Mac

2017年03月01日

ビンテージMac 販売中!

昨年から、ビンテージ品の販売にも力を入れております。Lisa, Apple II, Apple III などの超レア物を販売してきましたが、「ビンテージMacはどうした!」とお思いの方もいらっしゃったのではないかと思います。

久々に、昨日128K、本日Plus プラチナホワイトの販売を開始しました。共に、今ではなかなか入手できない動作、外観良好品です。
今日、ここで2台あわせてご紹介の予定でしたが、128Kは既にご注文が入りました。Plusは先ほど販売開始しました。

PlusW-1
















Macintosh Plus 1MB/800KB プラチナホワイト 動作良好 34,800円

日焼けしている個体が多いですが、本品は日焼けが非常に少なく、プラチナホワイトらしい美しさを保っています。
また電源が入っても、フロッピードライブ不動品が多いのですが、こちらの動作も良好。また、画面表示が縮んでしまったいる場合が多いですが、しっかり調整されており画面いっぱいに表示します。
これだけ程度のいいPlusは今やなかなか手に入らないと思います。
そうそう、筐体の裏側には、ご存知ジョブズやウォッズなどの開発者のサインが刻印されています。初代128Kで有名ですが、Plusにも同じ刻印があります。

System Saver などの周辺機器も販売中です。


vintagecomp at 11:45|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2017年02月23日

最強かコストパフォーマンスか

Mac Pro 2009, 2010-2012用のCPUアップグレードが大人気です。シングルCPUの6 Core、デュアルCPUの12 Coreともに3.33GHzと3.46GHzのラインナップです。

3.46GHzは、このMac Proで使用できるCPUの中でも最高スペックで、これ以上のアップグレードはできません。3.46GHz 12 Coreは、CPU的には筒型のLate 2013モデルを含めても最強のMac Proとなります。

X5680kit-1













3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 69,800円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 49,800円
3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009 88,000円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009 68,000円

3.33GHzと3.46GHzの性能差は、その数値の比の通りとお考えいただいて間違いありません。シングルCPUの場合、その差は7千円ですので、お好みに応じてお選びいただければ良いと思います。
デュアルCPU 12 Coreの場合は、その差は2万円とかなり大きくなります。正直3.46GHzのコストパフォーマンスは良くないので、当初は3.33GHzのみ取り扱っておりました。しかし、最強の3.46GHzを是非というご要望が多く、ラインナップしたという経緯があります。

というわけで、コストパフォーマンスで判断すれば3.33GHzがお薦めです。最強の称号が欲しければ、3.46GHzとなります。



vintagecomp at 06:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

MacBook Pro Retina/iMac 2012-Early 2013でApple Watchによる自動ロック解除

2/10に「Mac Pro Early 2009-Mid 2012でApple Watchによる自動ロック解除」のエントリーをお届けしました。Mac Pro以上に残念なのがMacBook Pro Retina 13/15インチ Mid 2012, Late 2012, Early 2013 とiMac Late 2012です。まだまだ現役マシンなのに、Apple Watchによる自動ロック解除は非対応です。なぜかといえば、Wi-Fiが802.11acに非対応だからです。
そこで、802.11acへのアップグレーをお薦めします。

661-8143














MacBook Pro Retina 13/15 Mid 2012-Early 2013 アップグレード用 802.11ac/Bluetooth 4.0カード 6,980円
iMac Late 2012 21.5/27 アップグレード用 802.11ac/Bluetooth 4.0カード 6,800円

Mac Proでは取り付けるだけではダメで、CATの適用が必要でしたが、これらの機種では交換のみで自動ロック解除に対応します。もちろん、自動ロック解除対応となるだけでなく、Wi-Fiも大幅速度アップ。
MacBook Pro Retinaが最大300Mbpsから867Mbpsにアップ。iMacは450Mbpsからギガビット超えの1300Mbpsに。
値段もお手頃ですので、超お薦めのアップグレードです。


vintagecomp at 09:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年02月14日

似て非なる商品です

MacBook Po Retina Mid 2012〜Early 2013用のSSD。信頼性が高く高性能なSamsungのmSATA SSDとアダプターのセットで販売中です。

RetinaMSATASSD2














Samsung 850 EVO 1TB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 54,800円
Samsung 850 EVO 500GB SSD, MacBook Pro Retina 13/15, iMac 2012~Early 2013用 29,800円

Vintage Computerでは2年ほど前から販売しております。弊社の知る限り、他店さんで同様の商品の販売はなく、Vintage Computer オリジナルとも言える商品でした。と思っていたら、日本の某ショップさんで、似たような商品が最近発売されています。
弊社と同じ商品が発売されたと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、違います似て非なる商品です。

某ショップさんの商品説明にはちょっと気になる部分があります。

「15インチモデルではSSDと裏ぶたが若干干渉します。ネジをしっかり閉めれば 裏ぶたが浮くことはありません。」

逆にいうとしっかり閉めないと裏ぶたが浮くということでしょう。干渉するところを、強引に締め込むという形だと思います。大丈夫でしょうか。

実は、これと同じと思われるアダプターをVintage Computerでもテストしたことがあります。確認したところ、
15インチでかなり強く干渉し、使用不可との結論となりました。
無理やり締め込んでも、問題なく動作したということでしょうが、危ない感じですね。個体差もあるでしょうし、裏蓋が押し込まれる状態になったらかなり危ないことになりそうです。
Vintage Computerの取り扱い品はといえば、薄型アダプターを使用しており干渉はありません

某ショップさんの画像はここで掲載できませんが、比較していただくとかなり厚みの差があることがわかると思います。またmSATA SSD本体は、オリジナル商品としてメーカー名は明示されていません。画像はボカシが入っていますが、T社製のようで、トップブランドではないですね。(イメージ画像としての掲載で、T社製ではないかもしれません。)
薄型アダプターに、信頼性が高く高性能なSamsung SSD、価格は同等。Vintage Computerとしてはこちらがお薦めです。


vintagecomp at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月11日

MacBook Pro Late 2016 改めMacBook Pro 2016

昨年10月に発売されたMacBook Pro 最新モデルの名称が変更されました。こちらの技術仕様のページもご覧の通りです。
11










つい数日前まで、同じページでLate 2016と表示されました。今後、同じ年に2回以上モデルチェンジすることはないという宣言でしょうか。確かに、iPhoneでも同じスクリーンサイズならモデルチェンジは年1回のみ。Mac Proなど3年以上もモデルチェンジなく放置されたままです。この状況では、年2回のモデルチェンジはありそうにないですね。
以前は年2回のモデルチェンジは結構あって、Early 2009とLate 2009があったりして紛らわしかったりしました。また2013モデルは一つしかなくても、Mid 2013だっけ?Late 2013だっけ?と調べ直す必要があったりと面倒だったのは事実。年2回のモデルチェンジは必要ないし、嬉しい呼称変更ですね。

