを使用すると見失うことはあると思うので、大きめに設定するのはお勧めです。 

vintagecomp at 07:56|PermalinkComments(4)

2021年05月14日

メールの検索ができなくなった!

このブログでもご報告したように、最近メインマシンをBig Surにアップデートしました。これまでの不具合も解消し、ソフトの不具合もなく快調ですが、一つ困ったことが。
メールの検索ができません。検索しても、あるはずの結果が出てこない。全く出てこないわけではないのですが、出てくるのはどうもBig Surにアップゲート以降のもののみが対象のようです。これは以前のお客様とのやりとりなど、重要情報が見つかりません。困った。

これは、結構よくある不具合で、こんな時はSpotlight のインデックスを再作成しましょう。Spotlight のインデックスを直接再作成してくれる機能はなく、こちらの手順が必要です。
ユーザー/Library/Mail
を一度除外して、除外から削除したら、ちゃんと検索できるようになりました。

気がついたのはMailですが、もしかしてSpotlight 全体が検索ふのになっている?と思い確認したら、やっぱりそうでした。この場合は
Macintosh HD
全体を除外して、除外から削除ですね。
 

vintagecomp at 07:49|PermalinkComments(0)

2021年05月13日

フルスピード Thuderbolt 3 SSDを限定数特価で!

Thuderbolt 3 SSDは、USB接続と比べ圧倒的に高速で、その性能から起動ディスクとして常用しても不足はありません。また、M1 MacではUSB接続のSSDは、起動ディスクとして使用できず、Thuderbolt 3 SSDが必要になります。弱点ではありますが、高性能なM1 Macの性能を損ねないためにも、悪くない仕様かもしれません。ただし、やや値段が高めなのが辛いところ。

フルスピードのThuderbolt 3 SSDを限定数特価で販売します。

ORICOTB1


















ORICO Thunderbolt 3 SSD 1TB 34,800円 28,000円 
 
最大速度:Read 2400MB/sec, Write 1800MB/sec と、外付けSSDでは最速級の速度を誇ります。
また、最大速度:Read 1500MB/sec, Write 1300MB/secとやや性能は抑えめで価格も抑えめなOWC Envoy Express Thunderbolt 3 外付けSSDも好評です。

vintagecomp at 07:58|PermalinkComments(0)

2021年05月05日

遂に解決か? OSインストール問題

私のMacBook Pro 15" 2016、High Sierraのインストール以降ずっとある問題を抱えておりました。OSインストールを行うと、必ずApple ロゴの点滅画面になってしまい、起動できなくなってしまうのです。紆余曲折の結果、その回避法を発見。点滅画面になった後、他のMacにターゲットモードで接続し、起動ディスクとして使用するのです。そうすると、そのMacでは立ち上がることができ、その後単独で起動しても、正常起動するようになるのです。なぜかわからないけど。

これは、OSのメジャーアップデートに限らず、マイナーアップデートやSupplemental Updateでも発生してしまいます。上記方法で復活するのはわかっているので、面倒でも割り切ってやっていましたが、一度は上記の方法も効かず、大変な思いで復旧したこともありました。
クリーンインストールすればもちろん解消しますが、TimeMachineからデーターを戻し再起動すると、同じ問題が発生。データーの中の何かが悪さをしているのだけれど、掴めず。
そんなわけで、すっかりアップデート恐怖症に。そのため、しばらく10.15.7で停止しており、Big Surに移行できずにいました。

ところがMailの調子が悪くなってしまい、Gmailがうまく同期しなくなってしまいました。これは10.15.7特有の問題もあるようで、この際Big Surへの移行を決断しました。上の解決法で多分大丈夫だと思いますが、もし解決できなかった以前のように大変になりそうです。

週末に準備万端整えて、 Big Surへのアップデートを敢行。1時間ほど経ってマシンを見ると、あれ?Big Surが立ち上がってる。しかも以下のアラートが。

Screen Shot 2021-05-04 at 2.34.54 PM














もしかして、これが原因だった? 単なる偶然? 早速削除。

しかし、本当に解決したのか?折りしも、昨日11.3.1のアップデートがリリースされたので、実行してみました。今回もすんなり行けた〜〜!

vintagecomp at 05:30|PermalinkComments(2)

2021年04月23日

純正PCIe SSDを特価販売!