では、MacBook Pro 2016モデル用の商品をご紹介します。

ACUSB-C87














Apple純正 87W USB-C 電源アダプター + 純正ケーブル for MacBook Pro 2016 中古品 8,800円

ACアダプター1ヶ月使用の中古品です。私がオフィス専用で使っていたものですが、LG UltraFine 5Kモニターが来たことで不要となりました。ほぼ新品同様です。「新品のACアダプターって8,800円なのに?」と疑問が湧くかもしれませんが、実はケーブルは別売りです。ケーブル込みだと12,000円(税別)です。自宅とモバイル、自宅とオフィスなど2箇所以上で使う方にお薦めです。

USBC-MDP












ITANDA USB-C to Mini DisplayPort Adapter 2,980円


Mini DisPlayPortの27” Cinema Display で動作確認の取れているビデオアダプターです。USB-C to Mini DisplayPort アダプターって色々とありますが、27” Cinema Display対応と明示している製品ってなかなかありません。1080Pまでしか対応していないものもありますし、4K対応と明示しているのに、2560x1440には対応していないアダプターも少なくありません。これなら安心です。


vintagecomp at 06:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月10日

Mac Pro Early 2009-Mid 2012でApple Watchによる自動ロック解除

先週のYoutube チャンネルで取り上げた内容ですが、ブログ記事にもしておきます。

macOS Sierraから導入された、Apple Watchによりロック解除。スリープやスクリーンセーバーからの復帰時にパスワードロックしている方には、大変便利な機能です。Apple Watchを利用しているならぜひ使いたい機能。

対応するMacは、Mid 2013モデル以降です。システム情報では、ロック解除の対応有無はWi-Fiの欄に表示されています。仕様的には802.11ac 搭載機種ということになります。そこで、疑問に沸くのは、非対応機種を802.11aにアップグレードしたらどうなるかという点です。早速、Mac Pro Early 2009 でやってみました。 Mac Pro Early 2009はSierra 非対応ですが、Mid 2010相当にFirmwareをアップデートしているためSierraを利用できます。

Mac Pro Early 2009, Mid 2010, Mid 2012 は、内蔵用の11acアップグレードやPCI Expressカードの11acアップグレードがあります。早速装着してみると。

Unlock1




自動ロック解除: 対応

と表示されました。これはいけそうです。早速、システム環境設定/セキュリティとプラバシー で自動ロック解除を有効にします。ところが・・・

06








「MacとApple Watchが通信できませんでした。」とアラートが出て、有効になりません。iCloudからログオフ、ログオンしてみたり、Bluetoothをオンオフしてみたり、色々やっても変わりません。

そこでふと気が付いたのが、Handoffも対応と表示されているのに機能していない点です。これはデジャブ感が。OS X El Capitanになってこのアップグレードカードで、Handoff 対応と表示されるのに動作しなくなりました。色々試行錯誤した結果、Continuity Activation Toolを適用すると使えることがわかりました。
では、やってみましょう。手順はこちらの通り。再起動後、Handoffが使えます。そして、システム環境設定。

18








有効になりました。もちろん、表示だけでなく実際に自動解除できます。
と言うわけで、改めてこの11ac アップグレード、注目です。

11acMacPro2009-3













Mac Pro Early 2009-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 アップグレードカード 14,800円
Mac Pro Early 2008-Mid 2012用 Wi-Fi 802.11ac Bluetooth 4.0 PCIeカード 9,800円

どちらのカードも、Handoff、自動解除共に使えるようになります。タワー型Mac Proをご利用の方、見逃せませんよ。


vintagecomp at 06:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年02月08日

新発売、iMac 27インチ HDD増設キット Late 2012-Late 2015

新製品の発表です。

iMac 27" Late 2012〜Late 2015は、ブレードタイプのSSDと3.5" SATA HDDを各1台内蔵できる構造になっています。SSDのみのモデルの場合、HDD用ブラケットやケーブルが内蔵されておらず、3.5" HDDのみを用意しても内蔵できません。本キットにより、3.5" SATA HDDの内蔵が可能になります。

iMac2012HDDkit













iMac 27インチ HDD増設キット Late 2012-Late 2013 12,800円
iMac 27インチ 5K HDD増設キット Late 2014-Late 2015 12,800円

高性能が一番!ってことで、SSD専用モデルを選んだものの、やっぱり大容量HDDを内蔵したいというのはありがちだと思います。そこで、開けてビックリ、そのままでは増設できないとなってしまうわけです。このキットで、バッチリ増設できますよ。

この機種の純正HDDは、温度センサー出力を電源コネクタ部に出力する特別仕様となっています。そのため、市販のHDDを内蔵しても、ファンが常時高速回転してしまいます。市販のドライブでも、純正と共通仕様なのか高速回転しないドライブもあります。そのため、非対応ドライブでファンの暴走を防ぐ温度センサケーブルをオプションで設定しています。

時々、お客様からお問い合わせを頂いていた内容で、ついに製品化しました。どれだけ需要があるか分からないので現在在庫少量ですが、人気が出れば追加入荷の予定です。

SSDのみのモデル専用ですので、ニッチな製品になるのですが、Vintage Computerではこういうニッチなご要望にも応えていきたいと考えています。



vintagecomp at 09:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年02月01日

LG UltraFine 5Kで超便利!のはずが

MacBook Pro 15" Late 2016にLG UltraFine 5Kを組み合わせて使っています。5K Retina 表示は美しく広くて快適です。表示に関しては、文句なしです。

Unknown









それと、もう一つこのモニターの特筆すべき点は、ケーブル一本接続すると電源供給もされ、背面のUSB-Cポートを利用できる点です。ポートは移行期なのので何かとグチャグチャしがちですが、USB機器を使う限り、モニター側につなげばケーブル一本接続するだけで、モニター、電源、周辺機器と接続完了。私は、毎日オフィスと自宅間でマシンを移動しているので、これは快感です。

モニターの背面には、Apple純正のUSB-C to USB アダプター、4ポート USB 3.0 HUBを介して、キーボード、マウス、USB HDDを接続しています。

ところが、ケーブルを接続しても、モニターが表示されないことがあります。こうなると、マシンを再起動するしかなくなります。挙動を観察していると、スリープ復帰前に接続すると表示されない場合があることがわかりました。本体のリッドを開き、本体側のモニターが表示されたのを確認後にケーブルを接続すると必ず表示されます。ちょっと気を使わないといけませんが、面倒なわけでもないので良しとしましょう。

そうやって接続しても、周辺機器が認識されないことがあります。モニター背面のコネクターを抜き差しすれば認識されますが、背面だけにこれは面倒。最初はたまにだったのが、ほぼ認識されないようになってきました。間にHUBを介しているのがいけないのかとも思いましたが、HUBなしで、キーボード、マウスのみを接続しても、やはり認識されません。
色々試しても解消しないので、不本意ながら今は周辺機器は本体に接続しています。もちろん、これなら問題なし。しかし、ケーブル一本接続の快感が・・・

同様の環境で使用されている皆様の状況はいかがでしょうか。情報、お願いします。


vintagecomp at 05:45|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2017年01月25日

mac OS Sierra 10.12.3 で不具合解消

発売直後から使っているMacBook Pro 15" Late 2016ですが、いくつかの問題がありました。MacBook Proの問題なのか、Sierraの問題なのか、以下の内容です。

1. SafariのURL ウィンドーに日本語を入力すると即座に落ちる。
2. スリープから復帰時に、FirefoxやAcrobat Readerが落ちることが多い。
3. バッテリーの減りが早い、
4. メモで、テキストの置き換えをしたい場合、該当箇所を選んで他のテキストをペーストすると、レインボーマークが出て復帰しない。

1については、対策として、検索の時には一旦Googleにアクセスして検索するようにしましたが、面倒臭い。同様の不具合が無いか探しましたが、見つかりません。私だけ?
2も困りましたので、スリープしない設定に変えていました。

1と2が一番の問題でしたが、10.12.3 アップデートで解消です。良かった。
3は、バッテリーで駆動することが滅多になかったので、あんまり困ってなかったのですが、たまたまバッテリー駆動で使った時には4時間ほどでゼロ近くに。
まだ試せていませんが、バッテリーの駆動時間が安定しないのはSafariに原因があるとして、アップデートでで解消するというニュースがあったので、解消が期待できます。

相変わらずなのが、4のメモの問題。置き換えるテキストをDeleteしてペーストすれば大丈夫なのでそうしていますが、その一手間が煩わしい。皆様の環境ではいかがでしょうか。

普通、この種のアップデートは、評判を見て慎重にやるのですが、不具合に悩まされていたので今回は速攻アップデートしました。吉と出て良かったです。



vintagecomp at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月21日

LG UltraFine 5K Display がオーダー可能に!

12/20までの予定だった年末感謝セール、好評につき、今年の営業最終日まで延長します。日本時間12/23(金)いっぱいまでにご注文いただいくと、1万円以上のお買い上げで全品10%引きとなります。今年最後のお買い得特価をお楽しみ下さい。お支払いが完了し、在庫のある商品については、年内発送いたします。

さて、11月上旬に発表されたApple Storeで特価販売されるLG UltraFine 5K Display が遂にオーダー可能となりました。

26









1ヶ月以上オーダーボタンがグレーで注文できず、待ち遠しかったです。年内いっぱい、129,800円を97,300円ということで、かなりお買い得です。
HDMIやDisplayPortもない、Apple 専用モデルだそうです。Thunderbolt 3ケーブルを1本繋ぐだけで、給電もできちゃいますし、USB-C端子も備えているので、周辺機器もモニタ側に繋げます。つまり、多くの場合、Thunderbolt 3ケーブルを1本繋ぐだけでOKです。
先に受付が開始されたLG UltraFine 4K Display もありますが、こちらは給電は60Wまで。5Kの方は85Wまでなので、MacBook Pro 15インチにも対応です。4Kでも60Wで充電可能だと思われますが、やはり定格通りで充電したいもの。
MacBook Pro 15インチに最も似合うモニターではないでしょうか。

私も早速オーダーしました。受付が開始されたとはいえ、お届けは2〜4週間後。来年ですね。年明け早々のお年玉になりそうです。


vintagecomp at 09:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月17日

ビデオカードの性能差は?

12/20まで、1万円以上お買い上げで全品10%引きとなる年末大セールを開催中です。1万円以上なら全てお薦めとなりますが、Mac Pro用のビデオカードもお薦めです。

HD7950












Radeon HD 7950 3GB Mac Edition ¥74,800
ATI Radeon HD 5870 1GB ¥34,800
ATI Radeon HD 5770 1GB ¥29,800
nVIDIA Geforce 8800 GT 512MB ¥18,000
nVIDIA Geforce GT 120 512MB ¥14,800


さて、ビデオカードはかなり価格差がありますが、その性能差がなかなかスペック表示だけではわかりにくいですね。どの位の性能差があるのか、購入前に把握しておきたいものです。
そこでお薦めなのが、gpubossです。各種ビデオカードの性能を数値とグラフでわかりやすく表示しています。また、それぞれのカードの性能表示だけでなく比較できるのも嬉しいですね。

例えば、Radeon HD 7950 Mac とベーシックなGeforce GT 120 Mac の比較です。

02











6倍〜56倍の差。圧倒的な性能差です。

数字も外観もメモリ量も似ているRadeon HD 5870 Mac とRadeon HD 5770 Mac の比較です。

32











概ね、5870の方が2倍程度の性能になります。意外に大きな差ではないでしょうか。

この機会に、最適なビデオカードをお選び下さい。


vintagecomp at 06:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年12月10日

New MacBook ProでTime Machine のトラブル

New MacBook Pro 15 inchに移行した際、先ずはTime Machine ドライブからの環境移行を試みました。USB-C to USBアダプタを介してUSB 3.0で接続です。

ところが、Time Machine ドライブとして認識されません。仕方ないので、Thundebolt 3 to Thunderbolt アダプターでターゲットモードを利用して環境移行しました。セットアップ後、Time Machine ドライブを使おうとすると、問題発生。「バックアッップできませんでした」とのエラーが出ます。

う〜〜ん、どうしたものか。環境移行の影響で、バックアップが引き継げなくなったのか。新しいマシンだし、心機一転ドライブを初期化して新たなTime Machine ドライブとして使用することにしました。
初回のバックアップには時間がかかったものの、その後は快調・・・ではありません。うまくいくこともあるのですが、「バックアッップできませんでした」のエラーが出ることが多々。

time-machine-2016-macbook-pro










結局、USB 3.0のドライブドックを諦め、USB 2.0のドライブドックに変えたら、うまく行くようになりました。遅いですが、1時間毎のバックアップならそれほど問題ありません。しかし、USB 3.0のドライブドックは壊れてしまったのか?

などと悶々としていたら、関連情報が。

macOS 10.12.2 Fixes Time Machine Backup Crashing Issue on New MacBook Pro


これですよ、これ。記事ではTime Machine バックアップ中にフリーズしちゃうということで、私の症状とは違いますが、同種の問題と思えます。Apple は問題を認識しており、macOS 10.12.2 で解決予定とのことです。

ということで、同種の問題でお悩みの方。macOS 10.12.2待ちです。それまでは、USB 2.0にすると回避できそうです。


vintagecomp at 05:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月08日

5Kモニターはいつ?