純正PCIe SSDは、MacBook Air 2013-2017, MacBook Pro Late 2013-2015, Mac mini Late 2014 Mac Pro Late 2013, iMac Late 2013-2020と幅広い機種で使用されています。割安な社外品もありますが、やはり互換性は純正品が鉄板なため、人気があります。今回、その純正PCIe SSDを特価販売!

PCIeSSD2015-1TB













Apple/Samsung PCIe SSD 1TB 49,800円 39,800円
Apple/Samsung PCIe SSD 512GB 24,800円 19,800円
Apple/Samsung PCIe SSD 512GB 放熱板付き  24,800円 21,000円

これは、お買い得! お早めに!

vintagecomp at 12:40|PermalinkComments(0)

2021年04月22日

Mac EFI, metal対応ビデオカード全種が勢揃い

Mac Pro 2010/2012でmacOS 10.14以上を使用するには、Metal対応ビデオカードが必要です。Mac EFI対応でMetal対応ビデオカードというと、わずかに3つしかありません。3つとも絶版で、中古品を探すしかありませんが、やはりどれも入手困難。Vintage Computerでは精力的に探しておりますが、売り切れとなっているケースが多いです。その3種類のビデオカード全てが、ただいま在庫ありです。非常に珍しい状況です。


GTX680













EVGA GeForce GTX 680 Mac Edition 2GB 59,800円 




PNYQuadroK5000mac














NVIDIA Quadro K5000 for Mac 4GB  88,000円 78,000円

もちろん限定数ですので、早い者勝ちです!
また、Mad EFI非対応のMetal対応ビデオカードを使用するという手もあります。OS上以外の表示ができず、不便な点があるためあまりお勧めしていませんが、そこは割り切って使うてもあります。しかし、今世界的な半導体不足によりこの種のカードも入手困難です。それだけに、上記カードは狙い目です。 


vintagecomp at 07:51|PermalinkComments(0)

2021年04月17日

純正グラボを値下げ!

タワー型Mac Proも、もう10年選手なのでパーツの故障も出てきます。割と多いのが、やはりグラボ。そんな時は、アップグレードというよりは純正パーツのまま修復したいという要望も多いと思います。Mac Pro 20010/2012の純正グラボ、値下げです!

Screen Shot 2020-10-01 at 5.53.22 PM




















ATI Radeon HD 5870 1GB 24,800円 19,800円
ATI Radeon HD 5770 1GB 15,800円 12,800円

このビデオカード、Mac Pro初代、Early 2008, Ealy 2009, Mid 2010, Mid 2010とタワー型全モデルで使用可能です。初期モデルにもお勧めです。

vintagecomp at 09:51|PermalinkComments(0)

2021年04月16日

OWC Envoy Express Thunderbolt 3 SSDを特価販売!

YouTube チャンネルでもご紹介した OWC Envoy Express Thunderbolt 3 SSDを特価販売します。
M1 Macは、USB接続のSSDでは起動できないので、特にお勧めです。
EnvoyExpress1













OWC Envoy Express Thunderbolt 3 外付けSSDケース 12,800円 9,800円
OWC Envoy Express Thunderbolt 3 500B 外付けSSD 22,800円 19,800円
OWC Envoy Express Thunderbolt 3 1TB 外付けSSD 29,800円 26,800円
OWC Envoy Express Thunderbolt 3 2TB 外付けSSD 42,800円 39,800円
OWC Envoy Express Thunderbolt 3 4TB 外付けSSD
 98,000円 94,800円

Enboy Express、ケースの仕様として最大速度が1533MB/sec。十分高速ではありますが、最速のThunderbolt 3 SSDは2500MB/secほど。やはり最大速度のSSDをという方は、こちらがお勧めです。

ORICOTB1


















ORICO Thunderbolt 3 SSD 2TB 48,000円
ORICO Thunderbolt 3 SSD 1TB 34,800円 


vintagecomp at 23:30|PermalinkComments(0)
プロフィール

Harry

Archives