Nw MacBook Pro快調ですが、やはりこれにベストマッチなのがApple Storeで販売されるLG UltraFine 5K Display ですね。

15














ケーブル1本接続するだけでモニター接続だけでなく、充電もしちゃいます。さらに、USB-C 3ポート付きですから、周辺機器もこちらに繋げば良いので、本当にケーブル1本の脱着でOK。これは魅力です。
高い買い物ではありますが、12月いっぱいはスペシャル価格で約$300引き。また、給電してくれるということは、ACアダプターがいらないわけです。これで約$100の出費が節約できるので、実質$400お得。これは買うしかないと待ち焦がれています。

しかし、12月に発売予定となっていますが、未だに販売されていません。実は、一瞬販売されたという話があるのですが、すぐに販売停止となり、再開されていません。売り切れ?それとも何かの間違い?

オフィスと自宅用にチャージャーは1台ずつ欲しいのですが、そういうわけで5Kモニターが来るまで本体付属の1個を持ち歩くつもりでした。しかし、案の定、数回忘れてしまいました。おかげで省エネ運用したり、取りに帰ったりと、えらく不便。
そこで、結局チャージャーをもう一個買いました。

15317735_1520290247987501_2131609748666467026_n












しかし、チャージャーとケーブル、別売りなんですね。従来型と比べてチャージャーの価格は同じくらいですが、ケーブルの分高くなって、$100+tax。

痛い出費ですが、やっぱり持ち運ばなくて良いのは楽チンです。買ってよかった。


vintagecomp at 15:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年12月02日

MacBook Pro Early 2011がObsolete製品へ

MacRumorsによると、以下の機種が今年いっぱいでObsolete製品になるそうです。

apple-macbook-pro-15_09








• MacBook Pro (15-inch, Early 2011)
• MacBook Pro (17-inch, Early 2011)
• Mac mini (Early 2009)
• MacBook (13-inch, Mid 2009)

Obsolete製品になると、米カリフォルニアとトルコ以外でMacのハードのサポート受けることができなくなります。
製造終了後5年後が目安ですので、これらの機種はそうなっても仕方ないですね。しかし、5年経つと必ずObsolete入りするわけではありません。実際、 MacBook Pro (13-inch, Early 2011)は、15/17 inchと同時期の販売期間ですが、Obsolete入りしないようです。

これはやはりMacBook Pro 15/17 inch のGPU問題の影響ではないかと思われます。リペアエクステンションプログラムも今年いっぱいですので、対象の方は早めに修理依頼をしましょう。

私もつい先日までMacBook Pro 15 inch Early 2011を使っていたので、もうObsolete入り?と意外な感じがします。私もGPU問題で一度修理に出しましたが、それ以外は快調で5年半頑張ってくれました。これまで2、3年で買い換えることが多かったのですが、このマシンは満足度が高く長く使いました。魅力的な新機種が出なかったというのも大きいですね。

さて、純正パーツも取り扱っているVintage Computerですが、Obsolete製品のパーツ調達はどうなるか。実は、Obsolete製品になっても直ちにパーツの入手が不可能になるわけではありません。当然、これまでの在庫があるわけで、それがなくなるまでは入手可能です。とは言え、パーツによってはObsolete入り直後に入手不可能になりますし、意外にしぶとく入手できるパーツもあります。とは言え、いつ入手不可能になってもおかしくない時期になってきたわけです。
また、ロジックボード以外はLate 2011と同じパーツで構成されていますので、まだしばらくは大丈夫そうです。

該当機種の方で、パーツが必要な方は、早めにご注文ください。



vintagecomp at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月29日

まだまだ動いてるCS4

私のメインマシンも無事にNew MacBook Pro 15インチに移行しました。ハードが新しいのはもちろんなのですが、OSも新しくなりました。
新OSがリリースされると、その日の内にアップデートする新し物好きの方も多いと思いますが、仕事で使っているメインマシンとなると、どうしても慎重になります。そこで、今まではEl Capitanを使っておりました。New MacBook Pro 15インチを使うということは、否応無くSierraを使うということです。

一番の懸案は、仕事で多用しているソフトの互換性。私の場合は、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Filemaker Pro 10です。特にAdobeのCS系は、Java 6が必須でOSのメジャーアップデートの度にインストールが必要でした。ところが、SierraはJava 6のサポートを打ち切るということで、もうCS系は使えなくなると噂されていました
ところが!、サポートされていないだけで、実際にはインストール可能でした。それどころか、Java 6インストール時に作成される二つのディレクトリーを作ってあげれば、Flash以外はインストールすら不要という情報が!

早速、手順に沿ってディレクトリーを作成。問題は、これでCS6は行けそうですが、果たしてCS4が動作するかということ。試してみると、あっけなく起動。まだ、しっかりと使い込んでいませんが、基本動作は問題ないようです。もっともEl Capitanでもいくつか問題はありました。しかし、私の使用方法では致命的ではなく実用可能でしたのでこれまで延命してきました。Sierraでもなんとか行けそうな感じです。
そして、Filemaker Pro 10も特に問題なし。

MacBook ProとSierraの移行、まずは快調です。


vintagecomp at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月22日

続報:New MacBook Proの外部モニター

11/18のエントリーで、アダプター経由での外部モニタ接続に苦戦していることをお知らせしました。

27 inch Cinema Displayは表示に成功しましたが、30 inch Cinema Displayはダメ。そこで、見つけたのがこちらでした。

CDP2DVIW











StarTech USB-C to DVI Adapter


StarTechは、まずまずのメーカーですし、メーカーサイトに2560x1600 対応と明記してありますので、30 inch Cinema Display で行けそうです。本日届いたので、早速試してみました。
しかし!全く表示されません。モニターは認識されていますが、全く真っ暗なまま。調べてみると、私と同様に30 inch Cinema Display でダメだったと言うレビューがいくつもあります。OMG!
結局、30 inch Cinema Display で表示させることは今の所無理そうです。

前回は、DVIの23 inch Cinema Displayもダメでしたが、このアダプタを使うと行けました。5Kモニタが届くまで、これで凌ぐしかないか。トホホ。

さて、鬼門の外部モニター接続ではありますが、それでもこれならいけると言う組み合わせもわかってきました。

27 inch Cinema Display (Mini DisplayPort 接続)なら、これでOKです。

adapter











AllSmartLife USB C Type to Mini DisplayPort Adapter 3,800円


ただし、Thunderbolt Displayには対応していません。また、24 inch Cinema Displayも非対応と考えられます。

23 inch Cinema Display (DVI接続)なら、これでOKです。
CDP2DVIW










StarTech USB-C to DVI Adapter
 2,480円


Single Link DVIなら他のUSB-C to DVIアダプターで行けるでしょう、と思いがちですが、1080Pには対応しても、1920x1200には非対応というアダプターも多いようです。

New MacBook ProやMacBookとこれらのモニタの接続をお考えの場合は、お薦めです。


vintagecomp at 15:33|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2016年11月18日

New MacBook Proの外部モニター

現在のメインマシンは、自宅でmini DisplayPortの27 inch Cinema Display、オフィスでDual Link DVIの30 inch Cinema Dsiplayを使っています。30 inch Cinema Dsiplayは、Mini DisplayPort to Dual-Link DVI Adapter 経由で接続しています。

New MacBook Pro 購入にあたって、これらの外部モニターと繋ぐためのアダプターを用意しました。端子形状が合えばなんでも良いかといえば、もちろんんそうではありません。1080Pまでにしか対応していないアダプターも多いので要注意です。できれば有名メーカー品にしたいところですが、該当するアダプターが見つかりません。こんなのを用意しました。

adapter










4K対応で、レビューには27 inch Cinema Displayでも使えたとあります。30 inch Cinema Display で使えるかちょっと不安ですが、4Kにも対応してるなら大丈夫ではないかな?

この確認は、Youtube チャンネルでも公開した通りですが、27 inch Cinema Display ではOK。30 inch Cinema Dsiplay ではダメでした。モニター自体は認識され、ノイズが表示されたりはするのですが、正常な画像は全く表示されません。う〜〜〜む、アダプタが2560x1600の解像度はサポートしていないのでしょうか。外部モニターなしではとてもメインマシンとして使う気にはなれません。困った。
そこで、苦肉の策として23 inch Cinema Displayに接続してみました。こちらも、Mini DisplayPort to DVI アダプター経由です。これなら大丈夫と思ったのですが、全くダメです。モニターを認識すらしていません。困った!

5K モニターを購入予定でそれを入手すれば解決ではありますが、発売は12月。しかも、12月も遅くなりそうな雰囲気です。それまで、お蔵入り?

そんなわけで、困り果てていましたが、見つけました。

CDP2DVIW











StarTech USB-C to DVI Adapter


この手のアダプターは、Single-Link DVIのみ対応と思っていましたが、Dual-Link DVI 対応品がありました。スペックにも2560x1600 対応と明記してあり、大丈夫そうです。しかも、お値段もお手頃。早速オーダーしましたが、到着は週明けになりそうです。残念ですが、仕方ない。

しかし、やっぱりポートの変更は鬼門ですね。入手したら、また結果をおしらせします。ご要望があれば、取り扱いも検討します。









vintagecomp at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月15日

キタキタ〜〜〜〜!

11/13付けで発送連絡が来ました!もちろん、New MacBook Pro 15インチです。
11/17発売ということのようですが、到着予定も11/17になっています。それ以前に届いてもおかしくない気がしますが、11/17指定なんでしょうかね。注文時には、11/17〜11/25到着予定になっていたので、遅れなくて良かったです。

ということで、到着日も決まったので、Apple Storeにアダプターを買いに行きました。年内いっぱい、特売されているので、助かります。

adapters

























Thunderbolt 3 (USB-C) to Thunderbolt 2 Adapter $29 1本と USB-C to USB Adapter $9 2本 です。あと、オフィスと自宅でMini DisplayPort 接続のモニターに接続する予定なので、そのアダプターも必要です。これ、Appleが純正品を出すべきだと思うんですが、出てないのでサードパーティー製を買うしかありません。しかし、有名メーカー品がないんですね。

そこで、こんなのをオーダーしました。

adapter










レビューでは不具合も報告されていてちょっと不安なんですが、Cinema Displayの動作報告があったのでこれにしました。探した限りCinema Displayの動作報告がある唯一の製品でした。無事動作してくれるといいんだけど。

Appleの特売品にはLGの5Kモニターがあります。これは、New MacBook Pro 15インチの給電も可能で、背面にUSB-C端子もあるので、ケーブル1本で接続可能です。なので、これもオーダーする予定なんですが、まだ受付開始されていないんです。これ、すぐに発売されていれば、Mini DisplayPort アダプターとACアダプター一つ不要になるのに。ACアダプターを買っちゃうのはもったいないので、5K モニターが到着するまでは、付属のAC アダプターを持ち歩きたいと思います。
もう少し! 待ち遠しいです。


vintagecomp at 10:16|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年11月10日

ノート用純正バッテリ取り扱い中

Macのノートブックで、数年使っていると必ず寿命が来てしまうのがバッテリーです。また、バッテリが古くなると膨張してしまうことがあります。この場合、他の部分の故障に繋がることもありますので、早めの交換が肝心です。
アップルでは、もちろん交換サービスを用意しています。保証期間が切れたら、当然有償になります。

一番高いのが、Retinaと2015以降のMacBookです。これらの機種は、ケースにバッテリが強力に接着されていますので、ケース一体での交換となります。なので、19,800円の交換料金は高いとは言えません。これは、アップルに依頼するのがお勧めです。

他の機種は、バッテリはケースにねじ止めされており、比較的簡単に交換可能です。純正バッテリをアップルよりもお得な価格でご提供しております。

661-5391











純正バッテリ, MacBook 13インチ Late 2009/Mid 2010用 在庫あり特価 9,800円
純正バッテリ, MacBook 13インチ Late 2008用 12,800円
純正バッテリ, MacBook Pro 13インチ Mid 2009-Mid 2012用 9,800円
純正バッテリ, MacBook Pro 15インチ Late 2008用 12,800円
純正バッテリ, MacBook Pro 15インチ Mid 2009-Mid 2010用 12,800円
純正バッテリ, MacBook Pro 15インチ Early 2011-Mid 2012用 12,000円
純正バッテリ, MacBook Pro 17インチ Early 2009-Mid 2010用 12,800円
純正バッテリ, MacBook Pro 17インチ Early 2011-Late 2011用 12,000円
純正バッテリ, MacBook Air 11インチ Late 2010-Early 2015 9,800円
純正バッテリ, MacBook Air 13インチ Late 2010-Early 2015 9,800円

2010以前のモデルは既にアップルの対応は終了しています。こちらでもいつまで扱えるかわかりませんので、お急ぎください。

この程度の価格差なら、交換までしてくれるアップルの方がいいと思われるかもしれません。問題は、持ち込みができない場合は、アップルに送り返すことになることです。1日も大切なマシンを手放せない方も多いと思います。近くにアップルストアはないけれど、正規サービスプロバイダならあるという方も多いと思います。アップルのサイトにも明記してありますが、アップルの価格と正規サービスプロバイダの価格は異なり、高い場合が多いようです。Vintage Computerの近所のサービスプロバイダの場合、2割ほど高い価格の提示でした。

ヘタってきたら、お早めに交換を。


vintagecomp at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月06日

完璧なつながりを

アップルが「完璧なつながりを」と題して、12/31までの期間限定セールを行っています。対象商品は、Thunderbolt 3とUSB-C関連の、ケーブル、アダプタ、ドライブ、ディスプレイです。ニューマシーンで各種アダプタや周辺機器が必要になることから、お買い得価格でってことですね。New MacBook Proや今のMacBookを買った人には注目のセールです。

中でも私が特に注目した商品。

Apple Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ
5,200円 を 3,200円

Thunderbolt デバイス、使っていないのでこれはいらないと思っていましたが、ターゲットモードに必要でした。この価格なら、一本いただきます。

USB-C - USBアダプタ
2,200円 を 900円

これは安い!サードパーティーには同価格帯のものがありますが、同価格ならやはり純正の安心感。

Apple USB-C Digital AV Multiportアダプタ
7,400円 を 5,200円 

Mini DisplayPort付きなら買うんだけどな〜。ていうか、なぜアップルはMini DisplayPort用のアダプターを出さないんだ!

LG UltraFine 5K Display
129,800円 を 97,300円

15













これもかなりお買い得だけど、30インチと27インチ Cinemaは健在だし、必要ないと思っていました。しかし、これがあれば、New MacBook Proとの接続はケーブル一本でいいんですね。給電もしてくれるし、周辺機器はモニター側につなげる。懸念したアダプタ地獄から解消される。しかも、安い!
てわけで、かなり前向きに購入検討中です。
できれば、オフィスと自宅用に2台欲しいんですが、さすがにそこまで行くと財務省に怒られそうです。


vintagecomp at 09:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年11月04日

大好評!Mac Pro 2009-2012 CPUアップグレードキットが値下げ!

Mac Pro 2009〜2012 ですと、一番古いモデルはもう7年以になりますね。これがCPUアップグレードで、CPU的には現行Mac Proと同等以上の性能にすることが可能です。ストレージも同等の性能にすることができますし、メモリ容量も同等にすることができます。現行モデルと基本性能では引けを取らないマシンにすることができるので、いじりがいのあるマシンです。

そんなわけで、大人気のCPUアップグレードキットですが、この度値下げいたしました。

X5680kit-1













3.33GHz 12 Core CPUアップグレード Mac Pro 2010-12 54,800円 49,800円
3.33GHz 12 Core CPUアップグレード Mac Pro 2009 69,800円 68,000円
3.46GHz 6 Core CPUアップグレードキット Mac Pro 2019-12 35,800円 32,800円
3.33GHz 6 Core CPUアップグレードキット Mac Pro 2019-12 28,000円 24,800円


取り付けも意外なほど簡単です。(シングルCPU, デュアルCPU)

メモリ超高速SSDも大人気です。特に8GBメモリは超特価ですよ。お見逃しなく。



vintagecomp at 05:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月02日

MacBook Proの32GBメモリはいつ?

New MacBook ProのSSDがソケット式だったのは、予想外の朗報でした。反面、予想外の悲報もありました。メモリ32GBのオプションがなかったことです。



2015モデルまでのアーキテクチャでは、ノートブックの構成で32GB化することは不可能でした。しかし、2016モデルはSkylakeアーキテクチャーを採用しており、32GB化が可能になっています。したがって、当然32GBのオプションが用意されていると思っていました。しかし、実際には用意されていませんでした。一体、なぜ??

その理由が判明したとの記事があがっていました。

新型「MacBook Pro」が32GBのメモリを搭載できない理由が判明 問題はバッテリーライフにあり

な〜るほど、と思った方もいらっしゃると思いますが、私は納得できません。しかし、理解しました。

メモリを32GBにしたところで、バッテリ駆動時間が半分になるということはありません。おそらく、10時間が9時間になる程度でしょう。ん?そう思って、謎が解けました。
開発目標として、バッテリ駆動時間2桁は必達目標だったのでしょう。確かに、10時間と9時間ではだいぶ印象が違います。
スペック表に、8/16GBは10時間、32GBは9時間、というように記載する方法もあるのでしょうが、やはり注釈なしにスッキリと10時間と書きたかったということでしょう。

私は、メインマシンはMacBook Pro Early 2011 Core i7 2.2GHz Early 2011を使用しています。メモリ16GB、SSD搭載で、性能的にはあまり不満を感じていません。最大の不満は、アプリやウィンドーを多数開いていると、メモリ不足でレインボーマークが出現し、動作が遅く不安定になることです。その最大の不満点解消に期待していただけに、32GBオプションが設定されていなかったのは残念です。待ちに待ったニューモデルですが、次期モデルまで待とうかと思ったくらいです。32GB版はバッテリ駆動時間が短いとの注釈をつけても出してほしかった。

では、今後もMacBook Proに32GBのオプションは設定されないのでしょうか。あくまで予想ですが、近い将来発表されるマイナーチェンジモデルには設定されると見ています。Intelの最新のアーキテクチャはKaby Lake。すでにエントリーモデル用はリリースされていますが、プロモデル用は来年初旬ということで、今回のMacBook Proに搭載することは見送られました。Kaby Lakeですが、Skylakeと比べて大きな性能アップはありません。最大の特徴は省電力。つまり、32GB化してもバッテリ駆動10時間を確保できる可能性があります。ただし、同じスペックなら達成可能でしょうが、モデルチェンジすればクロックアップもあるはず。その上で達成できるかは微妙です。
その次のCanonlakeであれば、まちがいなく達成可能となるでしょう。プロモデル用Canonlakeのリリース時期は2018年初旬です。

というわけで、予想が当たるかどうか確証はありませんが、32GBが是非欲しいという方は、2017か2018モデルを待つというのもありかもしれません。私は、すでにオーダーしたので、32GBが出た時にまた考えたいと思います。


vintagecomp at 03:25|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2016年11月01日

朗報 New MacBook Pro のSSDは交換可能!

今回のMacBook Proの発表で、個人的に最も注目していたことの一つがSSDがソケット式か直付けかということでした。既にMacBookは直付けになっていますし、さらに薄くすることを考えれば、直付けの可能性が高いと予想していましたが。しかし、ソケット式ならば、容量のアップグレードも可能ですし、後々同じソケット仕様で高性能なSSDが出てくれば、アップグレードも可能。是非ともソケット式を願っておりました。

さて、注目のイベントで出てきた画像がこれです。(クリックで拡大)

47











う〜〜〜ん、この図を見る限り直付けですね。イメージ画像ではありますが、まあ予想されたことですし残念無念・・・ と思っておりました。

しかし!

実際は、ソケット式でした。(Rocket Yardより)

57












このMacBook Proは、既に即日発売されている2 Thunderbolt 3仕様でTouch BarのないMacBook Pro 13インチです。Touch Bar付きの13インチや15インチについてはまだ確認はされていないわけですが、Touch Bar無しだけソケット式ということはあり得ないでしょう。New MacBook ProシリーズのSSDはソケット式と考えて、間違いないと思います。11/5追記 Touch Barなしのみソケット式ではないかとのコメントをいただきました。確かにその可能性は十分ありそうです。)

さて、今後の注目は、13インチと15インチのソケットやSSDサイズは共通なのか。また、15インチのみに設定されている2TBは13インチに流用可能なのかという点です。
ソケットについては、共通と予測します。256GB〜1TB SSDについても共通だと思います。問題は、2TB。他の容量よりもサイズが大きくて、13インチには装着できない可能性はあると思います。望みは、誤解の元となったイメージ画像です。これは、15インチの内部ですがSSDサイズはかなり小さく、13インチと差がないように見えます。もっとも、あくまでイメージ図ですので、実物を見るまでは結論は出せません。

Vintage Computer では、MacBook Air, MacBook Pro Retina 2013-2015用のSSDを取り扱っており、大変好評です。特に、2015モデル用のSSDは同じソケットながら性能が格段に上がっており、2013〜2014モデル用の強力なアップグレードになっています。
同じように、2016モデルでもSSDを取り扱っていきたいと思います。しばらく時間がかかると思いますが、ご期待ください。



vintagecomp at 05:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月28日

New MacBook Pro 登場!

本日のアップルスペシャルイベントで、New MacBook Pro が登場しました。hello againのコピーから、iMacも出るのではという予想もありましたが、やはりノートブックオンリーでした。PowerBook 100シリーズ登場から25周年、ノートブックの再定義ということでhello againということでした。

最大の特徴は、Touch Barの搭載。ファンクションキーの部分をタッチパネルにして、アプリによってファンクションキーの表示と内容が切り替わる仕組みです。もちろん、カスタマイズも自在にできます。

touchpad









右端にTouch IDがつくのは便利そうですね。しかし、元々ファンクションキーはあまり使っていないので、ここにさらに機能を盛られてもあまりピンときません。イベントでもTouch Barデモが中心でしたが、面白いけどそんなに使うかな〜という感想。あって邪魔になるものでもないし、意外に使えるかもしれないし、他が期待通り進化していたら、言うことはありません。

私が期待していたのは、薄く、軽く、メモリ32GB、SSD 2TBでした。さらに、望み薄ではあるけれども、SSDが直付けではなくソケット式を期待していました。残念ながら、この点は予想通り直付けでした。10/30 訂正:朗報です。SSDはソケット式でした。今後のアップグレードの余地があります。)
メモリももちろん直付けですし、メモリとSSDは必要十分な量+アルファで購入されることを強くお勧めします。

薄く、軽くは期待通りの進化ですね。
SSD 2TBは15インチのみ対応、13インチは1TBまでです。今時、1TBは決して大きいとは言えませんから、やはり13インチも2TB欲しかったところです。しかし、これはラインナップを考えれば納得。
本当に残念なのが、メモリが最大16GBな点です。2015モデルまではアーキテクチャ上16GBが最大でしたが、今回の2016モデルについては、アーキテクチャ上は問題なく32GB化も可能だったはず。プロユースのノート最高峰マシンとしては、ぜひとも32GB搭載して欲しかったところ。おそらく次のモデルチェンジでは対応してくると思いますので、それまで待ちたくなってしまったくらいです。

私としては、メインマシンは15インチ Early 2011と5年半も使っていますので、やはりオーダーしました。Core i 7 2.7GHz Quad 16GB メモリ 2TB です。11月中旬くらいになりそう。久々のニューマシンなので、やはり楽しみです。


vintagecomp at 10:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2016年10月20日

10/27 hello again

10月末のアップルスペシャルイベントが噂されていましたが、正式にアナウンスされました。

23















10/27にApple 本社にて開催です。内容は例によって公表されていませんが、MacBook Pro Retina、MacBook Airの発表と予想されています。
MacBook Proは従来通り13/15インチで、さらに薄くなり、USB-CとThunderbolt3ポート仕様となりそうです。そして、MacBook Airは11モデルが廃止、13インチモデルはやはり薄くなり、USB-CとThunderbolt3ポート仕様となりそうです。

気になるのは、hello againのタイトルですね。初代Macはhello の挨拶とともに発表されました。これは、まさにパソコンの歴史を作った画期的なマシンでした。

mac-128k















そして、今回と同じhello againが初代iMacです。

0iMac001













こちらも、パソコンの歴史を変えた画期的マシンと言ってよいでしょう。旧来のインターフェースをバッサリと棄て去り、その後USB普及の大きな弾みとなりました。

今回も、ノートモデルを画期的に一新し、インターフェースもUSB-CとThunderbolt3ポート仕様に変更するという意味合いがあるのでしょう。USB-Cは、既にMacBookで登場していますが、まだまだ普及しているとは言い難いです。ニューモデルにより、大きく弾みがつきそうです。

さて、ここから先は深読みしていきたいと思います。

まずは、アップルロゴのカラーが気になります。やはり先行するMacBook同様のカラーバリエーションがあるということでしょうか。MacBookのカラーバリエーションは、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの4色。同様でしょうか。いや、ここはジェットブラックが来るんじゃないでしょうか。
しかし、個人的にはProモデルにはカラバリは不要と思っています。あっても、シルバーとブラックかな。

メモリは、Proモデルには32GBを追加して欲しいところ。噂されるSkylakeアーキテクチャなら、32GB化も可能なはずですから、ぜひ実現して欲しいですね。

SSDは、薄型化に伴いロジックボード直付けの公算が高いです。容量も最大2TBを実現したいところ。インターフェースもPCIeからNVMEに変更になるでしょう。
しかし、Vintage Computerとしては、ぜひともスロットを残して欲しいところ。2013〜2015モデルでPCIe SSD スロットがあることで、容量アップや高速化が可能になっています。予想に反しますが、ここだけは、最後の砦として残して欲しいところです。

アーキテクチャは、iMac Late 2015と同様のSkylakeが予想されています。既に、後継のKaby Lakeが出荷されており、今更Skylakeの感は否めません。なぜなら、既に出荷されているのはエントリーノートモデル用で、Pro仕様の製品は2017年の出荷が予定されているためです。そのため、モデルチェンジは年明けとの見方もありましたが、今発売されるならSkylakeというわけです。
しかし、ここで大胆予想をしてみたいと思います。新型のMacBook Pro Retina、MacBook Air Late 2016モデルには、Kaby Lakeを搭載してくると予想します。年末商戦を見据えると、10月末の発表はなんとも遅い。開発の遅れから、遅くせざるをえなかったのだろうと思います。その理由がKaby Lakeの採用ではないかと深読みしています。もちろん、まだ出荷されていないCPUなわけですが、Appleの力を持ってすれば、Intelに先行提供を要求するのも無理ではないでしょう。

と、状況的には無理筋の予想もしてみました。私はといえば、MacBook Pro 15インチ狙いです。発売後、早期に手に入れたいと思っています。


vintagecomp at 13:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年08月26日

MacBook Proは9月発表?

iPhone 7とiPhone 7 Plusは、9月7日に発表され9月23日に発売との噂が高まっています。発売は、9月16日説もありますが、年中行事でもあり、大きく外れることはないでしょう。

さて、iPhoneの時期は読めますが、ここまで読めないのがNew MacBook Proの発売時期。個人的にはこれまで2、3年でメインマシンを買い換えてきましたが、今のメインマシンMacBook Pro 15" Early 2011はもう5年半も使っています。魅力的なマシンが出たら、即購入とずっと決めているのですが、今年の春やWWDCで発表の噂もありましたが、ずっと裏切られっぱなしです。

ここにきて、iPhone 発表の9/7に同日発表されるという噂が上ってきています。いよいよ満を持しての発表か? 電源ボタンにTouch ID、有機ELタッチバー、USB 3.1 Gen 2、新色などが噂されおり、待ち遠しいです。

Apple-MacBook-Pro-2016









iPhoneは今やAppleのメインプロダクト。過去も、iPhone発売時にはiPhoneオンリーとなっています。早く発表して欲しいところですが、そんな話題が分散される発表会にしてしまうのか?
私としては、やはり話題の分散を避けて、iPhoneとの同時発表は避けると見ています。それよりも10月の発表会で、iPadやApple Watchと共に発表されるのが本命じゃないかと思っています。


vintagecomp at 22:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2016年08月23日

Radeon HD 5870 を大特価販売中!

Macの性能に大きな影響があるのが、CPU、メモリ、ストレージ、ビデオカードです。タワー型Mac Proはいずれも大幅に性能アップが可能なのが嬉しいところです。
ビデオカードのアップグレードも、忘れずに行いたいところです。特に3D、動画編集、モーショングラフィックス、画像エフェクトといった分野では、特にビデオカードの性能が効いてきます。

現在入手できるMac Pro用ビデオカードの最高峰は、nVIDIA Quadro K5000 ですが、価格が桁違い。比較的お求めやすい価格でとなると、Radeon HD 7950 3GB
これも、お手頃な価格とは言えませんので、次に来るのが純正オプションに採用されていたRadeon HD 5870 になります。

radeon5870HD










ATI Radeon HD 5870 1GB Graphics Card 39,800円 34,800円

本日より、限定特価販売中です。

Mid 2010とMid 2012の高性能オプションに設定されていました。当時としては、かなりの高性能でした。最新のGPUにはかないませんが、純正の安心感とコストパフォーマンスが嬉しいところです。

Mac Proのビデオカードの互換性は、2006/2007モデルとEarly 2008-Mid 2012に大きく分かれます。EFIが32bit仕様と64bit仕様で異なるので、それぞれビデオカード側のROM対応が必要なため、通常は互換性がないのです。ところが、純正のRadeon 5770, 5870については、なぜかROMが両対応しており、全てのタワー型Mac Proで利用可能です。初代Mac Pro用には屈指の高性能カードになります。

初代Mac ProからMac Pro Mid 2012まで、標準のビデオカードをお使いの方には、特にお薦めです。


vintagecomp at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

Mac Pro CPUアップグレードキット、特価品と新製品

先月末に発売したMac Pro CPUアップグレードキット、大変好評です。ある程度予想を持って販売するわけですが、蓋を開けてみると予想と異なる部分もありました。

シングルCPUもデュアルCPUも換装可能な最速クロックは3.46GHzです。ついで高クロックが3.33GHz。性能差はそれほど大きくはありません。シングルCPUでは、価格差はそれほど大きくはないので両方ラインナップしました。5千円の価格差で性能差は少々ですから、売れ筋は3.33GHzと考えました。ところが蓋を開けてみると、3.46GHzが大人気! 3.33GHzが売れ筋と見込んで在庫を用意しておりましたが、完全に外しました。やはり、最速の魅力でしょうか。
そこで、在庫分限定数で3.33GHzを特価販売します。

W3680kit












3.33GHz 6 Core W3680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009-2012 29,800円 25,800円
3.46GHz 6 Core W3690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2009-2012 35,800円

続いてデュアルCPUですが、こちらは3.46GHzと3.33GHzの価格差がかなりあるので、当初3.33GHzオンリーとしました。これは今も正解と思っています。しかし、シングルの3.46GHz人気もありますので、ラインナップすることにしました。

3.46GHz 12 Core X5690 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 78,000円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレードキット for Mac Pro 2010-2012 54,800円

こちらはかなり価格差がありますので、最速狙いの方のみにお勧めです。


vintagecomp at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

Mac Pro Mid 2010がスペシャルクーポンでスペシャル特価!

最強マシンにも仕上げられるMac Pro Mid 2010モデル。本体が10%引きとなるスペシャルクーポンをご提供中です。
お会計画面のクーポン欄に以下のコードを入力ください。表示価格より10%引きとなります。

macpro2010

MacPro2

















Mac Pro 2010 12 Core 3.33GHz 12GB/1TB Radeon 5870
 180,000円 162,000円
Mac Pro 2010 8 Core 2.4GHz 12GB/1TB Radeon 5870 129,800円 116,820円
Mac Pro 2010 8 Core 2.4GHz 12GB/1TB Radeon 5770 120,000円 108,000円
Mac Pro 2010 8 Core 2.4GHz 12GB/250GB ビデオカードなし 98,000円 88,200円


3.33GHz 12 Coreの最速CPUも魅力的ですし、ビデオカードなしのベースマシンも改造派には魅力ですね。
クーポンの有効期限は8月いっぱいですが、在庫限りのご提供ですのでお早めに!


vintagecomp at 05:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月11日

トレイだけでOKです!

発売して間もないMac Pro 2009-2012用 CPU用アップグレードキット、お陰様で好評です。取り付けも意外なほどに簡単です。取り付け動画(シングルCPUデュアルCPU)もご覧ください。
X5680kit-1












3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレード Mac Pro 2010-12 54,800円
3.33GHz 12 Core X5680 CPUアップグレード Mac Pro 2009 68,000円
3.46GHz 6 Core W3690 CPUアップグレードキット 2009-2012 34,800円
3.33GHz 6 Core W3680 CPUアップグレードキット 2009-2012 29,800円


意外なほどに簡単、とは言っても、自分で取り付けるのは不安という方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、協力店での取り付けサービスをご利用いただけます。しかし、大きく重いMac Proを持ち込んだり発送するのは大変すぎますよね。

安心してください!
トレイだけでOKですよ。


CPU













この状態で、持ち込みや発送していただければOKです。もちろん取り付けだけでなく、協力店のマシンで動作確認を行います。

Spirica
sprica




おなじみのSpiricaです。東京都世田谷区での持ち込みも可能です。


Next Innovation
NextInnovation




担当の垣内氏は前職のショップ勤務時代、Mac Proの改造を多数手がけていたそうです。大阪で出張サポートをされています。

作業料金は、通常価格の10%引きとなります。具体的な価格については、直接お問い合わせください。


vintagecomp at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Archives